ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG YMS-15 ギャン その13

MG YMS-15 ギャン @ 2006年6月 6日

今日は「MG ギャン」の腰部の外装の取り付けを行いました。

MG ギャン
写真が「MG ギャン」の腰部の外装パーツです。
フロントアーマーはもちろん左右独立可動、そしてリアアーマーは固定式となっています。

MG ギャン
アーマーの裏側はもちろんモールド入りとなっております。アーマーの裏側は普段は見えないので、スミ入れの練習にもってこいです^^;。

MG ギャン
さて、組み立てていて

「コレはいったい何(´・ω・`; )?」

と思ったのは、腰の前につくこの円筒形の部品です。これは取説によると

「流体パルスアクセラレーターで、余剰のエネルギーを一時的にここに溜めておいて、必要になれば各アクチュエーターにエネルギーの供給を行い、結果レスポンスを向上させる」

のだとか...。うーむ。簡単に言えば一時的に電気を溜めておくコンデンサのようなものなのでしょうかね?
ちなみに円筒形でこんな外側に付いているのは、攻撃で破損した場合にイジェクトし、機体の損傷を防ぐためらしいです。まあ、エネルギーを溜めているので一種の爆弾みたいなものということでしょう。
しかし、ギャンにこんな秘密があるとは全然知りませんでした。

と、うんちくはここまでにして外装を取り付けてみましょう。

MG ギャン
「MG ギャン」の腰フレームに外装を取り付けると...

MG ギャン
こんなカンジになります。腰の真ん中に例のなんちゃらアクセラレーターが付いております。

MG ギャン
後ろから見るとこんなカンジ。
スカートの大きさは、ドムほどはないので中ぐらいでしょうか。

MG ギャン
全体はこんなふうになります。

MG ギャン
写真は「MG ギャン」の、アーマーを限界まで上に上げたところです。リアアーマー(スカート?)は固定式なので可動しないとして、それ以外は大体90度まで上に上げることが出来ます。でも、この写真って...なんとなくスカートがめくれているようなカンジがしますね(-_-;)。

MG ギャン
腰アーマーが割と可動するので、脚もよく動かすことができます。ということで横蹴りしてみました。
「とりゃっ!!」

MG ギャン
さて、スカートと言えばドムを思い出します。そしてドムのスカートの中には大きなバーニアが内蔵されていて、その高機動性を支えていましたが、ギャンのスカートの中は...。うーむ。バーニアとか付いている様子はありません。やはり機動力はザクに毛が生えた程度だからなのでしょうね...。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1482
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム