ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC グフカスタム その1

HGUC グフカスタム @ 2010年11月 8日

 今回はつい先日リリースされた、「HGUC グフカスタム」を作製しようと思います。

HGUC グフカスタム
ということで、写真は「HGUC グフカスタム」のパッケージです。
右腕に光るガトリング砲がなかなかカッコいいですな。

グフといえば「HGUC グフ」が2000年に発売されていますが、それから約10年経過した現在、はたしてどのような進化を遂げているのでしょうか?

それはさておき、さっそくパーツをチェックしてみましょう!

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の全てのランナーです。
小さなランナーが多いような気もしますが、単純にランナー数で数えると、ポリキャップも入れて8枚となっています。

HGUC グフカスタム
写真は多色成形のAランナーです。
中央下のオレンジのクリアパーツは、コックピット部分に使われるパーツのようですが、昔のグフはここはシールで再現されていました。(進化してます^^;)

HGUC グフカスタム
HGUC グフカスタム
写真はブルーのB1, B2ランナーです。
B1ランナーはB2ランナーに、右側のランナーを追加したものになっています。

HGUC グフカスタム
こちらは濃いグレーのCランナーです。
と、右上にはガトリング砲のバレル部分のパーツが...。
なかなか立体感があっていいですね。

HGUC グフカスタム
そして、今回の"最大の謎"なのがこのD1ランナーです。
ランナーには、「グフカスタム」と「グフフライトタイプ」の文字が...。
ということは、「グフフライトタイプ」なるキットが将来発売されるということなのか?
ただ、他のランナーが「HGUC グフカスタム」となっているのに比べ、このランナーだけHGUCではなく「1/144 グフカスタム」となっています。うーむ、まさかHGUCより昔の1/144キットのランナーを再利用しているのでしょうか?(だとしたらかなり珍しいパターンです)

HGUC グフカスタム
さて、写真はEランナーです。
このランナーは同じものが2枚付いています。

HGUC グフカスタム
最後は、ポリキャップとシール、そしてリード線です。
グフといえば、ヒートロッドが有名ですが、このグフカスタムには写真のリード線をそのまま使った、アンカータイプというヒートロッドが装備されているようです。

さて、昔のHGUC グフの記事を読み返してみると、「スカート部分が全く可動しない」など今のHGUCと比べると隔世の感があります。このグフカスタムを組み立てることで、10年の歳月を感じることができそうな気がします。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(18) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その2

HGUC グフカスタム @ 2010年11月 9日

 さて、今日から「HGUC グフカスタム」の作製開始です。まずはいつものように足先から...

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の足先です。
色はノーマルのグフに比べかなり薄い青色となっています。そして、形状はザクと同じで全体的に丸っこい形になっています。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の足の裏側です。
これを見ると中央にバーニアが内蔵されていてます。またディテールもかなり凝っています。

HGUC グフカスタム
さて、写真は足首の関節部分を外したところです。足首部分はつま先のポリキャップにはめ込む構造になっているので...

HGUC グフカスタム
写真の状態から...

HGUC グフカスタム
こんなふうに足首部分が可動するようになっています。こういう形での可動は、非常に自然なカンジに見えるのがなかなかいいですね。(HGUCグフは、この足首部分は全体が一体のパーツとなっていました。)

HGUC グフカスタム
そうそう、足首部分は上下だけでなく、左右にもちょっとだけ可動します。
(ほんのわずかですが...^^;)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(11) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その3

HGUC グフカスタム @ 2010年11月10日

 今日は「HGUC グフカスタム」の脚部の組み立てを行ないました。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の脚部です。
うーむ、やはりこの形はザク系の脚ですな。ヒザアーマーがザクに比べて大きめなのが、強そうでいいですね。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の脚部を横から見たところです。
このグフカスタムの脚部は最新のHGUCらしく合わせ目が、ちゃんとパネルラインとして処理されているのがGood!です。それはさておき、ヒザの可動範囲はというと...

HGUC グフカスタム
写真のように90度以上は曲がります。
これだけ曲がればアクションで困ることはなさそうです。

HGUC グフカスタム
こちらは、脚部の内部構造です。
この状態から...

HGUC グフカスタム
ヒザを曲げると写真のようになります。
これを見ると、ヒザは可動する部分が2箇所あることがわかります。
(あと、足首の取り付け部分もちゃんと可動します。)

HGUC グフカスタム
脚部を先先とドッキングするとこんなカンジになります。
全体的に丸いフォルムが、いかにもジオンのMSらしいですね。

HGUC グフカスタム
関節を動かして脚部にポーズを付けてみました。
こうしてみると、足首は意外と前後方向に広く可動します。これなら脚を多少前後に動かしても、足の裏がちゃんと接地して安定しそうですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その4

HGUC グフカスタム @ 2010年11月11日

 今日は「HGUC グフカスタム」の腰部の組み立てを行ないました。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の腰部です。
脚が薄いブルーだったのに比べ、腰部はなかなか渋い濃いブルーとなっています。
なお、腰の横と前方中央の何か挿し込めそうな穴は、背中に伸びる動力パイプが付く予定となっています。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の腰部を斜め後方から見たところです。
リアアーマーの中央部に何やら2箇所穴が空いていますが、取説を見る限りここには何もつかないようです。(ただの飾りでしょうか?)

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の腰部を下から見たところです。
この状態から...

HGUC グフカスタム
各アーマーはサイドアーマーが写真のようにわずかに可動するのみのようです。
(フロントとリアアーマーは可動しないのが、ちょっと意外です。)
また股関節の軸は回転機構が付いています。

HGUC グフカスタム
腰部に脚部をドッキングすると、こんなカンジになります。
同じブルー系ですが胴体と脚部のコントラストがなかなかいいですな。

HGUC グフカスタム
さて、腰のフロントアーマーが動かないのは残念ですが、脚部とフロントアーマーの間には、結構大きな間隔があいています。このおかげで...

HGUC グフカスタム
フロントアーマーは動かなくても、結構脚は前に出すことができるようになっています。

HGUC グフカスタム
ということで、写真ぐらいのポーズなら脚を前に出しても大丈夫です。
(取説の写真同様、脚を横に逃がしています^^;)

HGUC グフカスタム
ついでに、こんなキックのようなポーズも可能です。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(15) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その5

HGUC グフカスタム @ 2010年11月13日

 今日は「HGUC グフカスタム」の胸部の組み立てを行ないました。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の胸部です。
さすが最新のHGUCだけあって、細かな部分までちゃんと色分けされています。

HGUC グフカスタム
写真は、「HGUC グフカスタム」のコックピット部分です。
コックピットハッチのオレンジの部分が、ちゃんとクリアパーツになっているのが目を引きます。(本キットでは、ここだけがクリアパーツとなっています。)

HGUC グフカスタム
写真は胸部を背中側から見たところです。
背中のバックパックの左右には穴があいていますが、ここは動力パイプを差し込むようになっています。

HGUC グフカスタム
この「HGUC グフカスタム」の肩関節は写真のように引き出すことができるようになっています。また首関節はいつもお馴染みのポリキャップが使われていて前後に可動します。

HGUC グフカスタム
さて、写真はバックパックから腰を繋ぐ動力パイプです。
これと、胸部を下半身に取り付けると...

HGUC グフカスタム
写真のようになりました!

HGUC グフカスタム
動力パイプは写真のように、背中のバックパックから、サイドアーマーのマウント用パーツを経てフロントアーマー中央部に固定されるようになっています。ちなみに、動力パイプには多少の柔軟性があるので、ある程度腰をひねることも可能となっています。

HGUC グフカスタム
胸部付近のアップです。
うーむ、色分けといい、プロポーションといい、このグフカスタムはタダモノではないですね。(よくできてます^^;)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(17) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その6

HGUC グフカスタム @ 2010年11月14日

 今日は「HGUC グフカスタム」の頭部の組み立てを行ないました。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の頭部です。
モノアイはメタリックレッドのシールで再現となっていますが、なんとなく目付きがコワイですね。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の頭部を後ろから見たところです。
頭部は上にヘルメットを被せるような構造になっているので、目立つとことには合わせ目がなく見事な、タコ頭?^^;となっています。

HGUC グフカスタム
こちらは頭部を下から見たところです。
右側に黒いツマミのようなものが見えますが、ここを動かすと...

HGUC グフカスタム
写真のようにモノアイが左右に可動します。
と、ニラまれると顔つきがさらに凶悪になったような気が...。

HGUC グフカスタム
これでついに頭部が付きました!

HGUC グフカスタム
頭部付近のアップです。
やはりグフには、ツノが似合いますね。

PS.
 前回のエントリーのコメントで
「今回の写真、いつもより画質が気になりますね・・・カメラに不調でもあったのですか?」
というコメントをいただきました。(コメントありがとうございます。)
これについて確認してみたところ、画像をブログ用に縮小するソフトの設定が、普段と異なっていました。そしてこれにより、画質が荒くなっていたようです。そこで今回、対象の画像を再アップしております。ご報告ありがとうございました。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その7

HGUC グフカスタム @ 2010年11月15日

 今日は「HGUC グフカスタム」の腕部の組み立てを行ないました。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の腕部です。
腕は右腕前腕部にヒートロッドの発射口があり、左腕には3連ガトリング砲の取り付け部があって、ここだけが左右で異なっています。(肩アーマーのトゲトゲは痛そうですな^^;。)

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の腕部を横から見たところです。
この状態からヒジを曲げると...

HGUC グフカスタム
写真のように約90度ほど曲がります。
それにしても、腕のディテールはなかなかよく出来ていますね。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」の腕部の内部構造です。

HGUC グフカスタム
このグフカスタムのヒジ関節には、ストッパーのような部分が付いているので、伸ばしたり曲げたりすると、どちら側でも一定より可動しないようになっています。(腕を伸ばしたときにストッパーがかかるのは、重いガトリングシールドを持たせてもヒジが逆関節にならないようにでしょうか?)

HGUC グフカスタム
さて、肩アーマー及び肩関節は写真のように、それぞれが可動するようになっています。
この中でも、肩関節の左側の小さな出っ張りには秘密があって...

HGUC グフカスタム
写真の胴体と肩関節の間にはめるパーツの窪み部分に、上の出っ張りを挟んで腕を固定することができるようになっています。これは、取説に「肩部ロック機構」と説明されています。

HGUC グフカスタム
これで、腕が付いてついに五体満足となりました!

HGUC グフカスタム
右腕にはヒートロッドの発射装置が内蔵されていますが、ここには付属のリード線を接続するようになっています。(これはまた後日説明予定です^^;)

HGUC グフカスタム
肩アーマーは写真のように可動するので肩は90度くらいまで上げることができます。
しかし、この姿は...肩アーマーがまるで帽子のようですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その8

HGUC グフカスタム @ 2010年11月16日

 今日は「HGUC グフカスタム」の武器類の組み立てを行ないました。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」に付属している「3連装35mmガトリング砲」です。
普通のグフでは左腕のマニピュレータ自体が武器になっていましたが、このグフカスタムではマニピュレータとは別にコレを装備するようですね。

HGUC グフカスタム
ガトリング砲を正面から見たところですが、三連の銃口部分がなかなかの迫力ですな。
なお、スコープ部分はメタリックレッドのシールで再現となっています。

HGUC グフカスタム
こちらは、ヒートロッドとヒートサーベルです。
ヒートロッドは、ワイヤーのような形状でこれは「アンカータイプ」と呼ばれるようです。(これでも初代グフと同じく電磁ムチとなっています。)また、ヒートサーベルは1パーツなので、単色となっています。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」に付属している全てのマニピュレータです。
下の左側2つが武器用のマニピュレータ、右側の2つが握り手、そして上は平手となっています。この中でも特に平手のマニピュレータはなかなか表情豊かですね。

では、さっそくこれらをグフカスタムさんに装備してみましょう!

HGUC グフカスタム
ということで、ヒートサーベルと3連装ガトリング砲を装備したところです。
うーむ、3連装ガトリング砲はなかなかのカッコよさです。

HGUC グフカスタム
3連装ガトリング砲を構えてみたところです。
グフカスタムには、ガトリングシールドも付いているので、この機体を設計した人はかなりのガトリング好き?なのかもしれませんね。(ガトリングといえば、何かの西部劇で最終兵器として登場したのを覚えています。)

HGUC グフカスタム
こちらはヒートロッドを発射しているところです。
ヒートロッドは発射口のフタのようなパーツを外し、その穴にワイヤーを差し込む作りになっているので、写真のようにワイヤーが伸びたようなシーンも再現可能となっています。

さて、これであとはグフカスタム最強の武器であるガトリングシールドを残すのみとなりました。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(14) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その9

HGUC グフカスタム @ 2010年11月17日

 今日は「HGUC グフカスタム」のガトリングシールドの組み立てを行ないました。

HGUC グフカスタム
写真は「HGUC グフカスタム」に付属しているシールドです。
このシールドはガトリングシールドのシールド部分になります。

HGUC グフカスタム
シールドを裏側から見たところです。
この中央部に...

HGUC グフカスタム
ヒートサーベルを写真のように収納することができます。

HGUC グフカスタム
そしてこちらはガトリングシールドのガトリング砲部分です。

HGUC グフカスタム
円筒形の部分は弾倉になっているようで、ここから1/144のキットから流用されている給弾ベルトがガトリング砲に向かって伸びています。さてこれをシールドとドッキングすると...

HGUC グフカスタム
これで、ガトリングシールドになりました!
うーむ、これはなかなかの迫力ですな。

HGUC グフカスタム
グフカスタムにガトリングシールドを装備したところです。
このガトリングシールド、長さがありすぎて手を下にすると地面に先端がぶつかってしまいます。これは長すぎですね^^;。

HGUC グフカスタム
ガトリングシールドを構えたところです。
これで連射されたら、ミンチになってしまいそうです。
ちなみに、このガトリングシールドは、それなりの重さがあるので腕が垂れ下がってしまう心配がありそうですが...

HGUC グフカスタム
肩の部分に「ロック機構」があるので、ここをロックすれは腕が下がってしまう心配はなさそうです。なかなか良く考えてあるこの仕組、他の大型武器を装備するキットにも採用してほしいものですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その10

HGUC グフカスタム @ 2010年11月18日

 今日は「HGUC グフカスタム」に部分塗装を行いました。

HGUC グフカスタム
ということで「HGUC グフカスタム」は、現在写真の状態になっています。
このグフカスタムは、部分塗装が必要な箇所は余り無いですが...

HGUC グフカスタム
ガトリングシールドの、円筒形の穴の部分をグレーに部分塗装したり、ヒートサーベルの持ち手の部分を、ブルーに部分塗装しました。(サーベルの柄は設定ではシールドの紺色と同じ色ですが、今回はちょっと明るめの目立つブルーにしてみました。)

HGUC グフカスタム
そしてこれまた設定とは関係ないですが、ガトリング砲の銃口部分をガンダムマーカーのシルバーでワンポイント塗装してみました。

HGUC グフカスタム
最後に、本体で一箇所だけ、脚部のスラスター部分は、グレーで部分塗装しました。ちなみにここは取説やパッケージの写真を見ても何色に塗装していいか分からなかったので、よくありがちなグレーにしました。(もう少し分かりやすい、塗装指定が取説に書かれていればと、いつも思います。細かな部分は、まるで宝探しをしている気分です^^;。)

さて、これであとはスミ入れをすれば、いよいよ完成です!

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム その11

HGUC グフカスタム @ 2010年11月20日

さて、今日でスミ入れと部分塗装も終わり、ついに「HGUC グフカスタム」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HGUC グフカスタム
まずは基本の立ちポーズ正面です。
左手のガトリングシールドがかなりデカイです。(油断すると右側に傾きます)

HGUC グフカスタム
HGUC グフカスタム
「HGUC グフカスタム」立ちポーズサイドビューです。
このグフカスタムは、右手のヒートロッドを除いて、ほぼ全ての武装が左腕のガトリングシールドに集中しています。(左腕が飛ばされたら、ほぼ丸腰状態です^^;)

HGUC グフカスタム
「HGUC グフカスタム」立ちポーズリアビューです。
後ろ姿は割と、ノーマルのグフと変わらないようです。

HGUC グフカスタム
上半身のアップです。
肩の曲がったスパイクが(何の役に立つかは別として)なかなか強そうに見えます。

HGUC グフカスタム
HGUC グフカスタム
ガトリングシールドを構えたところです。
ガトリング砲にシールドが付いているこの武器はなかなか斬新ですね。

HGUC グフカスタム
ヒートロッドを発射したところです。

HGUC グフカスタム
このヒートロッドは、内部に銅線が入ったリード線になっているので、写真のように上方にロッドを投げるようなポーズも再現可能です。

HGUC グフカスタム
さて、今度はガトリング砲を外して、普通のシールドを装備してみました。
このシールドには...

HGUC グフカスタム
ヒートサーベルが内蔵されていて、写真のようにサーベルを抜くポーズも再現可能です。
(さすが新型!のHGUCです。)

HGUC グフカスタム
HGUC グフカスタム
で、ヒートサーベルを抜いたところです。
このヒートサーベルもなかなか強そうです。

HGUC グフカスタム
シールドの下の三連装ガトリング砲を構えたところです。
ちなみに、ガトリングシールドになっているときには、この三連装ガトリング砲は内部に収納されるようになっています。(間違ってぶっぱなしたらエライことになりそうです...。)

HGUC グフカスタム
このガトリングシールドは、そのサイズといい、機能といい、まさに漢の武器ですね!


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(30) | トラックバック (0)

HGUC グフカスタム まとめ

HGUC グフカスタム @ 2010年11月21日

「グフカスタム」はOVA作品「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」などに登場するMSである。パイロットはノリス・パッカードさん。グフカスタムは07B系の機体の内でも、一年戦争中最も後期に生産されたバージョンの一つであり、グフ系の機体はザクに次ぐ陸戦用MSとして、格闘性能の向上を主な目的として開発された。

さて、グフといえば初代のランバ・ラルが搭乗したグフがHGUCとして2000年に発売されているが、それから約10年経過した現在、本キットは最新のHGUCに準拠したキットとなっている。
本キットの特徴は

 ・全体的に可動&プロポーションは良好
 ・肩のロック機構で、重いガトリングシールドもしっかり持てる!
 ・色分けはほぼカンペキ。コックピット部のクリアパーツがなかなかカッコイイ。
 ・武器はヒートロッドや、大迫力のガトリングシールドをセット

となっている。
パイロットがノリスさんということもあって、なかなか人気の高かったこのグフカスタム、これがいよいよHGUC化されたからには、ぜひ陸戦型ガンダムと一緒に飾ってみることをオススメする!
(と、そういえば量産型ガンタンクと、Ez8がまだHGUC化されてない...)

・塗装必要個所
ほとんどが成型色とシールで再現されているので、そのままでもほぼ設定に近い。
設定通りにする場合でも、ほんのわずかな部分塗装のみでOK。
 ・シールドの中央円筒部と裏側のグレー
 ・ヒートサーベル持ち手部分のブルー
 ・脚部スラスターのグレー

・パーツ分割が工夫されているので、合わせ目は少ない。ただし、以下の部分に合わせ目がある。
 ・肩アーマー(ここはちょっと気になるかも?)
 ・ガトリング砲

・武器、付属品
ヒートロッド
シールド(ガトリングシールドの一部になる)
ヒートサーベル(シールドに収納可)
三連装35mmガトリング砲
ガトリングシールド
握り手左右、武器用握り手左右、右平手

・可動
ヒザの可動は120度程度と、全体的に最近のHGUCに準じた広い可動となっている。また関節を曲げた場合でも、違和感が無いような工夫が各所にされていて、その分全体的にプロポーションは良好。特徴としては
 ・足首は違和感がなく、かつ結構広い可動範囲を確保!
 ・ヒジ、ヒザは90度以上可動。
 ・動力パイプが繋がっているものの、腰はある程度回転可能。
 ・股関節はHGUCおなじみの回転機構付き
となっている。

■おまけ

○グフの家系

HGUC グフカスタム
初代グフと、グフカスタムを並べてみました。
こうして見ると同じ青でも、随分と濃さが違います。あと。肩のトゲトゲが微妙に異なっているのが面白いですね。(初代グフのほうがなぜかエラそうに見えます^^;。)

HGUC グフカスタム
グフと、グフカスタムのシールドを比べてみました。
グフカスタムのシールドは、グフのものをほぼそのまま受け継いでいるようですが、これにガトリング砲が付くとさすがにイメージが変わります。あと、サーベルの取り付け位置が上下反対になっているのは、下にガトリング砲が付いたからなのでしょうね。

HGUC 1/144 MS-07B3 グフカスタム (機動戦士ガンダム 第08MS小隊)HGUC 1/144 MS-07B3 グフカスタム (機動戦士ガンダム 第08MS小隊)

バンダイ 2010-11-07
売り上げランキング : 381

Amazonで詳しく見る
ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(20) | トラックバック (0)
copyright gunplablog.com