ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC RGM-79 パワードジム その3

HGUC RGM-79 パワードジム @ 2006年8月27日

今日は「HGUC パワードジム」の脚を作成しました。

HGUC パワードジム
写真が「HGUC パワードジム」の脚です。
うーむ、腿の部分の合わせ目はちょうどパネルラインのようになっていてMGのように目立たなくなっています。そしてスネの部分は、側面に合わせ目があるものの、通常のHGUCが正面中央に合わせ目のラインがあるのに比べて随分と目だたなくなっています。これなら確かに、合わせ目は目立たず自分的には許容範囲です。なかなかやるなバンダイ!

さて、「HGUC パワードジム」は実は写真にさらにヒザの部分にオレンジ色の強化パーツ?が付くようになっているのですが、これはもっと後で取り付けたいと思います。というのも

「強化前のジムがどんなだか見てみたい気がするから」

です。^^;
で、パワード装備?を付けるとどれぐらい強くなったように見えるのか!!逆に付けないとどれぐらい弱そうに見えるのか。コレは非常に気になるところです。

HGUC パワードジム
強化といえばパワードジムのヒザには写真のように、「ショックアブゾーバー」が内蔵されていて、この機構をテストするのもこのパワードジムが作られた目的になっているとのことです。ちなみに設定ではこの部分はグレーで塗装するようです。が、オレンジのパーツを付けると見えなくなるのでサボるのも手か...。

では、ヒザの可動がどうなっているのかさっそく確認してみましょう~♪

HGUC パワードジム
写真はパワードジムのヒザ関節の内部構造で、2重関節になっていることが分かります。(片側のパーツを外してあります。)これを曲げると...

HGUC パワードジム
おー!ジムなのに関節が180度近くまで曲がります(^^)。さすが2重関節!
と思ったのもつかの間...

HGUC パワードジム
パーツを全部はめると写真のようにパーツが干渉するので、可動が写真のところまで制限されてしまいます。うーん、残念っ!でも、これでも120度くらいは曲がるので、ジムとしては上出来です。

HGUC パワードジム
ということで、定番の「立ちヒザのポーズ」ができそうかを試してみました。
普通のHGUCジムでは到底不可能だったこのポーズができるのはなかなか進化をカンジさせます。

といいつつ、さきほどジムコマンドのヒザの可動を確認したところ、パワードジムとほとんど同じであることがわかりました。なーんだ...(-_-;)。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1563
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム