ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG ジム・インターセプトカスタム まとめ

HG ジム・インターセプトカスタム @ 2018年12月 5日

「RGM-79KC ジム・インターセプトカスタム」 はジムスナイパーカスタムをベースに、中間迎撃と艦船護衛用に開発された機体である。「RGM-79HC ジム・ガードカスタム」が防御力を強化したのに対し、本機は背部に「フェロウブースター」を装備する点が特徴となっている。(とはいえ、本キットには肝心のフェロウブースターは、含まれていませんが...)

さてこの「HG ジム・インターセプトカスタム」はキットとしては

・シールに頼らず細かな部分までパステルカラーの成型色で色分け。
・各部の可動はかなり広く、胴体は直角に曲がる独特な作り。
・頭部には開閉式の追加装甲バイザーを装備
・武器はビームスプレーガン+ビームサーベルのみのシンプル装備
と、なっている。

これまでにジムは多数リリースされているが、パステルカラーで守りの要のシールドを持たないこのジム・インターセプトカスタムを、ぜひ他のジムと一緒に並べてみることをオススメする!

・塗装必要個所
 成型色とシールでほぼ設定どおりになる。部分塗装が必要なのは頭部バルカン砲のグレーぐらい。

・全体的に合わせ目はモールドとして処理されており、かなり少ない。気になる部分は
 ・頭部側面中央
 ・ビームスプレーガン
ぐらい

・武器、付属品
 ・ビームスプレーガン
 ・ビームサーベル(腰にマウント可)
 ・握手(左右)、ビームスプレーガン用右手

・可動
可動は最新のキットだけあってかなり優秀。ヒジやヒザは可動範囲が広く、特に胴体は90度近くまで曲がる独特な機構となっている。
 ・ヒザやヒジなどはかなり広く可動。
 ・股関節は軸が前後に可動する機構あり。
 ・肩関節は前後以外に上方向にも可動する。
パーツ数が少ないHGこの可動を実現しているのは、なかなか良くできている。


■おまけ

○ジム勢揃い

HG ジム・インターセプトカスタム
写真は元祖ジムとインターセプトカスタムを並べてみたところです。
どちらもジムには違いありませんが、インターセプトカスタムはパステルカラー&バイザー付きなので全く別の機体に見えます。

HG ジム・インターセプトカスタム
写真はジム2機を横から見たところです。
こうしてみると、同じビームスプレーガンでも、サイズが随分と違います。
(インターセプトカスタムでは大型化しています。)

HG ジム・インターセプトカスタム
さて、次はジム、ジムII、ジムIIIと一緒に並べてみました。
さらに...

HG ジム・インターセプトカスタム
もっと多くのジムシリーズを集めてみました。
ちなみにですが、これ以外にもジムは他にもまだたくさんいます。
しかし、ここまで増えてくると、誰が誰だかよく分かりませんね。

HG ジム・インターセプトカスタム
そして、ジム軍団を横から見てみると、インターセプトカスタム以外の全ての機体にはシールドが装備されていることがわかります。
うーむ、分かってはいましたが、シールド無しなのはやはりこの機体だけなのですね。


HG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ジム・インターセプトカスタム

この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5385
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム