ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

RE/100 ハンマ・ハンマ その12

RE/100 ハンマ・ハンマ @ 2018年3月 2日

今日は「RE/100 ハンマ・ハンマ」にスミ入れを行いました。

RE/100 ハンマ・ハンマ
今回は下半身にスミ入れを行ったので現在「RE/100」ハンマ・ハンマは写真の状態となっています。

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真はハンマ・ハンマの脚部です。
この角度から見ると、スミ入れ箇所が分かりにくいですが...

RE/100 ハンマ・ハンマ
後方から見ると、脹脛の後ろなど、このハンマ・ハンマは意外とスミ入れ箇所が多かったりします。

RE/100 ハンマ・ハンマ
こちらは大腿部ですが、細かなラインなどが各所に存在します。

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真はフロントアーマーですが、バーニア内部もディテールがあるのでスミ入れが必要です。

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真はサイドアーマーですが、ここにもライン状のミゾが多数あります。

ということで、このハンマ・ハンマは真面目にスミ入れするなら、ボリューム満点でスミ入れの練習にはもってこいです。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

RE/100 ハンマ・ハンマ その13

RE/100 ハンマ・ハンマ @ 2018年3月 4日

今日は「RE/100 ハンマ・ハンマ」にスミ入れを行いました。

RE/100 ハンマ・ハンマ
今回は残りの上半身にスミ入れを行ったので現在「RE/100」ハンマ・ハンマは写真の状態となっています。

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真は胴体部分のアップです。
胴体には動力パイプが多数存在するので、ここをスミ入れするのはかなり大変でした。

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真はハンマ・ハンマの背中側です。
こちらにも動力パイプがあるので、地道にスミ入れする必要があります。

RE/100 ハンマ・ハンマ
動力パイプといえば、頭部にもパイプが付いています。
他はある程度省略するのもアリかと思いますが、やはりここだけはスミ入れ必須ですね。
(MSは顔が命...^^;)

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真は肩のバーニア部分のアップです。
バーニア内部のスミ入れは1個ずつでは大したことはありませんが、これだけ数があると不思議と何かを量産している気分になってきます。

RE/100 ハンマ・ハンマ
最後は、ハンマ・ハンマのシールドです。
シールドは、かなり太めのミゾが多いのスミ入れはかなり楽でした。
(ちなみに、エンブレムはスミ入れしようか迷ったのですが、ここはスミ入れ無しとしました。)

RE/100 ハンマ・ハンマ
さて、スミ入れも終わり、後はシールを貼ればいよいよ完成です!

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(5) | トラックバック (0)

ガンプラ 2018年3月の出荷予定

ガンプラ出荷予定 @ 2018年3月 5日

バンダイのサイトで2018年3月のガンプラの出荷予定が発表されています。
ということで、HGUCとMGのリストを更新しました。> ガンプラリスト HGUC MG

先月に引き続き、3/5の現時点では新製品の出荷予定+αのみ発表で、再販製品などはまだ発表されておりません。(ということで、新製品以外のHGUCとMGは後日更新予定です。)

今月は新製品でいくと

○MG, HGUC
MG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ Ver.Ka 3/8
MG ディープストライカー 3/15
HGUC ブルーディスティニー3号機"EXAM" 3/15

○ビルドファイターズ, ビルドダイバーズ
HGBF ミセス.ローエングリン子 3/8
HGBD ガンダムAGEⅡマグナム 3/8

注:日付は出荷日で、店頭に並ぶ日付は地域により変わります。

となります。

今月の目玉は何と言っても、MG200体達成記念!としてリリースされる「MG ディープストライカー」です。
ただしこのキット、お値段2万円超でサイズも巨大と、買うにはなかなか勇気のいるキットとなっています。(買うか迷っている人も多いのでは?)
また今月もユニコーンガンダムとして「MG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ Ver.Ka」がリリースされます。(ユニコーンガンダムはこれで何体目?)あと、EXAMシリーズとしては最後の「HGUC ブルーディスティニー3号機"EXAM"」も出荷予定となっています。

あと、今月から4月から放映予定の「ビルドダイバーズ」のキットがリリースされます。ビルドファイターシリーズといえば、プチッガイなどの派生シリーズが登場しましたが、今回はなんと「ハロプラ」なるものが登場する模様です...。さて、人気ははどれぐらい出るのでしょうかね?

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック (0)

RE/100 ハンマ・ハンマ その14

RE/100 ハンマ・ハンマ @ 2018年3月 6日

さて、今日でシール貼りも終わり、ついに「RE/100 ハンマ・ハンマ」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

RE/100 ハンマ・ハンマ
まずは「RE/100ハンマ・ハンマ」の立ちポーズ正面です。
細い手足に、大きな肩アーマーと、このハンマ・ハンマは全てが個性的ですね。

RE/100 ハンマ・ハンマ
RE/100 ハンマ・ハンマ
写真はハンマ・ハンマのサイドビューです。
デカい肩アーマーには、数多くのバーニアが内蔵されています。
また、シールドは極厚でかなりの立体感があります。

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真はハンマ・ハンマのリアビューです。
腰部中央はまるで針のように尖っていますが、ここはなぜこのような形になっているのでしょうかね?
(飾る時に後ろに出っ張るので、意外とジャマです^^;)

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真は上半身のアップです。
このハンマ・ハンマではシールは、小さな文字やマークが多いので、シールを貼ってもほとんど目立ちません。

RE/100 ハンマ・ハンマ
こちらはハンマ・ハンマの背中側です。
ハンマ・ハンマは各部にバーニアがありますが、数えてみると
 肩部: 8 X 2 = 16
バックパック: 4
腰部: 8 x 2 = 16
と全部でなんと36基も装備されています。
うーむ、これだけ数が多いと推進力もスゴそうですが、燃料切れが心配ですね。

RE/100 ハンマ・ハンマ
ここからは、アクションベース1を使ってのディスプレイです。

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真はシールドを構えた所ですが、このシールドにはメガ粒子砲が3門も内蔵されているので、これだけでもかなり戦えそうな気がします。(守備力も十分です)

RE/100 ハンマ・ハンマ
RE/100 ハンマ・ハンマ
写真はビームサーベルを構えたところです。

RE/100 ハンマ・ハンマ
サーベルを持たせる場合には、写真の可動肘が役立ちます。
(通常ではヒジが曲がりません^^;)

RE/100 ハンマ・ハンマ
こちらは腕の延長パーツで腕を伸ばしたところです。
ここから...


RE/100 ハンマ・ハンマ
さらにツメを伸ばすと写真の有線サイコミュの射出状態になります。

RE/100 ハンマ・ハンマ
RE/100 ハンマ・ハンマ
有線サイコミュといえば、ジオングが有名ですが、付属のリード線はちょっと短すぎるような気もします。
(この長さだと、敵の背中は狙えそうにありません。)

RE/100 ハンマ・ハンマ
RE/100 ハンマ・ハンマ
最後はクローでの攻撃ポーズです。
3本ツメといえば、ズゴックが思い浮かびますが、このハンマ・ハンマなら、ジムくらいはクローだけで倒せそうですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

RE/100 ハンマ・ハンマ まとめ

ガンプラ出荷予定 @ 2018年3月 7日

「AMX-103 ハンマ・ハンマ」といえば、アニメ「機動戦士ガンダムΖΖ」に登場するネオ・ジオンのMSである。パイロットはマシュマーさん。本機は一般量産機にサイコミュ・システムを導入するために試作された機体で、有線誘導式とすることでニュータイプ能力が低いパイロットでも運用を可能としていたらしい。このハンマ・ハンマは、MGやHGUCなどで1度もキット化されたことのない機体だが、今回RE/100でようやくデビューすることとなった。

さて、本キット「RE/100 ハンマ・ハンマ」の特徴としては

・特徴的な形の機体を、1/100スケールで再現
・シールを使わず細かな部分まで成型色による色分けを実現!
・有線サイコミュ再現用に、専用パーツ&スタンドを標準装備。
・肘は可動と非可動用の2種類を差し替え可能

となっている。なかなかキット化されなかったこのハンマ・ハンマ。長年待っていた人はぜひ作ってみることをオススメする。

・塗装必要個所
 成型色で細部まで色分けされているので部分塗装が必要な箇所はほぼ皆無。特にシールドのエンプレムまで別パーツで色分けされているのはよく出来ている。
・合わせ目はパーツ分割が工夫されているため、ほとんど存在しない。

・武器、付属品
シールド
ビームサーベルx2(刀身はクリアイエロー成型、持ち手は2種x2本付属)
有線サイコミュ再現用、腕の延長パーツ一式
サイコミュ用スタンドx4
可動用肘関節パーツx2


・可動
大柄な体型ということもあり、可動範囲はそれほど広くない。それでも脚部はヒザが90度ほど曲がり、足首の関節も結構可動する。
 ・ヒザから下はそれなりに可動する。
 ・腕は標準ではヒジが可動しないが、可動肘パーツを付ければ90度ほど可動する。
 ・肩関節は前方に引き出せる。
 ・肩アーマーは上方向に可動する。


■おまけ

○ダブルゼータとハンマ・ハンマ

RE/100 ハンマ・ハンマ
主役機の「MG ダブルゼータガンダム Ver.Ka」とハンマ・ハンマを並べてみました。
うーむ、ダブルゼータガンダムは大型の機体のはずですが、こうして見るとハンマ・ハンマのほうがデカいですね。

RE/100 ハンマ・ハンマ
写真は2機を横から見たところです。
この角度から見ると、ダブルゼータが小さく見えますね。

RE/100 ハンマ・ハンマ
RE/100 ハンマ・ハンマ
写真は、オールレンジ攻撃を再現してみたたところです。
と、やはりリード線が短いので、オールレンジにはなりませんね...^^;。
(線が機体の何倍かは伸びないと、相手まで届きません)

では、最後はお約束の...

RE/100 ハンマ・ハンマ
コマネチ!
うーむ、この姿は...何かの昆虫のようですね。

B0725J1MSGRE/100 機動戦士ガンダムZZ AMX-103 ハンマ・ハンマ 1/100スケール 色分け済みプラモデル
バンダイ(BANDAI) 2017-07-22

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その1

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月 9日

さて、今回はとある理由で、それほど時間がかからず手軽に作れそうなキットを作製します。
ということで...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
今回はコレ!本日店頭で発見した「HGBD ガンダムAGEII マグナム」を作製してみたいと思います。
写真はパケ絵ですが、デカデカとアニメの放映日がプリントされています。
(きっと次回出荷分からは、この文字は消えるのでしょうね。はっきり言ってこの文字は美観を損ねるのでジャマです^^;。)

この「HGBD ガンダムAGEII マグナム」は、ビルドダイバーズの記念すべき「No.001」ということで、今後もこのシリーズが続々と登場するのでしょうね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の全てのランナーです。
ランナーはHGとしては標準的な数ですが、パーツは結構細かなものが多いです。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は多色成形のAランナーです。
このランナーのタグをよーく見ると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
「HG ガンダムAGE-2」と書かれています。
うーむ、このマグナムは、ガンダムAGE-2がベースになっているので、やはりランナーは一部流用になっているようです。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はグレーのBランナーです。
このランナーまでが「HG ガンダムAGE-2」と共通になっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は白いJランナー(x2)です。
このランナーからは...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
「HG ガンダムAGEII マグナム」と書かれていて新造のランナーとなっています。
(記述が、AGE-2とAGEIIで微妙に異なっているのは、製作者の拘りなのでしょうか?)


HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は紫のK1, K2ランナーです。
このAGEIIマグナムは、何か尖ったパーツが多いですね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こちらはクリアグリーンのLランナー(x2)です。
クリアグリーンでこの形は、ダブルオークアンタを彷彿とさせるものがあります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はディスプレイスタンドとなるBA-Oランナーです。
このランナーについてパッケージには
「ランナーレスの台座が付属!」
と表示されていますが、底面の板状のパーツ無しのディスプレイスタンドというのはよく考えましたね。
(飾る場所も取らず低コストなので、今後色々なキットにこの形の台座が標準で付きそうなヨカンがします。)

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は付属のポリキャップで型番は「PC-001A」が採用されています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
最後はサーベル(SB-9)とシールです。
本体の一部はAGE-2ですが、先ほどの台座など新しい試みが見られるこのキット...。
新アニメの1号機なので、何か新しい発見がありそうような気がします。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その2

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月11日

さて、今日から「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の作製開始です。まずはいつものように足先から...。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
ということで写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の足先です。
うーむ、このマグナムの足先は全体的に角ばったフォルムですね...。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の足先を横から見たところです。
この状態から...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
足先は写真のようにつま先を折りたたむことが出来ます。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
そして写真は足首の関節を動かしたところです。
足首は前後にはある程度、左右方向にはほぼ90度まで可動します。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は踵部分のアップです。
踵は写真のように中のパーツがツメのように回転します。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はAGEIIマグナムの足の裏側です。
このマグナムは変形機構があるためか、足の裏はかなりスカスカ感がありますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その3

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月12日

今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の脚部の組み立てを行いました。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の脚部です。
脚部は前方から見るとほぼ真っ白、後方から見ると紫のツートンカラーとなっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は脚部を横から見たところです。
この角度から見ると、脚部は全体的に尖っていることがわかります。
さて、この状態からヒザを曲げると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真の位置まで曲がります。
ヒザは定番の2重関節になっているおかげで、ここまで曲がるわけですね。

ということで、脚部を足先とドッキングすると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こんなカンジになりました!
うーむ、やはり今どきのガンダムだけあって、スラッとした脚ですね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
まだ脚部だけですがポーズを付けてみました。
これを見ると、足首関節がかなり前傾できることが分かります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は足首付近のアップです。
写真では足首のアーマーパーツが上に可動していますが、このおかげで足首の可動が確保されているわけですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その4

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月13日

今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の腰部の組み立てを行いました。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の腰部です。
腰部は各アーマーが、かなり縦に細長い形をしています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は腰部を横から見たところです。
サイドアーマーは紫と白のツートンですが、これは航空機の羽のようにも見えますね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こちらは腰部を後ろから見たところです。
リアアーマーはかなり長いですが、これは前回作製したハンマ・ハンマに近いものがあります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は腰部を下から見たところです。
各アーマーは、フロントとサイドがほぼ水平まで、リアアーマーも45度くらいまで可動します。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は股関節付近のアップです。
股関節は写真の状態から...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
軸が写真のように回転します。
また若干ですが軸自体が左右に動くようにもなっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
ちなみにですが、サイドアーマーの先端の白い部分も写真のように可動します。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
さて、腰部に脚部をドッキングするとこんなカンジになりました!

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
両脚が繋がったのでポーズをつけてみました。
こうして見ると下半身はかなりよく可動しますが、それにしてもヒールがかなり高いですね。
(ほぼハイヒールで、さらに中央にトゲ付きなので、蹴られるとかなり痛そう...)


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その5

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月14日

今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の胸部の組み立てを行いました。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の胸部です。
胸部の中央にはAGEシリーズ共通の「A」を模したマークが見えます。
(Aの下の四角い穴はパーツの付け忘れではなく、こういうデザインです^^;。)

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の胸部を横から見たところです。
この角度から見ると、背中側から上に伸びている部分がかなり目立ちます。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はマグナムの胸部を背中側から見たところです。
背中の出っ張りは翼のような形をしていますが、これは一昔前のスーパーカーのリアウィングのようですね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
さて、胸部の可動箇所はと言うと...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
肩関節が写真のように上に動きます。
また、首の関節も若干ですが前後に可動することができます。

ということで、胸部を下半身とドッキングすると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こんなカンジになりました!
うーむ、腰がやけにスマートなのはやはり最近のMSですね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こちらは上半身のアップです。
こうして見ると、このAGEIIマグナムはかなり細かな部分まで、成型色で色分けされているのがいいですね!


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その6

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月15日

今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の頭部の組み立てを行いました。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の頭部です。
マグナムは中央は普通のガンダム顔ですが、周囲は紫の外装のようなもので覆われています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の頭部を横から見たところです。
これを見ると頭部側面のグレーなど、かなり細部に渡り成型色で色分けされていることがわかります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こちらはAGEIIマグナムの後頭部です。
頭部の前後にはメタリックグリーンのセンサーが見えますが、さすがにここはシールでの再現となっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は頭部を上から見たところです。
アンテナの先端は元は旗のようなものが付いていましたが、今回は切り落として尖らせています。(パケ絵では尖った状態になっています。)

さて、この頭部をAGEIIマグナムの胴体に取り付けると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こんなカンジになりました!

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は上半身のアップです。
こうして見ると、このAGEIIマグナムの顔は、どことなくダークな印象を受けますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その7

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月16日

今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の腕部の組み立てを行いました。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の腕部です。
AGEIIマグナムは腕は基本白ですが、肩アーマーと手首の両端に紫のパーツが使われています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は腕部を横から見たところです。
ということで、気になるヒジの可動はというと...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真のようにかなりよく曲がります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は腕部の内部構造です。
この状態から...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
ヒジは2重関節になっていて、ここまで曲がるわけですね。
さて、腕部をAGEIIマグナムの本体に取り付けると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こんなカンジになりました!
うーむ、肩アーマーが暗い色のせいか、よりダークな感じになりましたね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は肩アーマー付近のアップです。
肩アーマーは写真の状態から...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
なんと肩アーマーの紫の箇所が写真のように回転します。
うーむ、これはなかなか珍しい仕様ですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(3) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その8

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月18日

今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」のFファンネルの組み立てを行いました。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の装備であるFファンネル(x4)です。
この武器は基本は近接用の武器ですが、ファンネルのように遠隔操作も可能だということです。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はFファンネルのアップです。
このFファンネルは写真の状態から...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
ブレード部分が写真のように回転し...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
最終的には180度の水平状態まで展開します。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は接続部分のアップです。
このFファンネルは写真のポリキャップを、肩アーマーにマウントする構造になっています。
(ポリキャップは回転するので、方向を自由に変えられます。)

さて、このFファンネルをAGEIIマグナムに取り付けると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こんなカンジになりました!
うーむ、Fファンネルが付くと随分と機体が華やかになりましたね。

このファンネルは自由に可動するので...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真のようにブレードを展開することができます。
と、これはまるで阿修羅像のようですね。(手が2本足りませんが...)

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
そしてFファンネルは手持ち武器としても使用可能です。
色々な方法で使える、このFファンネルはなかなかよく考えられた武器ですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(11) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その9

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月19日

今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」のビームライフルの組み立てを行いました。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の武器である
「ハイパードッズライフルマグナム」(名前が長いです^^;)です。
AGEIIではハイパードッズライフルでしたが、今回はこれに加えて、マグナムという名称が付加されています。

さて、このライフルの可動部と言うと...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真のように本体上下のパーツが上下に展開します。
またグリップ部も角度を変えられるようになっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はドッズライフルを上から見たところです。
このドッズライフルの左右には、まるで白い羽のようなパーツが付いているのが面白いですね。

ということで、ライフルをAGEIIマグナムに装備すると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こんなカンジになりました!
と、このライフルは地面に付きそうなぐらいの長さがありますね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はドッズライフルを構えたところです。
そしてこのライフルは...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
携行時はリアアーマーにマウントできたりします。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
この状態だと銃口が地面すれすれにになるので、これを椅子の替わりにして座って一服...できそうですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その10

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月20日

今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」の残りの武器類の組み立てを行いました。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」に付属しているシグルシールドです。
このシールドはユニットの半分をブレードが占めているので、シールドといっても剣として使うことが出来ます。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はシグルシールドの裏側です。
シールドはグレーのパーツで、前腕にマウントして使用します。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
そして写真はビームサーベルです。
ビームサーベルは、刀身がクリアピンク成形となっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
お次はこのキットに付属している全てのマニピュレータです。
マニピュレータは、左が武器用持ち手、右上が左平手、そして右下が握り手となっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
最後は、「フレームレス」とパッケージに記されていたスタンドです。
このスタンドは3つの棒状のパーツと、先端のマウント用パーツからできています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は先端のマウント用パーツのアップです。
このスタンドは、ここだけが差し替えにより角度を変えらるようになっていて...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
例えば写真のようにマウント部を斜めにすることが出来ます。
この作りだと、自由に角度を変えることはできませんが、パーツはしっかり固定されるので安心感があります。
(アクションベースだと、ネジが緩くなると自重で先端が動いたりしました^^;。)

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
さて、シグルシールドを左腕に装着するとこんなカンジになりました!

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
で、付属のスタンドを使ってディスプレイすると写真のようになります。
このスタンドは、棒状のパーツだけでできていますが、板状の台座がなくてもスタンドとしての機能は十分ですね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はリアアーマーのアップです。
リアアーマの上部左右には白いパーツが見えますが、ここはサーベルラックになっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
最後はビームサーベルを装備したところです。
しかし、このAGEIIマグナムは、やたらビーム兵器が多いですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その11

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月21日

さて、前回で組み立ても終わったので今日は「HGBD ガンダムAGEII マグナム」を飛行形態(フェニックスモード)に変形してみましょう!。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
まずは写真の「HGBD ガンダムAGEII マグナム」を...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真のように手足をバラバラにします。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
そして、写真は胴体部分です。
この状態から...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
腰部を伸ばして、顔を下に向けて胴体に埋めます。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は胴体を横から見たところです。
ここから腰を上に90度曲げて...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
サイドアーマーの翼を展開すると写真のようになります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
お次はハイパードッズライフルマグナムの変形です。
ライフルは写真の状態から...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
上下のパーツを動かして、グリップを水平にしてから...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
さきほどの胴体とドッキングすると写真の状態となります。
ライフルの上にはシグルシールドが付きますが、ライフルのグリップが胸部のAの穴に刺さるのが、ちょっと意外でした。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
次は脚部の変形です。
脚部はここから...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真のようにヒザがZ型に変形します。
さらに...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
飛行形態用のパーツで、両脚を繋げます。これを...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
胴体とドッキングすると写真のようになります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
最後は腕部の変形です。
腕部の変形はシンプルで...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
肩アーマーの角度を変えて、Fファンネルのブレード部分を写真の位置にします。
これを、本体の肩に取り付けると...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
フェニックスモードへの変形は完了です!

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はフェニックスモードをディスプレイスタンドにセットしたところです。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
フェニックスモードを前後から見たところです。
特に飛行形態になるMSは、やはりスタンドが標準装備なのがいいですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム その12

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月23日

さて、今日でスミ入れも終わり、ついに「HGBD ガンダムAGEII マグナム」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
まずは「HGBD ガンダムAGEII マグナム」基本の立ちポーズ正面です。
両肩にFファンネル、左手にはシグルシールド、右手にハイパードッズライフルマグナムと全身に強力な武器を装備しています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はAGEIIマグナムのサイドビューです。
横から見ると前半分が白で、背中側が紫のツートンになっていることがわかります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こちらはAGEIIマグナムのリアビューです。
リアアーマーはなかり細くて尖っていますが、ここはドッズライフルをマウントすることができます。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は上半身のアップです。
頭部は顔全体が暗い色の外装で覆われているので、ちょっとダークな雰囲気があります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はハイパードッズライフルマグナムを構えたところです。
ディスプレイには付属のスタンドを使っていますが、このスタンドが小さくて目立たないのでいいカンジです。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はビームサーベルを装備したところです。
左手にはシグルシールドを装備中ですが、サーベルよりもこっちで攻撃したほうが強そうに見えるのは気のせいでしょうか?

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
HGBD ガンダムAGE2 マグナム
で、こちらはFファンネルの両手持ちです。
ファンネルと言えば、遠隔操作でビーム攻撃を行う兵器というイメージですが、このAGEIIマグナムでは近接武器としても使用可能です。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
次はAGEIIマグナムをフェニックスモードに変形したところです。
変形自体は割とシンプルな構造ですが、パッと見でこれはMSが変形したとは思えないスマートさです。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
フェニックスモードを真上から見たところです。
この角度から見ると後方に伸びるグリーンのクリアパーツがキレイですね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はフェニックスモードを真横から見たところです。
このフェニックスモードは、意外と厚みがあります。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こちらはフェニックスモードを後方から見たところです。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は機体の中央部分のアップです。
この角度から見ると、ちょうど真ん中に後頭部が見えたりします。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
最後は、Fファンネルを展開して装備したところです。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
この状態だと、どことなく強そうに見えますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(6) | トラックバック (0)

HGBD ガンダムAGEII マグナム まとめ

HGBD ガンダムAGEII マグナム @ 2018年3月25日

「ガンダムAGEII マグナム」は、アニメ「ガンダムビルドダイバーズ」に登場するガンプラである。使用者はクジョウ・キョウヤで、ガンダムAGE-2ベースの機体となっている。 本機は彼のハイレベルなバトルスタイルに対応可能なハイスペック機というコンセプトでカスタマイズされ、シールドやウイングに攻撃機能が付与された事で、どのような状況からでも攻撃に転じられる超攻撃型の機体として仕上がっている。

さて、このキットのデキはというと
 ・ヒジやヒザが2重関節で、いろんなポーズがカッコ良く決まる!
 ・HGながら贅沢にクリアパーツを多用、色分けはほぼカンペキ!
 ・プロポーションはAGE2譲りのスマートな体型を再現
 ・一部差し替えながら、余剰パーツもほとんどない変形を実現!
となっている。

アニメの放映開始は4/3と少し先であるが、ビルドダイバーズの記念すべき第一弾キットということで、先行して作ってみることをオススメする!

・塗装必要個所
成型色と付属のシールを貼れば、設定通りの色分けになり、部分塗装が必要そうな箇所は見当たらない。

・合わせ目はかなり少なく目立たない。合わせ目があるのは
 ・前腕のヒジに近い部分
 ・ハイパードッズライフル
など。

・武器、付属品
ハイパードッズライフルマグナム
シグルシールド
ビームサーベル×2(クリアピンクの刀身が2本付属、リアアーマーにマウント可)
武器用握り手左右、左握り手、左平手
フレームレスのディスプレイスタンド
変形用差替えパーツ

・可動
可動はHGとしてはかなり優秀。
特徴をあげると
 ・ヒザとヒジは二重関節で、180度近くまで曲がる。
 ・肩は接続基部が前後に可動。
 ・股関節には回転&左右へのスウィング機構がある。
 ・足首の可動も良好。
となっている。

■おまけ

○AGE-2とAGE-II

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
AGE-IIマグナムと、そのベース機となったAGE-2を並べてみました。
本体の多くは共通ですが、カラーリングがかなり違うので、全く別の機体に見えますね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真はドッズライフル側のサイドビューです。
ドッズライフルはマグナムのほうが羽が付くなど豪華仕様となっています。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
こちらはシールド側です。
こうして見ると、AGE-2のほうは割と小型で普通のシールドが装備されていたのですね。

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
写真は2機の背中側です。
この2機で伝統として受け継がれているのは...

HGBD ガンダムAGE2 マグナム
背中のリアウィング?です。
やはりAGEシリーズの機体を名乗るなら、ここは外せないポイントでしょうかね?^^;

B079JQCF2RHGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムAGE IIマグナム 1/144スケール
バンダイ 2018-03-10

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

MG ディープストライカー その1

MG ディープストライカー @ 2018年3月26日

さて、今回はいよいよ春の大型キットであるコレ!

MG ディープストライカー
「MG PLAN303E ディープストライカー」を作製したいと思います。
このディープストライカーは、MGですが箱のサイズはPGと同等サイズの大ボリュームとなっています。

MG ディープストライカー
写真は「MG ディープストライカー」のパッケージ裏側です。
パッケージには
「複雑さと巨大さにより発表当時モデルキット化は絶望視されていた、ディープストライカーの構造を忠実に再現」
と書かれています...。
うーむ、現在の技術でやっとキット化が実現したようですが、一体どれほど複雑な構造になっているのでしょうね?

MG ディープストライカー
写真は箱を開けたところです。
箱は2つに仕切られており、中にはランナーがギッシリと詰まっています。
ということで...

MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
写真は「MG ディープストライカー」の全てのランナーです。
ランナーは全部で約40枚弱と、MGでは最高レベルの枚数となっています。

MG ディープストライカー
写真は白いCランナー(x2)です。
このランナーは...

MG ディープストライカー
タグに「MG Sガンダム」と書かれていますが、裏側を見ると...

MG ディープストライカー
「BANDAI 2002」と書かれています。
2002年といえば「MG Sガンダム」が発売された年ですが、どうやらこのランナーは16年前のキットを流用しているようです。

MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
写真は赤いE, Fランナーです。
先ほどのランナーもですが、番号の若いランナーは基本的に過去のキットの流用となっています。

MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
写真はグレーのG, Hランナーです。
このランナーはABS樹脂製ですが、こんな昔からABSパーツが使われていたのですね。

MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
写真は、I(x2), J1J2, K(x2), Pランナーです。

MG ディープストライカー
そして写真はもはやランナーとは思えない、Rランナーです。
このディープストライカーには、このデカい台座が必須ですね。

MG ディープストライカー
そしてこちらは在座のアームパーツのSランナーです。

MG ディープストライカー
写真は白いT1ランナーです。
このランナーは...

MG ディープストライカー
「MG Sガンダム[Bst]」となっています。

MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
写真はU1, V(x4)ランナーです。

MG ディープストライカー
そしてこちらは「PC-128」の型番のポリキャップです。
と、おそらくここまでが過去のキットのランナーが使われています。

MG ディープストライカー
さて、ここからはランナーも「XA1」となり、新規になります。

MG ディープストライカー
このXAランナーは、今どきのランナーなので文字が抜かれて穴になっていたり...

MG ディープストライカー
裏側にはちゃんと
「BANDAI 2018」
と書かれています。

MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
写真はグレーのXB, XC(x2)ランナーです。
このランナーのタグは...

MG ディープストライカー
「MG ディープストライカー」と書かれています。
こうして見ると、このキットにはかなり多くのランナーが混在してますね。、

以降数が多いので、どんどん並べていくと

MG ディープストライカー
XDランナー(x2)

MG ディープストライカー
XEランナー(x2)

MG ディープストライカー
MG ディープストライカー
XF1, XF2ランナー

MG ディープストライカー
XGランナー

MG ディープストライカー
XHランナー

MG ディープストライカー
XIランナー

MG ディープストライカー
XJランナー

MG ディープストライカー
XKランナー

MG ディープストライカー
XLランナー

MG ディープストライカー
そして、最後は唯一のメッキパーツであるXMランナーです。

MG ディープストライカー
また、写真はメッシュパイプ、リード線、ビス類です。

MG ディープストライカー
最後は付属のシールです。

さて、2002年のランナーと2018年のランナーが、一体となったこの「MG ディープストライカー」。出来上がるとどんな大きさになるのかが楽しみです。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック (0)

MG ディープストライカー その2

MG ディープストライカー @ 2018年3月27日

さて、今日から「MG ディープストライカー」の作製開始です。まずはいつものように足先から...。

...と思ったら、なんとディープストライカーには脚が付いていないようです。
脚の無いMSといえばジオングが思い浮かびますが、このディープストライカーは下半身が推進装置で、上半身がその上に乗っているような構造になっている模様です。ということで...

MG ディープストライカー
まずは写真のディスプレイスタンドを組み立てました。
このディープストライカーは、このスタンド上にブースターなどの本体を取り付けていくので、さすがにこれがないと自立することが出来ません。

MG ディープストライカー
写真はディスプレイスタンドを正面から見たところです。
このスタンドは前に大きめの支柱が、そして左右後方には何やら丸いカップのようなものが付いています。

MG ディープストライカー
写真は支柱部分のアップです。
この支柱はかなりゴツい上に左右をさらに細い支柱で支えるかなり頑丈な作りとなっています。また、基本的に可動しないので、重いディープストライカーを乗せるには十分なスペックです。

MG ディープストライカー
そして、写真はスタンド後方にあるパーツです。
これはかなり奇妙な形をしていますが、実は大型のプロペラントタンクの支えになっています。
まあ、確かに大きなタンクは支えが無いとかなり不安定になりますからね。
(そして、根本からポキっといったりします...)


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

MG ディープストライカー その3

MG ディープストライカー @ 2018年3月28日

今日は「MG ディープストライカー」の胴体フレームの組み立てを行いました。
さて、脚が無いディープストライカーですが、これをどういう順番で組み立てるのか...。
色々考えた結果、まずはMS(人型)部分を先に組み立てることにしました。

MG ディープストライカー
ということで、写真は「MG ディープストライカー」の腰部フレームのパーツです。
うーむ、これで1パーツですが、本来なら脚が付く軸部分には、ブースターが付く模様です。

MG ディープストライカー
写真は腰フレームを下から見たところです。
底面には四角い穴が開いていますが、ここにスタンドを固定するようになっています。

MG ディープストライカー
さて、お次は腰の上に乗る胴体フレームの下半分です。
このフレームを前方から見ると...

MG ディープストライカー
ちょうど真ん中に、ちょこんとパイロットが座っています。
あのデカいディープストライカーの、コックピットはここにあるのですね。
(機体の中央なので、かなり安全そうです。)

MG ディープストライカー
写真はスタンドの上部です。
ここに、腰部のパーツを取り付けると...

MG ディープストライカー
写真のようになります。
さらに、上の階を積み上げると...

MG ディープストライカー
スタンドの上が随分と長くなりました。

MG ディープストライカー
写真はスタンド全体ですが、こうして見ると建築物を積み上げているように見えますね^^;。
(MSにはとても見えません...)


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

MG ディープストライカー その4

MG ディープストライカー @ 2018年3月30日

今日は「MG ディープストライカー」の胸フレームの組み立てを行いました。

MG ディープストライカー
写真は「MG ディープストライカー」の胸フレームです。
腰部はかなり少ないパーツ数でしたが、上半身は結構複雑な構造でかなりの数のパーツが使われています。

MG ディープストライカー
写真は胸フレームを横から見たところです。
こうして見ると腰への接続は、かなり細いピンのような突起になっているのがちょっと不安です。

MG ディープストライカー
こちらはディープストライカー胸部の背中側です。
後方には何やらハンドルのようなものが下に伸びていますが、ここには長い尻尾のようなパーツが付く予定です。

MG ディープストライカー
写真は胸フレームを斜め上から見たところです。
写真中央には首部分のパーツが、離れ小島のように浮いていますが...

MG ディープストライカー
首部分は写真のようにレールに沿って、下にスライドします。
うーむ、これはいったい何の意味があるのでしょうね?
(可変機が顔を隠すなら分かりますが...)

MG ディープストライカー
あと、胸部フレームでは、写真のように肩関節と、後方のハンドルのような部分が可動します。

MG ディープストライカー
ということで、写真の腰部の上に胸フレームを取り付けると...

MG ディープストライカー
こんなカンジになりました!

MG ディープストライカー
前回まではまるで三脚のようでしたが、これで少しはMSらしくなりましたね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

MG ディープストライカー その5

MG ディープストライカー @ 2018年3月31日

今日は「MG ディープストライカー」の頭部の組み立てを行いました。
その前に...

MG ディープストライカー
皆さんがコメントされていた通り、昨日の胴体の接続位置がズレていました。
ということで写真が正しい位置となります。

MG ディープストライカー
これで、2箇所固定となったので、安定感が随分とUPしました!
(首は相変わらず、離れ小島のような状態ですが...)

では、気を取り直して...

MG ディープストライカー
写真は「MG ディープストライカー」の頭部です。
このキットは頭部を2種類から選択可能になっていて、写真は「SガンダムVer.」となっています。」

MG ディープストライカー
写真は「SガンダムVer.」の頭部を横から見たところです。
これを見ると頭部の上に赤い円盤のようなものが付いているのが、かなり特徴的です。

MG ディープストライカー
そしてこちらは、「ディープストライカーVer.」の頭部です。
とはいってもほとんど「SガンダムVer.」と同じですが...

MG ディープストライカー
「SガンダムVer.」との違いは、頭頂部に赤い円盤が無い部分だけだったりします。これは、やはり多くの人が「ディープストライカーVer.」を選択するのでしょうね。

MG ディープストライカー
写真は「MG ディープストライカー」の後頭部です。
後頭部には、何やらグレーのパーツが付いています。

MG ディープストライカー
こちらは顔部分のアップです。
こうして見ると、耳の部分の黄色いフィンや、グレーのバルカン砲など成型色でかなり細かく色分けされています。

MG ディープストライカー
さて、頭部を胴体フレームとドッキングするとこんなカンジになりました!

MG ディープストライカー
写真は上半身を横から見たところです。
うーむ、こうして見るとこのディープストライカーは、顎がかなり長いですね。

MG ディープストライカー
ちなみに、スタンドから離れると写真の状態となります。
と、これは何かの胸像みたいですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(17) | トラックバック (0)
copyright ガンプラブログドットコム