ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG MS-14S シャア専用ゲルググ ONE YEAR WAR 0079 まとめ

MG MS-14S シャア専用ゲルググ ONE YEAR WAR 0079 @ 2005年6月 8日

このMS-14Sシャア専用ゲルググVer0079は、ゲーム「機動戦士ガンダム 一年戦争」で登場する、シャア専用ゲルググをガンプラで再現したものである。ただしこれは

「ガンダムVer0079とは違って、カラーのみの変更(・A・)」

なので「ガンダムと同じで大きく進化?」とか勘違いしないように。
(パッケージにちゃんと「シャア専用ゲルググの成型色変更商品です」と書いてあります)

特徴としては
・足の内部フレームがかなり細かく再現されている。外装をかぶせるのがもったいない!
・色分けはカンペキで無塗装派にはウレシイ親切設計。
・頭部のアンテナは、アニメタイプとリアルタイプの2種類が付属。
・パイロットが「赤い彗星のシャア」である。これだけでポイントは3倍!
などがあげられる。

が、欠点として
・可動範囲がMGとは思えない狭さ。(HGUCのゲルググJのほうが良く動く。)
・間接の保持力が弱く、シールド、ビームナギナタが共にまともに保持できない

と、可動および保持に関しては大きく問題を抱えるキットである。
ただし、プロポーションは良好であり、ガシガシ動かして遊ぶのではなくディスプレイモデルと割り切るなら割とよい出来栄えである。ちなみにHGUCでは発売されていないキットなのでシャア専用ゲルググが欲しい場合はこれしか選択肢がない(-_-;)。

・塗装必要個所
 シールドの裏側、ビームライフルスコープ部。
シールドの裏側は塗装必須かつ面積が大きいのでムラになりやすいので注意。

・合わせ目けし
 頭部、ビームライフル。
 
・武器、その他
 ビームライフル、シールド、ビームナギナタ(刃は2種類)
手は、可動するもの、握り手、平手の3種類。

・可動
 足の可動範囲はMGとは思えないほど狭い。特に、スカートが全く可動しないため、モモがほとんど上げられない。腕の可動範囲は標準的であるが、ポリキャップの保持力が小さいので、シールドを
保持することが出来ないので、シールドは背中にマウントする必要がある。(残念っ!)
可動、保持力ともに非常に問題のあるキットなので、あまり動きのあるポーズはさせずにディスプレイするのがよいと思う。(基本の立ちポーズでディスプレイを推奨。武器はビームライフル)

シャアゲルググファンとしてはぜひバンダイさんに
・スカート部分を可動式にして足の可動範囲を広く。
・間接の保持力強化
・マニュピレーターのフル可動
・頭部フレームをカッコ良く
した

「シャア専用ゲルググVer1.5 の発売を強く希望します」

ぜひVer1.5で

「ガンダムの3倍!」

可動するようなモデルにしてください。ぜひっ!

MG MS-14S ゲルググ(ゲームカラー)
B0009FHUHM
バンダイ
売り上げランキング : 610

おすすめ平均 star
star淡い色合いに・・。
starなんだかな~

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■おまけ

ガンプラ MS-14S シャア専用ゲルググ Ver. ONE YEAR WAR 0079

アムロ VS シャア
やはり男たちは戦わなければならないのかっ!

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1120
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム