ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGAC ウイングガンダム その1

HGAC ウイングガンダム @ 2013年9月24日

さて、今回は今月発売されたキットで「HGAC ウイングガンダム」を作製してみたいと思います。ウイングガンダムといえばMGでは既に色々とキット化されていますが、そういえばHGUC系ではまだキット化されていませんでしたね。

HGAC ウイングガンダム
写真は「HGAC ウイングガンダム」のパッケージです。
パッケージにはバード形態とMS形態の両方の姿が描かれています。

それはさておき、さっそくランナーをチェックしてみましょう!

HGAC ウイングガンダム
ということで写真は「HGAC ウイングガンダム」の全てのランナーです。
見ての通り多色成形のランナーは無いですが、その分細かな色違いのランナーがいろいろ含まれています。

HGAC ウイングガンダム
HGAC ウイングガンダム
写真は白いA1, A2ランナーです。
やはりガンダムといえば白が基本色ですが、このウイングガンダムも白いパーツが一番多くなっています。

HGAC ウイングガンダム
写真は青いBランナーです。
このランナーには胴体や肩アーマーなどの青いパーツが収められています。

HGAC ウイングガンダム
そしてこちらは、赤いCランナーです。
右側の穴の空いた複雑な形状のパーツはシールドのパーツのようです。

HGAC ウイングガンダム
写真は黄色いD1ランナーです。
これでガンダム定番の、白、青、赤、黄の4色が揃いましたね。

HGAC ウイングガンダム
写真は唯一のクリアパーツであるD2ランナーです。
このランナー、なんとパーツは1個しか付いてないのですが、このドーム型の形状から見て、やはり胸のレンズのようなパーツだと思われます。それにしても、昔ならこういう1個のパーツはAランナーに多色成形で付いていましたよね。

HGAC ウイングガンダム
こちらはグレーのEランナーです。
このランナーには、関節や武器などのパーツが収められています。

HGAC ウイングガンダム
最後は、ポリキャップ、ビームサーベル、そしてシールです。
ポリキャップはかなり小型のランナーとなっていてパーツは少なそうです。

ところで、この「HGAC ウイングガンダム」は可変MSですが、パッケージの説明によると

「バード形態への変形を一部パーツの差し替えのみで再現」

と書かれています。うーむ、「一部差し替え」はいいとしてその後ろに「のみ」と付いているのはなんとも奇妙な気がします。変形キットは基本的に
 ・パーツ差し替えナシの完全変形
 ・パーツ差し替えによる変形
の2種類しか無いと思いますが、「一部差し替えのみ」というのは、「ほんの少しだけ差し替えだけど、ほぼ完全変形」と主張したかったのでしょうかね?^^;

 
 
 
HGAC ウイングガンダム
話は変わりますが、このキットには写真のようなチラシが同梱されていました。

HG ALL GUNDAM PROJECT 始動!

というタイトルが目を引きますが、どうやらこれは

これから月一で、HGUCシリーズで主役級ガンダムをリリースしていく

というプロジェクトのようです。チラシ+公式サイトによると
9月 ウイングガンダム
10月 ガンダムダブルエックス
11月 ヴィクトリーガンダム
12月 ガンダムF91
が予定されているようですが、このままいくと∀ガンダムなんかも登場するかもしれません。
そういえばガンダムF91はMGで既にリリースされていますが、かなり小型の機体だったことを覚えています。このままいくと、HGUCでは最小のガンダムになるかもしれませんね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/3892
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム