ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG RX-78-2 ガンダム Ver.G30th その8

HG ガンダム Ver.G30th @ 2009年7月18日

 今日は「HG ガンダム Ver.G30th」の武器類の作成を行いました。

HG ガンダム Ver.G30th
写真は「HG ガンダム Ver.G30th」に付属している、ビームサーベルです。
ビームサーベルは、持ち手が2つと刀身付きが1本付属していますが、刀身が白の一体成型というのはちょっといただけません。
ちなみにサーベルの刀身はHGUCはクリアパーツだったので、サーベルはHGUCのものを流用するのがいいかもしれませんね。

HG ガンダム Ver.G30th
HGUC(下)とVer.G30th(上)のサーベルを並べて見ると、かなりディテールが異なっています...。(というか、これはほとんど別物ですね。)

HG ガンダム Ver.G30th
さて、ビームサーベルをランドセルに装着してみました。これで、お台場のガンダムとほぼ同じ仕様になったというわけですね^^;。

HG ガンダム Ver.G30th
ビームサーベルをランドセルから抜くポーズを再現してみました。
本当はランドセルのサーベルに手をかけるポーズを再現したかったのですが、手がそこまで届かないのでこのポーズでガマンです^^;。

HG ガンダム Ver.G30th
で、ビームサーベルを持たせると写真のようになります。
ただ、やはり刀身が白いのはかなり違和感がありますね。

HG ガンダム Ver.G30th
さて、お次はガンダムの標準装備である、ビームライフルとシールドです。
シールドはお馴染みのデザインですが表面にいろいろなモールドが追加されています。
また、HGUCでは色分けされていなかった、ビームライフルのスコープ部分がちゃんと黄色いパーツで色分けされているのはGood!です。

HG ガンダム Ver.G30th
写真はシールドの裏側です。腕へのマウントは写真のグレーの突起で行う非常にシンプルな作りとなっています。
また、この突起部を回転させるとシールドをランドセルに装着することができます。

HG ガンダム Ver.G30th
HGUC(上)とVer.G30thのシールドを並べてみました。
と、こうしてみるとVer.G30thのシールドのほうが長くてスマートなフォルムであることがわかります。(並べるとHGUCのシールドが太く短く見えます^^;。)

HG ガンダム Ver.G30th
また、ビームライフルはVer.G30th(上)のほうがHGUC(下)に比べて、フォアグリップが大型化しているようです。

HG ガンダム Ver.G30th
ビームライフルとシールドを装備してみました。
やはりこのポーズがガンダムでは一番多く見かけます。

HG ガンダム Ver.G30th
ビームライフルを構えたところです。
HGUCに比べると肩アーマーがよく可動するようになったので、こういう腕を左右に突き出すポーズがより自然に決まるようになったような気がします。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/2572
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム