ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG セラヴィーガンダム その3

HG セラヴィーガンダム @ 2008年12月 2日

今日は「HG セラヴィーガンダム」の脚部を作製しました。

HG セラヴィーガンダム
写真は「HG セラヴィーガンダム」の脚部です。
おお!さすがにバーチェさんの後継機だけあって、脚がとても太いです。そして、黄色い部分もきちんと色分けされているのはなかなかGood!です。

さて、ヒザの部分の黒いところですが...

HG セラヴィーガンダム
これはGNキャノンで写真のような構成になっています。

HG セラヴィーガンダム
そしてこのGNキャノンはポリキャップで接続されているので、写真のように前方に向けることができます。
ちなみに発射口は、メタリックグリーンのシールの上に、クリアパーツを被せる構造になっていて、なかなか凝った作りになっています。

HG セラヴィーガンダム
さて、気になるヒザの可動範囲はというと...

HG セラヴィーガンダム
意外と可動範囲は広いです。うーむ、さすが新型のHG...^^;

HG セラヴィーガンダム
HG セラヴィーガンダム
写真は、脚部の内部構造です。ふむふむ、こんなふうになっているのか...。

HG セラヴィーガンダム
足先と脚部をドッキングしたところです。
(脚先の上の関節は前回の写真ではコメントでのご指摘の通り、前後逆に取り付けておりました^^;)

HG セラヴィーガンダム
脚を前後にしてポーズを取ってみました。
ヒザの可動に比べると、さすがに足首の可動は構造上あまり広くなさそうです。

HG セラヴィーガンダム
キャノン砲展開状態です。
確かアニメではこの砲身の先端から隠し腕が出てましたが、ここから拳が出てくるとなるとかなり不思議な構造ですね。うーむ、いったいどうなっているのか...。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/2369
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム