ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG ジム(サンダーボルト版) その7

HG ジム(サンダーボルト版) @ 2014年2月18日

今日は「HG ジム(サンダーボルト版) 」の腕部の組み立てを行いました。

HG ジム(サンダーボルト)
写真は「HG ジム(サンダーボルト版) 」の腕部です。
うーむ、肩には4基もノズルが付いているので、ジムにしては高機動そうですね^^;。
そしてヒジ関節は、やはりしっかりとシーリング処理がされています。

HG ジム(サンダーボルト)
写真は「HG ジム(サンダーボルト版) 」の腕部を横から見たところです。
この状態からヒジを曲げると...

HG ジム(サンダーボルト)
ヒジ関節は2箇所が可動するようになっているため、写真のところまで曲がります。
HGでこれだけ曲がれば十分ですね。

HG ジム(サンダーボルト)
これでついに腕まで付きました!

HG ジム(サンダーボルト)
ジムの上半身のアップです。
そういえばこのサンダーボルト版のジムはマニピュレータの成型色が白となっています。これはグレーに塗装が必要か?と思って取説の写真を見たところ、どうやらマニピュレータは白で正解なのでした。でも、マニピュレータ全体が輝く白?というのは、なかなか珍しいですな。

HG ジム(サンダーボルト)
この「HG ジム(サンダーボルト版) 」の肩関節は写真のように水平まで上げることが出来ます。
ちなみに、この状態でなかなか良く出来ていると思うのは...

HG ジム(サンダーボルト)
写真の関節部分の作りです。
腕を曲げて関節が引き出された状態ても、関節部のシーリング処理が途切れている箇所がありません。
これはなかなか凝ってますね!

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4014
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム