ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 その15

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 @ 2019年7月30日

今日は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の武器類の組み立てを行いました。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真は「MG ガンダムNT-1 Ver.2.0」の主力武器であるビームライフルです。
ビームライフルはかなり平たい形状で、可動部といえばマガジンが取り外し可能になっているところぐらいです。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はビームライフルを前方から見たところです。
写真では分かりにくいですが、銃口上のセンサーはクリアパーツで再現されています。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
そしてこちらは、付属のシールドです。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はシールドの裏側です。
裏側にはグレーのマウントパーツが、見えますがここにはギミックがあって...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
なんと、シールドの青い部分が写真のように、分離して上に可動します。
さらに...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
マウント部は、写真のように上下にスライドする機構も内蔵されています。

ということで、これらをガンダムNT-1に装備すると...

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
こんなカンジになりました!

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はNT-1をシールド側から見たところです。
こうしてみると、シールドはかなりの大きいので、防御力は高そうです。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
写真はビームライフルを構えたところです。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
そして、写真は先程のシールドの展開機構を使ったところです。

MG ガンダムNT-1 Ver.2.0
この状態だと、シールドを装着したままで、ガトリングガンを発射することができます。
とはいえ、これだけのために複雑な機構をシールドに仕込むのは、ちょっとやりすぎな気もしますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5537
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム