ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

メガサイズモデル ガンダム その1

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月13日

 さて、今回は「連邦軍のモビルスーツはバケモノかっ!」というのも頷ける、デカさがメガ級の「メガサイズモデル ガンダム」を作製しようと思います。なんとこの「メガサイズモデル ガンダム」は、デカさだけならPGを超える1/48スケールで、全高は37.5cm!と置き場所に困るサイズ^^;となっております。

メガサイズモデル ガンダム
ということで、写真は「メガサイズモデル ガンダム」のパッケージです。
箱の大きさは、PGガンダムとほぼ同じサイズとなっています。で、この箱を開けると...


メガサイズモデル ガンダム
中は写真のようになっています。
中が3つのブロックに分かれているところもPGと同じですね。

では、さっそくランナーをチェックしてみましょう!

メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
写真は全てのランナーです。ランナーはAからMまでの18枚と、ポリキャップ、サーベルと枚数はかなり多くなっています。

メガサイズモデル ガンダム
写真は多色成形のAランナーです。
ここには、シールドの十字や、顔のパーツがセットされています。

メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
写真は、B( x2), C(x2), Dランナーです。
やはりガンダムと言えば、白いパーツが多く含まれています。

メガサイズモデル ガンダム
写真はブルーのEランナーです。

メガサイズモデル ガンダム
そしてこちらは、赤いFランナーです。
MGやPGでは、コアファイターが再現されていましたが、どうやらこの「メガサイズモデル ガンダム」では、コアファイターはオミットされているようです。(残念ですが、デカいからOK!)

メガサイズモデル ガンダム
写真は、グレーのGランナー( x2)ですが、このランナーはこのキットで唯一のABS樹脂製となっています。
メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
同じくグレーのH( x2), Iランナーです。
Hランナーはタグに「H1」,「H2」と書いてあり、厳密には2つのランナーのようですが、ランナー自体は1つにくっ付いています。

メガサイズモデル ガンダム
こちらは、J( x2)ランナーです。
見ての通り、足先のパーツが2個だけと、メガサイズならではのランナーとなています。
(パーツは2個でも、ランナーはデカいです。)

メガサイズモデル ガンダム
グレーのKランナーです。
ここにはビームライフルなどがセットされています。

メガサイズモデル ガンダム
そして、これがM(白いほうです), Lランナーです。
とはいっても、ランナーというよりはそれぞれが、1つの独立したパーツなのですが...。
(取説には上のランナー記号が振ってありました。)

メガサイズモデル ガンダム
最後はポリキャップ( x2)とビームサーベル、シールです。
シールはサイズの割には、少ない数となっています。

メガサイズモデル ガンダム
本キットには、組み立てマニュアルと、HobbyJapanのガンプラステップアップマニュアルの2冊が付属しています。「メガサイズモデル ガンダム」のパッケージには、

 組み立てに特別な工具は不要。ニッパーも使いません。

と書いてある通り、このキットはガンプラの初心者や、過去にガンプラを作っていた人がガンプラ復帰するのにも大丈夫なキットとなっているようですが、こういう作り方に関する冊子がついているのは、そのあたりを意識しているのかもしれませんね。
(ちなみに、上の「ニッパー不要」の説明の下に「ニッパー等の工具を使用するとさらに綺麗に仕上がります。」とも書かれていたりします。できるだけニッパは使いましょうね。)

メガサイズモデル ガンダム
最後に、スケール感が分かるように、Aランナーの横に、「HG ガンダムVer.G30th」を並べてみました。
うーむ、シールドの十字がHGガンダムの身長と同じぐらいですね...。

さて、この「メガサイズモデル ガンダム」は、組み立てなどにもいろいろな工夫が凝らしてあるようなので、そのあたりも含めてどうなっているのかがちょっと楽しみです。

 見せてもらおうか、1/48ガンプラの性能とやらを! ^^;

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(28) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その2

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月15日

 さて、今日から「メガサイズモデル ガンダム」の作製開始です。まずはいつものように足先から...と思いましたが、この「メガサイズモデル ガンダム」では、組み立てにちょっと変わった方式を採用しているのでまずはそれを紹介したいと思います。

メガサイズモデル ガンダム
ということで、写真は「ダブルセパレータ」という工具です。(Gランナーに付いています。)
これはニッパー無しでの組み立てを補助するためのツールで...

メガサイズモデル ガンダム
写真の二股に分かれているゲート部分に...

メガサイズモデル ガンダム
写真のように先端部分を差し込みます。そして、ダブルセパレータをテコの原理で押し下げれば簡単にパーツがランナーから分離すると言うわけですな。なるほど!

メガサイズモデル ガンダム
さて気になる、切断面はというと写真のようにやはり、ちょっとちぎれたようになってしまいます。

メガサイズモデル ガンダム
しょうがないので、アートナイフでゲート処理したらキレイになりました。
うーむ、これはやはり素直にニッパー+アートナイフでゲート処理した方が良さそうですね...。ただ、小さな子供や本当に初ガンプラという人の、ファーストステップとしてこういう方法が用意されているのは良いと思います。ちなみに、普通のゲート処理の方法は別冊付録?にちゃんと説明されているので、ある意味至れり尽くせりです。

メガサイズモデル ガンダム
さて、組み立てのもう一つの工夫としてはランナーごと組み立てる「ランナーロック方式」というのが、一部のパーツで採用されています。ということで、写真の2枚のランナーを...

メガサイズモデル ガンダム
写真のように、ランナーごと組み立てます。
(ただし、ランナーを組み立てる前に、いくつかのパーツをセットしておく必要があります。)

メガサイズモデル ガンダム
そして、上のパーツを切り離すと、写真の足首のパーツとなりました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、足首のパーツとそれを支える下部に付くパーツです。
このキットでは、円筒形の内部にギザギザが付いたポリキャップが多くの関節部に使用されており、保持力を高めています。また、似たようなパーツを間違えないよう、パーツに番号が刻まれていたりします。(ポリキャップの内に2番と3番の番号が見えます。)

メガサイズモデル ガンダム
それはさておき「メガサイズモデル ガンダム」の足先を組みたてると写真のようになりました!

メガサイズモデル ガンダム
写真はアンクルアーマーのアップです。
こんなところにも、かなり細かなモールドが刻まれていますが、これもメガサイズだからできる技と言ったところでしょうか...。

メガサイズモデル ガンダム
写真は足の裏側です。
この「メガサイズモデル ガンダム」の足先はつま先が可動したりはしないようです。残念!

メガサイズモデル ガンダム
ただ、足首の関節は写真のように前後に可動したり...

メガサイズモデル ガンダム
ちゃんと左右にも可動するようになっています。
これなら、ある程度のアクションポーズは難なくこなせそうですね。

メガサイズモデル ガンダム
最後に、足先をHG ガンダムと比べてみました。
うーむ、この大きさの違いは、なんともスゴイですね。

メガサイズモデル ガンダム
このメガサイズ ガンダムが連邦軍に存在したら(ジオンはHGサイズということで^^;)、写真のようにザクはきっと踏んづけられただけで、一撃で撃破ですな。(こうなるともはや、白い悪魔ではなく、白い巨人?)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(20) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その3

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月16日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」の脚部の組み立てを行いました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は「メガサイズモデル ガンダム」の脚部です。
ディテールはかなり細かいですが、脚のヒザから下の部分が、最近は珍しいモナカ割になっています。

メガサイズモデル ガンダム
さて、気になるヒザの可動範囲はというと...

メガサイズモデル ガンダム
写真のように、約90度ほどヒザが可動します。
可動に関しては一昔前のHGといったたころですが、まあメガサイズなのでこれだけ動けばきっと充分でしょう。(大きくアクションさせると飾る場所がさらに必要に...)

メガサイズモデル ガンダム
写真は脚部の内部構造です。
うーむ、デカいわりに内部はシンプルな構造(中はスカスカです^^;)ですね。

メガサイズモデル ガンダム
ヒザを曲げたところです。関節はシンプルな1重関節となっていますが、関節部に例のギザギザの付いたポリキャップが使用されているので、関節を曲げると角度ごとにストッパーがかかっているような感覚があります。

メガサイズモデル ガンダム
脚部を足先とドッキングするとこんなカンジになりました!
サイズはデカいですが、しっかりガンダムの脚となっております。

メガサイズモデル ガンダム
写真はヒザ周辺のアップです。
あちこちにモールドが見えますが、メガサイズのためモールドはかなり深くはっきりとしたラインとして刻まれています。

メガサイズモデル ガンダム
最後に大きさが分かるようにHGガンダムと並べてみました。
と、脚だけの状態なのにHGガンダムのはるか頭上まで脚が伸びています。
ちなみに、この状態で脚部の高さを測ってみると、約24cmありました。この状態で既にHGだけでなく、MGガンダムの大きさを超えているとは!恐るべしメガサイズガンダム...。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その4

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月17日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」の腰部の組み立てを行いました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は「メガサイズモデル ガンダム」の腰部を主要なブロックに分解したところです。
メガサイズだけあって、V字マークや黄色い部分などもちゃんとパーツで色分けされているのが流石です。

メガサイズモデル ガンダム
写真はフロントアーマー部を裏側から見たところですが、左右のフロントアーマーは、ちゃんとそれぞれ独立して可動するようになっています。

さて、これらのパーツを組み立てると...

メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
ちゃんと、ガンダムの腰になりました!

メガサイズモデル ガンダム
写真は腰部を下から見たところです。股関節の可動軸は「だたの棒」となっていて、特別なギミックはなさそうです。(とはいえ、このサイズなので強度的に考えて、へたに複雑な機構は入れないほうが良いような気もします。)

メガサイズモデル ガンダム
腰部を脚とドッキングするとこんなカンジになります。
だんだん、高層ビル?が上に伸びてきました^^;。

メガサイズモデル ガンダム
この「メガサイズモデル ガンダム」は、足首がそんなに可動するわけではないので、写真のように脚を大きく開くと、足の裏側が地面に接地しなくなります。ただ、デカイので、この状態でも結構安定しています。

メガサイズモデル ガンダム
ただし、脚を左右に開く場合は、写真の角度くらいまでは足の裏が地面にちゃんと接地します。
まあ、基本は白い巨人?らしく、脚部は仁王立ちがよいのかもしれませんね。
(中央部にはHGガンダムの脚部も並べてあります。ちなみにサイズがこれだけ違っても、HG ガンダムVer.G30thとモールドのパターンがほぼ同じなのが驚きです。)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その5

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月18日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」の胸部の組み立てを行いました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は「メガサイズモデル ガンダム」の胸部を主要なブロックに分解したところです。
首は完全に固定式ですが、肩関節はちゃんと可動部分があって...

メガサイズモデル ガンダム
写真のように結構前方向に可動するようになっています。肩関節は上下を、ギザギザ付きのポリキャップが挟み込む構造になっているので、保持力はかなり強力そうです。これなら、ビームライフルを持った手が自重で垂れ下がることもなさそうですね。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、胸のエアインテーク周りのパーツです。
黄色いフィンは1個のパーツで再現されていて、可動しないのがちょっと残念ですが、フィンの内側のパーツにはちゃんとネットのようなパターンが刻まれています。

さて、これらのパーツを組み立てると...

メガサイズモデル ガンダム
ガンダムの胸部になりました!
うーむ、全体的に丸いフォルムは、MGガンダムVer2.0やHGガンダムVer.G30thなど最近発売されたガンダムに近いですね。(最近の流行り?)

メガサイズモデル ガンダム
写真は「メガサイズモデル ガンダム」の胸部を背中側から見たところです。
背中のデカい凸部には、ランドセルが付く予定です。

メガサイズモデル ガンダム
写真は胸部を下半身とドッキングしたところです。
やはり、特徴的な3色カラーの上半身が付くと一気にガンダムらしくなりますね。

メガサイズモデル ガンダム
手前にHGガンダムを置いてみると、こんなカンジになります。
あと、これに頭部が付けばさらに上に伸びることになりますが、今でもスゴイ存在感があります。^^;

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その6

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月19日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」の頭部の組み立てを行いました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は「メガサイズモデル ガンダム」の頭部を主要なブロックに分解したところです。
頭部はバルカン砲から、耳の黒い部分までカンペキに色分けされているのがなかなかです。

さて、これらのバーツを組み立てると...

メガサイズモデル ガンダム
写真のガンダムの顔になりました!
いやぁ、なかなかカッコいいですな。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、カメラアイ付近のアップです。カメラアイは、ちゃんとクリアパーツで再現されているのはもちろんのこと、カメラアイのパーツにラインまでちゃんと再現されているので、いかにもカメラっぽく見えます。

メガサイズモデル ガンダム
写真は「メガサイズモデル ガンダム」の頭部を横から見たところです。
この角度から見ると、中央部に合わせ目があるのがちょっと気になりますね。

メガサイズモデル ガンダム
で、こちらは「メガサイズモデル ガンダム」の頭部を後ろから見たところです。赤いセンサー部分がちゃんと色分けされていたり、細かなパネルのモールドが刻まれています。

メガサイズモデル ガンダム
頭部を胴体にドッキングするとこんなカンジになります。
パッケージによると、この状態で37.5cmの高さがあるようです。デカッ!

メガサイズモデル ガンダム
頭部付近のアップです。この「メガサイズモデル ガンダム」は、頭部にかなり力を入れているように感じます。やはり、「ガンダムは顔が命!」ですからね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(11) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その7

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月20日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」の腕部の組み立てを行いました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、ヒジ関節のパーツが入ったランナーですが、このランナーはヒザ関節同様にランナーロック方式が採用されています。今回も取説通りなら写真の2枚のランナーを組み立ててから、ランナーを外すことになりますが、ゲート処理を行う場合はパーツを1個づつ切りだしてから組み合わせた方が、ゲート処理が簡単です。

メガサイズモデル ガンダム
写真は「メガサイズモデル ガンダム」の腕部です。
腕だけでもこのサイズになるとなかなかの迫力ですが、前腕部は中央に合わせ目があるモナカ割な構造となっています。

メガサイズモデル ガンダム
写真はマニピュレータですが、このキットでは全ての指が固定式の握り手左右と、ライフル用のマニピュレータが付いているようです。(指が全く可動しないのはHGUCと同じですね^^;)

メガサイズモデル ガンダム
写真は「メガサイズモデル ガンダム」の腕部を横から見たところです。
で、気になるヒジの可動範囲はというと...

メガサイズモデル ガンダム
90度にちょっと足りないくらいしか曲がりません。
うーむ、これはちょっとビームサーベルを抜くポーズは無理そうです...(-_-;)。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、「メガサイズモデル ガンダム」の腕部の内部構造です。
これを見ると、脚部の構造にかなり近いので...

メガサイズモデル ガンダム
ヒジを曲げても写真ぐらいまでしか曲がらないわけですな。

メガサイズモデル ガンダム
腕を胴体にドッキングするとこんなカンジになります。
これでやっと、五体満足なガンダムさんになりました!

メガサイズモデル ガンダム
「メガサイズモデル ガンダム」上半身のアップです。
全体的なフォルムはかなり細かなところまで再現されていて、なかなかのカッコよさですが、肩アーマーは、ちょうどど真ん中に合わせ目が来るようなパーツ割になっています。最近のHGUCなどでは、少ないパーツ数でも合わせ目がパネルラインとして処理されているケースが多いので、このサイズで正々堂々と?合わ目が中央にあるのはちょっと意外でした。(左右対称なパーツにした方が設計が簡単とか?)

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その8

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月22日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」のランドセルの組み立てを行いました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、「メガサイズモデル ガンダム」のランドセルです。
このランドセルこれだけの立体感がありながら、写真で見える部分ではバーニアを除いてほとんど1パーツで構成されているのがスゴイです。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、バーニアのアップです。このバーニアの基部は特に可動があるわけではなく固定式になっています。(まあ、そうそう角度を変える必要もないのでこれで充分なのですが...)

メガサイズモデル ガンダム
写真は、ランドセルを裏側から見たところです。
中央部の3連の丸の中にシールドを取り付けるためのポリキャップが付いているのは、なかなかポイントが高いです。(あのポーズを再現するために背中にシールドはガンダムには必須です^^;)ただ、内側はやはり結構スカスカだったりします。

メガサイズモデル ガンダム
さて、ガンダムのランドセルと言えば、この武器ビームサーベルです。このビームサーベルの持ち手はメガサイズガンダム用と言うだけあって、かなり太くなっています。

メガサイズモデル ガンダム
ビームサーベルの刀身は写真のクリアパーツのものがちゃんと2本付いています。
ちなみに、このビームサーベルは握り手には持たせることができないようで、ビームライフル用のマニピュレータ(左右付いています)に持たせる仕様となっています。(ビームライフル用のマニピュレータは、ライフルを組み立てた時にでも紹介しようと思います。それにしてもビームライフルとサーベルのマニピュレータが共用というのも珍しいですね...。)

メガサイズモデル ガンダム
さて、ランドセルを写真のちょっと寂しいガンダムさんの背中に取り付けると...

メガサイズモデル ガンダム
こんなカンジになりました!

メガサイズモデル ガンダム
写真はランドセルを横から見たところです。この角度から見ると、バーニアがかなり外に飛び出していて大きいことが分かります。なお、上部に付いているビームサーベルには...

メガサイズモデル ガンダム
やはり、関節の可動が足りないため、手が届きません。(-_-;)
とはいっても、手が届いたところで、写真のマニピュレータではサーベルを握ることはできないワケですが...。

メガサイズモデル ガンダム
これで、本体の組み立ては完了し、後は武器などを残すのみとなりました!

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その9

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月23日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」のビームライフルの組み立てを行いました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、「メガサイズモデル ガンダム」に付属しているビームライフルです。
左下に比較のため「HG ガンダム Ver.G30th」のビームライフルを置いてみましたが、これだけ大きさが違うとなかなか壮観ですな。ちなみに、フォアグリップがメガサイズモデルでは細長い形状になっているのは、やはりVer.G30thではここが太すぎた反動?なのでしょうか...

メガサイズモデル ガンダム
写真はビームライフルの内部構造です。これを見ると、スコープ部とフォアグリップの基部にはポリキャップが使われているので...。

メガサイズモデル ガンダム
写真のように、スコープとフォアグリップは可動するようになっています。

メガサイズモデル ガンダム
写真はビームライフル(兼ビームサーベル)用のマニピュレータです。武器は手の平についている四角い突起部分に差し込んで保持するようになっていますが、この形状のマニピュレータが両手とも付いているのはなかなか珍しいです。(これはビームライフル両手持ちと、ビームサーベル二刀流を再現するためにこうなっているようです。)

メガサイズモデル ガンダム
ビームライフルをガンダムさんに装備してみました。
やはりガンダムにはビームライフルが良く似合います。

メガサイズモデル ガンダム
ビームライフルを構えたところです。
このメガサイズビームライフル?なら、戦艦並みの威力があるのも納得です^^;。

メガサイズモデル ガンダム
最後に、定番であるビームライフルの両手持ちをしてみました。
このメガサイズガンダム、可動は正直言ってあまり優秀とは言えませんが、肝となるこういったポーズが再現できるよう考慮されているのは、なかなかウレシイですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その10

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月24日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」のシールドの組み立てを行いました。

メガサイズモデル ガンダム
写真は、「メガサイズモデル ガンダム」に付属しているシールドです。
今回も比較のため「HG ガンダム Ver.G30th」のシールドを置いてみましたが、この大きさの違いはやはりスゴイものがあります。(このメガシールド?をHGサイズのザク部隊に投げつけたら、ザク部隊はきっと全滅に違いない...^^;)

メガサイズモデル ガンダム
このシールドは、黄色い十字と写真のネジのような部分のみが別パーツで、シールド全体の赤い部分と白い部分はこのサイズで1パーツとなっています。(1パーツでは、最大級?)

メガサイズモデル ガンダム
写真はシールドの裏側ですが、こちら側のディテールもしっかりと再現されているようです。なお、腕へのマウントは、写真中央のグレーのパーツを使って行うようになっています。

では、このシールドをさっそくガンダムさんに装備してみましょう!

メガサイズモデル ガンダム
ということで、右手にビームライフル、左手にシールドを装備してみました。
やはりこの組み合わせはガンダムのベスト装備ですね。

メガサイズモデル ガンダム
そして、シールドとビームサーベルの組み合わせも、接近戦ではかかせません。
ちなみに、ビームサーベルもかなりの長さがあるので、この状態だと縦方向に40cmを超えてしまいます。

メガサイズモデル ガンダム
最後に、シールドを背中に装備して、ビームライフル両手持ちのポーズを取ってみました。
さて、これで組み立ては完了しあとは部分塗装やスミ入れを残すのみとなりました。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その11

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月25日

 今日は「メガサイズモデル ガンダム」に部分塗装を行いました。

メガサイズモデル ガンダム
ということで「メガサイズモデル ガンダム」さんは現在、写真のような状態になっています。

メガサイズモデル ガンダム
この「メガサイズモデル ガンダム」は、かなり高度に色分けされているのですが、主に色が足りない部分としては写真の関節内部の丸いグレーの部分があります。

メガサイズモデル ガンダム
この関節の内部は、ガンダムマーカーのグレーを筆塗りしましたが、さすがにメガサイズモデルともなると、結構な面積があるので、意外と時間がかかります。(ちなみに部分塗装する箇所は、足首とヒザ、そしてヒジが各4か所づつあるので全部で12か所あります。)

メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
そして、取説ではヒジやヒザ関節部分に、カッパー(銅色)らしき色が使われていたので、それに対抗するわけではありませんが、ちょっとゴージャスなガンダムマーカーのゴールドで写真の部分を塗装してみました^^;。

さて、後はスミ入れとシール貼りを残すのみとなりましたが、スミ入れは面積が大きいので結構手間がかかりそうです。あと、シールはガンプラには珍しい水転写シールとなっている模様です。(どこか懐かしい...)

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム その12

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月27日

 さて、今日でスミ入れとシール貼りも終わり、ついに「メガサイズモデル ガンダム」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

メガサイズモデル ガンダム
まずは基本の立ちポーズ正面です。
メガサイズなので、全体的にかなり細かな部分までディテールが再現されています。

メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
「メガサイズモデル ガンダム」立ちポーズサイドビューです。
やはり、シールを貼るとなかなかカッコ良くなりますね。

メガサイズモデル ガンダム
立ちポーズリアビューです。
このメガサイズガンダムは、スミ入れする部分(面積?)が大きいため結構苦労しました。
(既に深夜になったので、シールドの裏側のスミ入れは、今回はパスです^^;)

メガサイズモデル ガンダム
上半身のアップです。ガンダムの鼻の黒いへの字の部分は、さすがメガサイズだけあって、ちゃんとスリット状の穴で再現されています。

メガサイズモデル ガンダム
写真はバックパック付近のアップです。
ビームサーベルは、極太?のためかなり細かなディテールまで再現されているのがステキです。

メガサイズモデル ガンダム
ビームライフルを構えたところです。
このポーズが収まる背景は、もはや普通のMGの箱では間に合わなくなったので、急遽保管してあったPGアストレイレッドフレームの箱を引っ張り出してきました。

メガサイズモデル ガンダム
お次は、背中にシールドを背負ってのビームライフル両手持ちです。

メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
そして、シールドにビームサーベルです。このポーズもアニメでは割とよく見かけたような気がします。

メガサイズモデル ガンダム
このメガサイズモデルガンダムには、ビームサーベルが2本付いているので写真のようにビームサーベル2刀流も可能です。

メガサイズモデル ガンダム
最後に、メガサイズガンダムと、HGサイズのガンダムを並べて大きさを比較してみました。
うーむ、これならもしかして...

メガサイズモデル ガンダム
おお!やはり肩の上にちゃんと座ることができました。^^;
これって、伝説の巨人の上に、白い悪魔ですかね?


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(21) | トラックバック (0)

メガサイズモデル ガンダム まとめ

メガサイズモデル ガンダム @ 2010年3月28日

「RX-78-2 ガンダム」といえば、あの伝説のアニメ「機動戦士ガンダム」の主役機である。パイロットはもちろん、アムロ・レイ。ガンダムの歴史はこの機体から始まったのでもう説明の必要は無いであろう。(もちろんガンプラとして最初に発売されたのもガンダムなので、ガンプラの原点であるとも言える)

さて、今までにガンダムは数々のスケールでキット化されているが、このメガサイズモデルは1/60スケールのPGを超える1/48と今までのガンプラの中では最大級のスケールとなっている。本キットの特徴としては

・とにかくデカい。高さ37.5cmは、置き場所に困るメガサイズ!
・アニメのガンダムのイメージそのままの、丸く優しいフォルム
・色分けは、ほぼカンペキ!
・ランナーロック方式など、誰でも組み立て簡単な仕様。
・組み立てにはニッパさえ不要!(とパッケージには書いてあるが、ニッパの使用推奨)
・合わせ目はあちこちにあるが、デカいので気にならない。(というか気にしないこと^^;)

と、色々と気になる部分はあるものの、全体的なポロポーションはなかなかにカッコよく、そしてその大きさは非常に存在感のあるものとなっている。
大きさは正義!とにかく、ファーストガンダム世代のガンプラ好きな人は、このキットを組み立てて家の床の間にでも飾ってみることをオススメする。

・塗装必要個所
 サイズが大きいだけあって、成形色で色分けはほぼ再現されている。細かな部分では
 ・各関節内部のグレー
 ・シールドのビスのような部分のグレー
 ・腿の付け根部分のグレー
あたりの部分塗装が必要。

・パーツ分割は、意外にも一昔前のHGUCと同等レベル程度。脚部や腕部の中央部に合わせ目のあるモナカ割状になっているので、こだわるならかなり広い面積にわたる合わせ目を消す必要がありかなり面倒。ただし、このキットのコンセプトが、「初心者でも組み立て簡単!」ということを考えると、今回のように誰が見ても分りやすいパーツ構成にするのもある程度しかたがないのかもしれない...。


・武器、付属品
ビームライフル
シールド(腕と背中にマウント可)
ビームサーベル(ランドセルに取り付け。刀身はクリアピンクのものが2本付属)
握り手(左右)、ビームライフル&ビームサーベル兼用持ち手(左右)

・可動
 ヒザやヒジなどは90度程度しか曲がらない。ただし、メガサイズということを考えると、そのデカさと存在感が最大のウリであるため、立ち姿とビームライフルを構える姿がカッコよければそれで良いのではないかと個人的には思う。なお、それでもシールドを背中に背負ってビームライフルが両手持ちできるようになっているのは高ポイント。

■おまけ

○各スケールガンダム勢揃い!

メガサイズモデル ガンダム
さて、ここで問題です。左はメガサイズガンダムですが、右側のガンダムのスケールは何でしょう?
と、右側のガンダムは随分と小さく見えますが、実はこれは1/60のPGガンダムだったりします。PGなのに、これだけ小さく見えてしまうのは、さすがメガサイズですね!

メガサイズモデル ガンダム
さて、今まで作成したガンダム6種類を並べてみました。
左上から順に、
 ・1/48 メガサイズモデルガンダム
 ・1/60 PGガンダム
 ・1/100 MGガンダムVer.2.0
 ・1/144 HGガンダムVer.G30Th
 ・1/200 SGガンダム
 ・1/600 ちびケロ付属ガンダム
となっています。うーむ、MGがこれだけ小さく見えるとは、恐るべしメガサイズガンダム!

メガサイズモデル ガンダム
最後に、6種類のガンダムを小さい順に前から並べてみたところです。
いやぁ、これはなかなか壮観ですな^^;。

そういえば、このメガサイズモデルガンダムは結構売れているようなので、近い将来
「メガサイズモデル シャア専用ザク」
が発売されるに違いない。(ぜひこの2体を並べてみたいと思うのは自分だけではないハズ...)

メガサイズモデル ガンダム
メガサイズモデル ガンダム
おすすめ平均
starsドでかっガンダム
starsすごくよかったです☆
stars親子二代でつくりました
starsHGUCより簡単で小学生1年生でも作れる!超入門プラモデル
stars子供向けの楽しさ 価格は大人だけどね

Amazonで詳しく見る
ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(37) | トラックバック (0)
copyright gunplablog.com