ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG Hi-νガンダム Ver.Ka その2

ガンプラ:MG Hi-νガンダム Ver.Ka @ 2014年9月 1日

さて、今日から「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」の作製開始です。まずはいつものように足先から...。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
ということで写真は「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」の足先のパーツ(片足分)です。
中央のグレーのパーツがフレームパーツですが、足先は殆どが外装パーツでできています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真はフレーム部分と下側の外装を取り付けたところです。
これを見ると甲の部分にポリキャップが見えますが、ここに足首のパーツをはめる仕様となっています。
足先の可動部はというと...

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真のようにつま先部分がある程度可動します。
そしてここに...

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
外装パーツを取り付けると写真の状態になります。
右下は足首のジョイントパーツですが、ここは4つのパーツを組み合わせた球形の関節となっています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
ということで全部組み立てると写真の足先となります。
うーむ、やはりνガンダムの足先はなかなかスマートかつ安定感がありますね。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真はつま先と足首の関節を前に動かしたところです。
これを見ると2つの可動部分があるため、脚部がかなり前方に可動しそうです。
そして...

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
足首の関節は前後だけでなく、写真のように左右にもちゃんと可動します。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」の足の裏側です。
νガンダムといえば、足の裏に定番の...

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
可動式のツメが写真のように付いています。
このツメがあれば、地面にしっかりと立つことができますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック(0)

MG Hi-νガンダム Ver.Ka その1

ガンプラ:MG Hi-νガンダム Ver.Ka @ 2014年8月31日

さて、今回は8月の目玉キットである「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」を作製します。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」のパッケージです。
パッケージはVer.Ka伝統の、白い背景に立ち姿ですが、ボリューム感があってなかなかカッコいいですね。

それはさておき、さっそくランナーをチェックしてみましょう!

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」の全てのランナーです。
箱が分厚いだけあって、ランナーはかなりの量となっています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は多色成形のAランナーです。
右下に見える球状のクリアパーツは、コックピットのようですね。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は紫のBランナーです。
Hi-νガンダムは紫+白がベースカラーですが、紫はこのBランナーまでで意外と少ないです。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は白いC, D, Eランナーです。Eランナーは同じものが2枚付いています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
こちらはライトグレーのFランナー(X2枚)です。
このランナーはファンネルのパーツですね。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真はグレーのGランナーです。
このランナーは主に武器などのパーツがセットされています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は白いHランナー(X2枚)です。
中央に見えるプロペラントタンクのパーツは、かなり奥行きがありますが、やはりモナカになっていないのはいいですね。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は白いIランナー(X2枚)です。
このランナーもFランナー同様にファンネルですが、色が微妙に異なっています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
こちらはダークグレーのJ, K(x2), L(x2)ランナーです。
これらのランナーはフレームのパーツがメインですが、かなりのボリュームがあります。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真はライトグレーのM1, M2ランナーです。
この2つのランナーはほぼ同じですが、M1ランナーのほうに多少多めにパーツが付いています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
そして、出ました!Qランナーは、「MG Hi-νガンダム」にも付いていたディスプレイベースの台座です。
タグにはVer.Kaの記述が無いので、これは全く同じもののようです。
(Ver.Ka仕様のディスプレイベースも見てみたい気もしますが...)

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
そしてこちらはディスプレイベースの支柱部分のRランナーです。
このディスプレイベースは、全てのファンネルを展開状態で飾ることができるスグレモノです。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真はマニピュレータがセットされたMP1ランナーです。
このランナーは「MG νガンダム Ver.Ka」でも使われていましたね。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真はポリキャップ(PC-208A)です。
これは同じものが2枚付いています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
MG Hi-νガンダム Ver.Ka
最後はサーベル(SB1)とシールです。
シールはかなり大型で水転写シールとなっていますが、さすがVer.Kaだけあって全部貼るのは既に精神修行の領域のような気が...^^;。
ちなみに、ファンネルのグラデーションはさすがに成型色での再現は無理なので、シールで再現されているのですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック(0)

HGBF グフR35 まとめ

ガンプラ:HGBF グフR35 @ 2014年8月30日

グフR35は、TVアニメ「ガンダムビルドファイターズ」に登場するMS(ガンプラ)である。操縦者はアニメ全編に登場するラルさん。本機は機動戦士ガンダムのグフをベースに高機動化の改造を施し、武器やバックパックなども追加装備した機体となっている。

なお、R35の型番は「ラルさん35歳」と、高機動型の型番「R」から来ているらしい。となると、続編(どこまで放映されるかは定かではないが^^;)でラルさんが歳を重ねるたびに、R42, R50...R60!という機体番号になっていくのかもしれない。(ラルさん還暦=R60の進化度合いを見てみたい気もする。)

さて、キットのデキはというと
 ・最新のガンプラだけあって、可動はかなり良好
 ・見た目は強化されたグフそのものだが、追加装備をいろいろ搭載!
 ・フロントアーマーは新解釈?により、左右が独立可動する。
 ・HGUCグフでは実現できなかった、細かな部分の色分けもキッチリ再現!

となっている。
「ガンダムビルドファイターズ」では少ししか登場しなかった本機であるが、かなり力の入った作りとなっているこのグフR35。ぜひHGUCグフと並べて、14年分のガンプラの進化を感じてみることをオススメする!

・塗装必要個所
部分塗装が必要な場所はほとんど無くそのままでも大丈夫。細かな部分では
 ・シールドの裏のグレー
ぐらいとなっている。

・合わせ目は工夫されているので、あまり目立たない。合わせ目があるのは
 ・脹脛部分
 ・肩アーマー中央
 ・胸部の側面
 ・専用バックパックの各所
など。

・武器、付属品
バルカンポッドX2
シールドX2(バルカンポッドにマウント)
ヒートサーベルX2(刀身はクリアオレンジ、脚部、シールドの裏にマウント可)
ヒートロッド
握り手、サーベル用握り手(各左右)
専用バックパック
ジョイントパーツ3種

・可動
最新のガンプラだけあって、ヒジやヒザが120度程度可動するなど可動はかなり良好。
モノアイがツマミで可動するなどのギミックもあってスキがない。
 ・肩はボールジョイントで接続、ある程度引き出せる。
 ・胴体部分にも可動箇所
 ・股関節は上下方向への回転機構付き。
 ・足先にはつま先部分に可動箇所があるため足首の可動がなかなか良好。

■おまけ

○グフ3体勢揃い!

HGBF グフR35
HGBF グフR35

「HGUC グフ」と「HGUC グフカスタム」を一緒に並べてみました。
こうして並べて見ると、グフカスタムのショルダーアーマーのトゲが際立って尖ってますな。

HGBF グフR35
こちらはグフとグフR35のツーショットです。
全体的にR35のほうが上半身や頭が小さくて、よりスタイリッシュになったような気がします。
でも、やはり一番変化が大きいと思われるのは...

HGBF グフR35
この脚部の可動です。「HGUC グフ」では、腰部がズボンのようになっているため、写真のように脚部があまり可動しませんが、R35ではフロントアーマーが分離&可動するため可動範囲が全然違います。
うーん、着実にガンプラは進化してますね。

さて、このグフR35には平手がついてないのが残念ですが、恒例のアレをやってみましょう。

ということで...

HGBF グフR35
コマネチ!

と、バルカンポッドがほとんど手に見えるので、なかなか豪快なコマネチになりました。
しかし、バルカンポッドにこんな使い道があるとは...。やるな、バンダイ! ^^;

B00JK5LO38HGBF 1/144 グフR35 (ガンダムビルドファイターズ)
バンダイ 2014-06-07

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム