ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG M1アストレイ その11

HG M1アストレイ @ 2012年7月14日

さて、今日でスミ入れとシール貼りも終わり、ついに「HG M1アストレイ」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HG M1アストレイ
まずは基本の立ちポーズ正面です。
全体的な白に、炎のような濃い赤がなかなか映えますね。

HG M1アストレイ
HG M1アストレイ
「HG M1アストレイ」立ちポーズサイドビューです。
腰にさした対艦刀は、かなりの長さがあります。
(地面にはつかない程度の程よい長さです)

HG M1アストレイ
「HG M1アストレイ」立ちポーズリアビューです。
バックパックはエールストライクガンダムのものと同じく、かなり大型のものとなっています。

HG M1アストレイ
頭部付近のアップです。
取説によると、機体番号は3人のパイロットの211~213が紹介されていますが、今回は213番を選択しました。

HG M1アストレイ
HG M1アストレイ
71式ビームライフルを構えたところです。
このビームライフル、連合の技術を使っており性能は連合に配備されたものと同等ということです。

HG M1アストレイ
HG M1アストレイ
こちらはビームサーベルを構えところです。
このビームサーベル、組立前はビームサーベルの刀身が短いような気がしていましたが、実際に持たせてみるとそんなに違和感はありません。

HG M1アストレイ
でも、やはり持たせるなら写真の対艦刀の方でしょう。
ということで、腰の対艦刀に右手をかけて...

HG M1アストレイ
ズバッと抜くとこんなカンジになります。

HG M1アストレイ
HG M1アストレイ
HG M1アストレイ
対艦刀両手持ちです。
そういえば、今この記事を書いていて、気がついたのですがビームサーベルとシールドはセットにして、バックパック下方の左右の穴にマウントできるようです。
(二刀流時にはビームライフルとシールドは、バックパックに付けるのが正解のようです。)

さて、この「HG M1アストレイ」ですが、昔作製したSEED HGよりは色分けや可動は進歩しているようです。ただし、もちろん最近のHGUCなどと比べるとちょっと物足りない部分もあります。まあでも、SEEDの旧キットもリニュール発売されているので、他のキットとのバランス上これぐらいで止めてある?のかもしれませんが...。それにしても、いつの時代もノーマルHGとHGUCでは、埋められない(ワザと埋めない?)差があると感じでしまうのは気のせいでしょうかね?


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/3524
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム