ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC クロスボーンガンダムX1 その9

ガンプラ:HGUC クロスボーンガンダムX1 @ 2014年11月26日

 今日は「HGUC クロスボーンガンダムX1」の武器類の組み立てを行いました。

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真は「HGUC クロスボーンガンダムX1」に付属しているバスターガンです。
うーむ、いかにも海賊が持っていそうな短銃のような形をしていますね...。
この武器は、設定では持ち手部分などがグレーなので、部分塗装する箇所が色々とありそうです。

HGUC クロスボーンガンダムX1
そしてこちらはバスターガン用の持ち手です。
このマニピュレータは、手の甲の白いパーツがグレーのパーツ中央の四角い穴を貫通する構造になっています。こんな作りの持ち手は初めて見たような気がしますが、この突起があるおかげで...

HGUC クロスボーンガンダムX1
バスターガンを非常に自然な形で保持することができます。
(手首の角度も、なかなか考えられています。)

HGUC クロスボーンガンダムX1
お次は手持ち武器のビームザンバーです。
サーベルのような形状に整形されている、クリアパーツの刀身がなかなかカッコいいですな。
(ちなみに取説によると、ザンバーは斬馬刀から来ているとのことです^^;)

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真は持ち手部分のアップです。
これを見ると、小さいながらもかなり細かなディテールが刻まれています。

HGUC クロスボーンガンダムX1
さて、このビームザンバーとバスターガンは...

HGUC クロスボーンガンダムX1
ビームザンバーのビーム刃を保持するパーツを上に付け替えて、バスターガンのグリップを回転させます。
そして...

HGUC クロスボーンガンダムX1
2つを合体すると、写真のザンバスターとなります。
このザンバスターはもともと1つの武器を、ピストルとサーベルに分離できるようですが、合体するとやはり威力は増加するのでしょうかね?

HGUC クロスボーンガンダムX1
さて、この2つの武器は写真のように、左右の腰に取り付けることが出来ます。

HGUC クロスボーンガンダムX1
左腰にピストル、右腰にサーベル装備というのは、まさに海賊を彷彿とさせますね。

HGUC クロスボーンガンダムX1
バスターガンを構えたところです。
遠くの敵は、これでズドン!と一発です。

HGUC クロスボーンガンダムX1
で、近くの敵にはこのビームザンバーで応戦です。
しかし、クロスボーンガンダムには海賊装備がどれも似合いますね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1 その8

ガンプラ:HGUC クロスボーンガンダムX1 @ 2014年11月25日

 今日は「HGUC クロスボーンガンダムX1」のバックパックの組み立てを行いました。

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真は「HGUC クロスボーンガンダムX1」のバックパックです。
右側は背中に取り付ける基部のパーツで、これに左側のパーツを取り付けます。

このバックパックを展開すると...

HGUC クロスボーンガンダムX1
HGUC クロスボーンガンダムX1
写真のX字型のブースターユニットになります。
このブースターユニットは木星圏の高重力に対応するために開発されたため、超高機動なシロモノなんだとか...

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真はブースター部分のアップですが、黄色い部分はシールで再現となっています。
また、このブースターは...

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真のように、角度を変えられるようになっています。
これで噴射方向を後ろに向けて前方に猛ダッシュ!も可能ですね^^;。

HGUC クロスボーンガンダムX1
こちらはブースター部分を裏側から見たところです。
ここは中央部のシール以外にも上下の部分も黄色なので、結局は部分塗装が必要そうです。

HGUC クロスボーンガンダムX1
さて、ブースターユニットを取り付ける前に、まずは背中に基部のパーツを取り付けて...

HGUC クロスボーンガンダムX1
X字型の本体を取り付けると写真の状態になりました!

HGUC クロスボーンガンダムX1
クロスボーンガンダムX1を前から見たところです。
やはりこの機体にはX字型のバックパックは欠かせませんね!

それはさておき...

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真は付属のコアファイターです。
と、これは白一色ですね...。

HGUC クロスボーンガンダムX1
HGUC クロスボーンガンダムX1
コアファイターにブースターユニットを取り付けると写真のようになります。
コアファイターが白一色というのはやはりツライものがありますが、この状態で飾ることはほとんど無さそうなので、これはこのまま放置という人も多いのでしょうね^^;。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック(0)

HGUC クロスボーンガンダムX1 その7

ガンプラ:HGUC クロスボーンガンダムX1 @ 2014年11月24日

 今日は「HGUC クロスボーンガンダムX1」の腕部の組み立てを行いました。

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真は「HGUC クロスボーンガンダムX1」の腕部です。
腕部は成型色でかなり色分けされていますが、さすがに肩の丸い黄色い部分はシールで再現となっています。

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真は「HGUC クロスボーンガンダムX1」の腕部を横から見たところです。
この状態からヒジを曲げると...

HGUC クロスボーンガンダムX1
写真のようにほぼ180度曲がります。
最近のHGUCは、可動よりも見た目重視のせいか90度前後の可動が多いですが、このクロスボーンガンダムはよく可動しますね

HGUC クロスボーンガンダムX1
また、前腕部の外装の一部は写真のように手首付近で回転して...

HGUC クロスボーンガンダムX1
パーツを一部外して角度を変えて差し替えることにより写真の状態も再現可能です。
この先端の穴にブランドマーカーを取り付けるというわけですな。なるほど!

HGUC クロスボーンガンダムX1
こちらは腕部の内部構造です。
この状態から...

HGUC クロスボーンガンダムX1
ヒジを曲げると、丸い2つの関節が曲がることでほぼ180度の可動を実現しています。
これは昔はよくあったタイプの分かりやすい2重関節ですね。

HGUC クロスボーンガンダムX1
さて、腕を胴体とドッキングすると、こんなカンジになりました!
こうして見ると、腕や肩アーマーのサイズは割と標準的ですね。
(一部やたら肩アーマーが豪華な機体もありましたが^^;)

HGUC クロスボーンガンダムX1
上半身のアップです。
そういえば肩アーマー上部にはフックのようなものが付いていますが、この根元部分の紺色はシールで再現となっています。やはりこういう所がシールでカバーされていると、「ああ、惜しい!あとちょっとなのに」と思ってしまいますね。(HGUCなので仕方ないのですが...)

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム