ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG ガンダムAGE-FX その1

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月 5日

 さて今回は久々にAGEシリーズのガンプラ「HG ガンダムAGE-FX」を作成したいと思います。以前AGE-3を作った時には、「これで3世代コンプだぜっ!」と思ったのもつかの間、AGE-FXが出たことにより、何となく中途半端なカンジがしていたのですが、これを作ることによりスッキリするはずです。(と言いつつ、最終話で、さらに次の機体が出てきたりして...^^;)

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」のパッケージです。
このAGE-FXはνガンダムのようにファンネルを多数搭載した機体ですが、結局最後はこうなるのね、という印象があります。せっかくなら、もうちょっと想像を超えてぶっ飛んだ装備を付けて欲しかった気がします。

それはさておき、さっそくランナーをチェックしてみましょう!

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の全てのランナーです。
クリアパーツだけのランナーが2枚も付いているのが、何とも豪華仕様です。

HG ガンダムAGE-FX
写真は多色成形のAランナーです。
と、書いていて「多色成形」のランナーを久々に見た気がします。
現状では、AGEシリーズで多色成形を優先的に使っているようですが、じきにアニメの放映も終わるので、近い将来HGUCなどでも多色成形の復活はあるのでしょうか?

HG ガンダムAGE-FX
お次は白いBランナーです。
やはり白はガンダムの基本色としてかかせませんね。

HG ガンダムAGE-FX
写真はグレーのCランナーです。
右側には何やらディスプレイベース用のパーツが付いていますが、やはり専用のものが付いているといいですね。(前回作製したハンブラビは別売りでした...)

HG ガンダムAGE-FX
そしてこちらは、グリーンのクリアパーツのDランナーです。
ここにはファンネル用のパーツがセットされていますが、数えてみると小さいものが8個、大きいものが6個と計14個のファンネルが付いているようです。

HG ガンダムAGE-FX
写真は透明なクリアパーツのEランナーです。
うーむ、円形のパーツはなんとも不思議な形をしていますが、これはファンネルのディスプレイ用のパーツのようです。

HG ガンダムAGE-FX
写真はグレーのFランナーです。
ここには武器などのパーツが収められているようです。

HG ガンダムAGE-FX
HG ガンダムAGE-FX
最後はポリキャップとシールです。

さて、クリアパーツ満載でなんとも力が入っていると感じられる「HG ガンダムAGE-FX」ですが、何か新しい発見があるかもしれないのが、楽しみです。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その2

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月 6日

 さて今日から「HG ガンダムAGE-FX」の作製開始です。まずはいつものように足先から...。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の足先です。
足先は先端部分がブルーで、それ以外が白の配色となっていますが、これはAGE-2からの伝統?ですね。(AGE-1のみ、ファーストと同じ赤でした。)

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の足先を横から見たところです。
形状はやはり最近のガンダムに多い、ヒール型となっています。

HG ガンダムAGE-FX
足首部分はボールジョイントで接続されているのと、受け側のポリキャップが横方向に回転するので、可動範囲はかなり広くなっています。

HG ガンダムAGE-FX
こちらは足の裏側です。
これを見るとAGE-FXの足の裏側には推進装置らしきものはなさそうです。
まあ、AGE-FXは(前回作ったハンブラビとは違って^^;)背中や各所に推進装置があるので、ここには必要ないですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その3

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月 7日

 今日は「HG ガンダムAGE-FX」の脚部の組立を行いました。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の脚部です。
HGですが、色分けもきちんとされていて、なかなか良く出来ています。
あと、ガンダムなのに脹脛部分がジオンのMSのように丸くなっているのが意外です。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の脚部を横から見たところです。
この状態からヒザを曲げると...

HG ガンダムAGE-FX
写真のようにかなり良く曲がります。
ちなみにこの「HG ガンダムAGE-FX」では、普通のHGには無い特徴があって...

HG ガンダムAGE-FX
写真のように、グレーのパーツだけでもまるでフレームのように、脚として自立する構造になっています。HGでは外装となるパーツを組み合わせないと自立しないのが普通ですが、HGにしてこの作りはバンダイ脅威のメカニズムですな^^;。

HG ガンダムAGE-FX
で、写真の外装パーツ?を上の写真に取り付けると...

HG ガンダムAGE-FX
写真の脚部となるわけです。
うーむ、合わせ目もほとんど無くて、いいカンジです。

HG ガンダムAGE-FX
両脚を揃えると写真のようになります。
この見た目なら、別にグレーのパーツをフレームのような構造にしなくても、問題ないような気がしますが、これはやはり意図的にこうなっているのでしょうかね?

HG ガンダムAGE-FX
脚部にポーズを付けてみました。
ヒザだけでなく、足首も結構しっかり動くので、可動もなかなか良好のようですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その4

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月 8日

 今日は「HG ガンダムAGE-FX」の腰部の組立を行いました。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の腰部です。
このAGE-FXの腰部はフロントアーマーが短いことや、サイドアーマーが棒のようなど、結構特徴のある形状をしています。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の腰部を後ろから見たところです。
リアアーマーは2色のパーツを組み合わせることによって、きちんと色分けされているのがナイスです。

HG ガンダムAGE-FX
腰部を横から見たところです。
この状態だと横方向がガラ空きのように見えますが、ここにはファンネルが付いてこれがサイドアーマーの役割を果すようになっているので大丈夫です。(と言いつつ、ファンネルを発射した後は、どうなるかわかりませんが...。)

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の腰部を下から見たところです。
股関節部分にはHGUCなどでお馴染みの回転軸があるのが見えますが、ここは...

HG ガンダムAGE-FX
回転するだけでなく、左右に倒れるような機構もあったりします。
なるほど!

HG ガンダムAGE-FX
腰部に脚をドッキングするとこんなカンジになります。
と、フロントアーマーがかなり小さいですな。

HG ガンダムAGE-FX
逆に後方はリアアーマーがヒザぐらいまであって、まるでスカートのようです。

HG ガンダムAGE-FX
写真は脚を可動させたところですが、フロントアーマーが極小のため腿が写真の位置まで上がります。これなら脚部の可動もバッチリですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その5

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月10日

 今日は「HG ガンダムAGE-FX」の胸部の組立を行いました。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の胸部です。
中央のAGE独特のマークはメタリックグリーンのシールで再現されていますが、それ以外は細かな部分まで成型色で色分けされています。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の胸部を背中側から見たところです。
背中の中央に大きな穴が開いていますが、ここはAGE-3でお馴染みのコアファイターがドッキングするためのものです。

HG ガンダムAGE-FX
この「HG ガンダムAGE-FX」の胸部の可動はというと...

HG ガンダムAGE-FX
肩関節が上下前後の2軸で可動します。また、首はいつものポリキャップが使われているので、少し引き出すとある程度可動することができます。

HG ガンダムAGE-FX
胸部を下半身とドッキングすると、こんなカンジになります。
うーむ、AGE-FXはもう少し逞しい印象があったのですが、実際には腰がなんとも細くてスマートですな。

HG ガンダムAGE-FX
上半身のアップです。
こうして見ると、胸部の形はまるで航空機の先端のようにも見えますね。
(羽が付いたら上半身単体で飛んでいきそうなカンジです^^;)

HG ガンダムAGE-FX
そういえばこのAGE-FXは腰にも可動部分があって...

HG ガンダムAGE-FX
写真のように前後や左右にある程度傾けることができます。
最近のHGでは腰の回転だけでなく、こういう可動もだんだんスタンダードになってきてますね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その6

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月11日

 今日は「HG ガンダムAGE-FX」の頭部の組立を行いました。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の頭部です。
このAGE-FXは、頭部にまるで帽子のようなヒサシがあるのが特徴的ですが、ここはアンテナ含め三色で色分けされているのがよく出来ています。(メタリックグリーンはシールで再現です。)この状態だと帽子がジャマで顔がよく見えないので...

HG ガンダムAGE-FX
少し下から見ると、こんな顔をしています。
こうして見ると、口元はスリットもなくわりと、のっぺりした作りなのですね。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の頭部を横から見たところです。
頭部の後方には尖った三角形の板のようなものが伸びていますが、やはりこれはアンテナなのでしょうか?それはそうと、頭部の中央の目立つ位置に合わせ目が走っているのは、ちょっと残念です。(他に合わせ目らしき部分が無いだけに...。)

HG ガンダムAGE-FX
こちらは頭部を後方から見たところです。
頭部のアンテナ?付け根部分は、グリーンに光っていますが、ここもシールで再現です。
(このグリーンの部分は、おおかた「センサー」という設定が多いので、やはり出っ張り部分はアンテナっぽいですね。)

HG ガンダムAGE-FX
頭部を胴体とドッキングすると、こんなカンジになります。
うーむ、このAGE-FXは顔が小さくて、なかなかのヒーロー体型です。(8頭身くらい?)

HG ガンダムAGE-FX
上半身のアップです。
取説では、ほとんどの写真で目が写っていますが、実際にはちょっと上から撮ると、帽子に遮られて顔が隠れてしまいます。これはきっと取説では、アゴを引かないで写真を撮っているからに違いない...^^;


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その7

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月12日

 今日は「HG ガンダムAGE-FX」の腕部の組立を行いました。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の腕部です。
うーむ、肩アーマーの2色の色分けや、前腕部などここも成型色できちんと色分けされているのが、なかなか良いですね。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の腕部を横から見たところです。
ここからヒジを曲げると...

HG ガンダムAGE-FX
ヒジが2重関節となっているため、写真のところまで曲がります。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」に付属している全てのマニピュレータです。
左上から、握り手左右, 武器用握り手左右, 左平手となっています。
(やはり平手は片方だけなのね...。でも、なかなか良い表情です。)

HG ガンダムAGE-FX
両腕を胴体とドッキングして、これで五体満足となりました!
このAGE-FXは胴体は細いですが、肩幅は結構ありますね。

HG ガンダムAGE-FX
上半身のアップです。
この角度から見ると、肩アーマーに穴があることが分かりますが、ここはファンネルを装着するためにあるようです。腕にはここ以外にも、あと片腕で2箇所ファンネルを付ける穴があったりします。(設計者はかなりファンネル好きの模様です^^;)

HG ガンダムAGE-FX
さて、あとは背中の穴に突き刺さる?予定の、コアファイターで、本体の組立は完了です。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その8

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月13日

 今日は「HG ガンダムAGE-FX」のコアファイターの組立を行いました。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」の背中に付くコアファイターです。
このキットには、コアファイターをディスプレイするための台座もちゃんと付いています。

HG ガンダムAGE-FX
コアファイターを前方から見たところです。
後方に伸びる2枚の羽は、もちろんファンネルとなっています。
航空機の翼にもなるファンネルというのもなかなか斬新ですな。

HG ガンダムAGE-FX
コアファイターを後方から見たところです。
この角度から見ると、左右の白い部分が推進装置になっていることがわかります。

では、さっそくコアファイターをガンダム本体にドッキングしてみましょう!

HG ガンダムAGE-FX
ということで、まずはコアファイターを写真のように中央から折りたたみます。

HG ガンダムAGE-FX
そしてAGE-FXの背中の穴に、機首をドッキングすると...

HG ガンダムAGE-FX
これで合体完了です。
うーむ、こうして見るとファンネルは意外とサイズが大きいですね。
(ヒザ付近まであります。)

HG ガンダムAGE-FX
写真はファンネルのアップです。
実はこのファンネルの青い部分は、片側は成型色による色分けですが、反対側はシールによる色分けとなっています。ただ、シールの色が濃いこともあるのか、ちょっと離れてみると意外と違和感はありません。とはいえ、ここはパーツで色分けして欲しかったですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その9

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月14日

 今日は「HG ガンダムAGE-FX」のスタングルライフルの組立を行いました。

HG ガンダムAGE-FX
写真は「HG ガンダムAGE-FX」に付属しているスタングルライフルです。
このスタングルライフル、ライフルという名前ですが一般的な細長いイメージのライフルとは随分と形状が違います。

HG ガンダムAGE-FX
スタングルライフルは、先端部分が写真のように可動してチャージモードに変形します。
また、フォアグリップも可動式となっています。

HG ガンダムAGE-FX
スタングルライフルを横から見たところです。
写真のグリップ部分も可動するので、手に持たせたときにしっかりと持たせることができます。

HG ガンダムAGE-FX
こちらは、スタングルライフルの追加パーツです
このパーツをライフルに取り付けると...

HG ガンダムAGE-FX
写真のダイダルバズーカに変身します。
と、これはもとのスタングルライフルの面影はほとんどありませんね^^;。

HG ガンダムAGE-FX
スタングルライフルを装備したところです。
バズーカにしなくても、これだけでも結構なサイズがあります。

HG ガンダムAGE-FX
スタングルライフルを両手持ちしたところです。
このサイズの武器だと、両手持ちがバランス的にちょうどいい気がします。

HG ガンダムAGE-FX
そしてこちらはダイダルバズーカを装備したところです。
うーむ、これは...。バズーカが異様にデカいような気が...。
これを片手で振り回せるというのは、AGE-FXはスマートながらも意外と力持ちな機体のようですね。(これで殴っても、破壊力バツグンの予感が...)

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その10

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月15日

 今日は「HG ガンダムAGE-FX」の残りの武器類の組立を行いました。

HG ガンダムAGE-FX
ということで写真は「HG ガンダムAGE-FX」に付属しているファンネル多数です。(コアファイターに取り付けた分も並べてあります。)

このAGE-FXには、ファンネル大が6基、ファンネル小が8基と計14ものファンネルが付属しています。

ちなみにファンネル大は、青い部分が片側が成型色でもう一方がシールで再現となっていますが、ファンネル小は両面ともシールで再現となっています。

HG ガンダムAGE-FX
さて、これらのファンネルを「ガンダムAGE-FX」に取り付けると...

HG ガンダムAGE-FX
HG ガンダムAGE-FX
こんなカンジになります。
うーむ、これは...あちこちからファンネルが飛び出ているのは、まるで針ネズミのようですな。(近づくだけで、ファンネルが刺さりそうです^^;)

HG ガンダムAGE-FX
さて、最後に残ったパーツとして写真のクリアパーツがあります。
これは何に使うのかというと...

HG ガンダムAGE-FX
ここに全てのファンネルを取り付けて...。

HG ガンダムAGE-FX
付属のディスプレイスタンドに取り付けると、写真のようにファンネルを従えている状態を再現できるというわけですな。なるほど!

HG ガンダムAGE-FX
この透明なリング状のパーツは、角度が変えられるので写真のような、ファンネルを斜めに展開するようなポーズも再現できるスグレモノです。
そういえば、こういうリング状の武器を見るとスターゲイザーを思い出してしまいますね。

PS.
 我が家では3連休の明日日曜から月曜にかけて、和歌山県の温泉宿に一泊で旅行に行く予定です。(自分と嫁は、温泉と食事が主目的です^^;。)
と、こんなときにちょうど台風が...。とりあえず通過するのは九州で、直撃ではないですが、海のそばを車で結構な距離走るので道が大丈夫なのかがちょっと心配です。まあ、無理せずに安全運転で行ってきます。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX その11

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月18日

 さて、今日でスミ入れも終わり、ついに「HG ガンダムAGE-FX」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HG ガンダムAGE-FX
まずは基本の立ちポーズ正面です。
こうして見るとAGE-FXは、全体的に鋭角的なフォルムに見えます。

HG ガンダムAGE-FX
HG ガンダムAGE-FX
「HG ガンダムAGE-FX」サイドビューです。
腰に挿したファンネルは、その取付位置や形状からも、まるでガンダムエクシアの、GNソードみたいですね^^;。

HG ガンダムAGE-FX
「HG ガンダムAGE-FX」リアビューです。
背中のバックパックはコアファイターがドッキングした姿となっていて...

HG ガンダムAGE-FX
HG ガンダムAGE-FX
コアファイターを分離して飛行形態にすると、写真のようになります。
後ろの2基のファンネルが飛行中に攻撃可能なら、このコアファイターは史上最強機かもしれません。

HG ガンダムAGE-FX
上半身のアップです。
体のあちこちから突き出た、緑のファンネルがなんとも目に鮮やかです。

HG ガンダムAGE-FX
スタングルライフルを構えたところです。
AGE-FXといえばファンネルというイメージが強いですが、手持ち武器もどうしてなかなか強力です。

HG ガンダムAGE-FX
スタングルライフルは、先端部分を展開するとチャージモードにすることができます。
さらに...

HG ガンダムAGE-FX
追加パーツを取り付けると、ダイダルバズーカに変身です。
このバズーカ、AGE-FXとのバランスが、おかしいように見えるほどのデカさです。

HG ガンダムAGE-FX
では、ここで...ファンネル展開!

HG ガンダムAGE-FX
ということで、付属のディスプレイパーツを使うと、まるで後光がさしているようなカンジで、ファンネルを展開することができます。

HG ガンダムAGE-FX
いけっ、ファンネル!
ではないですが、ファンネル取り付けパーツの角度を変えると写真のようにAGE-FXが輪っかの中に入るようなシーンも再現可能です。

HG ガンダムAGE-FX
そして、ファンネルと本体の支柱を前後に入れ替えると、ファンネルをより前方にディスプレイすることができます。これなら、前方に向かって飛んでいくように見えそうです。
それにしても、この数のファンネルはちょっと異常ですね。(νガンダムでも6基なのに...)

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ガンダムAGE-FX まとめ

HG ガンダムAGE-FX @ 2012年9月19日

「ガンダム AGE-FX」は、TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE」の3世代目のエピソード後半に登場する主役モビルスーツである。パイロットは、キオ・アスノさん。
このAGE-FXは、AGE-3が最後の機体かと思われた矢先、AGE-3とは全く異なるコンセプトの機体として、今度こそ最後の機体として登場した。本機は

 「最後はファンネル」

ということで、ニュータイプ(AGE中ではXラウンダー)用の定番武装のファンネルを全面に押し出した機体となっている。

さて、このキットのデキはというと
 ・アニメにかなり近いプロポーションを再現!
 ・背部のコアファイターは設定通りに分離可能!
 ・AGEシリーズでお馴染みの、広い可動を確保!
 ・ファンネルが多数付属で劇中のシーンが再現できる。
 ・本体、コアファイター、ファンネルが展示可能な専用スタンド付き
となっている。
アニメが進展するに従って、世代交代が行われるのが1つのウリになっている、ガンダムAGEであるが、AGE-1, AGE-2, AGE-3まで作ってしまったそこのあなた!やはりここは最後の締めということでぜひともAGE-FXを作ってみることをオススメする!

・塗装必要個所
付属のシールを貼れば、ほぼ設定通りの色分けになる。目立つ部分で部分塗装が必要そうなところはないが、細かな部分では以下のところに部分塗装が必要。
 ・足先の中央部分のグレー
 ・コアファイターのキャノピー部分のグリーン
 ・リアアーマーなどの凹んだ部分のグレー

・合わせ目はほとんどないが、頭部の側面に目立つ合わせ目があるのが残念。それ以外は武器などに合わせ目がある。

・武器、付属品
スタングルライフル(ダイダルバズーカへの換装パーツ付き)
Cファンネル(大×6,小×8)
握り手左右、武器用握り手左右、左平手
ディスプレイスタンド
ファンネル展示用パーツ

・可動
可動は他のAGEシリーズと基本的に同じで、HGとしてはかなり優秀。
特徴をあげると
 ・ヒザとヒジは二重関節で、180度近くまで曲がる。
 ・肩は接続基部が前後上下に可動。
 ・股関節には回転&左右へのスウィング機構がある。
 ・足首の可動も良好。
となっている。

■おまけ

○ガンダムAGE全世代、ここに集う!

HG ガンダムAGE-FX
AGE-3で終わりかと思った、AGEシリーズもAGE-FXを加え遂に4機になりました。
きっとこれで、コンプリート...のはず。

HG ガンダムAGE-FX
写真はAGE-1とAGE-2です。
AGE-1は、ファーストガンダムを彷彿とさせるデザインでしたが、AGE-2はその変形機構などZガンダムを彷彿とさせるものがありました。
(AGE-2から靴が赤->青になってます。AGE-1の靴が赤なのはガンダムのマネをしているからに違いない...^^;。)

HG ガンダムAGE-FX
でAGE-2からAGE-3へはダブルゼータガンダム同様に、デカい、重い、合体する!という方向性での進化となったわけですな。

HG ガンダムAGE-FX
そしてAGE-3からAGE-FXへと進化しますが、やはり「最後はファンネル」と、ニュータイプ専用機となりました。でも、デザイン的にはこのAGE-FXなかなかいいですね。

それはそうと、ちょっと気になっていたことがあります。AGE-3が持っているシグマシスライフルと、AGE-FXが持っているダイダルバズーカはどちらも、かなり大きいですが一体どちらがデカいのか?ということで...

HG ガンダムAGE-FX
と、圧倒的にダイダルバズーカのほうが大きいですね。
どうやら手持ち武器もAGE-FXが最強のようです。(少なくともサイズは)

HG ガンダムAGE-FX
ということで、AGEシリーズはこれでいったん、おしまいとなりそうです。

HG 1/144 ガンダムAGE-FX (機動戦士ガンダムAGE)HG 1/144 ガンダムAGE-FX (機動戦士ガンダムAGE)

バンダイ 2012-08-25
売り上げランキング : 91

Amazonで詳しく見る
ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)
copyright gunplablog.com