ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 その1

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 @ 2019年7月 9日

さて、今回のキットはコレ!

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
先月末にリリースされた「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」を作製してみたいと思います。
写真はパケ絵ですが、主人公の乗っているのはNT-1アレックスではなく、右端のザクだったりします。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
ということで、写真はガンダムNT-1本体のランナーです。そして...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は、チョバムアーマーの内壁とアーマーのランナーです。
このキットの取説を見ると、組み立ては
1. ガンダムNT-1
2. アーマー内壁
3. チョバムアーマー
の3ステップに分かれていて、写真のランナーは上記2、3ステップ目で使用します。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は多色整形のAランナーです。
このキットでは多色整形はこのランナーだけとなっています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はブルーのB1,B2ランナーです。アレックといえば白+青のイメージが強いですが、青は結構鮮やかな色ですね。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は白いC, Dランナーです。
Dランナーは同じものが2枚付属しています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こちらは濃いグレーのEランナーです。
左側には、かなり大きめのフレームパーツがセットされています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はグレーバイオレットのF, G x2ランナーです。
(グレーバイオレットというのは、ちょっと変わった色ですね。)

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は黄色いH1, H2ランナーです。
黄色はスネのスラスターなどのパーツで使われています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こちらはグレーのGランナーです。
このランナーはバズーカなどのパーツが収められていますが、タグをよく見ると「MG ガンダム」となっていて、ガンダムと共通パーツのようです。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はシルバーメッキのNランナーです。
パーツにはバーニアなどが見えますが、やはりメッキパーツというのはいいですね。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はポリキャップとサーベルです。
型番はPC-202とSB1が使われています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
最後は、シールとフレームカバーです。
フレームカバーは布のような感じですが、取説を見ると素材はPEとなっています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
次はアーマーの内壁のランナーです。
写真はL, M1, M2ランナーですが、つや消しシルバーの色をしています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
そして、こちらはチョバムアーマーのI, J1, J2ランナーです。

さて、1999年に初代NT-1のMGが登場してからはや20年....。
この年月でNT-1がどれほど進化しているのかが楽しみです。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(17) | トラックバック (0)

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 その2

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 @ 2019年7月11日

さて、今日から「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の作製開始です。
まずはいつものように足先から...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
ということで写真は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の足先フレームです。
足先はブルーの足の裏に、グレーのフレームパーツが乗るような作りになっています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は足先を横から見たところです。
足首関節はこの状態から...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
円筒形のパーツが、分離して上に可動します。
そして...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
足首関節は写真のように、上下だけでなく左右にもロールします。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
また、MGでは定番のつま先も写真の位置まで可動します。
つま先は面積が大きいので、つま先立ちでも安定感がありそうですね。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こちらは足の裏側です。
足の裏には2基のバーニアが内蔵されています。
また、モールドもかなり複雑なパターンがくっきりと再現されています。
足の裏という地味な場所ですが、こういう細かな部分にもVer.2.0へのこだわりが感じられますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(13) | トラックバック (0)

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 その3

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 @ 2019年7月13日

今日は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の脚フレームの組み立てを行いました。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
ということで写真は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の脚フレームです。
脚フレームは全体が紫がかったグレーのパーツですが、ヒザから下だけ黒っぽい黒いパーツが使われています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は脚フレームを足首側から見たところです。
これを見ると脹脛には、可動式の四角形の、そして内側には小さな丸いバーニアが内蔵されていることが分かります。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はガンダムNT-1の脚フレームを横から見たところです。
さて、気になるヒザの可動はというと...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真の位置まで可動します。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こちらは脚フレームの内部構造です。
この状態から...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
ヒザを曲げると写真の状態となります。
ヒザを曲げると、脹脛のグレーのパーツが中に潜り込んで、可動を妨げないようになっているわけですね。

ということで、この脚フレームを足先にドッキングすると...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こんなカンジになりました!

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
まだ脚部だけですが、ポーズをつけてみました。
足先のつま先の面積が大きいだけあって、片脚でも安定感抜群なのがいいですね!

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(10) | トラックバック (0)

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 その4

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 @ 2019年7月14日

今日は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の腰フレームの組み立てを行いました。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の腰フレームです。
腰フレームには、各部にノズルが付いていますが、内部が成型色で色分けされているのが良く出来ています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は腰部中央のアップです。
これを見るとV時マークは、黄色パーツの上にグレーのパーツを被せ成型色で、再現しています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こちらは腰フレームを後ろから見たところです。
後方にも前と同様のノズルが付いています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は腰フレームを下から見たところです。
腰部は、全てのアーマが水平まで可動するようになっています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は股関節部のアップです。
股関節は、特に可動部があるわけではなく、単純に円筒形のポリキャップでの接続となっています。(逆に、可動しないのが珍しい気もします。)

ということで、この腰フレームに脚部をドッキングすると...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こんなカンジになりました!
うーむ、腰のアーマーが大きいためか、割とどっしりとしているように見えますね。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
両脚が繋がったので、正座させてみました。
と、脚部はボリュームがあるにも関わらず、しっかりと座ることが出来ます。
これはやはり、Ver.2.0だけのことはありますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(5) | トラックバック (0)

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 その5

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 @ 2019年7月15日

今日は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の胸フレームの組み立てを行いました。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の胸フレームです。
胸フレームは、可動箇所が多いためか結構な数のパーツが使われています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は、胸部中央のアップです。
ここで、コックピットハッチを開くと...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
中にはちゃんとパイロットが座っています。
(パイロットはもちろん、クリスさんです。)

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は胸フレームを横から見たところです。
この角度から見ると、腰付近にはパイプのような構造が見えますが...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
ここは実際に、パイプ部分が伸び縮みまします。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こちらは胸フレームを後ろから見たところです。
こうしてみると、コックピットは全体が球体になっているのですね。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は首周りのパーツを外したところです。
肩関節は写真のように、楕円型のパーツで接続されているので...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
肩関節が回転するのと同時に、ある程度肩が伸び縮みするようになっています。

ということで、この胸フレームをNT-1アレックスの下半身とドッキングすると...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こんなカンジになりました!

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は上半身のアップです。この状態から...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
先ほどの腰のパーツを伸ばすと写真のように少し背が高くなります。
しかし、これだけ腰が大きく動くのもちょっとめずらしいですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(9) | トラックバック (0)

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 その6

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 @ 2019年7月16日

今日は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の頭部フレームの組み立てを行いました。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の頭部フレームです。
MGでも頭部はフレームになっていないケースが多いですが、このNT-1は頭部もある程度フレームが再現されています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は頭部を横から見たところです。
うーむ、口元の外装がないと、顎までが一直線でちょっと不気味ですね。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は頭部を後ろから見たところです。
後頭部は横にディテールとしてラインが走っています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こちらは頭部を下から見たところです。
首へは単純にボールジョイントを受けるミゾで、接続するようになっています。

ということで、この頭部を胴体にドッキングすると...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こんなカンジになりました!

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は上半身のアップです。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
ちなみにですが、腰の可動を利用すると、頭部を完全に上に向けることが出来ます。
とはいえ、外装が付くとここまでは動かなくなると思うので、これは今だけ限定ですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

コメント(3) | トラックバック (0)
copyright gunplablog.com