ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG MSA-003 ネモ まとめ

MG MSA-003 ネモ @ 2006年2月19日

 ネモはZガンダムで、エゥーゴ側の量産モビルスーツとして登場した機体である。ということでこのネモはファーストガンダムで言うところのジムと同じ役回りを持っており、ガンダムタイプのモビルスーツが少数精鋭の高性能機であるのに比べて、「質より量で勝負!」というのがピッタリくる。となるとイメージは、

「安い、早い、弱い(;_;)」

となるのが普通であるがこのネモは一味違って、ガンダムファクトファイルによると

 ガンダムMk-2: チタン合金セラミック複合材
 Zガンダム、ネモ: ガンダリウム合金(ガンダリウムγ)

と、なんとネモの装甲は、Mk-2ではなくZガンダムと同等の素材が使われていたりして、なかなかあなどれない存在なのであります。(今知りました^^;)

 そして、この「MG ネモ」はキットとしては、「MG ガンダムMk-2 Ver2.0」での改良を引き継いでおり、デキとしてはVer2.0にふさわしい作りとなっている。特に合わせ目の少なさ、部分塗装の少なさのおかげで、時間のないお父さんには最適なキットである。アニメの劇中では、印象の薄いネモであったが、意外や意外、ガンプラとしてはオススメできる良作であるといえよう。
ぜひ、ガンダムチームの横にひっそりと...飾ってあげて下さい。


・塗装必要個所
塗装が必須なところはほとんどない。そのままでもほぼ設定通りを再現!
細かなところでは、
 ・各スラスター内部のグレー
 ・頭部のバルカン、頭部後ろのレッド。
 ・背中のバーニア中央のグレー。
 ・ビームライフルセンサー部(ピンク)
 ・フィギア
くらいが塗装が必要なだけである。

・パーツ分割が工夫されているため、合わせ目けしはほんど必要ない。
合わせ目消しが必要なのは
 ・頭頂部
 ・ビームライフル
 ・(気になるなら)ヒザ関節パーツ
くらいである。


・武器、付属品
ビームライフル(腰にマウント可)
ビームサーベル(クリアグリーン成型)×2
シールド(差し替えなしで伸縮!)
パイロットフィギュア(座りポーズ&立ちポーズ)


・可動
 さすがにこのネモはガンダムMk-2 Ver2.0の技術を引き継いでいるだけあって、非常に広い可動範囲を誇る。特徴としては、
 ・ガンダムMk2 Ver2.0ではできなかった腰をひねることができる。(ネモ偉い!)
 ・股関節に前後へのスウィング機構を搭載
 ・ヒジは2重関節で180度近く可動。
 ・大きな肩アーマーは意外と可動範囲が広い作り
 ・指は切り離せば5本とも独立可動!
などが上げられる。ただ量産機ということもあってかMk2にあった
 ・外装が前後にスライド
 ・腿の回転軸
は省略されているのがちょっと残念ではある。(腿に回転軸があると面白いポーズが取れるのですが...。)しかし、ヒジ、ヒザともに充分な可動があるので、どんなポーズでも大丈夫!
なお、心配していた股関節のスウィング機構のヘタリは、今のところユルクなることもなく大丈夫そうである。(Mk-2では既にユルクなってます(;_;))


■おまけ

MG ネモ
Zガンダムチーム + ネモ 勢ぞろい。
ぜひ一緒に飾って上げてください。ひっそりと...

MG ネモ
みんなでビームライフルを構えてみました。
あれっ?ネモはなんか皆より背が低いですね。

最後に、機体が緑といえば、マッチするのはやっぱりあれダー(・∀・)


MG ネモ
ということで、全身緑で相性ピッタリなケロロ軍曹なのでありました。


1/100 MG MSA-003 ネモ1/100 MG MSA-003 ネモ

バンダイ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1378
コメント

>オカズさん
 MGはパーツ数は多いですが、説明書通りに組み上げるだけで誰でもかなりきれいに作れるキットです。

 とりあえず、パーツの切りはなしのための模型用ニッパーとゲート処理(ワクとパーツをつないでいる部分を切った後にきれいにする事)のためにヤスリ(爪切りのヤスリでも代用できます)と紙ヤスリ(タミヤのフィニッシュペーパー400番600番1000番のセットで十分)を用意して、説明書を良く読みながら、パーツ1つ1つをていねいに仕上げてゆけば必ずかざっておける程度にはきれいに作れると思います。
 コツは、完成を急がないことですね。
 最初から1週間以上かけるつもりで、根気よく仕上げていけば塗装も改造もしなくてもかなりかっこよく仕上がりますよ。

 ちなみに、さらにワンラックアップを目指すなら、ガンダムマーカーの墨入れようの物を購入してきて、装甲のモールド(スジ)を黒くしてやると、グッとかっこよくできます。

 あとは、スーパークリヤー(ツヤ消し)やトップコート(ツヤ消し)などのツヤ消し透明スプレーを吹き付けてやれれば全面塗装をした見たいな綺麗な質感が得られます。

 とりあえず、ニッパーとヤスリだけでもかなり綺麗に仕上がりますよ。

梅安 @2006年2月20日 01:28
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム