ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG ガンダムF91 Ver.2.0 その4

MG ガンダムF91 Ver.2.0 @ 2018年5月27日

今日は「MG ガンダムF91 Ver.2.0」の腰フレームの組立を行いました。

MG ガンダムF91
写真は「MG ガンダムF91 Ver.2.0」の脚フレームです。
腰フレームは色々なギミックがあるためか、結構な数のパーツが使われています。

MG ガンダムF91
写真は腰フレームを後方から見たところです。
リアアーマー中央には何やらフックのようなパーツが見えますが...

MG ガンダムF91
ここは写真のように可動して、武器のマウントラックとなります。

MG ガンダムF91
写真は腰フレームを下から見たところです。
この状態から...

MG ガンダムF91
リアアーマーは固定式ですが、フロントとサイドアーマーはほぼ水平まで可動します。

MG ガンダムF91
写真は股関節部分です。
股関節は特に可動ギミックは無く、パイプ状のマウント部となっています。

MG ガンダムF91
さて、この「MG ガンダムF91 Ver.2.0」のサイドアーマーは、左右で構造が違っています。
ということで、左のサイドアーマーは...

MG ガンダムF91
写真のように一部がオープンします。
(ここはサーベルラックになるようです。)

MG ガンダムF91
また、腰の軸は写真のように左右に可動する機構が内蔵されています。
うーむ、ここが曲がるのはかなり珍しいですね。

MG ガンダムF91
MG ガンダムF91
さて、腰フレームに脚部を取り付けるとこんなカンジになりました!

MG ガンダムF91
両脚が繋がったのでポーズを付けてみました。
今回の腰フレームは、初代MG ガンダムF91とは全く異なる構造ですが、外装が付くと見た目は同じになるのでしょうかね?


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5261
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム