ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG RX-78-2 ガンダム Ver.G30th その9

HG ガンダム Ver.G30th @ 2009年7月20日

 今日は「HG ガンダム Ver.G30th」の残りの武器類の作成を行いました。

HG ガンダム Ver.G30th
写真は「HG ガンダム Ver.G30th」に付属している、ハイパーバズーカとガンダムハンマーです。

HG ガンダム Ver.G30th
ハイパーバズーカは、写真の弾倉部分もちゃんとディテールが再現されています。また、全体的にはモナカ割の構造になっている(-_-;)ものの、砲身の先端と後端のみ円筒形の別パーツとなっているので、多少は合わせ目が目立たない構造になっています。

HG ガンダム Ver.G30th
そして、こちらはHGUCのキット以来、1/144スケールで初めて付属することになったガンダムハンマーです。
このガンダムハンマーは、スパイクは先端の1個を除いて全てが別パーツとなっています。(同じパーツが8個あるので、根気よく取り付けましょう^^;)また、チェーンは金属性となっていて重量感があるのがなかなか良いです。

HG ガンダム Ver.G30th
ということで、ハイパーバズーカをガンダムに装備してみました。
肩にバズーカが、うまく乗っかるのがなかなかいいカンジです。

HG ガンダム Ver.G30th
今度は、ガンダムハンマーを持たせてみました。
と、ここで気になることが一つ...。
この「HG ガンダム Ver.G30th」は、マニピュレータとしては
 ・握り手左右(握り部分に穴が開いていない)
 ・握り手右(握り部分に穴が開いている。サーベル用)
 ・ライフル&バズーカ用右手(人差し指が突き出している)
と、計4個付いているのですが、左手は握り部分に穴が開いていない握り手タイプのマニピュレータが1個しか付いていません。うーむ、これではガンダムハンマーのチェーンを両手で持つポーズを取ることができないではありませんか...(-_-;)
(ということで、写真では片手でハンマーの端っこを持っています。)

HG ガンダム Ver.G30th
上の写真を後ろから見たところです。
ハイパーバズーカは写真のようにお尻にマウントすることが可能となっています。

HG ガンダム Ver.G30th
最後に、左手でチェーンを持つのがムリなので、チェーンを腕に巻きつけて両手持ちっぽいポーズを取ってみました^^;。
お台場のガンダムもきっとガンダムハンマーを持たせたらさらに大迫力になるに違いない...。
(↑ちょっと空想。ただ、実スケールならハンマーの直径はいったい何メートルになるのでしょうね?見上げると壮観そうですが...。でもハンマーの真下はキケンなので、立ち入り禁止ということで...^^;)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/2573
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム