ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム その9

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム @ 2008年2月13日

 さて今日は「HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム」をMSから飛行形態に変形してみましょう~。

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
まずは変形にために、リニアライフルとディフェンスロッドをはずしておきます。(ディフェンスロッドは飛行形態ではどこにも付かないようです。)

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
次に写真では分かりにくいですが、肩の関節を外側に伸ばします。(これで肩の可動範囲が広がります)

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
次に腰から下を写真のように後ろ側に曲げます。

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
そして上半身を腰の上に乗せて、腕を写真の位置にします。このとき、頭部は胸の奥に押し込み、これにより胸部の可動がロックされます。

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
最後に、リニアライフルを頭部の上に被せて変形は完了です。これで無事に飛行形態(フライトポジション)になりました。

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
主翼を後ろ斜めにすると、高速飛行形態になります。うーむ、アメリカの某戦闘機みたいですね^^;。

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
機首付近の写真です。機首にはリニアライフルが装備されているので、このまま攻撃可能のようです。しかし、別に顔は隠さなくてもいいような気もします。

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
後ろから見たところです。足先の片側の踵だけ尾翼のようなパーツを立てているのが芸が細かいです^^;。

HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
最後に、このフラッグカスタムは飛行形態のままでも写真のように自立することができます。
可変MSは、ちょっと変わった状態になるので結構面白いですね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/2106
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム