ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG フリーダムガンダム Ver.2.0 その3

ガンプラ:MG フリーダムガンダム Ver.2.0 @ 2016年5月 3日

今日は「MG フリーダムガンダム Ver.2.0」の脚フレームの組み立てを行いました。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真は「MG フリーダムガンダム Ver.2.0」の脚フレームです。
脚フレームはMGらしく、中途半端な部分はなくしっかりとした作りとなっています。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真は「MG フリーダムガンダム Ver.2.0」の脚フレームを横から見たところです。
さて、気になるヒザの可動はというと...

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真のようにかなりよく曲がります。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真は脚フレームの内部構造です。
この状態からヒザを曲げると...。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真のように大き目のヒザ関節の上下が2重関節となっていて、ここまで可動します。
また、見るからにシンプル構造で、スライド装甲や可動式のシリンダーなどは、全く見当たりません。
しかし...

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
大腿部やヒザ裏などに、シリンダーらしきディテールが再現されています。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
また脹脛の横には写真のようにパイプ状のディテールもあったりします。
過去にスライド装甲や可動式シリンダーなどを導入し、構造が複雑になリすぎたことがありましたが、今回は「シンプル構造&ディテールで頑張る」という方向性が感じられます。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
さて、脚フレームに足先をドッキングすると、こんなカンジになりました!
うーむ、フリーダムなので脚部はスッキリ&スリムかと思いましたが、脹脛部分が意外と逞しいですね。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
まだ脚部だけですがポーズを付けてみました。
と、つま先可動があるおかげで、脚の可動範囲はかなり広いです。
これは、飛翔ポーズだけでなく、「フリーダム大地に立つ!」のようなポーズも結構自由度は高そうですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック(0)

MG フリーダムガンダム Ver.2.0 その2

ガンプラ:MG フリーダムガンダム Ver.2.0 @ 2016年5月 2日

さて、今日から「MG フリーダムガンダム Ver.2.0」の作製開始です。まずはいつものように足先から...

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
ということで写真は「MG フリーダムガンダム Ver.2.0」の足先です。
足先は見た目よりパーツ数が多く、そのおかげで色分けもかなり細かく再現されています。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真は足先を横から見たところです。
この状態から...

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
つま先が写真のように伸びるようになっています。
つま先が可動するのはいつものパターンですが、つま先自体が伸びるのはちょっと珍しいですね。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真は足先フレームの内部構造です。
足首は2軸可動で前後左右に可動します。
また、右下に何やらアームのようなものが付いていますが、これは...

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真のように青いパーツを接続するためのパーツです。
このパーツの取り付け部に、若干の余裕があるためスキマ分だけつま先が伸び縮みするわけですな。なるほど!

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
この機構があるため、写真のようにつま先を曲げたり...

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真のように激しくつま先を下に曲げることができます。
これも先ほどのアームが伸びるからですね。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
こちらは足の裏側です。
と、これは以外にもあっさりとしたディテールです。(個人的にはこれぐらいが丁度いいような気がしますが。)
ちなみにつま先中央にある丸い窪みは、やはり推進装置なのでしょうかね?


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(16) | トラックバック(0)

MG フリーダムガンダム Ver.2.0 その1

ガンプラ:MG フリーダムガンダム Ver.2.0 @ 2016年5月 1日

さて、今回作成するのはコレ!

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
つい先日発売された「MG フリーダムガンダム Ver.2.0」を作製したいと思います。
MGはこのキットが実は今年初のリリースだったりしますが、前回「MG ガンダム ORIGIN版」を作ってから既に半年も経つのですね。(超久々のMGです。)

それはさておき、さっそくランナーをチェックしてみましょう!

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
MG フリーダムガンダム Ver.2.0
MG フリーダムガンダム Ver.2.0
ということで写真は「MG フリーダムガンダム Ver.2.0」の全てのランナーです。
ランナー数はサーベルも入れて全部で18枚。
見たところ、このキットにはポリキャップは含まれていないようです。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真は多色成形のAランナーです。
このランナーのタグを確認してみると...

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
ちゃんと「フリーダムガンダムVer.2.0」と記載されています。
他のランナーを見る限り、旧キットからの流用はなさそうです。(もちろんサーベルなどは除く)

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真はリアアーマーと思われるパーツのアップです。
うーむ、「ZGMF X10A」の型番がモールドで再現されている...。
そのうち大きめの文字はシールではなく、モールドで再現される日が来るかもしれませんね。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
MG フリーダムガンダム Ver.2.0
MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真は白いB(x2), C(x2), Dランナーです。
やはりVer.2.0ということもあってか、ディテールがかなり細かく再現されてますね。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真はダークブルーのE1, E2ランナーです。
このフリーダムにはピンポイントでこの濃いブルーが使われています。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真はライトグレーのF1, F2ランナーです。
このランナーは主に、レールガンのパーツがセットされています。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真はブルーのG(x2), Hランナーです。
フリーダムというと、青が多く使われている印象がありますが、パーツ数は意外と少ないです。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真はグレーのI, J(x2)ランナーです。
見ての通り、このランナー3枚でほぼフレームをカバーしているようですが、それにしてもパーツがギッシリ詰まっていて密度が高いです。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
こちらはディスプレイベースを収めた、BA2ランナーです。
やはり飛翔ポーズの多いフリーダムガンダムでは、ベースが標準で付いているのはウレシイですね。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
写真はサーベルとホイルシールです。
サーベルは他のキットでもお馴染みの「SB1」が採用されています。

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
最後はマーキングシールと...

MG フリーダムガンダム Ver.2.0
ガンダムデカールです。(背景が白だと見難いので、黒いベースの上に乗せています。)
これを見るとシールには「L1~L5」と「R1~R5」までの記号が書かれていますが、どうやらこれは各翼の貼る位置を個別に示している模様です。これは、間違えて貼ってしまうと番号順にならないので、注意して貼らないといけませんね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(22) | トラックバック(0)
その他
プロフィール
  • かずちゃん
     最近息子と一緒にガンプラにハマっている
    一応、IT系エンジニア
  • メールはこちら
  • 当サイトはリンクフリーです。
  • ガンプラブログ
    ↑バナーはこちら
プレミアム バンダイ
copyright ガンプラブログドットコム