ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG ガンダムエピオンEW その1

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年7月22日

 さて、巷ではRG量産型ザクが発売されている頃ですが、やはりRGシャアザクを作った後に、色替えのキットを作るのはちょっとツラそうです。ということで、今回作るのはちょっと前に発売されたコレ

MG ガンダムエピオンEW
「MG ガンダムエピオンEW版」を作製してみたいと思います。
このガンダムエピオンは、変形するし、変わった武器を持っていたりとなかなか個性的なMSです。
では、さっそくランナーをチェックしてみましょう!

MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
ということで写真は「MG ガンダムエピオンEW」の全てのランナーです。
ランナーは、フレームは細かいパーツが多い反面、外装はわりと大き目のパーツが目立ちます。

MG ガンダムエピオンEW
写真は多色成形のAランナーです。
多色成形ですが、結構地味な色のランナーとなっています。

MG ガンダムエピオンEW
写真は赤いBランナーで、同じものが2枚付いています。
デカいパーツは背中の羽のパーツですね。

MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
こちらも、赤いC1, C2ランナーです。
この色がガンダムエピオンの外装の基本色となっています。

MG ガンダムエピオンEW
写真は黒っぽいブルーのDランナーで、このランナーも2枚付いています。
このランナーの上下には同じ形のパーツがたくさん付いていますが、これはどうやらヒートロッドのパーツのようです。

MG ガンダムエピオンEW
こちらはEランナーで、腰の外装などのパーツがセットされています。

MG ガンダムエピオンEW
写真は、クリアグリーン成形のFランナーです。
最近のガンプラのクリアパーツは、細かなディテールが付いているものが多いですが、これも炎が燃えるような形状になっているのが、なかなかよく出来ています。

MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
写真は、ABS樹脂製のG, Hランナーです。Gランナーは2枚付いています。
当然ですが、このランナーはフレームのパーツが中心となっています。

MG ガンダムエピオンEW
こちらもABS樹脂製のIランナー(X2)です。
これは、ポリキャップの代わりに使うのでしょうか...

MG ガンダムエピオンEW
こちらはポリキャップと、リード線です。
リード線はかなり自由に曲がるようになっています。

MG ガンダムエピオンEW
最後は、シールやデカールなどです。

さて、変形機構があるこのガンダムエピオンですが、どのような仕組みで変形するのかがやはり気になりますね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その2

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年7月23日

 さて、今日から「MG ガンダムエピオンEW版」の作製開始です。まずはいつものように足先から...

MG ガンダムエピオンEW
ということで写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の足先です。
うーむ、足先としては結構複雑な形状をしています。(足の甲の黄色い部分は何か機能があるわけでなく、ただのデザインでしょうか?)

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の足の裏側です。
足の裏側にはバーニアなどの推進装置はないようです。

MG ガンダムエピオンEW
写真は足先を横から見たところです。
可変MSということを考えると、この状態から...

MG ガンダムエピオンEW
やはり、写真のようにつま先を折りたたむことができました!
飛行形態ではこの状態になって、空気抵抗?を抑えるわけですな。

MG ガンダムエピオンEW
さて、写真は足先の内部構造です。
ここから...

MG ガンダムエピオンEW
写真のようにつま先が可動するわけですね。なるほど!
ちなみにつま先部分にはメタリックグリーンのシールが貼ってありますが、ここには...

MG ガンダムエピオンEW
写真のように上から透明なクリアパーツを被せることにより、写真のように仕上がります。
さすが、MGともなると細かな部分まで再現されているのはさすがですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その3

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年7月25日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の脚フレームの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の脚フレームです。
可変MSということで、脚部はもうちょっと細くて華奢かと思いきや、意外と骨太でゴツイ作りです。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の脚フレームを横から見たところです。
この角度からみると山形のパーツが3連で繋がっているようなちょっと変わった形状をしています。それはさておき、気になるヒザの可動範囲はというと...

MG ガンダムエピオンEW
写真のようにきっちり180度曲がります。

MG ガンダムエピオンEW
ちなみにヒザは可変MSらしく、逆関節?も可能です^^;。

MG ガンダムエピオンEW
写真は、「MG ガンダムエピオンEW版」の脚フレームの内部構造です。
この状態から...

MG ガンダムエピオンEW
ヒザを曲げると写真のようになります。
これを見ると、腿のシリンダーパーツはヒザの可動に連動してスライド、またヒザの下にも可動部分があることが分かります。

MG ガンダムエピオンEW
脛付近のアップです。
写真を見ると、楕円形の穴にジョイントパーツが付いているのがわかりますが、ここは穴の余裕の分だけ脚の長さを伸縮することができるようになっています。(飛行形態時に縮める?)

MG ガンダムエピオンEW
脚フレームを足先とドッキングするとこんなカンジになります。
うーむ、やはり結構逞しい脚ですな。

MG ガンダムエピオンEW
脚にポーズを付けてみました。
ヒザが逆関節になるのはやはり、ちょっと変な気がしますね。

MG ガンダムエピオンEW
さて、そういえば前回紹介するのを忘れていたのですが、写真の足先は...

MG ガンダムエピオンEW
足が口に!なります。
これで、敵に予想外の噛み付き攻撃!ができそうです。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その4

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年7月26日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の腰フレームの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の腰フレームです。
腰部の各アーマーはフロント、リア、サイドと非常にノーマルな構成となっています。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の腰フレームを斜め後ろから見たところです。
これを見ると、フロントアーマーに比べリアアーマーがかなり長いですな。

MG ガンダムエピオンEW
写真は腰フレームを下から見たところです。
この状態から...

MG ガンダムエピオンEW
各アーマーはそれぞれ写真のように可動します。

MG ガンダムエピオンEW
写真は股関節の軸付近のアップです
ここは、MGでよくみられる軸が上下に可動するようなギミックはありませんが...

MG ガンダムエピオンEW
写真のように、なかなかダイナミックな変形機構があったりします。
うーむ、これは何がどうなっているのか、完成してみないとよく分かりませんね^^;。

MG ガンダムエピオンEW
腰フレームに、脚フレームをドッキングすると、こんなカンジになります。
と、脚が太いせいか脚の長さが短く見えます。

MG ガンダムエピオンEW
これで下半身まで、フレームの組立てが完了しました!

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その5

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年7月27日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の胸フレームの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の胸フレームです。
胸の中央のレンズのようなパーツが目を引きますが、ここはシールを貼った上にクリアパーツを重ねる構造となっています。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の胸フレームを斜め後ろから見たところです。
これを見るとコックピット部分は、球体になっていることがわかります。
これはコックピットは全天周モニタになっているのでしょうか?

MG ガンダムエピオンEW
さて、首と肩の可動ですが、写真の状態から...

MG ガンダムエピオンEW
首は後ろに90度近くまで倒れます。また、肩関節も前方に90度ほど可動するようになっていて、可動範囲はかなり広くなっています。

MG ガンダムエピオンEW
胸フレームを下半身とドッキングすると、こんなカンジになります。
うーむ、下半身に比べ上半身は意外と小さいですな。

MG ガンダムエピオンEW
上半身のアップです。
このガンダムエピオンは、フレームの状態ではウェストがかなり細いですが、取説の写真ではそんなに細身の機体ではないので、外装が付くと随分とイメージが変わるのでしょうね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その6

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年7月29日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の頭部の組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の頭部です。
顔の作りはもちろんガンダムですが、全体的にかなり暗い配色になっているので、いかにも悪役っぽいイメージですね。

MG ガンダムエピオンEW
「MG ガンダムエピオンEW版」の頭部を横から見たところです。
耳に当たる部分はかなり後ろに長く伸びているのが特徴的です。(シェンロンガンダムも確か、ここが長かったですが、何か特別な意味でもあるのでしょうか?)

MG ガンダムエピオンEW
「MG ガンダムエピオンEW版」の頭部を後ろから見たところです。
と、後頭部にバーニアのようなものが付いています。
うーむ、こんなところにこんなものが付いている機体は初めて見たような気がします。


MG ガンダムエピオンEW
これで頭部まで付きました!

MG ガンダムエピオンEW
上半身のアップです。
こうして見ると、ガンダムエピオンはちょっとコワイ顔つきをしています。

MG ガンダムエピオンEW
このガンダムエピオンの首は、かなり後ろまで可動するので、写真のように真上を向くことができます。(外装が付くと、ここまで曲がるのかは不明です^^;)
ただ、ここまで頭が上がるとちょっと不自然ですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その7

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年7月30日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の腕フレームの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の腕フレームです。
腕フレームと言っても、前腕部分に一部外装が付いているのですが、ここは...

MG ガンダムエピオンEW
マニピュレータの取り付け用ポリキャップが写真のように、外装側に付く構造になっているので、どうしても前腕部の外装をはめる必要があるのでした。(さらに右のパーツを付けるためには、左の赤いパーツも必要です。うーむ、芋づる式ですな^^;)

MG ガンダムエピオンEW
それはさておき、「MG ガンダムエピオンEW版」のヒジの可動範囲はというと...

MG ガンダムエピオンEW
写真のように、肩アーマーに当たるところまで曲がります。
(ちなみに、肩アーマーが無い状態では180度曲がります。)

MG ガンダムエピオンEW
前腕部に付いているクローは写真のように前方に伸びるようになっています。

MG ガンダムエピオンEW
写真は、腕フレームの内部構造です。
これを見ると、クローは前腕内部のグレーのパーツに付いています。

MG ガンダムエピオンEW
ヒジを曲げて、クローを展開したところです。
ヒジは2重関節なのでこれだけよく曲がります。また、クローはグレーのパーツが90度回転することにより、より外に飛び出すようになっているわけですな。なるほど!

MG ガンダムエピオンEW
腕フレームを胴体とドッキングすると、こんなカンジになります。
やはり、肩アーマーが大きいと、なんだか強そうに見えますね。

MG ガンダムエピオンEW
さて、あとはマニピュレータを付ければ本体フレームの組み立ては完了です!

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その8

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年7月31日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」のマニピュレータの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」に付属している全てのマニピュレータです。
マニピュレータは指が、握り手、平手、武器用の3種類が付いています。

MG ガンダムエピオンEW
そして写真の基部は共通で、指のみを差し替える仕様となっています。
これだと、マニピュレータを腕から外すこと無く、指のみを交換することができるのがメリットですね。

MG ガンダムエピオンEW
握り手以外の、指に差し替えたところです。
平手はなかなかに、表情豊かですな。

MG ガンダムエピオンEW
さて、これでマニピュレータも付いて、フレームの組み立ては完了です!

MG ガンダムエピオンEW
フレーム状態のガンダムエピオンの後ろ姿です。
こちら側は、ほぼ全部がグレーです。

MG ガンダムエピオンEW
ということで、次回からは外装の取り付けにとりかかります。
では、また次回!

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その9

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月 1日

 さて今日から「MG ガンダムエピオンEW版」に外装を取り付けていきます。

MG ガンダムエピオンEW
ということで写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の脚部の外装パーツ(片脚分)です。
外装パーツはもう少し、細かなパーツがいろいろあるのかと思ったら、意外と大ぶりなパーツのみで構成されています。(バーニアとかはありません。)

MG ガンダムエピオンEW
これらの外装パーツを写真の、ガンダムエピオンの脚フレームに取り付けると...

MG ガンダムエピオンEW
写真のようになりました。
うーむ、なんとなく赤いブーツを履いているような気が...。

MG ガンダムエピオンEW
「MG ガンダムエピオンEW版」の脚部を後ろから見たところです。
後ろから見ると、似たような形状のパーツが3連でつながっているように見えますね。

MG ガンダムエピオンEW
ヒザを曲げたところですが、外装が付いてもほぼ180度曲がるのがGood!です。

MG ガンダムエピオンEW
これで脚部に外装が付きました!

MG ガンダムエピオンEW
なんとなく、ドラゴンキーック!
足の先がドラゴンの顔のようになっているので、これで蹴り技(噛み付き攻撃?)ができそうな気がするのは気のせいでしょうかね^^;。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その10

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月 2日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の腰部に外装を取り付けました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の腰部の外装パーツです。
各パーツは、フロントとリアアーマーが青で、それ以外は赤というツートンカラー構成となっています。

MG ガンダムエピオンEW
ということで、写真の腰フレームに外装パーツを取り付けると...

MG ガンダムエピオンEW
こんなカンジになりました。
腰の中央部が脚部と同じような、3段構造になっているのが特徴的ですな。

MG ガンダムエピオンEW
腰部を後ろから見たところです。
リアアーマーが、フロントアーマーに比べてかなり長くなっていますが、ここは...

MG ガンダムエピオンEW
写真のように、リアアーマーはジョイント部分で回転するようになっています。
この機構はきっと、変形のためにあるのでしょうね。

MG ガンダムエピオンEW
これで下半身まで外装が付きました!
(上半身はフレームなので微妙にバランス悪いです^^;)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その11

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月 3日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の胸部に外装を取り付けました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の胸部の外装パーツです。
ここも、青と赤のパーツがメインですが、その他の色もワンポイントで使われています。

MG ガンダムエピオンEW
さて、これらの外装パーツを写真の胸フレームに取り付けると...

MG ガンダムエピオンEW
こんなカンジになりました。
いやぁ、胸部は外装が付くとかなりカラフルになりますね。

MG ガンダムエピオンEW
黄色い部分はコックピットハッチになっていて、写真のように開閉します。
ハッチの開閉は、割と凝った機体も多い(もっと広い範囲が開くとか)ですが、これは一番シンプルな構造ですな。

MG ガンダムエピオンEW
写真は胸部を背中から見たところです。
こちらは色的に地味な印象です。(背中の四角い穴にあのデカい翼が付くと派手になる予定です^^;。)

MG ガンダムエピオンEW
これで胴体まで外装が付きました!

MG ガンダムエピオンEW
さて、フレームの時には異常なほど後ろまで曲がっていた、首関節ですが外装を取り付けると、写真のところまで可動します。これでも結構上を向くことができるので、なかなかいいですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その12

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月 4日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の腕部に外装を取り付けました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」の腕部の外装パーツです。
とは言っても、腕部には既に結構外装が付いてしまっているので、腕に付くのは写真下の3つのパーツのみとなります。それ以外の上のパーツは、全て肩アーマー用となっています。(こっちのパーツはかなり多いです。)

MG ガンダムエピオンEW
さて、写真の腕フレームに外装パーツを取り付けると...

MG ガンダムエピオンEW
こんなカンジになりました。
いやぁ、やはり肩アーマーが立派ですな^^;。

MG ガンダムエピオンEW
腕部を横から見たところです。
この状態から...

MG ガンダムエピオンEW
ヒジを曲げると、写真のところまで曲がります。
と、やはり肩アーマー部分で可動がストップするようです。

MG ガンダムエピオンEW
これで、バックパックを除く本体部分の組み立てが完了しました!

MG ガンダムエピオンEW
上半身のアップです。
肩アーマーは、曲線的な部分までちゃんと成形色で色分けされているのがスゴイですね。

MG ガンダムエピオンEW
肩アーマーは、かなり大きいですが写真ように付け根部分が可動します。

MG ガンダムエピオンEW
さて、次回は背中の四角い穴に付く、翼の組み立てに入ります。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その13

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月 6日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」のバックパックの中央ブロックの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」のバックパックの中央部分です。
左右に穴の開いた羽のようなパーツが付いていますが、ここにあの大きな翼が付くわけですな。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」のバックパックの中央部分を上から見たところです。
この角度から見ると左右のパーツは折れ曲がっていますがここは...

MG ガンダムエピオンEW
根元部分から可動するようになっています。
また、赤いスラスターのようなパーツも写真のように上下に方向を変えることができます。
(ナゼかバーニアは方向を変えることはできません)

MG ガンダムエピオンEW
さて、写真のガンダムエピオンの背中にバックパックを取り付けると...

MG ガンダムエピオンEW
こんなカンジになりました。
こうして見ると、中央部のブロックはかなり小型でコンパクトですね。

MG ガンダムエピオンEW
さて、次回はいよいよここに、あの特徴的な翼を取り付けます。
きっと翼が付くと随分強そうになるのでしょうね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その14

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月 7日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」のバックパックの右ウィングの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」のウィングです。
ウィングは暗い赤と青のパーツから構成されていますが、パーツ数も多くさすがに力の入った作りとなっています。このウィングは...

MG ガンダムエピオンEW
下側のウィングを引っ張るとそれに連動して、3つのブロックが展開するようになっています。うーむ、なかなかよく出来ていますね。

MG ガンダムエピオンEW
写真はウィングを真横から見たところです。
複雑な機構を内蔵する割には、結構薄型なのですね。

MG ガンダムエピオンEW
写真はウィングをバックパックにマウントするためのパーツです。
これを使って...

MG ガンダムエピオンEW
写真のバックパックにウィングを取り付けると...

MG ガンダムエピオンEW
おお!これはかなりデカイですね。
(油断すると、翼の先端が地面に付きそうです^^;)

MG ガンダムエピオンEW
正面から見たところです。
さすがにこのサイズの翼だと、前から見ても目立ちますな。

MG ガンダムエピオンEW
翼は根元から角度を変えることができます。
写真は展開状態ですが、さすがに片翼だと機体が重さで左側に持っていかれます。
さて、次回は翼の内部構造を紹介しつつ、もう片翼を取り付けようと思います。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その15

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月 8日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」のバックパックの左ウィングの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」のウィングのパーツです。
片側のウィングだけでこれだけのパーツが使われています。

MG ガンダムエピオンEW
さて、写真はウィングの内部構造です。

MG ガンダムエピオンEW
そしてこちらは可動部分のアップです。
中央にはいかにもスライドしそうな楕円形の穴が見えますが、一番下のブロックを引っ張っると...

MG ガンダムエピオンEW
こんなカンジで、引っ張った部分は下に伸び、その他の2枚のウィングはこれに連動して開くようになっています。

MG ガンダムエピオンEW
変形後の翼全体です。
ちなみに、この状態ではしっかりとロックがかかったような状態になるので、自重で元に戻ってしまうということはなさそうです。(片側だけ翼が垂れ下がるのもカッコ悪いですからね^^;)

MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
これで、ついにウィングが両方付きました!

MG ガンダムエピオンEW
翼を上に上げてウィングを展開したところです。
うーむ、これはなかなかの迫力とボリューム感ですな。
(置き場所はすごく取りそうですが。)

MG ガンダムエピオンEW
なお、上のように翼を後ろに伸ばした状態で、自立させようとすると機体はかなり前方に傾けないとバランスが取れません。やはり、こういう羽の大きな機体は、立ちポーズ以外で飾るならディスプレイベースは必須のようですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その16

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月 9日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の武器であるビームソードの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」に付属しているビームソードです。
ちなみにこの状態、腰にマウントするための収納状態なのであまりビームソードに見えませんが...

MG ガンダムエピオンEW
写真のリード線やクリアパーツを取り付けることにより...

MG ガンダムエピオンEW
写真のようになります。
では、このビームソードをガンダムエピオンに装備してみましょう!

MG ガンダムエピオンEW
ということでビームソードを腰に装備したところです。

MG ガンダムエピオンEW
ビームソードは腰のサイドアーマーに取り付けるようになっています。
ビーム刃がついていない状態でも意外と大きいです。

MG ガンダムエピオンEW
さて、ビーム刃とリード線を取り付けると、ビームソードらしくなりました!

MG ガンダムエピオンEW
いやぁ、ビーム刃を取り付けたビームソードは、なかなかの迫力ですな。

MG ガンダムエピオンEW
さて、これであと残るのはヒートロッドのみとなりました。
と、こうしてみるとガンダムエピオンの武器って、接近戦用のものばかりですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その17

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月10日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」の武器であるヒートロッド&シールドの組み立てを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
写真は「MG ガンダムエピオンEW版」のシールドです。
シールドも本体と同じく、暗い赤と青のカラーリングとなっています。(あとトゲトゲっぽいものも付いています。)

MG ガンダムエピオンEW
写真はシールドの裏側です。
中央部分には何やらマウント用のパーツのようなものが見えますがこれは...

MG ガンダムエピオンEW
2つのパーツがそれぞれ独立して可動するようになっています。
片方は腕へのマウント用なので、もう片方は変形時に使うものなのでしょうか?

MG ガンダムエピオンEW
さて、こちらはヒートロッドのパーツです。
ヒートロッドは、同じようなパーツが10個繋がっているのですが、これらは完全に同じパーツなので、組み立てにはモチベーションが必要です。(単純作業のように同じものを10個製造する必要があります^^;)

MG ガンダムエピオンEW
そしてこれらのパーツを連結し、シールドに合体すると写真のヒートロッドとなります。
うーむ、これってまるでカブトガニのシッポのようにも見えますね。

MG ガンダムエピオンEW
写真は、ヒートロッドの連結部のアップです。
連結部はABS樹脂製の赤いポリキャップのようなパーツが使われていて、連結部を引き出してやると可動が広がり写真のように曲げることができます。

MG ガンダムエピオンEW
ということで、ヒートロッドは写真のようにぐるりと円を描くような状態に曲げることも可能です。

MG ガンダムエピオンEW
さて、シールドを左腕に装備するとこんなカンジになります。
ヒートロッドを装備すると、さらにエピオンさんは特殊な機体に見えます。

MG ガンダムエピオンEW
ヒートロッドを伸ばしたところです。
この状態で、ヒートロッドが地面に垂れ下がらないのがなかなかよくできています。

さて、これで組み立ては完了したので、次回は飛行形態へと変形してみたいと思います。
でも、簡単に変形できるようになっていればいいなぁ...。
(一部の機体は変形にすごく時間がかかるものがありました。)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その18

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月11日

 さて今日は「MG ガンダムエピオンEW版」をMS形態から飛行形態に変形してみましょう!

MG ガンダムエピオンEW
写真はMS形態の「MG ガンダムエピオンEW版」ですがこの状態から...

MG ガンダムエピオンEW
まずは武器とマニピュレータを外します。
そして前腕のクローを前方に展開します。

MG ガンダムエピオンEW
次に、お尻のリアアーマーを90度回転させて...

MG ガンダムエピオンEW
おもむろに、腰の中央部を写真のように下に動かします。

MG ガンダムエピオンEW
そして、腰の中央の赤いパーツをバックパックにはめ込みます。
これで、脚が背中側に移動しました。そして脚部を頭の上まで動かすと...

MG ガンダムエピオンEW
写真のようになりました!(ドラゴンの口は開けてあります)

MG ガンダムエピオンEW
次に主翼の付け根部分を...

MG ガンダムエピオンEW
前方にスライドします。

MG ガンダムエピオンEW
お次は写真のヒートロッドに、ビームソードを取り付けます。
これを機体の後ろに合体すると...

MG ガンダムエピオンEW
これで、飛行形態への変形は完了です!
うーむ、この状態は頭が双頭のドラゴンのように見えるので、まるでゾイドのようですな。

MG ガンダムエピオンEW
飛行形態のガンダムエピオンを後方から見たところです。
シッポの付け根にビームソードが付いていますが、この状態でビームソードが使えるのかは不明です。

さて、飛行形態で非常に気になるのは、下側がどうなっているかです。ということで...

MG ガンダムエピオンEW
飛行形態のガンダムエピオンを真下から見たところです。
と、顔などがそのまんま丸見えとなっています^^;。
今までのパターンだと、頭部は外すかシールドなどで隠すのが普通でしたが、ここまで堂々と頭部が露出しているのは、ある意味スゴイ割り切りですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その19

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月12日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」にスミ入れを行いました。

MG ガンダムエピオンEW
ということで「MG ガンダムエピオンEW版」は現在写真の状態になっています。

MG ガンダムエピオンEW
実は、このガンダムエピオンは全体的に曲面の形状が多いのでスミ入れの箇所は意外と少なかったりします。

MG ガンダムエピオンEW
腰部付近です。

MG ガンダムエピオンEW
こちらは頭部付近です。
肩アーマなど、成型色の境界部分はスミ入れしないとすると、ここもあまりスミ入れする部分はありません。

MG ガンダムエピオンEW
で、そこそこスミ入れ量が多いのは写真の翼部分です。

MG ガンダムエピオンEW
あと、意外なことに一番面倒だったのが写真のヒートロッドです。
ここは、パーツ1個づつの前後にそれぞれスミ入れが必要な箇所があるので、パーツの数だけ繰り返しが必要です。ただここは、濃いブルーなのでスミ入れしてもほとんど目立ちません^^;。
うーむ、なんか無駄な努力をしているような気がしてきました...。

PS.
 今日から自分はお盆休みに入りました。これからしばらくの間、ちょこちょこと家庭内行事(実家に帰ったりとか)があるので、このブログの更新ができない日もありそうです。(それはそうと、東海地方の暑さはハンパじゃないですね。休みでも昼間はガンプラ作る気になれません...。)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その20

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月14日

 今日は「MG ガンダムエピオンEW版」にシール貼りを行いました。
今回は、ガンダムデカールは後にして、マーキングシールを先に全部貼ってみました。

MG ガンダムエピオンEW
ということで「MG ガンダムエピオンEW版」は現在写真の状態になっています。

MG ガンダムエピオンEW
マーキングシールはいつものことながら、大きなシールはほとんど無く、細かなマークが多数全身用に付いています。

MG ガンダムエピオンEW
シールは小さいので貼りやすいものの、数が多いので実はデカールよりも、こちらのほうがシール貼りには時間がかかったりします。

MG ガンダムエピオンEW
上半身のアップです。
このガンダムエピオンは頭部にはシールを貼る箇所は全くありません。

MG ガンダムエピオンEW
ガンダムエピオンを背中側から見たところです。
翼には細長い、紐のようなシールが使われています。

さて、これであとはガンダムデカールを貼るだけになりました!
ちなみに今回のガンダムデカールは、ほぼ全てがまるでラインのようなシールばかりで構成されています。取説を見ると、脚や翼などのラインになるようですが、このキットはライン状のシールが多いですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW その21

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月16日

さて、今日でシール貼りも終わり、ついに「MG ガンダムエピオンEW版」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

MG ガンダムエピオンEW
まずは基本の立ちポーズ正面です。
全体的に暗いカラーなので、いかにも敵役っぽい空気が漂っています。

MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
「MG ガンダムエピオンEW版」立ちポーズサイドビューです。
この角度から見ると、機体の各部に白いラインのシールが貼ってることがわかります。
このエピオンさんは、曲面が多いので細長いラインのシールを貼るのは、結構難しいです。

MG ガンダムエピオンEW
ガンダムエピオンの立ちポーズリアビューです。
背中に付いた翼はかなりの大きさがあるので迫力満点です!

MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
機体の各部アップです。

MG ガンダムエピオンEW
ヒートロッドを伸ばしたところです。
ヒートロッドはこの状態でも、ちゃんと自立するのがGood!です。

MG ガンダムエピオンEW
ビームソードを構えたところです。
刀身はクリアグリーンのパーツが使われていますが、炎が燃えてるような凝ったディテールとなっています。

MG ガンダムエピオンEW
ビームソードを高々と上に上げたところです。

MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
そしてアクションベース1を使っての飛行ポーズです。

MG ガンダムエピオンEW
さて、お次はガンダムエピオンを飛行形態にしてみました。
この状態だとまるで、双頭のドラゴンのようですな。(顔に口も付いてます^^;。)

MG ガンダムエピオンEW
MG ガンダムエピオンEW
飛行形態を横と後ろから見たところです。
ヒートロッドが、さながらドラゴンのシッポのように見えるのは、なかなかよく考えてありますね。

MG ガンダムエピオンEW
飛行形態を斜め後ろから見たところです。
通常なら、ここに大き目の推進装置が付いているのですが、このガンダムエピオンには目立った、推進装置はなさそうに見えます。

MG ガンダムエピオンEW
最後に、飛行形態を下から見たところです。
うーむ、この角度から見ると、ガンダムエピオンが背中にドラゴンの首のようなものを背負って飛んでいるようにも見えますね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

MG ガンダムエピオンEW まとめ

MG ガンダムエピオンEW @ 2011年8月17日

ガンダムエピオン(EW版)は、OVA「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」に由来するMSである。パイロットは、最初はヒイロ・ユイでのちにゼクス・マーキスさん。このガンダムエピオンは、実は映像化されておらず、設定画が存在するのみという微妙な位置づけの機体で、「アーリータイプ」とも呼ばれている。エピオンは飛行形態に変形することが可能で、上から見ると双頭のドラゴンのような美しい姿だが、下から見るとなかなか面白い機体となっている。

さて、この「MG ガンダムエピオンEW版」はキットとしては
・飛行形態へほぼ差し替え無しで変形が可能!
・武器は大型のクリアパーツが付いたビームソードが付属!
・全身にわたり広い可動で、、いろいろなポージングが可能!
・そのダークなカラーリングの機体は、成型色のみで色分けもほぼカンペキ!

と、エピオンの機体をイメージ通りにキット化することに成功している。最近続々とリリースされているWガンダムシリーズEW版のMGであるが、ぜひ他のキットと一緒に飾ってみるとことをオススメする。

・塗装必要個所
 色分けは成型色とシールで設定通りとなる。部分塗装が必要な箇所はなく、カンペキである。また
・最新のMGだけあって合わせ目は殆ど無い。ただし、翼は表裏の2枚のパーツが合わさっているので、この合わせ目部分には、長めの合わせ目がある。

・武器、付属品
ビームソード(ビーム刃はクリアグリーン成型。ケーブル付き)
ヒートロッド付きシールド(ヒートロッドは柔軟に可動)
パイロットフィギュア(ゼクス・マーキス 座/立)
指だけ差し替え式のマニピュレータ(握り手, 武器用握り手、平手が左右付属)

・可動
 可動は最新のMGらしく、ヒザやヒジなどかなり良く可動する。また、可変MSということもあり、各部に変形用の可動ギミックが存在する。(腰のリアアーマーが回転する等)飛行形態に変形する場合にマニュピレーターを外す必要があるので、いわゆる「完全変形」かどうかは微妙であるが、今まで作製した可変MSと比べると変形機構は非常にシンプルなものとなっている。


■おまけ

○ウイングガンダム&ガンダムエピオン

MG ガンダムエピオンEW
EW版ではないですが、MGウィングガンダムとガンダムエピオンとを並べてみました。
こうして並べてみると、エピオンはウィングガンダムよりも一回り大きいのですね。

○空中で...

最後は、やはりいつものポーズで...

MG ガンダムエピオンEW
コマネチ!
うーむ、やはりコマネチ専用平手が付いているのが、なかなかいいですね^^;。

B004UILW6EMG 1/100 OZ-13MS ガンダムエピオン EW版 (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)
バンダイ 2011-06-25

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)
copyright gunplablog.com