ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

RG トールギスEW その1

RG トールギスEW @ 2018年10月18日

さて、今回はちょっと前に発売されたキット「RG トールギス」を作製してみたいと思います。
このトールギスは今年4月にリリースされましたが、ちょうどその頃に「MG ディープストライカー」を作っていた関係で、今までスルーとなっていたのでした。

RG トールギス
ということで、写真は「RG トールギス」のパッケージです。
トールギスと言えば、どこかの国の兵士のような見た目ですが、このキットでは背中にかなり大型のバックパックが装備されています。

RG トールギス
写真は「RG トールギス」の全てのランナーです。
これを見るとランナーは、RGとしては標準的な数となっています。

RG トールギス
写真は多色成形のAランナーです。
トールギスは多くの面積が白いパーツで占められていますが、このAランナーも白いパーツが多めの構成です。

RG トールギス
写真はグレーのBランナーです。
RGのBランナーと言うと...

RG トールギス
アドヴァンスドMSジョイントということになりますが、このランナーは12の番号が付いています。とはいっても、このランナーのパーツだけでは、どう見てもフレームは完成しないような気が...。
RGでBランナーのみでフレームが完成していた時代は、既に終わってしまったようですね。
(そろそろBランナー自体が廃止されそうな気もします。)

RG トールギス
写真は白いC1ランナーです。

RG トールギス
そしてこちらは黄色いD1ランナーです。
右上の円形のパーツは、シールドの黄色枠の部分ですが、こういう細いパーツがキレイに成形できるのは、さすがバンダイですね。

RG トールギス
RG トールギス
写真は白いE1, E2ランナーです。

RG トールギス
写真はダークブルーのFランナーです。
このランナーは、武器やマニピュレータなどのパーツがセットされています。

RG トールギス
RG トールギス
写真はグレーのG1, G2ランナーです。
このランナーは、フレームのパーツがメインとなっています。

RG トールギス
こちらはH1, H2ランナーです。
H1ランナーは見ての通り、ビームサーベルの刀身が付いていますが、これが透明なクリアパーツというのはかなり珍しいですね。

RG トールギス
写真はビームサーベルのランナーで、型番は「SB-12」が採用されています。

RG トールギス
最後はRG名物のリアリスティックデカールです。

さて、ガンダム系のMSが多かったRGですが、このトールギスはかなり独特なMSなので、どういった機構が取り入れられているのかが気になります。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5354
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム