ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG RX-77-2 ガンキャノン その1

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年4月27日

さて、ちびケロの作成も無事終わり、今回は何を製作しよう...。
うーむ、目ぼしい新作の「HGUC ザクⅠ」や「MG ギャン」は発売がまだ先のようだし。と、思ってサイトをいろいろ見ていると、あちこちで

「MG ガンタンクが発売?」

というウワサが。まだ、写真とか見たことがないのでにわかに信じられませんが、今年は年末に「TV版機動戦士ガンダム」のDVD化という、大きなイベントもあるし、「もしかしてそれに合わせて発売?」ということもありうるかもしれません。
また12月は、クリスマスシーズンと言うこともあり、おととしは「MGボール」、去年は「MG ZガンダムVer2.0」ということを考えるとなんとなくありそうな気がするぞー。そうすると長い間、実現できなかったMGでの

「V作戦がいよいよ実行可能に?」

と、妙に期待してしまったりします。でも、そういえばガンダムは2体作成(Ver1.5とVer0079)しましたがなぜか、「ガンキャノン」は作成していません。これはMG ガンタンクが発売される前に、ガンキャノンも揃えて、いつでもV作戦を実行可能にしておかないと...。
ということで

MG ガンキャノン
さっそくガンキャノンをGet!してきましたヨ~。
ちなみにこの「MGガンキャノン」ですが、最近生産されていないのか、何件かお店を回って、1つだけ在庫があったのを運良くGet!できたのでした。
と思ったら楽天でガンキャノンを検索すると、5月再販とのこと。手に入れるなら来月がチャンスですね。

さて、では部品をチェックしてみましょう。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」全てのパーツです。最近はHG系ばかり作っていたので部品が多く思えますが、MGでは標準的なランナー数です。

MG ガンキャノン
写真は多色成型のランナーです。ここにはコアファイターらしい部品と、HGUCにもついていたスプレーミサイルが付いています。スプレーミサイルはHGUCではキャノンと同じ色で、塗装は結構面倒でしたが、さすがにMGではちゃんと白になっています。

MG ガンキャノン
写真は、ビームライフルが付いたランナーです。HGUCで作ったのでわかるのですが、このガンキャノンのビームライフルは、ガンダムのものに比べてかなりデカイです。

MG ガンキャノン
写真は「MG ガンキャノン」の内部フレーム関連の部品がついたランナーです。HGUCと違って内部のフレームまで再現されているMGはやはりスバラシイですね。

MG ガンキャノン
写真はマニュピレータが付いたランナーです。写真の平手はたぶん、例の四つんばいでキャノン砲を発射するためのものであると思われますが、指に丸みが付いていてなかなかイイカンジです。

MG ガンキャノン
ガンキャノンといえば、やはり赤いボディが大きな特徴です。ということで写真は、外装の赤いランナーです。

MG ガンキャノン
写真は、パーツ数の少ないランナーです。緑のクリアパーツは頭部の目の部分に付くものだと思いますが、さすがMG!いろいろと凝った作りになっています。

ちなみに、今回のガンキャノンはコアファイターがちゃんと変形&合体するようで、しかもVer1.5のガンダムよりも進化しているとのことです。(Ver0079ではコアファイターの合体はオミット(;_;))この部分はちょっと楽しみです。

それはそうと、MG ガンタンクは...来るのか?本当に?

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(20) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その2

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年4月28日

今日はまず最初に、「MG ガンキャノン」の足を作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の足です。
うーむ。ガンキャノンの丸っこいイメージが出ていてなかなかいい感じです。

MG ガンキャノン
写真はガンキャノンの足の裏です。
足の裏までちゃんと細かなモールドが施されていてるのはさすが、MGですね!

MG ガンキャノン
さてこの「MG ガンキャノン」の足は写真のように大きく2つのブロックに分かれています。足首の部分がポリキャップで可動するようになっているので...

MG ガンキャノン
写真のように、つま先部分で前方に倒れるようになっています。最近のガンダムなどのMGでは、つま先が折れ曲がるようになっていますが、このMGガンキャノンは足首の部分が可動するようになっています。いずれにしろ足の裏も結構でかいので安定性はよさそうですネ。


さて、昨日「MGガンタンクが出るかも?」ということを書いたら、それについていろいろとコメントを頂きました。(ありがとうございました。)自分的にはMGガンタンクがどうなるかの予想(希望?)としては

・メモリアルアクションは、やはり砲台になった上半身のみのガンタンク^^;
・ついでにリュウが特攻した状態のコアファイターを再現。フィギアは、レーザー加工で表情まで再現。
・キャタピラは、モーターで可動。
・さらに、ラジコン化しているといいなぁ。(最近は1000円のラジコンもあるのでなんとかならないかな)
・キャノン砲は砲弾の装填システムまで精密に再現。
・可動部が少ないのでMGボールと同様に、フレームの細密さで勝負!
・エフェクトパーツは、キャノン砲の発射パーツ!
・ついでにV作戦戦士の、ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクが3体飾れる大型のディスプレイベース付き

なんてのはどうでしょうね?

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その3

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年4月29日

今日は、「MG ガンキャノン」の脚フレームを作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の脚フレームです。
さすがにMGだけあってかなりこまかな部分まで再現されています。いつも思いますがなんともスゴイ!しかも外装を被せると内部はまったく見えなくなってしまうのに...。製作者の意地としか思えませんね。

MG ガンキャノン
さて、昨日作成した足とドッキングすると写真のようになります。さて、ではさっそくヒザの可動範囲を確認してみましょう~♪

MG ガンキャノン
ということで「MG ガンキャノン」のヒザを最大まで曲げてみました。やはりMGだけのことはあってかなり可動範囲は広いです。さらに前方の可動も、昨日の足首の可動があるおかげで結構前方まで曲げることが出来ます。

MG ガンキャノン
写真は「MG ガンキャノン」のヒザの拡大したところです。このヒザの部分には、写真のように穴の開いたアーマーのような部品がついていますが、これはヒザが曲がるのに連動して可動するようになっています。なかなか凝った作りになっていますね。


さて、今日から巷ではゴールデンウィークとなりました。(私は休みはカレンダー通りですが...^^;)我が家では今日は、近くの(とはいっても渋滞で車で2時間くらいかかりました)水族館+遊園地のような施設に遊びに行ってきました。やはり、こういう気候のいい季節には、家に閉じこもっていないで、外でのんびりするのもいいかもしれませんね。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その4

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年4月30日

今日は、「MG ガンキャノン」の腰フレームを作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の腰フレームです。
うーむ。この角度から見ると、何のヘンテツもなく普通に見えますが、実はスゴイ秘密があったりします。

MG ガンキャノン
写真は「MG ガンキャノン」の股関節部を下から見たところですがこれが...

MG ガンキャノン
ほーら、こんなカンジで股関節の軸が可動することがわかります。

MG ガンキャノン
これは写真のように、左右の関節の軸が、円盤状に組み合わさっているので回転するという仕組みになっています。うーむ、こんな

「股関節の軸が左右独立で回転可動」

という仕組みは、最近のMGのVer2.0シリーズでも見たことがありません。旧キットとはいえ、さすがV作戦戦士のガンキャノン恐るべしっ!!

MG ガンキャノン
さて、これで腰を中心に両足がドッキングしました。

MG ガンキャノン
股関節の可動をフルに活かすと写真のようなガニマタポーズも取れてしまいます。Mk-2 Ver2.0とかではこのポーズを取るには、腿の可動軸を回転させるという「なんとなくズルい方法」を取る必要がありましたが、この「MGガンキャノン」では

「より自然なガニマタポーズ^^;」

を取ることが出来ます。

MG ガンキャノン
ほら、ガニマタポーズの股関節部分は写真の通り!オシリ?の部分がちゃんとV字型になっています。


ところで、この左右の股関節の独立可動は最近のMGシリーズではあまり採用されていないのはナゼなんでしょうね?結構いいと思うけどなぁ...

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(16) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その5

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月 1日

今日は、「MG ガンキャノン」の胴体フレームを作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の胴体フレームです...。
そうです、V作戦戦士の胴体は写真の戦闘機コアファイターがコアブロックに変形したものなのです!
ということで、コアブロックに変形Go!

MG ガンキャノン
まずは、主翼をたたみます。ここまでは、ガンダムVer1.5と同じです。

MG ガンキャノン
次に、ランディングギアを外して、コックピット部を折り曲げます。

MG ガンキャノン
さらに折り曲げると写真のようになります。ここでのポイントは、垂直尾翼が連動して胴体内部に格納されることです。MGガンダムVer1.5のコアファイターは、垂直尾翼は取り外し式だったので、ここは進化しています。

MG ガンキャノン
あとは出っ張っているコックピット部分を...

MG ガンキャノン
写真のように縮めて、「MG ガンキャノン」のコアブロックが変形完了です!
さて、ではさっそくコアファイターをガンキャノンの腰にドッキングさせてみましょう~♪

MG ガンキャノン
えーと。このコアファイタは腰には直接付かないので、写真のようなパーツを1つ間に挟みます。
このパーツ、写真の通り2つの長い出っ張りがありますが、ここにコアファイター内蔵のポリキャップがハマってしっかり固定できるようになっています。MGガンダムVer1.5では

「コアファイターが外れやすい^^;」

と評判?だったのでこういう改良はなかなか嬉しいとこころです、

MG ガンキャノン
ということで、コアブロックが無事ドッキング完了です!やっぱりV作戦戦士には、コアファイターが良く似合います。さて、そういえば、この「MG ガンキャノン」には、変形しないコアブロックがもう1つ付いていたのでした...。それは

MG ガンキャノン
右側にあるのが、変形しないコアブロックです...って、

「ガ--ΣΣ(゚Д゚;)--ン!!」

MGというのに全く色分けされていません。コアファイターが見事な色分けだったので、ちょっとこれはいくらなんでも...。全部塗装しろと言うことでしょうか?しかもベースカラーのグレーはどこにも使われていないし。コアファイターの出来がよかったので、このコアブロックはかなり適当な作りになっているとしか思えん...。このコアブロックは

「ただの飾り?? コアファイターがあれば100%能力が出せるから?」

PS.
昨日のエントリーのコメントによると
「話が変わりますが、どうやら6月にMGガンタンクが発売されるようです。 「V作戦まで、あと、1ヶ月のことでした」NHK番組その時歴史が動いたのパクリ」 (kokuyoさん談)

うーむ。MGガンタンクの発売はもしかして既にもう秒読み段階?確実な情報はいつ出るのか楽しみです。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その6

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月 2日

今日は、「MG ガンキャノン」の胸フレームを作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の胸フレームです。
あちこちに出っ張りがありますが、肩の上の出っ張りは、キャノン砲を取り付ける部分となっております。やはりガンキャノンはキャノン砲が命~♪

MG ガンキャノン
この「MG ガンキャノン」は、首が写真のように可動するようになっています。これでこれでかなり顔を上の方に向けることができるはずです。もちろん、顔を上に向ける目的は...アレしかないっ!
また、肩の軸が付いたパーツは写真のように前方に大きく可動することができます。ただしこの部分は外装が付くと可動が制約されてしまうような気もします。

MG ガンキャノン
ということで「MG ガンキャノン」のコアファイター上部に胸フレームをドッキングさせるとこんなふうになります。うーむ。コアファイターが間にあるとなんとなくマヌケなカンジが...^^;

MG ガンキャノン
「MG ガンキャノン」上の写真を後ろから見たところです。こうしてみると中味はよくわかりますが、背中側がスカスカでちょっと寂しい気がしますネ。


MG ガンキャノン
さて、昨日のオマケのコアブロックについてですが、取説には写真右側のように塗装されたものが載っています。この通りに塗装しようとすると結構面倒な気が...。でも、このコアブロック
「コアブロック部は、コアファイターを単体でディスプレイするためのボーナスパーツみたいなもんですよ。」(M.L.t.R.さん談)
ということで、まあ接続用のパーツとすれば納得できますね。ただ、胸のハッチを開閉することを考えると、コックピット周辺の青い部分だけは塗装しておいたほうがいいかもしれませんね。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その7

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月 3日

今日は、「MG ガンキャノン」の頭部を作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の頭部です。
白い顔に、グリーンのバイザー、そして赤い帽子とだれがどう見てもガンキャノンさんです。
そしてこの「MG ガンキャノン」のスゴイのは、

「黄色いバルカン砲がちゃんと色分けされている!」

ところです。バルカンといえばかなり細かな部品なのですが、これが別部品で色分けされているとは...さすがMG!

MG ガンキャノン
写真は「MG ガンキャノン」の頭部を横からみたところです。
うーむ。ちょうど真ん中に、合わせ目があるのでここは合わせ目消しが必須ですね。

MG ガンキャノン
「MG ガンキャノン」の頭部の後ろにはアンテナが2本付いていてこれもちゃんと別部品となっています。

MG ガンキャノン
クリアパーツのバイザーを外すとこんなカンジになります。
内部までちゃんと再現されているのはMGならではです。ちなみに、カメラアイの部分はガンダムマーカーのゴールドで塗装してみました。

MG ガンキャノン
ということで、頭部を胴体にドッキングしてみました。
これでとうとう、どこから見てもガンキャノンさんと分かるようになりました^^;。
やはり、ガンキャノンは顔が命~♪

MG ガンキャノン
さてさて、頭部と首とのジョイントには写真のようにボールジョイント用のポリキャップが使われています。
これと、前回説明した首の可動により...

MG ガンキャノン
写真のようにかなり上を向くことができるようになっています。
これなら、

「ラストシューティングの再現も可能に違いない!」(<-上を向かせるのが一番困難)

...って、アレはガンダムさんでしたね。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その8

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月 4日

今日は、「MG ガンキャノン」の腕部を作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の腕部です。
全体的に曲線で構成されていて独特な形をしています。
さて、ヒジの可動範囲を試して見ましょう。

MG ガンキャノン
ということで「MG ガンキャノン」のヒジを限界まで曲げてみました。
角度にして120度くらい。最近のMGが180度近く曲がるのに比べればイマイチかもしれませんが、これだけ曲がればポージングには充分でしょう。ガンダムみたいにビームサーベールを抜くポーズは必要ないし...。
さて、では腕を胴体に取り付けてみましょう~♪っとその前に...

MG ガンキャノン
ガンキャノンの腕を接続する肩は、写真の球体のようなパーツが3つ組み合わさってできています。
HGUCでは2段だったこの肩パーツもMGでは写真の2パーツ+腕に付いている球形パーツの3段階となっていてグレードアップしています。

MG ガンキャノン
これでガンキャノンもいよいよ腕まで付きました!
あとはマニピュレータとキャノン砲さえあれば例のポーズが...

MG ガンキャノン
さて、写真は片腕を上げたところですが、肩の球形のパーツがうまくスライドして動いているのがわかるでしょうか?肩の関節がまったく露出しないガンキャノンさんは取説によると

「装甲がスゴくて打たれ強いMS」

なんだとか...。だから、最初の頃あれだけやられても大丈夫だったのか。


PS.
 今日は今から、家族で泊まりでキャンプに行ってきます。帰りは明日の夜になる予定。たまには、山奥で星空でも見てみるかな~。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(19) | トラックバック (33)

MG RX-77-2 ガンキャノン その9

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月 6日

今日は、「MG ガンキャノン」のマニピュレータを作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」に付いている全てのマニピュレータです。
 ・上は平手で指が固定
 ・下は指が可動式
となっています。

MG ガンキャノン
写真は「MG ガンキャノン」の指が可動式のマニピュレータです。
写真を見ると分かるとおり、親指、人差し指、中指~小指の3つのパーツに分かれています。(これはガンダムVer1.5とおなじようなパーツ構成ですね。)指の付け根は最近のMGで良く見られる、指ごとの球体関節にはなっていないため

「指を切り離して独立可動」

というのは難しそうです。残念~♪

MG ガンキャノン
今度は、平手で指固定のマニピュレータです。
このマニピュレータ、指は固定ですが

「付け根の関節が上に90度可動するんです(^^)!」

もちろんこれは、あのポーズをするためにあるのは間違いありません。

MG ガンキャノン
さて、ガンキャノンさんにマニピュレータをつけるとこんなカンジになります。
あとは、キャノン砲さえあれば...。

MG ガンキャノン
平手のマニュピレータをつけてみました。

「君たち、まあ、まあ、落ち着いて」

というカンジでしょうかね?

PS.
 キャンプに行った先の山奥で見た星空はきれいでした。都会とは星の数が全然違うし...。

>今ちょうど謎の彗星が地球に接近してきていますが
>その彗星が赤だったら…「赤い彗星のシャア?」

うーむ。そんなことがあったんですね。残念ながら、赤い彗星は夜空には見当たりませんでした。

>「ビームかが~や~く~雲を裂く~、生きて~見~つ~め~る~。」
歌詞はあまり覚えていませんが、やたら「シャアシャアシャア~♪」言っていた歌ですね。
かかったのは1度だけだと思いますが、この「シャアシャアシャア」というのが耳に残っています。
この意味がわかるみなさんは、きっとファースト世代の、オールドタイプに違いない...^^;

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その10

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月 7日

今日は、「MG ガンキャノン」のキャノン砲を作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の主力武器のキャノン砲です。
さすがMGともなると円形のキャノンの角度調整用の可動部まで再現されています。(HGUCではここまでは再現されていなかった。)ただ、キャノン砲の先端部は1パーツでいいとして、その後ろは中央から2パーツのモナカ割だぁ~(;_;)。

MG ガンキャノン
ということで、とうとうキャノン砲がついて、フレームだけながら

「攻撃可能な状態!」

になりました。

MG ガンキャノン
この「MG ガンキャノン」さんのキャノン砲は、写真の位置まで上に上げることができます。
この意味はもちろん...

MG ガンキャノン
MG ガンキャノン
「巨大な敵を~撃てよ撃てよ撃てよ~♪」
うーむ。このキャノン砲の発射ポーズがここまで自然に決まるとは...。おそるべし、MGガンキャノン。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その11

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月 8日

今日は、「MG ガンキャノン」のバックパックのフレーム部を作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」のバックパックのフレーム部です。
このバックパックは下部にガンダムと同じく2基のバーニアが付いています。ということは機動力は同じ?

MG ガンキャノン
さて、写真のガンキャノンの背中にバックパックを取り付けて見ましょう~♪
...とはいえ、実はこの状態ではバックパックは取り付けできなかったりします。
しょうがないので...

MG ガンキャノン
背中の外装を1枚つけてみました^^;
外装の中央の丸いポッチに、バックパックを取り付けるようになっているので、この外装がどうしても必要です。ちなみに、外装の穴2箇所から出ている棒のようなものは、どうやらキャノン砲に弾を供給するための弾装のようです。バックパックは推進装置が内蔵されているだけでなく、キャノン砲の弾が内蔵されているなんて皆さん知ってました?(私は始めて知りました)

MG ガンキャノン
ということで、バックパックを取り付けると写真のようになります。
これでフレーム作成も終了したので明日からは外装の取り付けに入ります。

「フレームだけだと怖い」(-_-;)

というガンキャノンさんがどのように変貌していくのか?気になります...

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その12

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月 9日

今日は、「MG ガンキャノン」の脚の外装を取り付けました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の脚の外装パーツです。
さすがMGだけあって、外装の裏側にもしっかりとモールが施してあります。

MG ガンキャノン
さて、写真は外装を取り付ける前の脚フレームです。
(脚フレームにはシリンダー部などに、ガンダムマーカーメッキシルバーやゴールドで塗装してみました。)
これに外装を被せると...

MG ガンキャノン
写真のようになります。
うーむ。脚の中央のラインでちょうどパーツが分割されているので、合わせ目が目立たないようになっています。こういうところは、手間がなくて非常にウレシイですね。

さて、外装を取り付けていつも気になるのが、

「可動範囲が狭まっていないか?」

です。

MG ガンキャノン
ということで「MG ガンキャノン」のヒザの可動範囲が変化しているかを調べてみました。
写真は、片側の脚だけに外装を取り付けてみたところですが、どちらも可動範囲は特に変化ありません。ということで、このガンキャノンさんのヒザは、外装を取り付けても可動範囲は変わらないようです。ヨカッタ^^;

MG ガンキャノン
これで脚に外装パーツが付きました。

MG ガンキャノン
「MG ガンキャノン」は股関節が良く動くので写真のように、脚をねじったようなポーズでも自然にこなすことが出来ます。これはなかなかイイカンジです。

さて、以前頂いたコメントで

「股関節の可動が広いのでコマネチできるのでは?」

という意見を頂きました。ということで試しにやってみました。

MG ガンキャノン
「コマネチ!」

ふ、古っ~^^;

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その13

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月10日

今日は、「MG ガンキャノン」の腰の外装を取り付けました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の腰の外装パーツです。
見ての通りオーソドックスな作りで、手前のフロントアーマーはちゃんと左右独立可動となっています。
さて、ではこのパーツをさっそく取り付けてみましょう~♪

MG ガンキャノン
写真のなんとなくちょっと恥ずかしくみえる部分に外装を被せると...

MG ガンキャノン
こんなカンジになります。これで恥ずかしくなくなりました^^;。
うーむ。腰の中央の丸い黄色の部分は、まさにガンキャノンの証~♪
ちなみにこの丸い部分は取説によると

「サーモセンサー」   って、温度計のコト(´・ω・`? )

でもなぜこんなところに温度計が付いているのでしょうね?

MG ガンキャノン
さて、腰まで外装が付いた「MG ガンキャノン」さんの全体はこうなります。
明日はなんとなくコアファイターがむき出しで、不安な胸の部分の外装を取り付けて見ます。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その14

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月11日

今日は、「MG ガンキャノン」の胸の外装を取り付けました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の胸の外装パーツです。
この胸のパーツで特にスゴイなあと思うのは、横に付いている小さな黄色の部分まで、バルカン同様にちゃんと色分けされているところです。といいつつこの黄色い部分はいったいナニ?取説にも載ってないぞ...。

さて、ではこのパーツをさっそく取り付けてみましょう~♪
MG ガンキャノン
写真の、コアファイターむき出しの胸のフレームに外装パーツをかぶせると...

MG ガンキャノン
こんなふうになります。
これで、コアファイターもちゃんと隠れて安心です。ザクマシンガンの直撃なんてへっちゃらだー!

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の上半身を斜めからみたところです。
胸の横の部分までちゃんとパーツ分割が考えられているので、合わせ目やスキマもなくなかなか良好です。
あとは腕の外装を付けると本体は完成です。


さて、昨日のエントリーで以下のようなコメントをいただきました
「胸の外装をつけてから腰を回すとサイドアーマーがはずれませんか?」 minamiさん談

うーむ。試しに腰を回転させてみると確かに、サイドアーマーが干渉します...。
とはいえ、ちょっと上に引き上げ気味にして回転させるとなんとか引っかからずに済みますが。
ということでガンキャノンさんはあまり腰を回さないことが前提になっているのかもしれせんね。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その15

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月12日

今日は、「MG ガンキャノン」の腕の外装を取り付けました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」の腕の外装パーツです。
左上がヒジのパーツ、右上が二の腕、そして下が手首付近の腕の外装パーツです。

さて、ではこのパーツをさっそく取り付けてみましょう~♪

MG ガンキャノン
写真の腕フレームに外装を取り付けると...

MG ガンキャノン
こんなふうになります。

MG ガンキャノン
ということで、「MG ガンキャノン」さんの腕に外装が付いて、本体は組み立て完了です。
肩のキャノン砲がカッコイイぜ!ガンキャノン!

さて、それはそうと、腕に外装を付けるとヒジの可動範囲が狭くなっていないか気になります。
ということで、片腕だけ外装が付いた状態でヒジの可動範囲を確認してみましょう~♪

MG ガンキャノン
と、あららららー!
写真を見てのとおり、外装をつけるとヒジの可動が90度くらいまでに制限されてしまいます。さすがにここはヒザのようにはいかなかったか...。残念っ!

さて、ビームライフルとかの付属品はまだですが、ここまでくるとやはり、

「念のためアレをやっておきましょう」

MG ガンキャノン
MG ガンキャノン
やはり、ガンキャノンさんにはこのポーズが良く似合いますね^^;。
でもこのポーズ、なんとなく腕立て伏せに見えてしまうのは気のせい?

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その16

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月13日

今日は、「MG ガンキャノン」に付属している武器を作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」が普段使っているビームライフルです。
ガンキャノンさんは、中距離支援を得意とするMSなので、ガンダムのビームライフルに比べるとかなり大きなサイズになっています。

MG ガンキャノン
さて、このビームライフルはMGだけあって、スコープ部には写真のようにクリアパーツが使用されています。でも、確かガンダムのビームライフルはここが、黄色の不透明なパーツでした。よりアニメチックに再現するならガンダムのような「黄色いおわん^^;」もいいでしょうが、より本モノっぽく解釈するなら、やはりクリアパーツはよいアイディアだと思います。

MG ガンキャノン
とうとうビームライフルを手にした「MG ガンキャノン」さんです。

MG ガンキャノン
「MG ガンキャノン」ビームライフルを構えるポーズです。
うーむ。例の股関節の可動のせいでしょうが、なかなかカッコよくポーズを決めることができます。ガンキャノンって、こんなにカッコよかったっけ?ガンキャノンをここまでカッコよくしてしまうとは...恐るべし、バンダイのメカニズム^^;。

さて、テレビのファーストガンダムで出てくる、ガンキャノンさんの武器といえば大体、肩のキャノン砲+ビームライフルくらいだと思いますが、この「MG ガンキャノン」には、他にも幻のアイテム?とも言える武器がついています。

MG ガンキャノン
その1つが写真の、ハンドグレネードです。
名前の通りこれは手榴弾ですが、こんなものをガンキャノンが装備していたとは...。ザクなら「クラッカー」とかいうのを使用していたのは記憶に残っているのですが、ガンキャノンでは記憶に無いです。

MG ガンキャノン
さてこのハンドグレネードは、足の写真の部分が...

MG ガンキャノン
こんなふうに開いて、格納するようになっています。
うーむ。自分的には、こういう武器があることより、

「ガンキャノンさんの脚にこんな武器を格納する仕組みがあること」

のほうが、驚いたりもします。いつの間にこんな、機構が...。というカンジです。

さて、このハンドグレネード、取説によると

「手で投げる」

ということなので、さっそく投げてみましょう~♪

MG ガンキャノン
カイ「野郎ッここのー番乗りを先取りしやがってー」 (<-トシさん情報Thanks)
  「とりゃーーーー!」

こんなカンジかな?

さて、あとはもう一つ幻のパーツ?を組み立てると組み立ては完了です。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その17

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月14日

今日は、「MG ガンキャノン」に付属している幻の武器?スプレーミサイルを作成しました。

MG ガンキャノン
写真が「MG ガンキャノン」のキャノン砲と差し替えで装着可能な「スプレーミサイル」です。
このスプレーミサイルも、アニメでは使っているのを見た記憶はありません。ちなみに取説によると、「実用的な命中精度が確保できなかったため、ほとんど使われていなかった」のだとか...。うーむ、ということはやはりこれは、
「ただの飾り?」

ということでしょうかね。

MG ガンキャノン
このスプレーミサイルの発射口の内部にはちゃんとグレーのミサイルが入っていたりします。さすがMGだけあって、芸が細かいです。

さて、ではさっそくキャノン砲をスプレーミサイルに換装してみましょう~♪

MG ガンキャノン
まずは写真のキャノン砲を...

MG ガンキャノン
外すと写真のように、マウント部が現れます。ここにスプレーミサイルを取り付けると...

MG ガンキャノン
写真のようになります。
でも、なんとなく色が白いので違和感があります。

MG ガンキャノン
「MG ガンキャノン」スプレーミサイル装備の全身は写真のようになります。
あまり見慣れない姿ですがそれなりに、強そうではあります。近づいてきたら、大量にミサイル連射が可能~♪

MG ガンキャノン
せっかくなので、両手にキャノン砲も持たせてみました。(親指にポリキャップがちょうどハマリます。)
なんか2丁拳銃のガンマンみたいになりました...^^;

ということで、組み立てはこれで無事完了しました。
あとは、部分塗装、スミ入れ、デカール貼りで完成です。とはいえ、コアファイタ-(特にコアブロックのほう)の塗装はかなり面倒そうです。

さて、今日は母の日でした。うちの子供たちは、カーネーションの鉢植えを、母の日価格の特売で並んでGET!し、嫁さんにプレゼントしていました。

MG ガンキャノン
ということで、ちびケロくんも、お母さんにカーネーションをプレゼントです。
(手に持っているのは、子供が学校で作ってきたものです。)
やはり何かに感謝する日というのはいいものですね(^^)。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その18

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月15日

今日は、「MG ガンキャノン」本体の、部分塗装とスミ入れを行いました。

MG ガンキャノン
写真は「MG ガンキャノン」の部分塗装、スミ入れ前の状態です。これが...

MG ガンキャノン
部分塗装とスミ入れでこんなふうになります。
ちなみにMGガンキャノン本体は部分塗装といっても主に
 ・脚や手の中央の黒いライン
 ・ビームライフルのスコープ部
くらいしか塗装は必要ありません。さすがMG完璧な色分けだぁ~。

MG ガンキャノン
ちなみに黒いラインは、後ろにもしっかり入っています。

MG ガンキャノン
「MG ガンキャノン」さんのスミ入れ後の頭部アップです。
やはりバルカンがきちんと色分けされているのは、塗装入らずで楽でいいですね。

MG ガンキャノン
ということで、ガンキャノンさんはあとシールを貼るだけとなりました。
しかし...

「ガンキャノン本体以外」のコアブロックとコアファイターの塗装がまだ残っていたりします。
今、コアブロックは...

MG ガンキャノン
写真のように、下地塗装のメッキシルバーでキンピカだったりします^^;
今から、チマチマトと塗装しないと...。
ということで、明日はコアファイター&コアブロックが、それっぽくなる予定です。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(3) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その19

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月16日

今日は、「MG ガンキャノン」の、コアブロックとコアファイターの部分塗装を行いました。

MG ガンキャノン
MG ガンキャノン
MG ガンキャノン
写真は、ガンキャノンのコックピットとなるコアファイターです。
うーむ。コレは...予想外のカッコよさです。もしかして、ガンキャノンよりもコアファイターの方がカッコイイかもしれませんね。
さて、部分塗装が必要な場所としては
 ・コックピット横のダクトの黒い部分
 ・垂直尾翼の後ろの白い部分
 ・コックピット後ろのシールが貼ってある白い部分
あたりでしょうか。
なお、このガンキャノンのコアファイターにはMGガンダムのコアファイターには付いてなかった、マーキングシールが付いているのでさらにカッコ良さがパワーアップしています。

MG ガンキャノン
もちろんコックピットにはちゃんとパイロットも座っています。
きっとあなたはカイさんに違いない...

さて、次はコアブロックです。

MG ガンキャノン
MG ガンキャノン
グレー1色だったコアブロックも、なるだけ塗り分けてみました。(全塗装なので苦労しました^^;)
面倒なので内部構造の部分は、下地に塗ったメッキシルバーのままにして、パイプの一部だけゴールドで縫ってみました。

さて、ではコアブロックをガンキャノンさんに取り付けてみましょう~♪

MG ガンキャノン
ということで、腰の上にコアブロックを乗っけてみました。
うーむ。なんかヘンな感じ...。

MG ガンキャノン
で、胴体をドッキングさせたところをアップにすると写真のようになります。
うーむ。やはり中からパイロットが見えるのはなんともいいですね。

コアファイターはそれ単体で飾ってもカッコいいので、ガンキャノンに内蔵するのはコアブロックの方がオススメです。ちなみに、塗装が面倒な人は、ハッチを開けた時に見える、写真のコックピット回りだけを塗装するのが、手間もかからずいいかもしれませんね。

さて、後はシールを貼るだけです。あと一息がんばろうっと(`・ω・´)

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

MG RX-77-2 ガンキャノン その20

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月17日

さて、シール貼りも終わり遂に、「MG ガンキャノン」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

MG ガンキャノン
まずは基本の立ちポーズ正面です。
やはりシールの機体番号は108のカイさんにしました。TVアニメからいくと

ガンキャノンはカイしか考えられません!

MG ガンキャノン
「MG ガンキャノン」立ちポーズサイドビューです。
この角度から見るとビームライフルがかなり長いことがわかります。さすが中距離支援機~♪

MG ガンキャノン
「MG ガンキャノン」立ちポーズリアビューです。
背中のバックパックには、実はキャノン砲への給弾装置が内蔵されています。
ということは、バックパックを攻撃されたらヤバイのかも...

MG ガンキャノン
立ちヒザポーズでビームライフルを構えたところです。
このガンキャノンは股関節が前後に可動するので写真のようなポーズも自然に決めることが出来ます。
カッコイイ!!

MG ガンキャノン
幻の武器、グレネードランチャーを投げているところです。
やはりMSは手足を使っての攻撃が基本です。
ちなみにヒザ横の外装が開いているのはそこから、グレネードを取り出したからです。

MG ガンキャノン
MG ガンキャノン
こちらは幻の武器、スプレーミサイルを装着したところです。
このスプレーミサイル、実戦では敵に命中しないので、使われることは無かったんだとか...。だから幻の武器なのか??

MG ガンキャノン
MGは、もちろんコックピットも再現されているので、写真のようにハッチも開くことが出来ます。もちろん、乗っているのはカイさんです。

MG ガンキャノン
MG ガンキャノン
さて、そういえばアニメでは写真のように前かがみで、両腕を後ろにして、左右のキャノン砲を同時に発射するようなシーンが結構出てきたような気がします。私は結構このポーズが好きだったりします。

さて、最後はやはりあのポーズをいってみよーーー!

MG ガンキャノン
MG ガンキャノン
MG ガンキャノン

「巨大な敵を~撃てよ撃てよ撃てよ~♪」

ということで、予想外にカッコいいガンキャノンさんでした。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(20) | トラックバック (1)

MG RX-77-2 ガンキャノン まとめ

MG RX-77-2 ガンキャノン @ 2006年5月18日

 ガンキャノンと言えば、ファーストガンダムで、ガンダムと共に戦ったV作戦戦士であり、もう説明する必要もないくらい有名な機体である。パイロットは、もちろんカイさんである。(映画版ではハヤトも出撃した模様)

さて、このガンキャノンは少し昔に発売されたキットにもかかわらず
 ・だれがどうみても、カンペキにガンキャノンのフォルムを再現
 ・コアファイターが完全変形してコアブロックに。MGガンダムよりもさらに進化
 ・例の4つんばいを再現するために、専用の平手が付属。さらに首の可動が広く上を向ける
 ・股関節の軸が前後に可動。最近のMGの股関節のスウィング機構にも勝るとも劣らない可動。
など、非常に完成度の高いキットとなっている。塗装に関しても、コアブロックをのぞいてはほぼ完璧で時間のないお父さんが作るのにも非常に適したキットといえる。
ファーストガンダム世代の人は、ガンダムと一緒にぜひ一緒に飾ってみることを強くオススメする!

・塗装必要個所
ガンキャノン本体は塗装が必須なところはほとんどない。そのままでもほぼ設定通りを再現!
細かなところでは、
 ・腕や脚の黒いライン
 ・ビームライフルのスコープ部
くらいが塗装が必要なだけである。
ただし、付属のコアブロックはグレー一色なので全塗装が必要
もっとも、ガンキャノンに内蔵してしまうのであれば外からは見えなくなるので気にしないのも一つの方法である。

・パーツ分割が工夫されているため、合わせ目けしは少なめ。特に外装のパーツ分割は良く考えられている。合わせ目消しが必要なのは
 ・頭部
 ・ビームライフル
 ・スプレーミサイル
 ・(気になるなら)関節パーツ
くらいである。


・武器、付属品
ビームライフル(スコープはクリアパーツ)
グレネードランチャーX2(脚に収納可能)
可動式の握り手左右、4つんばい用の平手左右
スプレーミサイル(肩のキャノン砲と換装可能)
コアブロック
コアファイター(コアブックに変形、ランディングギア付き)

・可動
 脚の可動範囲はちょっと前に発売されたMGなのに結構広い。特に股関節は軸が前後に回転するようになっているので、立ちヒザを自然なポーズで決めることができる。このガンキャノンは、もともと中距離支援用なので、ガンダムとは違いあまり激しいポーズ(ビームサーベルを抜くところとか)は無いので、ポーズを決めるには充分な可動があるといえよう。また、首の2段階の可動により頭がかなり上がるようになっているので、例の4つんばいポーズもカッコよく?決めることができる。

■おまけ

MG ガンキャノン
ついにV作戦戦士の、ガンダム、ガンキャノンが大地に立つ!
これでV作戦を完了させるには、

「あとMGガンタンク発売」

を待つだけになりました。バンダイさん、早く発売頼みます。


MG 1/100 ガンキャノン
MG 1/100 ガンキャノン
posted with amazlet on 06.05.18
バンダイ
売り上げランキング: 2,613
おすすめ度の平均: 4.25
5 スレッガーさん、早い、早いよ。
4 よく出来てます。
4 名キット!

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)
copyright gunplablog.com