ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG MSM-03 ゴッグ その1

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月 6日

さて、今月は気になるキットは月の後半にしか発売されないようです。となると、それまでしばらく時間が空くわけですが、こんなときはやはり...

「普段なかなか作れないちょっと昔?のキットを作るに限ります^^;」
ということで今回は...

MG ゴッグ
このキット!「MG MSM-03 ゴッグ」を作ってみようと思います。
そういえばこの前、MGシャア専用ズゴックを作ったので、これが揃えばゾック以外のジオン水泳部の皆さんが揃うことになります。また、さすがにこのゴッグはVer2.0として発売されるのは当分は無いに違いありません。(作って安心!)

さて、ではさっそくパーツをチェックしてみましょう~。

MG ゴッグ
写真は「MG ゴッグ」の全てのランナーです。
うーむ、さすがMGだけあってランナーは多いですね。特にHGを作ったあとだとそう感じます。

MG ゴッグ
写真は多色成型のAランナーです。モノアイはクリアパーツ、お腹の拡散メガ粒子砲はちゃんと赤いパーツに色分けされています。

MG ゴッグ
茶色いBランナーです。
これは!で、デカイッ!体の大きなゴッグだけあって外装パーツは特大サイズです。

MG ゴッグ
足先などが収められたCランナーです。こいつもデカイ!

MG ゴッグ
ダークイエローのD1とD2ランナーです。ここには、あのアイアンネイルのパーツが付いています。

MG ゴッグ
MG ゴッグ
E, Fランナーです。ここは内部フレームのパーツが収められています。

MG ゴッグ
Gランナーです。丸っこいパーツは伸び縮みする腕のパーツのようです。

MG ゴッグ
そしてシャア専用ズゴックに続いて今回もありました!
合成ゴム製のHランナーです。水中モビルスーツは防水が命~♪(水漏れしたらヤバイですよね^^;)

MG ゴッグ
こちらはIランナーのポリキャップです。

MG ゴッグ
最後は、シールと黄色い袋です。この黄色い袋にはスプリングらしき部品が1個だけ入っています。

さて、このゴッグは2003年と5年前のキットですがデキはなかなか良さそうなカンジです。
早く、ガンダムVer2.0のガンダムハンマーを受け止めてみたいものですね^^;。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(15) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その2

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月 7日

さて、今日から「MG MSM-03 ゴッグ」の作製開始です。ということでまずは足先から...

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の足先です。
全体的にシンプルな形状ですが、黒い部分は合成ゴムのパーツでできています。あと、足首がハマる予定のポリキャップは中央からずれた位置に付いているようです。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の足先を裏側から見たところです。
中央には水中モビルスーツの証である、大型のスクリューがどーんと付いています。このスクリューですが...

MG ゴッグ
写真のように、中央の軸に取り付けるようになっているので、手で回転させることができます。(結構グルグル回せます^^;)MGシャア専用ズゴックはスクリューは回らなかったのにこのゴッグは一味違います。

MG ゴッグ
最後に、このゴッグの足の大きさを他のモビルスーツと比べてみました。
左がMGシャア専用ズゴック、そして右が我らがガンダムさんです。
と、これはシャア専用ズゴックも足は侮れない大きさだったのに、このゴッグはさらにそれを大きく上回る大きさです。特にガンダムの足と比べると、激しく大きさが違います。(まるで別スケールのキットみたいですね^^;)
これなら、足で蹴られたらひとたまりもないような気が...。また、ガンダムハンマーを普通に受け止めることができるのもなんとなく納得です。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その3

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月 8日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」の脚フレームを作製しました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の脚フレームす。
うーむ、太い!そして短い!さすが水中MSだけあって水の抵抗は少なそうな形状をしています。
このゴッグのヒザの後ろ側には黒い部分が見えますが...

MG ゴッグ
ここはヒザのパーツに黒い合成ゴムのパーツを被せるような構造になっています。きっとこれはヒザ関節から水が漏れないようにここが防水になっているのでしょうね。

MG ゴッグ
さて、ではこのゴッグのヒザの可動範囲をチェックしてみましょう~。
写真の脚を伸ばした状態から...

MG ゴッグ
ヒザを限界まで曲げるとこうなります。
角度にすると100度ぐらいですが、この太い脚にしてはなかなかよく可動すると思います。

MG ゴッグ
足先を脚部とドッキングしたところです。
うーむ、これは...。足首らしき部分が全くありませんね^^;。これは足先が直接ヒザにくっ付いているとでも言うべきか...。

MG ゴッグ
ヒザと足首を可動してみたところです。足首は、写真のように前方に可動するようになっています。でも、これだと、足先部分と空間が開いて不自然になるので、外装を被せるとここはうまく隠れるようになっているのでしょうか?

さて、このゴッグの足先は

「かなりデカイ!」

と評判?ですが、ちょっと試してみたいことがあります。それは、「もしガンダムがゴッグに踏んづけられたらどんな状態になるのか?」ということです...

MG ゴッグ
ということで、MGガンダムVer2.0をゴッグの足で踏んづけてみました。
と、頭部から腰までがほぼカンペキにゴッグさんの足の下敷きになってしまいます(-_-;)。(これは痛そうだ...)
これは、やはりゴッグと戦う場合は、「戦艦なみの威力のビームライフル」で遠距離からチマチマ攻撃を加えたほうが良さそうですね。接近戦はかなり危険です。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(15) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その4

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月 9日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」の腰フレームを作製しました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の腰フレームです。
脚フレームはかなりゴツイですが、腰は結構あっさりした作りになっていますね^^;。
さてこの腰フレームですが...

MG ゴッグ
写真のように股関節の軸が可動するようになっています。(水中の巡航ポーズを再現するためでしょうかね?)

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の腰フレームの内部構造です。この状態から...

MG ゴッグ
腰の下部にあるストッパーとなるパーツを下げると股関節の軸が可動するようになっています。なるほど!こんな仕組みになっているんですね。(このストッパーがあるおかげで、可動部が緩くなることはありません。)

MG ゴッグ
写真はMGゴッグの腰フレームを横から見たところです。この角度から見ると、ここにはゴム製のパーツが使われていることが分かります。関節部がゴム製の防水パーツになっているのがこのゴッグの特徴ですね。

MG ゴッグ
腰フレームに脚部をドッキングするとこんなカンジになります。うーむ、足が太いのに比べると腰が小さい...。(とはいえ、腰部の外装はかなりデカイのでそれを被せれば立派にはなりそうです。)

MG ゴッグ
さて、このゴッグは脚部がなかなかのボリューム感ですが、写真のように立ちヒザなんかができたりします。こんな太い脚でも可動がちゃんと確保されているのは、さすがMGですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その5

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月10日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」の胸フレームを作製しました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の胸フレームです。
うーむ、お腹のメガ粒子砲は赤い部分はちゃんと色分けされてますね。あと、MGなのでコックピットにちゃんとパイロットが座っています。さて、このゴッグの肩の軸ですがここは...

MG ゴッグ
写真のように内部に収納できるようになっています。これはきっと、水中の巡航ポーズのために腕をたたむ機構のためにあるに違いない...


MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の胸フレームの内部構造です。(シリンダー部分はガンダムマーカーメッキシルバーで部分塗装してみました)
この状態から...

MG ゴッグ
こんなふうに肩のパーツがスライドして、内部に格納されるようになっています。なかなかよくできていますね^^;。

MG ゴッグ
胸フレームに下半身をドッキングするとこんなカンジになります。
おお!上半身は意外とデカくてゴツイですな。

MG ゴッグ
と言いつつ、背中側からみると実は中味はスカスカだったりします。
まあ、これは肩を胴体内部に収納するのに必要な空間を確保するためなのでしょうが、それにしてもデカイ割に上半身は軽いです^^;。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その6

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月12日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」の頭部フレームを作製しました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の頭部フレームです。
やはり頭部はジオンのモビルスーツだけあって、モノアイになっているのですが、ここはせっかくクリアパーツなのにシールで再現となっています。うーむ、これはちょっとカッコ悪い...。

MG ゴッグ
ということで、シールは剥がして蛍光ピンクで塗装してみました。また、モノアイを取り付ける側の軸はガンダムマーカーのメッキシルバーで塗装しました。
やはり、モノアイは部分塗装するのがいいですね。(できれば、最初からクリアピンクなどの成型色にしてくれればいいのですが...。)

MG ゴッグ
「MG MSM-03 ゴッグ」の頭部フレームを横から見たところです。
このゴッグの頭部フレームはパーツ数は少ないものの、細かなモールドが刻まれています。

MG ゴッグ
ゴッグのモノアイは、ポリキャップに球形ジョイントパーツが組み合わさっているので、写真のように左右にモノアイを動かしたり...

MG ゴッグ
上下にもモノアイを可動することができます。これは、なかなか良くできていますね。

MG ゴッグ
これで、遂に頭部が付きました!

MG ゴッグ
上半身のアップです。
うーむ、前回のエントリで指摘がありましたが、パイロットの足のすぐ下にメガ粒子砲があるのが、ちょっと危険な感じがします。発射したときの熱はジオン脅威の科学力でなんとかなるにしても、発射したときにかなりの振動はありそうな気もします。
あと、頭部のモノアイの周辺が十字になっているせいか、ドムに似ているように見えるのは気のせいでしょうか?


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(15) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その7

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月13日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」の腕フレームを作製しました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の腕フレームの構成パーツです。
ゴッグの腕もやはりズゴックなどと同じで、たくさんの円筒形パーツを組み合わせたような形状をしています。
それはそうと、フレームなのにグレーじゃなくてダークイエローになっているのね...。

MG ゴッグ
各パーツの接続部は、写真のようにポールジョイントを円筒形のポリキャップにはめ込む仕様になっています。ポリキャップは結構大型ですが、ゴッグの手は大きいのでそのうちヘタらないかちょっと心配だったりします。

MG ゴッグ
さて、腕フレームを組み立てるとこうなります。
うーむ、これはゴッグの腕にしてはイメージより細いですね。

さて、では気になるヒジの可動範囲をチェックしてみましょう!

MG ゴッグ
とは、いってもこのゴッグにはヒジらしき部分は無さそうです^^;。
ということで、各関節をできるだけ曲げてみました。
滑らかに曲線的に曲がるのはなかなかいいですね。

MG ゴッグ
腕フレームを肩にドッキングするとこんな感じになります。

MG ゴッグ
上半身のアップです。
この状態では、かなりの「いかり肩」ですが...

MG ゴッグ
肩関節を収納すると、こんなに「なで肩」になりました^^;。
これだけ変化があると、水中巡航ポーズへの変形が楽しみですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(21) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その8

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月14日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」のマニピュレータを作製しました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」のマニピュレータです。
指はもちろんお馴染みのアイアンネイルで、これらは全て独立可動します。

MG ゴッグ
写真はアイアンネイルの可動部ですが、鉄アレイのようなパーツの両側が可動する仕組みとなっています。可動部が2箇所あるので、指はかなり曲がります。

MG ゴッグ
ということで、ジャンケンのパーやグーのように指を動かすことができます。

MG ゴッグ
もちろんチョキも大丈夫!これで、ゴッグどうしで、ジャンケンができますね^^;

MG ゴッグ
これでマニピュレータが付きました!
うーむ、こうしてみるとゴッグさんは手がかなり長いですね。
なんとなく、ゴリラみたい...。

MG ゴッグ
このアイアンネイルがあれば、あのガンダムハンマーも受け止めることができます。
「ハンマーでも何でも、どんとこい!」

MG ゴッグ
さて、このアイアンネイルは手首の付け根を折り曲げることができるので、写真のようなポーズを取ることができます。でもこうして見ると、手の平のサイズと腕の長さはほぼ同じなんですね。こんなことになっているとは...なかなかスゴイですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その9

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月15日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」のバックパックを作製しました。
このバックパックはフレームとは言えませんが、現状だと背中に大穴?が開いた状態なのでまずはこれを取り付けておきたいと思います^^;。

MG ゴッグ
ということで、写真は「MG MSM-03 ゴッグ」のバックパックです。
さすが水中MSなので表面に凹凸がないのっぺりした形状になっています。

MG ゴッグ
写真はバックパックのバーニア部分です。
うーむ、これは...。1パーツなのになかなか細かなディテールをしていますね。
あと、背中にあるのはスクリューとかではなく、普通のバーニアなんですね。(もしかしてゴッグさんは飛べる?)

MG ゴッグ
写真は内部メカとなっているディテールです。ただしこうなっているのは、背中に取り付ける側だけなのがちょっと残念です。(最初の写真の外側のカバーを外すとバックパック内部は空洞になっております^^;)

MG ゴッグ
そういえば、フレームと言えば写真の肩のパーツを取り付けるのを忘れていました。
ここには右上の黒いゴムのパーツが使われています。

MG ゴッグ
さて、写真の大きな穴があいたゴッグさんの背中と肩にこれらのパーツを取り付けると...

MG ゴッグ
こんなカンジになります。
と、このバックパックはかなり大きいですね。

MG ゴッグ
全身だとこうなります。

MG ゴッグ
正面です。この角度から見るとバックパックはほとんど見えませんね^^;。
では、フレーム完成記念ということで...

MG ゴッグ
「コマネチ!」
うーむ、ヒジが曲がらないのでコマネチはちょっと難しいです。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その10

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月16日

さて今日から「MG MSM-03 ゴッグ」に外装を取り付けていきます。

MG ゴッグ
ということで、写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の脚部の外装です。
パーツ数は片足分で4パーツととても少ないですが、パーツはかなりデカイです。

MG ゴッグ
写真は外装パーツの裏側です。ここには細かなモールドがたくさん刻まれています。

では、これらのパーツをゴッグに取り付けてみましょう。

MG ゴッグ
写真の、脚フレームに外装を取り付けると...

MG ゴッグ
こんなカンジになります。
うーむ、フレームだけだとデコボコしていましたが、外装を被せると非常に滑らかな曲線的なフォルムになりました。

MG ゴッグ
MGゴッグの全身です。

MG ゴッグ
脚部に外装を被せても、ヒザの可動は特に変化はないので、写真のように立ちヒザも可能です。
でもやはり、ゴッグさんは仁王立ちのポーズがいいですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その11

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月17日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」の腰フレームに外装を取り付けました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の腰部の外装です。
このパーツもかなりビッグサイズですね^^;。

MG ゴッグ
外装パーツは写真のように、外側と内側が別パーツにになっていてこれを組み合わせる作りになっています。

MG ゴッグ
さて、ではこれらの外装をゴッグさんの腰に被せると...

MG ゴッグ
こんなカンジになります。
うーむ、これはまるで...

MG ゴッグ
(別の角度からです)
「お相撲さんのまわし」のようですね^^;。体型もお相撲さんみたいだし。

MG ゴッグ
ちなみに股関節部分は外装を被せても、ちゃんとゴムパーツで防水されていることがわかります。

MG ゴッグ
MG ゴッグ
これで腰まで外装が付きました!
しかし、腰はフレームだけだとかなり細かったので、外装を付けるとかなりイメージが変わりますね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(17) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その12

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月18日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」の胸フレームに外装を取り付けました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の胸部の外装です。
上は茶色で下はダークイエローの配色となっていて、コックピットのハッチもちゃんと別パーツとなっています。(もちろん開閉可能です。)

MG ゴッグ
そして、こちらは頭部の外装です。
モノアイカバーはクリアパーツ、そして首の部分にはスプリングパーツが使われています。
なるほど、1個だけ付いていたバネはこんなところに使うのね。

MG ゴッグ
さて、ではこれらの外装をゴッグさんの上半身に被せると...
(頭の出っ張りはマルチプルランチャーの先端部分になります。)

MG ゴッグ
まずは胸部まで、そして...

MG ゴッグ
頭部まで外装を被せるとこんなカンジになります。
うーむ、これは下半身と合わせて見事な卵型となりました。さすが水中モビルスーツだけあって、丸っこいです。

MG ゴッグ
これで、胴体まで外装が付きました!

MG ゴッグ
さてこのゴッグさんですが、写真の状態から...

MG ゴッグ
こんなふうに腰が前方に可動するようになっています。また、少し意外だったのは...

MG ゴッグ
このゴッグさんは写真のように、首?を回転させることができます。
ズゴックなどは頭部は肩と一体になっているので、頭部は可動しませんでしたが、このゴッグは(多少ですが^^;)ちゃんと頭を横方向に向けることができます。さすが、ゴッグ!一味違うぜっ!

MG ゴッグ
ということで、ピース^^;


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(60) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その13

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月20日

今日は「MG MSM-03 ゴッグ」の腕フレームに外装を取り付けました。

MG ゴッグ
写真は「MG MSM-03 ゴッグ」の腕部の外装です。
5つのブロックに分かれた円筒形のパーツと、肩は大型のパーツが1つという構成になっています。

MG ゴッグ
さて、これらの外装を写真の腕フレームに被せると...
(腕フレームは外装を被せると外れなくなりそうなので、あらかじめスミ入れしてあります^^;)

MG ゴッグ
まずは、腕の外装を取りつけて次に...

MG ゴッグ
肩の外装を取り付けるとこんなカンジになります。
うーむ、肩ってこんなに上に上がっていたんだっけ?(もうちょっと水平だと思ってました)

MG ゴッグ
これで、全ての外装の取り付けが終わり、組み立てが完了しました!

さて、ではさっそく腕を縮めた巡航ポーズとやらを試してみましょう~。

MG ゴッグ
ということで、腕を縮めてみるとこうなります。
おお!腕が肩アーマーにすっぽりと入っています。差し替え無しでここまでできるとはこれはなかなかスゴイ(面白い?)ですね^^;。
(ちなみに股関節も微妙に縮んでいます。)

MG ゴッグ
手はこんなふうに肩アーマーに隠れるようになっています。
なんとなく、蟹とかの甲殻類みたい...

MG ゴッグ
これであとはスミ入れとシール張りを残すのみとなりました!


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(30) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ その14

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月21日

さて、今日でスミ入れとシール貼りも終わり、ついに「MG MSM-03 ゴッグ」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

MG ゴッグ
まずは基本の立ちポーズ正面です。
うーむ、まるで卵のような胴体と、長い腕がなんとも言えませんね。

MG ゴッグ
MG ゴッグ
「MG MSM-03 ゴッグ」立ちポーズサイドビュー&リアビューです。
背中のバックパックがかなり大型なのと、肩アーマーがかなりいかり肩になっているのが特徴的です。

MG ゴッグ
上半身のアップです。胸の型番S-03がなかなかカッコいいです。
それはそうと、肩のシールが「5」番なのはいったいナゼなんでしょうね?

MG ゴッグ
このゴッグさんのアイアンネイルは、全ての指が可動するのでいろいろと表情豊かなポーズを取ることができます。
ゴッグはアイアンネイルが命~♪

MG ゴッグ
お腹についている、拡散メガ粒子砲の発射ポーズです。
2基も付いているので結構強力そうです。

MG ゴッグ
拡散メガ粒子砲付近のアップです。
メガ粒子砲の中央は、豪華に?ガンダムマーカーのゴールドで塗装しました。なかなか、ゴージャスでいいカンジ...。(実際、パケ絵はここがゴールドっぽく見えます。)

MG ゴッグ
そして、このMGゴッグの最大の特徴である、差し替え無しの巡航ポーズです。
あの、デカイ手が肩アーマーにすっぽり収まるのは、なかなか良くできています。

MG ゴッグ
巡航ポーズを後ろから見たところです。股間に「インサイドレッグスラスター(取説より)」が付いていますが、これは設定では内部を赤で塗装する必要があるようです。(目立たない部分なので今回はサボりました^^;。)

MG ゴッグ
ということで、このゴッグさんは昔のキットながら、なかなか良くできています。

「ジオン水泳部のガンプラにハズレ無し!」 (←MG、HGどっちも)

ですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(19) | トラックバック (0)

MG MSM-03 ゴッグ まとめ

MG MSM-03 ゴッグ @ 2008年10月22日

「MSM-03 ゴッグ」といえば、「機動戦士ガンダム」で登場した水陸両用モビルスーツである。パイロットは量産型であるため固定はされていないが

「さすがゴックだ、なんともないぜ」

というセリフでゴッグの装甲の分厚さを知らしめたラサ曹長さんが有名。
そして、なんといっても我々ファースト世代の記憶に残っているのが、我らがガンダムの

「ハイパーハンマーをも素手で受け止めた」

シーンである。(←アムロ唖然、これがジオン水泳部MSの威力なのか!...と思ったかは定かではない^^;)

さて、この「MG ゴッグ」は発売が2003年とシャア専用ズゴックと同様に5年前に発売された古いキットである。ただし、今組み立ててみても、可動や色分け、そしてプロポーションなどかなり素晴らしい出来栄えとなっている。また、あの長い腕を肩アーマーに差し替え無しで収納するギミックは非常によく考えられており、いろいろなシーンを再現することができるようになっている。(ゴム製の防水パーツも使われている)つい最近、MG ガンダムVer2.0が発売されたので、ぜひガンダムハンマーを受け止めさせてみることをオススメする!

・塗装必要個所
そのままでもほぼ設定に近い。
部分塗装が必要と思われるのは以下のところ
 メガ粒子砲の中央部のイエロー(自分はゴールドで塗りました)
 頭部側面の四角い部分の黒
 股間下部のスラスターの赤
 パイロットフィギュア

・ほとんどがパネルラインとして処理されているのでほとんど合わせ目はない。
一つだけ気になるとすれば、アイアンネイルの先端部分にある合わせ目だが、これも外側から見ると見えない部分ではある。

・武器、付属品
1/100パイロットフィギュア(座/立)
これだけしか付属しない。さすが水中MS!^^;

・可動
腕部は複数の円筒形パーツが組み合わさっているので、伸縮ギミックが内蔵されている。そしてこれを活用することにより、このキットの最大の売りである巡行形態を差し替え無しで再現している。なお、腕や脚を胴体に引き込む機構はロックされるタイプなので耐久性もそれなりにあると思われる。また、脚部はそのずんぐりとした外形とはうらはらに、意外とよく可動するので立ちヒザも可能であるためいろいろとポーズをつけやすい。さらに、首?が可動したり腹部も可動するなど、かなり高レベルな作りになっている。


■おまけ

○参上!ジオン水泳部!

MG ゴッグ
今まで作成したジオン水泳部の面々です。これを見るとどのMSも非常に個性的です。

MG ゴッグ
ガンダムとゴッグを並べてみました。
うーむ、やはりかなり大きさが違いますね^^;。
体当たりされたら、吹っ飛びそうなヨカン...

MG ゴッグ
これだけ大きさが違うと、アイアンネイルで頭を掴まれたりしたらかなりキケンです。
危ないぞ、ガンダムさん!

MG ゴッグ
そして、この大きなアイアンネイルがあれば、ガンダムのハイパーハンマーだって受け止めることができます。
ゴッグ「ヘヘッ、馬力ならこのゴッグも負けんぜ」
ガンダム「な、なんて奴だ。このハンマーだってパワーアップしてるっていうのに...」


○連邦チームVSジオン水泳チーム

MG ゴッグ
ガンダム「早くボールをこっちに!」
ガンキャノン「おうっ、そらっ、パスだ!」

MG ゴッグ
シャア専用ズゴック「ふふふ、ここを通すわけにはいかんっ!」
アッガイ「ズデッ!イタイッ(:_;)」(←役にたってナイ)

シャア専用ズゴック「って、あれっ?!」

MG ゴッグ
シャア専用ズゴック「さらにできるようになったな、ガンダム!」(←あっさり抜かれた)
ガンダム「いまがチャーンス!!このハンマーシュートを受けてみよっ!てやっ!」

MG ゴッグ
ゴッグ「止めるっ!このスーパーグレートゴールキーパーのゴッグがっ!」
ガンダム「うおぅ!なんという威圧感なんだ!」

MG ゴッグ
ガンダム「ああっ!渾身のシュートが止められた!」
ゴッグ「ふふふっ、ペナルティエリア外のシュートは入れさせないぜ! 」

そして、男たちの熱い戦いはこれからも続く...。
このゴッグさんがゴールキーパーだったら、きっとすごいセービングを見せてくれるのでしょうね。手は長いし体もデカイし...^^;

では最後に恒例の...

MG ゴッグ
コマネチ!


MG 1/100 ゴッグ MSM-03
MG 1/100 ゴッグ MSM-03
おすすめ平均
stars良いです!
starsさすがゴッグだ、なんともないぜ

Amazonで詳しく見る

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(21) | トラックバック (0)
copyright gunplablog.com