ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC MSA-003 ネモ まとめ

HGUC ネモ @ 2013年2月16日

ネモは、TVシリーズ「機動戦士Zガンダム」で、登場した量産モビルスーツである。このネモはファーストガンダムで言うところのジムと同じ役回りを持っており、「安い、早い、弱い(;_;)」というイメージがあるのだが、
スペックを見ると

 ガンダムMk-2: チタン合金セラミック複合材
 Zガンダム、ネモ: ガンダリウム合金(ガンダリウムγ)!!

と、なんとネモの装甲は、Mk-2ではなくZガンダムと同等の素材が使われており、人知れずハイスペックな機体だったりもする。

さて、キットのデキはというと
 ・そのグリーンの機体は、アニメでのネモをそのまま再現!
 ・全体的な可動も良好。いろいろなポーズが無理なく取れる!
 ・シールを貼れば色分けはほぼカンペキ!(うまく貼るのは難しいが)
 ・全7個の豊富なハンドパーツが付属。あのポーズも再現可能!

となっている。
このネモをラインナップに加え、ゼータシリーズのHGUCではエゥーゴのモビルスーツは概ね出揃った感がある。ぜひゼータガンダムや百式と一緒に飾ってみることをオススメする!

・塗装必要個所
付属のシールを貼れば、ほぼ設定通りの色分けとなる。
ただし、スラスター部分など、立体的な部分はうまく貼らないといかにもシールっぽく見えてしまうのが難点。
部分塗装が必要そうな場所は
 ・バックパックバーニア内部の赤
 ・足の裏の赤
 ・サイドアーマーの窪み部分の赤
などがある。

・合わせ目は下半身にはほとんど無いが、上半身には普通に存在する。合わせ目があるのは
 ・前腕部中央
 ・肩アーマー
 ・頭部側面
 ・ビームライフル
など。

・武器、付属品
ビームライフル(腰にマウント可)
ビームサーベル(クリアグリーン成型)×2
シールド(伸縮機能あり)
握り手左右、サーベル用握り手左右、ライフル用右手、平手左右

・可動
可動はヒジやヒザなどが90度程度と、可動範囲としては平均的だが、可動箇所自体は多いためトータルではなかなかポージングが取りやすくなっている。過去には関節が180度曲がるキットが多かった時期もあったが、このネモを見ていると1箇所の可動を広げるよりも、可動する点数を増やすことのほうが自然な体勢、ポージングの幅を広げることができるため、自分的にはこの方向性は間違っていないとも感じる。
 ・ヒジ、ヒザは90度程度可動。
 ・肩はボールジョイントで接続、ある程度引き出せる。
 ・股関節は回転機構付き。
 ・脛やつま先部分に可動箇所がある。

■おまけ

○エゥーゴMS勢揃い!

HGUC ネモ
ネモの祖先となるジムIIを一緒に並べてみました。
うーむ、こうして見るとほとんど同じ部分は無いように見えますね。

HGUC ネモ
エゥーゴのMSで、色違いの3体を並べてみました。
左から赤、黄、緑でさしずめ信号機トリオといったところでしょうかね^^;。

HGUC ネモ
そして、TVアニメに登場したエゥーゴのMSの面々がついに勢揃いしました。
後ろ左から
 ・スーパーガンダム(ガンダムMk-II)
 ・リックディアス
 ・メタス
 ・ジムII
 ・ネモ
 ・百式
 ・Zガンダム
と、ここまでくるのに随分と長い月日がかかってしまいましたが、ヨカッタです^^;。
(2002年のリックディアスから11年かかりました。)

では、最後にお約束の...

HGUC ネモ

コマネチ!

では、また次回!

B00AAQ0OSMHGUC 1/144 MSA-003 ネモ (機動戦士Zガンダム)
バンダイ 2013-01-26

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/3707
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム