ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG RX-178 ガンダムMk-Ⅱ Ver2.0 その6

MG RX-178 ガンダムMk-Ⅱ Ver2.0 @ 2005年10月24日

今日は「MG ガンダム Mk-Ⅱ Ver2.0」の胸部を作成しました。

MG ガンダムMk-Ⅱ 6-1
写真は「MG ガンダム Mk-Ⅱ Ver2.0」のコックピットです。中にはパイロットもちゃんと座っています。もちろん、パイロットのあなたはカミーユさん~♪
さてこのガンダム Mk-Ⅱのコックピットは見ての通り球体ですが
 ・360度モニター内蔵なのでこんな形に!
 ・ピンチの時にはこのポッドごとパイロットが外に射出される
ということで、こんな形状になっているようです。そういえば、ゼータガンダムのモビルスールはリックディアスなどもコックピットが球体になっていましたね。たしか、エマさんがポッドで脱出していたシーンがあったような気が...。

MG ガンダムMk-Ⅱ 6-2
このコックピットは写真のように「MG ガンダム Mk-Ⅱ Ver2.0」の胴体中央に格納されます。

MG ガンダムMk-Ⅱ 6-3
で、上のパーツを被せるとほらこの通り。
外から見ると、コックピットが球体になっていることはほとんど分からなくなります。
またコックピット下のポリキャップはおそらく、開閉式のハッチが付くものと思われます。
それはそうと、なんでコックピットは赤なんでしょう?ナゼにこんな派手な色?どうせ隠れて見えなくなるのに...。もしかして、ガンダム Mk-Ⅱを設計した技術者のコダワリ?ってもしかしてカミーユの父ちゃん?

MG ガンダムMk-Ⅱ 6-4
胸部を取り付けた「MG ガンダム Mk-Ⅱ Ver2.0」全体像はこんなカンジになります。
なかなか胴体が細くてスマートに見えますネ。
なお、取説の通り、胸の上の丸い部分と、腰のジョイントと思われる部分は、ガンダムマーカーのゴールドで塗装してみました。ちょっとの手間でなかなかゴージャスに見えます。

MG ガンダムMk-Ⅱ 6-5
さて、「MG ガンダム Mk-Ⅱ Ver2.0」の肩関節は写真の所まで上に可動するようになっています。これでビームサーベルを抜くようなポーズもバッチリできそうです。ところでですが...
腰の動きに関してコメントをいろいろいただきました。
 ・あと、腰回転殆ど出来ません ぱちらーさん談
 ・只腰の動きが・・・^^; ホウセイさん談

で、やっぱり腰はほとんど回転しません(;_;)
というか実は上の写真では腰を限界まで回転させているつもりなのですが...
回転していることが肉眼では識別できません。おかしいなー。接続部は球体のポリキャップを使っているのに...。これはやはり、ストライクフリーダムの呪いなのか...。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1260
トラックバック
2005年10月25日 08:53
今週は夜勤。朝から布団に入っていられるのは嬉しいけど(ry ななみです。 さて、ガンプラ制作のきっかけになったモビルスーツ「マスターグレー...
ヲタ日記
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム