ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG ガンダムエクシア その1

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月 9日

 さて、ここ1ヶ月ばかり、1/60のPGや1/200のSGなど、極端にデカいガンプラや、ちっこいガンプラばかり作っていたので、そろそろ通常サイズのガンプラ製作に戻ろうと思います^^;。
と、思えば今日はどういうわけか、HGガンダムエクシアさんの出荷日ではないですかっ!
世の中はうまいことできている~。

HG ガンダムエクシア
ということで会社帰りにさっそく、HGガンダムエクシアをGet!してきましたよ~!
(FGは、色分けがなってナイ!というウワサがあったのでHGが出るまで待っていました。)
パッケージは割とリアルな絵柄で、GNソードを構えたガンダムエクシアが描かれています。
さて今回のパッケージには、普通のHGUCなどと比べちょっと違ったところがあります。というのも...
 
 
HG ガンダムエクシア
箱がかなり薄い!隣に、現在ガンプラの製造工場となっているHGUCアッガイさんの箱(普通のサイズ)を並べてみましたが明らかに、厚みが薄くなっています。これはもしかして、地球に優しくするためにゴミとなる箱の体積を小さくしているとか?

さて、ではさっそくパーツをチェックしてみましょう~♪

HG ガンダムエクシア
写真は、HG ガンダムエクシアの全てのランナーです。
うーむ、ランナー数は意外と少ないですね...。でも、そのかわり各ランナーのサイズは結構大きくて、1つのランナーにたくさんのパーツが付いているように思えます。(だから箱が薄くてすんでいる?)もしかして、1つのランナーを大きくして、全体のランナー数を少なくするのは、コストダウンや環境のためなのでしょうかね?だとすると、今後も、薄~いパッケージが主流になっていくのでしょうか?次にガンダム00(ダブルオー)のHGでたらチェックしてみようっと。

HG ガンダムエクシア
写真は多色成型のランナーです。ガンダムエクシアの胴体のブルーや、アンテナのイエローのパーツが見えます。

HG ガンダムエクシア
このランナーにはクリアパーツがたくさん付いています。HGでも最近はクリアパーツが普通に使われるようになってきましたね^^;。

HG ガンダムエクシア
写真は白いランナーです。このランナーにはかなり多くのパーツが付いています。

HG ガンダムエクシア
各パーツは、かなり細かなモールドが刻まれています。さすがバンダイ!

HG ガンダムエクシア
写真はグレーのランナーです。

HG ガンダムエクシア
このランナーにはマニピュレータが付いています。平手はなかなかレベルの高い造型です。

HG ガンダムエクシア
そして、写真がGNソードのパーツです。なかなか切れ味がよさそうですネ^^;。

HG ガンダムエクシア
写真はその他のパーツです。
色分け用にシールが結構たくさんついているのと、ポリキャップが少々...。
そして、左下のパーツは柔らかいと思ったら「合成ゴム」でできているのでした。って、これはいったいドコのパーツなんでしょうね?

さて、ガンダム00(ダブルオー)の最初のHGキットであるこのガンダムエクシアですが、いろいろな秘密がありそうで楽しみです。



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(23) | トラックバック (0)

HG ガンダムエクシア その2

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月10日

 今日は、「HG ガンダムエクシア」の脚部を作製しました。

HG ガンダムエクシア
写真は「HG ガンダムエクシア」の脚部です。
このガンダムエクシアの脚部は球状の部分が何箇所かあってちょっと独特の形状をしています。
ちなみに、腿と脛の紫の部分2箇所と、脹脛側面の黒っぽい部分はシールで再現されています。

HG ガンダムエクシア
特に印象的なのがこのヒザの横のまるでレンズのような部分です。光が反射してなかなかキレイですがこれっていったい何なんでしょうね?

HG ガンダムエクシア
このレンズのような部分は写真のように、クリアパーツで構成されています。なお、クリアパーツをはめ込む黒い部分は、シールで再現となっています。ついでに腿の白い丸い部分には写真のフタ?のようなパーツの替わりにに武器もマウントできるようです。

さて、では気になるヒザの可動範囲をチェックしてみましょう~♪

HG ガンダムエクシア
写真の足を伸ばした状態から...

HG ガンダムエクシア
ヒザを限界まで曲げると写真のようになります。
うーむ、正座はさすがにムリですがかなり曲がりますね。

HG ガンダムエクシア
写真は、HGガンダムエクシアの脚部の内部構造です。この状態から...

HG ガンダムエクシア
ヒザを曲げるとこんなカンジになります。これをみるとヒザは2重関節になっていることがわかります。それにしても、円を多用したフォルムはなかなか美しいです^^;。

HG ガンダムエクシア
HGガンダムエクシアの足の裏側です。
うーむ、これはかなり細かいモールドが刻まれています。なお、ここにはバーニアらしきものは見当たりません。確か、アニメではエクシアさんはかなり高速移動していたのでここに推進装置らしきものがついていないのはちょっと意外でした。

HG ガンダムエクシア
さて、このHGガンダムエクシアは足首の可動まで使うとかなり広範囲に足を動かすことができます。特に足首の前傾角度はなかなかスゴイです。これなら、ソードを持って戦場を駆け抜けるエクシアさんが再現できそうですネ。



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(6) | トラックバック (0)

HG ガンダムエクシア その3

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月11日

 今日は、「HG ガンダムエクシア」の腰部を作製しました。

HG ガンダムエクシア
写真は「HG ガンダムエクシア」の腰部のパーツです。
うーむ、これをみるとサイドアーマーらしきものが見あたらナイ...
なお、フロントアーマーのグレーの部分はシールで再現となっています。

HG ガンダムエクシア
写真はフロントアーマーを取り付ける部分です。この形状なら中央から切り離せば左右で独立可動できそうです。
と思ったら...

HG ガンダムエクシア
取説をよーく見ると

「B12は切り離して組み立てることもできます」

と、ちゃんと切り離しても大丈夫なことが書いてあります。ついにフロントアーマーを切り離すのは「公式な方法として認められた」ということですね^^;。

HG ガンダムエクシア
さて、腰部を組み立てるとこうなります。
おお!やはりサイドアーマーがない、そしてフロントアーマーがかなり小さいですね。
さて、股関節の軸は独立したパーツになっているので...

HG ガンダムエクシア
写真のように中央で回転するようになっています。
さらに、実は上下方向にも可動するようになっているので、胴体を多少左右に傾けることができるようです。

HG ガンダムエクシア
腰の後ろに付いている細長いところは、写真のように根元から可動します。そして、これは先端が外れるようになっていて、「GNビームダガー」という武器になるようです。

HG ガンダムエクシア
腰を足とドッキングするとこんなカンジになります。
うーむ、フロントアーマーが小さいので、腰周りがかなりシンプルになっています。

HG ガンダムエクシア
このHGガンダムエクシアは、なかなか可動範囲が広いので写真のような前進ポーズ?も割と自然に取ることができます。

HG ガンダムエクシア
そして、正座まではできませんが、こんなポーズも大丈夫~♪



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(11) | トラックバック (0)

HG ガンダムエクシア その4

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月12日

 今日は、「HG ガンダムエクシア」の胸部を作製しました。

HG ガンダムエクシア
写真は「HG ガンダムエクシア」の胸部のパーツです。
うーむ、HGなのにこのパーツ数はなかなかスゴイですね。これはかなり高度な色分けがされているとみました!

HG ガンダムエクシア
首と腕のジョイント用パーツは写真のようにハマるようになっています。でも腕のジョイントの後ろに出っ張っている丸い部分はいったい何なんでしょうね?

さて、全てのパーツを組み立てると...

HG ガンダムエクシア
こんなふうになります!
いやぁ、この色分けはなかなかスゴイです。(ただし胸のエアインテークの部分は実際には全て黄色なのでここは部分塗装が必要そうです)
なお胸の中央の丸い部分はレンズのようなクリアパーツの下に黒いシールを貼って再現されています。

HG ガンダムエクシア
「HG ガンダムエクシア」の胸部を上から見たところです。
実は、先ほどの肩のジョイントパーツには肩から胸にかけて付いているブルーのパーツがハマるようになっています。こうなっているおかげで...

HG ガンダムエクシア
左右の胸の部分が写真のように左右に可動して開くようになっています。
うーむ、こういう機構はかなり珍しいですね。
ちなみに肩のアンテナも写真のように可動するようになっています。

HG ガンダムエクシア
写真は「HG ガンダムエクシア」の胸部を背中側から見たところです。
この白い部分はどうやら推進装置のようですが、確かアニメでは光のようなものを噴射しながら高速移動していたような気が...。なお、ここは全部白なので周囲はグレーに部分塗装が必要なようです。

HG ガンダムエクシア
さて、胸部を下半身とドッキングすると写真のようになります。
これはなかなかカッコイイですね!

HG ガンダムエクシア
上半身のアップです。
ちょっと変わった形をしたこのガンダムエクシアですが、このレンズのような部分の機能などはきっと、アニメで徐々に明らかになっていくのでしょうね。でも、昔のスーパーロボットなら、絶対この胸のレンズのような部分から、必殺ビームを発射(当然キメポーズ付きで^^;)していたに違いない...。



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(15) | トラックバック (0)

HG ガンダムエクシア その5

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月13日

 今日は、「HG ガンダムエクシア」の頭部を作製しました。

HG ガンダムエクシア
写真は「HG ガンダムエクシア」の頭部です。
うーむ、このエクシアさんはアゴの赤い部分を除いてはアンテナなども含めてほとんどが白なんですね。
(と、思ったら今日のアニメでは、確か頬の部分が黄色になっていました。)
ちなみにアンテナの先端は太くなっているのでここは切り取っておきました。

HG ガンダムエクシア
写真は「HG ガンダムエクシア」の頭部を横から見たところです。
黒い部分は、やはり黒いシールの上にレンズ状のクリアパーツで再現するようになっています。

HG ガンダムエクシア
頭部を後ろから見たところです。
この頭部は中央部は合わせ目が目立たないようなパーツ構成になっています。

HG ガンダムエクシア
これで、HGガンダムエクシアに頭部が付きました!

HG ガンダムエクシア
エクシアさん、上半身のアップです。
いやぁ、これはほとんど兵器というカンジはしませんね。どちらかというと、スーパーロボットというイメージのような気がします。ちなみに今日放映されたアニメでは、敵?はかなり現用兵器を意識した無骨なデザインだったので、それと比べると...視認性?はバツグンです^^;。まあ、主役機だからいいといえばいいのでしょうけどね。



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(22) | トラックバック (0)

HG ガンダムエクシア その6

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月14日

 今日は、「HG ガンダムエクシア」の腕部を作製しました。

と、その前に...昨日のエクシアの頭部について多くの皆さんから

「顔のパーツがもっと上にはまりますよ。」

というコメントを頂きました。(ありがとうございますm(__)m)
ということで、頭部をバラして顔のパーツをもうちょっと上に修正してみました。すると...

HG ガンダムエクシア
こんなふうになりました!
目が細くなってちょっとコワイ感じがしますが、随分と顔つきが変わりました!
そういえば、HGガンダムエクシアの取説の写真では、ちょっと下向きのポーズでは目がほとんど見えないぐらいの幅になっていますね。

ということで次は

HG ガンダムエクシア
写真は「HG ガンダムエクシア」の腕のパーツです。
この腕には、例の丸いレンズのようなクリアパーツと、合成ゴムのパーツが使われています。

HG ガンダムエクシア
HGガンダムエクシアの腕を組み立てると写真のようになります。
肩の付け根のところにゴムのパーツが、そして肩の後ろの長いパーツは、GNビームサーベルの持ち手となっています。こんなところに武器が付いているとは...。

HG ガンダムエクシア
HGガンダムエクシアの肩のパーツはゴムでできているため、肩の動きに合わせて写真のように自由に伸縮します。なるほど、だからここがゴムだったわけね!

HG ガンダムエクシア
エクシアさんのヒジを限界まで曲げてみました。
これをみると曲がる角度は、90度とちょっととなっています。なお、前腕の黒っぽいラインはシールで再現されている、GNバルカンという武器のようです。ちなみにエクシアではこれが唯一の飛び道具となっています。

HG ガンダムエクシア
次はHGガンダムエクシアに付属しているマニピュレータです。
握り手が2つに、平手が1つ、特に平手が付いているのはなかなかポイントが高いですね。(できれば両手とも平手をつけてもらえれば面白いポーズがもっと取れるのですが、ちょっと残念^^;)

HG ガンダムエクシア
これで、ガンダムエクシアに腕が付きついに五体満足となりました!

HG ガンダムエクシア
さて、あとはシールドや武器などの付属品で組み立ては完了です!



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック (1)

HG ガンダムエクシア その7

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月15日

 今日は、「HG ガンダムエクシア」の武器類を作製しました。

HG ガンダムエクシア
写真は「HG ガンダムエクシア」の左腕に装備するGNシールドです。
このGNシールドは全体が青のパーツに白いシールを貼って再現するようになっています。大面積のシールはちょっと貼るのが難しいし、シールっぽく見えるのですが(まあ実際にシールなんですが...^^;)、ここをムラ無く塗装するのは結構手間なので、選択肢としてはシールが付いているのは良いことだと思います。

HG ガンダムエクシア
写真はGNシールドの裏側です。
このGNシールドはなんでも「Eカーボン製シールドで現用MSの武器はこのシールドの強度を上回る武器を持っていない」んだそうな...。ということは、このシールドはどんな攻撃にも無敵と言うことでしょうかね?そういえば、先週のアニメでは割と近くからの砲弾を受けても、エクシアさんは無傷でしたね。(敵のMSはバケモノかっ!というところですね(^^))

HG ガンダムエクシア
さて、次はガンダムエクシアの最も強力である武器の、GNソードです。
写真のようにこのGNソードはシールドのような部分と一体になっている武器となっています。

HG ガンダムエクシア
GNソードを裏側から見たところです。見ての通り、取り付け部分は割りと複雑な機構をしていて、この状態から...

HG ガンダムエクシア
写真のように持ち手や、ブレードの部分が可動してちゃんと剣のように変形します。

さて、これらをガンダムエクシアに装備してみましょう~♪

HG ガンダムエクシア
ということで、GNシールドとGNソードを装備してみました。これはなかなか強そうです。

HG ガンダムエクシア
「てやっ!」
GNソードは7本の剣の中で最も巨大であり、刃はエクシアの腕よりも長い、とありますが確かにかなりの大きさです。
そして、このGNソードは...

HG ガンダムエクシア
写真のようにモードチェンジにより、ライフルモードに変形します。
まあ、こんなところにライフルが付いているのはちょっと意外ではありますが...。(アニメではまだ登場してないですよね^^;)ちなみに、このライフルモードでは「GNビームは破壊力が高く、各軍ともこれを防ぐ手立てを持たない」と解説されています。

ということはまとめるとこのエクシアさんは
 ・どんな武器も防ぐことができる無敵のシールドを装備!
 ・どんなシールドも役に立たない、ビーム兵器を装備!
となりますね...。うーむ、これはまさに世界を敵に回すだけの実力があると言うことでしょうか...。



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(25) | トラックバック (1)

HG ガンダムエクシア その8

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月16日

 今日は、「HG ガンダムエクシア」の残りの武器を作製しました。

HG ガンダムエクシア
ということで写真は「HG ガンダムエクシア」に付属している残りの武器です。
うーむ、こっこれは!?...剣ばっかりですね。本当にエクシアはサムライ系MS?だということを再認識しました。
ちなみに上から
 GNショートブレイド
 GNロングブレイド
 GNビームサーベル
となっていて、ビームサーベルは肩に持ち手がついています。

HG ガンダムエクシア
GNビームサーベルを装備してみました。
当然ですがこのビームサーベルの刀身は塗装が必須です^^;。

HG ガンダムエクシア
HG ガンダムエクシア
GNショートブレイドとGNロングブレイドを両手に装備してみました。
この2つのブレイドは長さが異なるだけで基本的に同じもののようですが、そもそも2種類の長さのものが存在するのナゼなんでしょうね?

HG ガンダムエクシア
GNロングブレイドとGNショートブレイドは写真のようにそれぞれが左右の腰にマウント可能となっています。腰に剣を挿したその姿はまさに剣士ですね!

HG ガンダムエクシア
ガンダムエクシアさんをフル装備にしてみました。なんでもこのガンダムエクシアは
「セブンソード」
とよばれる7つの剣を装備しているそうです。7つの剣とは
 ・GNロングブレイド(左腰にマウントされる長剣)
 ・GNショートブレイド(右腰にマウントされる短剣)
 ・GNソード(シールドも付属、ライフルモードへ変形)
 ・GNビームサーベル(長刃のビームサーベル。肩の後ろにマウント)
 ・GNビームダガー(短刃のビームダガー。腰の後ろにマウント。キットには刀身が付いていないのでタダの飾りです)
 ・GNバルカン(両腕に内蔵されたビームバルカン砲。)
 ・GNシールド(Eカーボンで成形された防御装備。)
から構成されていますが...GNシールドがソードとして数えられているのは、ちょっと納得できなかったりして...


PS.
 GN-004が欠番になっているのがコメントで話題となっているようですが、縁起の悪い番号でもあるので、何かの理由で敵として登場するような気がしています。まあ、単なる勘ですが...。



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(26) | トラックバック (0)

HG ガンダムエクシア その9

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月17日

さて、今日でスミ入れと部分塗装も終わり、ついに「HG ガンダムエクシア」が完成しました!

HG ガンダムエクシア
まずは基本の立ちポーズ正面(武器を無装備の状態)です。
このガンダムエクシアは部分塗装が必要なところが結構多いので意外と面倒でした。

HG ガンダムエクシア
HG ガンダムエクシア
「HG ガンダムエクシア」立ちポーズサイドビューです。
お尻の赤い部分と、背中の推進装置は、やはり部分塗装必須となっております^^;

HG ガンダムエクシア
上半身のアップです。
こうして見るとエクシアさんは、なかなか精悍な顔つきをしていますね。

HG ガンダムエクシア
上半身背中側です。背中の推進装置のリングは、グレーの上にガンダムマーカーのゴールドを重ねて、ちょっとゴージャス?に仕上げてみました。アニメでは確かここが光っていたし...。

さて、丸腰というのもなんなので、次はフル装備状態にしてみましょう~♪

HG ガンダムエクシア
ということで、右手にGNソード、左手にGNシールド、両腰にGNロング&ショートブレイドを装備してみました。

HG ガンダムエクシア
右後ろ側から見たところです。GNソードはなかなか大迫力ですね。
ちなみにGNソードは周辺部をメッキシルバーで塗装してみました。

HG ガンダムエクシア
GNソードをライフルモードにしたところです。(こんなところがライフルになっているのは敵を油断させるためだったりして...。ただのシールドだと思わせておいて、隠してあるライフルでズドン!と一発...。)

HG ガンダムエクシア
で、GNソードをソードモードにしたところです。この長さはハンパじゃありません!
巨大な敵もきっと一撃で真っ二つに違いない...。

HG ガンダムエクシア
HG ガンダムエクシア
肩の後ろに付いている、GNビームサーベルを持たせてみました。ちなみにGNビームサーベルは刀身つきのものは1本だけしか付いていないので、2刀流は無理なようです。(刀身は蛍光ピンクで塗装しました。)

HG ガンダムエクシア
両腰に付いている、GNロングブレイドとショートブレイドを装備してみました。こちらは2本付いているので2刀流が可能です(^^)。

ということで、ガンダムエクシアはまさに剣で戦うMSなのでした。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

HG ガンダムエクシア まとめ

HG ガンダムエクシア @ 2007年10月18日

ガンダムエクシアはガンダム(ダブルオー)00の主役機であり、私設武装組織ソレスタルビーイングの所有する4基ガンダムの1機である。パイロットは刹那・F・セイエイさん。このエクシアは機体中央に搭載された「GNドライヴ(太陽炉)」から発生するGN粒子により、無限に近いエネルギーと驚異的な機動性能を実現しているらしい。そしてこのGN粒子は、ミノフスキー粒子のように通信障害や、レーダーを使用不能にする効果もあるとのこと。(ちなみにエクシアの大きさは頭頂高 18.3mとほぼ、ガンダムと同じ大きさとなっている。 )

さてこのキットは、ガンダム00初のHGキットというだけあって、なかなか凝った作りとなっている。
特徴としては
・GNドライブや各部にレンズ状のクリアパーツを多用
・かなり多くの武器が付属する
・股関節の軸が上下前後に可動し、なかなか広い可動範囲
・胸アーマーが肩の動きに連動して可動(かなり珍しい構造です)
とさすがHGの第一号というキットに仕上がっている。
ただ、さすがに色分けは頑張ってはいるものの、まだまだ不十分であり、設定どおりにするならかなりの手間が必要となる。しかし、これから話が展開していく、ガンダム00の主役機なので、一度は手にとって組み立ててみることをオススメする。そしてできれば、ガンダム4機を集めて、チームを結成するのだっ!


・塗装必要個所
 色分けはかなり細かくされているが、あちこちに部分塗装が必要。設定どおりにするならかなり手間がかかる。
主な塗装箇所は次のとおり
 頭部の頬の部分のイエロー&グレー
 胸のエアインテークのイエロー
 背中の推進装置の周囲のグレー、その上の白。
 腰の横の赤い部分のラインのグレー
 腰の後部中央のレッド
 腿の付け根や足の先端のグレー
 GNロング&ショートブレイド持ち手付近のグレー
 GNソードの白い部分の円形の部分をグレー
 GNビームサーベル刀身の蛍光ピンク


・このHGエクシアは合わせ目はほとんど目立たないようになっている。気になるのは
 肩アーマー
 頭部中央
ぐらい。


・武器、付属品
GNロングブレイド(左腰にマウント可)
GNショートブレイド(右腰にマウント可)
GNソード(シールドも付属、ライフルモードへ変形)
GNビームサーベル(持ち手X2は肩の後ろにマウント、刀身付きX1)
GNビームダガー(持ち手X2は腰の後ろにマウント。キットには刀身が付いていないのでタダの飾り)
GNバルカン(両腕に内蔵されたビームバルカン砲)
GNシールド(腕に装備可能)
握り手(左右) 、左平手
まさに武器が盛りだくさん!


・可動
HGとしてはなかなか可動は良好。特徴としては
 ・股関節の軸が上下前後に可動するようになっている
 ・ヒザの可動は広いだけでなく、ヒザアーマーが可動にあわせてスライドする。
 ・胸アーマーが肩の動きに連動して可動する。
 ・両肩のアンテナが可動。
などがあげられる。ただ、腰にGNロング&ショートブレイドを装備した状態で、股関節を捻るとブレイドに干渉し動きが制限されるのがちょっと気になる。

■おまけ

HG ガンダムエクシア
我らがガンダムとエクシアを並べてみました。同じガンダムという名前は付いていますが、このプロポーションの違いは...。さすがに時代を感じさせます。


○エクシアの秘密

HG ガンダムエクシア
エクシア「オレはガンダムエクシア。最近放映が始まった、ガンダム00の主役機だ。」

HG ガンダムエクシア
ガンダム「おお!君は、今度主役に抜擢されたエクシア君じゃないか。」

HG ガンダムエクシア
ガンダム「って、あれっ?!その顔は...いっ違和感が...」

HG ガンダムエクシア
エクシア「てへへ、オフの時はちょっと顔が緩んじゃって...。フェイス下がりすぎ...。」

○エクシアの秘密2

HG ガンダムエクシア
エクシア「オレはガンダムエクシア。最近放映が始まった、ガンダム00の主役機だ。」

HG ガンダムエクシア
ガンダム「おお!君は、今度主役に抜擢されたエクシア君じゃないか。」

HG ガンダムエクシア
ガンダム「って、あれっ?!その顔は...まっまさか...」

HG ガンダムエクシア
エクシア「いやぁ、趣味としてのガンプラはやめられませんな~。ケ、ケロ~♪」


1/144 HG ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/144 HG  ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
おすすめ平均
starsようやく脳が『ガンダム』と認識し始めた
stars刹那「ガンダムだ…俺がガンダムだ!」 ロックオン「ナニイッテンダ!!」
stars俺がガンダムだ
stars最高の幕開け
starsHGによるプラモ介入を開始する!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(23) | トラックバック (0)
copyright gunplablog.com