ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

PG RX-78-2 ガンダム その7

PG RX-78-2 ガンダム @ 2006年7月17日

今日はPGガンダムの胸フレームを作製しました。

PG ガンダム
PG ガンダム
写真はPGガンダムの胸フレームです。
写真のとおり、このPGガンダムの肩付近は、フレームの内部にさらに内部構造があるという仕組みになっています。
PG ガンダム
ということで、肩のカバーになっているパーツをはずしてみました。
内部には肩の可動を行うシリンダーパイプが内蔵されています。たしかMGではここまでは再現されていませんでした。さすがPG!

PG ガンダム
このシリンダーパイプは写真のように多少可動するようになっています。が、大きくは可動しません^^;。
まあ、フレームのスキマから見える、メタリックのシリンダーを見て喜ぶのが正解なんでしょうね。

PG ガンダム
さてこの胸部フレームのもう一つのポイントは、胸のダクトのフィンがそれぞれ可動するということです。写真は左が、フィンを閉じたところ、右が開いたところです。

PG ガンダム
この胸のダクトは写真のような構造になっています。フィンはそれぞれ別部品、そしてそれを連結して可動させる部品があることがわかります。

PG ガンダム
さて、コアブロックの上に胸のフレームが付きました。
だんだんデカクなってきましたが、頭が乗るまであと一歩です。

PG ガンダム
PGガンダムの胸フレーム付近拡大写真です。
外装を被せてしまうのがもったいないくらい良く出来ています。しかもこれが随分前のキットとは...。
そういえばこのPGガンダムの取説には

 RX-78-2 GUNDAM Ver1.0

と書いてありました。ということはそのうち、Ver2.0とかが出る可能性もあるのでしょうか?
このPGガンダムを今の技術でリファインしたらきっとスゴイことになるのでしょうね...。
ちなみに、このPGガンダムは1998年に発売なので、2008年くらいにPG10周年でPGガンダムVer2.0が発売されないかな。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1524
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム