ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG YMS-15 ギャン その5

MG YMS-15 ギャン @ 2006年5月29日

 さて、今日は「MG ギャン」の腰フレームを作成しました。

MG ギャン
写真が「MG ギャン」の腰フレームです。
この腰フレームの特徴はなんと言っても、左右が独立して可動する股関節の可動軸です。

MG ギャン
写真の状態から股関節が...

MG ギャン
このようにスウィングします。ガンダムMk-2 Ver2.0でもこのスウィング機構は付いていましたが、左右が独立して動くようになっているのでさらなる進化をとげています。

では、この部分の仕組みを見てみましょう~♪

MG ギャン
写真が左右独立して可動する「MG ギャン」の股関節です。中央の部品で左右のパーツが結合されそれぞれが独立可動するようになっています。

MG ギャン
腰の中にはこんなカンジで納まります。

MG ギャン
ちなみに、股関節のスウィングは写真のように溝のようなストッパーが付いているので、前後で「カチッ」と止まるようになっています。これで、股関節がユルユルになる可能性も少なそうですネ。

さて、では腰に脚を取り付けてみましょう。

MG ギャン
ということで、「MG ギャン」の腰までがつながりました。

MG ギャン
つま先を接地したまま、立ちヒザポーズをしてみました。
うーむ。これはマサに

超可動!

MG ギャン
股関節はボールジョイントでかなり外側に開くこともできるようになっています。ということで、立ちヒザで股を開くことも可能です。

MG ギャン
もちろん、正座だってできちゃいます。正座は日本人の心~^^;

MG ギャン
最後は、なぜか最近恒例のガニマタポーズだっ!
って、この「MG ギャン」は、つま先立ちができるので、なんとなくバレリーナーのようなポーズが取れてしまいます。これは完成したら、踊らせてみないと...(-_-;)

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1474
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム