ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG シャア専用ザクII その5

ガンプラ:HG シャア専用ザクII @ 2015年4月27日

今日はORIGIN版「HG シャア専用ザクII」の胸部の組み立てを行いました。

HG シャア専用ザクII
写真は「HG シャア専用ザクII」の胸部です。
腰部はどこか普通のザクとは違うような気がすると思ったら、両肩にバルカン砲が付いています。(ここはグレーで部分塗装ですね。)

HG シャア専用ザクII
写真は「HG シャア専用ザクII」の胸部を背中側から見たところです。
背中にはランドセル取り付け用の2つの穴が開いています。

さて、このシャアザクの胸部の中はどうなっているのかというと...

HG シャア専用ザクII
写真のように首の関節パーツと腰の関節パーツが中央から上下に伸びています。
そして首関節はまさかの2重関節になっています。
また、胴体の左右のパーツは...

HG シャア専用ザクII
写真のように背中側に可動軸があって、それぞれが可動するようになっています。
この可動は、かなり意外です...。

HG シャア専用ザクII
ということで、首関節はかなり大きく可動します。
また肩関節は写真のように引き出せるだけでなく...

HG シャア専用ザクII
左右の胴体も先ほどの機構で、写真のように可動します。

HG シャア専用ザクII
上の状態を正面から見たところです。
これを見ると、左右の赤いパーツが中央の黒いパーツの上に、うまく被さるような構造になっているわけですな。なるほど!
(あまり見かけない、絵ではありますが...。)

HG シャア専用ザクII
胸部を下半身とドッキングすると、こんなカンジになりました!

HG シャア専用ザクII
さらに腰の可動も確認してみると...

HG シャア専用ザクII
お辞儀ができたり...

HG シャア専用ザクII
左右に腰を曲げることも出来たりします。
うーむ、やはりこのORIGIN版「「HG シャア専用ザクII」」は、かなり力が入った作りになってますね!

HG シャア専用ザクII
PS.
実はこのキットには、余剰パーツ扱いの胸部のパーツがもう1セット付いています。
写真左がその「余剰パーツ」ですが、バルカン砲が付いていないこのパーツは、きっと量産型ザクをリリースするときに使われるに違いない...。(きっと量産型には、豪華なバルカンとかは付いていないハズ...。)


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック(0)

HG シャア専用ザクII その4

ガンプラ:HG シャア専用ザクII @ 2015年4月26日

今日はORIGIN版「HG シャア専用ザクII」の腰部の組み立てを行いました。

HG シャア専用ザクII
写真は「HG シャア専用ザクII」の脚部です。
腰部もパーツ数は従来のHGとほぼ同じですが、表面のディテールはかなり凝った作りとなっています。

HG シャア専用ザクII
写真は「HG シャア専用ザクII」の脚部を後ろから見たところです。
リアアーマーの中央には上下に2つの穴が開いていますが、取説を見る限りここには武器をマウントするでもなく、何の用途に使われるのかは不明です。(上の穴はフタのパーツでも付きそうですが、そういうパーツも無さそうですし...。)

HG シャア専用ザクII
写真は腰部を下から見たところです。
このシャア専用ザクの腰部は、フロントアーマーとサイドアーマーが可動式、リアアーマーは固定式となっています。

HG シャア専用ザクII
こちらは股関節部分ですが、ここは...

HG シャア専用ザクII
写真のように前後に軸が可動する機構となっています。
HGUCでも股関節が可動するキットはありましたが、作りはもっとシンプルなものでした。
このシャアザクの可動は、MGでよく見かけるようなタイプに進化しているようですね。

HG シャア専用ザクII
あとこの腰部でよく考えられているのが、写真のフロントアーマーの取付方法です。
これを見るとフロントアーマーと、取り付け側のパーツにはツメのような部分がありますが、それぞれ交互に飛び出しているため可動時に干渉しない作りとなっています。このおかげでスキマが少なくても、90度までの可動が可能になっているわけですね。なるほど!

HG シャア専用ザクII
HG シャア専用ザクII
さて、腰部に脚部をドッキングするとこんなカンジになりました!

HG シャア専用ザクII
この「HG シャア専用ザクII」の、可動を持ってすれば写真のように立ち膝も大丈夫です!
HGでこれが普通にできるのは、なんともいい時代になったものですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック(0)

HG シャア専用ザクII その3

ガンプラ:HG シャア専用ザクII @ 2015年4月25日

今日はORIGIN版「HG シャア専用ザクII」の脚部の組み立てを行いました。

HG シャア専用ザクII
写真は「HG シャア専用ザクII」の脚部です。
うーむ、見た目はイメージ通りのシャアザクの脚ですね...。
ちなみにこのキット、パーツ数はHGレベルですが、表面のモールドなどはかなり細かく入っていて、まるでRGのようです。(RGだとモールドの境界で別パーツになっていそうですが。)

HG シャア専用ザクII
写真はシャア専用ザクの脚部を横から見たところです。
これを見ると、脹脛付近のバーニアは残念ながら、色分けはされていないようです。
(さすがに、このあたりがHGの限界でしょうか?まあここは、部分塗装ですね。)

さて、気になるヒザの可動範囲はというと...

HG シャア専用ザクII
写真の位置まで曲がります。
正座は無理そうですが、ポージングとしてはここまで曲がればきっと十分です。

さて、このORIGIN版「HG シャア専用ザクII」の脚部は...

HG シャア専用ザクII
内部に写真のフレームのような構造が一部再現されていて、これだけで自立が可能です
(脛のサイドに動力パイプのようなディテールが見えます。)

HG シャア専用ザクII
写真はヒザ関節を曲げたところですが、関節が曲がるとヒザの内部からディスクのようなパーツが、スキマを埋めるような形でせり出してきます。

HG シャア専用ザクII
さらに、一皮むいて脚の内部構造です。
この状態からヒザを曲げると...

HG シャア専用ザクII
ヒザ関節に付いているディスクのようなパーツが露出するわけですな。なるほど!

HG シャア専用ザクII
ということで、最終的にはヒザを曲げると写真のように、中からメカが露出することになるわけです。
ただ可動を追求するだけでなく、こういった演出(なのか?)が考えられているのは、なかなかいいですね。

HG シャア専用ザクII
脚部を足先とドッキングするとこんなカンジになりました!

HG シャア専用ザクII
脚部だけですがポーズを付けてみました。
初代のHGUCシャア専用ザクも、足首の可動はスゴいものがありましたが、曲がり方にかなり不自然なものがありました。(この記事の2枚めの写真とか)
今回のORIGIN版シャア専用ザクは、自然な動きでここまでの可動を実現しているのが、技術の進歩を感じます。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム