ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC RGM-79 パワードジム その10

HGUC RGM-79 パワードジム @ 2006年9月 3日

今日は「HGUC パワードジム」の残りの装備の作製を行いました。

HGUC パワードジム
写真は、「HGUC パワードジム」に付属しているハイパーバズーカと、ビームサーベルです。
ビームサーベルは刀身がピンク色のクリアパーツとなっていて、形状はHGUCガンダムのものと同じようです。ちなみに、ビームサーベルの刀身は2本付いていますが、持ち手は1本しかありません。このあたりやはりジムですね^^;。(コスト優先?)
さて、ハイパーバズーカですがこれは名前は同じですが、どうみてもガンダムが持っていたそれとは形状が違うような気がします。

HGUC パワードジム
ということでHGUCガンダムのハイパーバズーカと並べてみました。
うーむ。こうしてみると、

「同じハイパーバズーカと言ってもあきらかにガンダムのもののほうが大きいです」

これについて調べてみたところ、ハイパーバズーカは1年戦争のものと、デラーズ紛争以降のものの2タイプあるようで、
・どちらも口径は380mmでサイズは同じ
・パワードジムの方は、弾倉が交換可能
ということです。でもどうみても砲身の太さがかなり違うんだけどなぁ...。

HGUC パワードジム
さて、ハイパーバズーカを持たせてみました。ちゃんと肩の上に乗せられるようになっています。

HGUC パワードジム
また左手は平手になっているので、写真のように肩にかついだ状態で両手持ちができます。
「よっこらっしょ!っと...(ああ、重たい)」

HGUC パワードジム
ビームサーベルは写真のようにバックパックに収納することができます。当然ですが、この位置にビームサーベルがあると、

「抜くポーズができるのか?」

を試して見たくなるのが人情というものです。ということでさっそく実験!

HGUC パワードジム
結果、ちゃんと抜くポーズを取ることができました。ヨカッタ(^^)!

でも、ちょっとだけ問題が...というのも
ビームサーベルは左に付いているのですが、左は平手しか付いていません。ということで、抜くときのポーズのみ平手で再現可能ですが、サーベルを持つことができるのは右手だけなので、抜いた後の途中のポーズは再現できません...。

HGUC パワードジム
ということで、ビームサーベルを持たせてみました。もちろんサーベルを持っているのは右手でーす。
でも、アニメではガンダムは右手で右側のサーベールを抜いていたと思いますが、パワードジムの場合は、右手で左側のサーベルを抜いていたんでしょうかね?なんか使いにくいと思うけど...。

さて、これで後はスミ入れと部分塗装を残すのみとなりました。あとちょっと頑張ろうっと(´・ω・` )。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1570
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム