ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HG ケルディムガンダム その1

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月12日

 さて、HGダブルオーガンダム、セラヴィーと来たらアニメでの登場順を考えるとやはり次はこの...

HG ケルディムガンダム
「HG ケルディムガンダム」を作らないといけません。ソレスタルビーイングのガンダム4機はなんとなく揃えてみたくなるのが人情です。(ナドレさんみたいに、あと+1機なにか出るのは期待してたりしますが^^;)

では、さっそくパーツをチェックしてみましょう!

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の全てのランナーです。
ランナー数にしてポリキャップ込みで4枚とかなり少なくなっていますが、その分1枚のランナーにはかなり多めのパーツが付いています。そしてやはり箱はかなり薄型になっています。(地球にやさしいパッケージですかね?)

HG ケルディムガンダム
写真は多色成型のAランナーです。
うーむ、多色成型といっても白いパーツが多いような気が...。

HG ケルディムガンダム
と思ったら、実はランナーの3割ほどは写真のクリアパーツで構成されています。
HGでここまでクリアパーツが多いのは珍しいですね。

HG ケルディムガンダム
写真はグレーのBランナーです。ここは関節やら武器やらいろいろなパーツがセットされています。

HG ケルディムガンダム
そして、こちらはマニピュレータですが、セラヴィーさんとは違ってちゃんと平手も用意されている模様です。

HG ケルディムガンダム
グリーンのCランナーです。
右のほうには同じ形のパーツがたくさん付いていますが、これが噂のシールドビットのパーツでしょうか...。

HG ケルディムガンダム
最後はポリキャップとシールです。
シールは2種類付いていますが、右側のちょっと変わったピンク色のシールはあまり見たことがありません。いったいどこに使うのやら...。

さて、デュナメスはマントのようなシールドが特徴的でしたが、このケルディムは防御面がどのようになっているのかがちょっと気になります。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その2

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月13日

さて、今日から「HG ケルディムガンダム」の作製開始です。まずは足先から...

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の足先のパーツ(片足分)です。
パーツ数はポリキャップを入れて4つとなっています。

HG ケルディムガンダム
足先を組み立てたところです。
うーむ、かかとから飛び出ている棒のようなものは一体何なんでしょうね?

HG ケルディムガンダム
と思ったら、この棒のような部分は写真のように地面に接地するところまで可動するようになっています。と、いうことはコイツは射撃時に体勢を安定させるための機構に違いない...。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の足先の裏側です。
ここを見ると中央の前後に細長いモールドがありますが、これももしかしたら、地面をガッチリと掴むための爪のようなものなのかもしれませんね^^;。

HG ケルディムガンダム
最後に、足先をダブルオーガンダムのものと比べてみました。
足のサイズはほぼ同じですが、横幅がケルディムさんのほうがかなり広くなっています。(やはり安定性重視?)

ということで、スナイパーであるケルディムさんの足は、狙撃時に体勢を安定させるためにいろいろ工夫がされているようです。なるほど!


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その3

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月15日

今日は「HG ケルディムガンダム」の脚部を作製しました。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の脚部です。
前から見るとヒザのパーツがまるでシールドのようにデカイです。ちなみにシールドみたいと思ったら、実際にこれはシールドビットと同じパーツがヒザに付いているようです。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の脚部を横から見たところです。
ヒザ関節の丸い部分は、グリーンのシールを貼った上にレンズ状のパーツを取り付けるようになっています。
さて、では気になるヒザの関節をチェックしてみましょう。

HG ケルディムガンダム
ということで、写真はヒザを限界まで曲げたところです。
と、これはHGにしてはかなり曲がります。またヒザアーマー(シールドですね^^;)はヒザの可動と連動して動くようになっています。さらに、このケルディムさんはヒザ以外にも足首付近に関節があることがわかります。

HG ケルディムガンダム
足首部分を逆向きに曲げてみました。
これだけ可動部があれば、かなり幅広いポーズがとれそうです...。

HG ケルディムガンダム
HG ケルディムガンダム
ヒザ部分の内部構造です。非常にシンプルなのにいろいろと工夫がされているのはなかなかです。

HG ケルディムガンダム
脚部を足先とドッキングするとこんなカンジになります。
うーむ、やはりヒザのシールドが大きくて目立ちます...。

HG ケルディムガンダム
脚部を前後に動かしてみました。これをみると後ろに曲がるのはもちろん、前方向にも結構曲がるようです。

HG ケルディムガンダム
ヒザのシールドがデカイので、写真のようにこれを台座?にしても安定感バツグンです!^^;
いやぁ、これは何かのオブジェみたいですな...。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その4

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月16日

今日は「HG ケルディムガンダム」の腰部を作製しました。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の腰部です。
うーむ、中央部が赤くなっている以外他はすべてグリーンですね。ちなみに、フロントアーマーは左右が一体成型ですが、中央部を切り離せばちゃんと左右で独立可動にすることができます。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の腰部です。
お尻の部分にポリキャップがありますが、これはきっとあのシッポのようなものが付くに違いない...。

HG ケルディムガンダム
こちらは腰部を下から見たところです。
フロントとサイドアーマーは上下に可動、そしてリアアーマーは固定式になっています。さて、股関節の軸の部分は...


HG ケルディムガンダム
こんなふうに前後に回転するようになっています。そしてさらに...

HG ケルディムガンダム
上下方向にも回転するようになっています。これで下半身が傾いても上半身を安定させて狙撃に専念することができますね^^;。

HG ケルディムガンダム
腰に脚部を合体するとこんなカンジになります。
こうしてみると、面積的に緑色のアーマー部分がかなり多いので、このケルディムさんはそのままでも結構防御力がありそうです。

HG ケルディムガンダム
立ちヒザのポーズをとってみました。ヒザのシールドが平らで面積があるので安定感はバツグンです!

HG ケルディムガンダム
でも、こうやって正座して狙撃したほうが安定するような気がするのは気のせいでしょうか。
心もこっちのほうが落ち着きそうな気がするし...^^;。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その5

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月17日

今日は「HG ケルディムガンダム」の胸部を作製しました。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の胸部です。
うーむ、全身グリーンですね...と思ったら

HG ケルディムガンダム
下から見たらダクト?部分はガンダム同様黄色になっています。また中央部にはクリアパーツも使われています。

HG ケルディムガンダム
この「HG ケルディムガンダム」は肩と首の部分が写真のように可動します。このあたりはセラヴィーさんと同じ機構ですな^^;。

さて、ではこの胸部を下半身とドッキングしてみましょう~。

HG ケルディムガンダム
...と、その前に腰と胸部の間には写真のパーツを間に挟むようになっています。これを取り付けて...

HG ケルディムガンダム
下半身と胸部をドッキングするとこんなカンジになります。

HG ケルディムガンダム
上半身のアップです。こうして見ると胸のダクトなど、見えそうで見えないような構造がなかなか渋いですな。

HG ケルディムガンダム
さて、このケルディムさんの腰は写真の状態から...

HG ケルディムガンダム
こんなふうに上下にも結構可動します。腰の間に1つのパーツを挟んだだけという簡易な構造にしては、なかなかよくできています。

HG ケルディムガンダム
ということで、このケルディムさんは上半身も下半身もよく可動します。
さすが新型!


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その6

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月18日

今日は「HG ケルディムガンダム」の頭部を作製しました。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の頭部です。
うーむ、額の赤い部分ははセラヴィーさんと同じく、赤いシールの上にクリアパーツを被せるようになっています。これは部分塗装決定ですね...(-_-;)。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の頭部を横から見たところです。
ケルディムさんは頭の横にもアンテナが付いているんですね。

HG ケルディムガンダム
後頭部です。こちら側は地味ですな^^;。

さて、ケルディムと言えばデュナメスの後継機なので、頭部には当然あの機構が内蔵されています。
ということで...

HG ケルディムガンダム
額のクリアパーツを上にあげると内部にカメラが内蔵されています。
でも、あれっ?このカメラのレンズは銀色のシールを貼ることで再現されていますが、設定ではこのレンズはブルーのはず...。シールで再現されているのに、色が違うというのは一体どういうことなのでしょうね?普通に考えればブルーのシールを付けたらよさそうなものですが...。

HG ケルディムガンダム
これでついに頭部まで付きました!

HG ケルディムガンダム
頭部付近のアップです。
アンテナもグリーンなので非常に地味で目立ちにくい色ですね。まあでもそのほうが隠れて狙撃するには好都合に違いない^^;。
しかし、ホントにあちこち角ばった機体ですね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その7

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月19日

今日は「HG ケルディムガンダム」の腕部を作製しました。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の腕部です。
うーむ、肩アーマーが結構大きくて、ここもなかなか防御力が高そうです。また、左肩のみにグレーのパーツが付いていますが、これはあのシールドビットが付くようになっています。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の腕部を横から見たところです。ヒジの部分には、おなじみのレンズ状のパーツが付いています。さて、ではヒジの可動範囲をチェックしてみましょう。

HG ケルディムガンダム
ということでヒジを限界まで曲げるとこんなカンジになります。そしてさらに...

HG ケルディムガンダム
前腕部にもう一つ可動部があるので、ここまで曲がるようになっています。(セラヴィーさんと同じ機構ですね^^;)

HG ケルディムガンダム
ちなみにですが、なぜかヒジ関節は逆側にもある程度曲がるようになっています。
(これはどこかヘンな感じがしますね。)

HG ケルディムガンダム
さて、シールドビットを肩に取り付けると写真のようになります。このシールドは...

HG ケルディムガンダム
写真のように可動したり...

HG ケルディムガンダム
さらに肩の取り付け部が回転するので、腕はそのままでシールドを前方に向けることも可能です。
これは、ケルディムさんは結構スキがなさそうですね。

HG ケルディムガンダム
これで腕まで付いて五体満足になりました!

HG ケルディムガンダム
といいつつ、背中側から見るとまだどこかスカスカ感がありますが...^^;
背中とかお尻とか

HG ケルディムガンダム
ということで、バックパックやシッポを早く取り付けないと...
(意味なくファイティングポーズ)


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その8

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月20日

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」のバックパックです。
このバックパックにはちょっとしたギミックがあって...

HG ケルディムガンダム
こんなふうに左右のアームのようなものが前方に飛び出すようになっています。ちなみに、この先端にはフォロスクリーンという照準器?が付くようです。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」のバックパックを下から見たところです。
ここにはバーニアならぬ、GN粒子の散布装置が4基内蔵されています。

HG ケルディムガンダム
さて、次はお尻の後ろに付くGNドライブですが、こんなところにGNドライブが付いているとは結構意外です。
ちなみに、このままま露出しているのはあまりにも無防備すぎるので...

HG ケルディムガンダム
GNシールドビットが周囲を贅沢に?取り囲むような機構になっています。
うーむ、これなら確かに安全かもしれませんね^^;。
(緊急時には、この部分だけ切り離して回収すればGNドライブは安全?)

さて、ではこれらの装備をケルディムさんに取り付けてみましょう。

HG ケルディムガンダム
写真のケルディムさんの背中にバックパックなどを取り付けると...

HG ケルディムガンダム
こんなカンジになります。
これは、随分と賑やかな背中になりました。

HG ケルディムガンダム
前から見たところです。この角度から見ると背中側に何か付いてもあまり見えませんね。

HG ケルディムガンダム
でも、横から見るとほらこの通り...。
お尻にまるでシッポが生えているように見えてしまいますね。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その9

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月22日

今日は「HG ケルディムガンダム」の武器を作製しました。

HG ケルディムガンダム
写真は「HG ケルディムガンダム」の主力武器であるGNスナイパーライフルIIです。
さすがにライフルというだけあってなかなかの長さがあります。

HG ケルディムガンダム
GNスナイパーライフルIIを三連バルカンモードにしたところです。
まあ、銃身を逆向きにして下にくっ付けただけ^^;という噂もありますが、このモードだとその名の通り連射が可能になるとのことです。

HG ケルディムガンダム
そしてこちらが、ケルディムさんもう一つの武器であるGNビームピストルIIです。なんでもこのビームピストルは、特殊なビームコーティングが施されているので、ビームサーベルを受けることができるそうな...。ちなみにGNビームサーベルは、デュナメスさんが装備していたものの、ただの飾り!としてほとんど使われなかったことから、このケルディムさんでは廃止されてしまったようです。

HG ケルディムガンダム
最後に、平手とフォロスクリーンのクリアパーツです。
さて、ではこれらをケルディムさんに装備してみましょう!

HG ケルディムガンダム
ということで、スナイパーライフルを持たせてみました。
うーむ、このライフルはさすがに長いですね。

HG ケルディムガンダム
スナイパーライフルを構えてみたところです。やはりライフルを構えるためには平手は欠かせないアイテムです^^;。

HG ケルディムガンダム
スナイパーライフルを両手持ちしてみました。この状態で頭部には...

HG ケルディムガンダム
フォロスクリーンを取り付けてあります。これで命中率が当社比100%アップ!といったところでしょうか...。

HG ケルディムガンダム
スナイパーライフルを3連バルカンモードにしたところです。

HG ケルディムガンダム
GNビームピストルIIを持たせてみました。
この武器は、近距離から格闘戦あたりをカバーするようです。

HG ケルディムガンダム
最後に、このビームピストルは、ザクが持っている斧のように見えるのは気のせいでしょうか?
これなら敵のサーベルを受けるだけでなく、そのままぶん殴っても結構いけそうな気もします^^;。


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム その10

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月23日

さて、今日でスミ入れと部分塗装も終わり、ついに「HG ケルディムガンダム」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HG ケルディムガンダム
まずは基本の立ちポーズ正面です。(GNスナイパーライフルIIは肩にマウントしてあります。)
うーむ、全身がほぼ緑で地味な色になっているのはデュナメスさん譲りですが、やはりこういった地味な色のほうが遠くから狙撃する用途には向いているのでしょうね。

HG ケルディムガンダム
HG ケルディムガンダム
「HG ケルディムガンダム」立ちポーズサイドビュー&リアビューです。
やはり、このケルディムさんはお尻のシッポが特徴的ですな。しかし、このシッポの中にガンダムの命ともいえるGNドライブが内蔵されているとは、きっと敵さんも気付かないに違ない...。(逆にシッポを切られたらかなりヤバいです(-_-;))

HG ケルディムガンダム
上半身のアップです。
額のクリアパーツはシールはやめてクリアレッドで部分塗装しました。

HG ケルディムガンダム
そして、額のカメラはガンダムマーカーメッキシルバーの上に、水性ホビーカラーのクリアブルーを部分塗装してみました。これでレンズっぽくなってなかなかいい感じです。

HG ケルディムガンダム
GNスナイパーライフルⅡを構えたところです。
このケルディムさんは、ヒザのシールドが平らなので立ちヒザをした時にとても安定します^^;。

HG ケルディムガンダム
GNスナイパーライフルⅡに加えてフォロスクリーンを展開してみました。

HG ケルディムガンダム
このフォロスクリーンを使うとシューティングに必要なあらゆる情報が映し出され、命中精度が飛躍的に高まるのだとか...。

HG ケルディムガンダム
スナイパーライフルを三連バルカンモードにしたところです。

HG ケルディムガンダム
そして、こちらはGNビームピストルⅡによる2丁拳銃です。
(なお、このビームピストルは白一色なので部分塗装が必要ですが、塗料の配合により少し紫っぽい色になってしまいました。)

HG ケルディムガンダム
そういえば、このポーズどこかで見たような気がしていましたが、ストライクノワールにたしかこんなポーズをさせていたたような気が...

HG ケルディムガンダム
最後に、この「HG ケルディムガンダム」には、各部に装着されているGNシールドビットを取り付けて、壁のようにするスタンドパーツが付いています。ということで、シールドに隠れながら
「ケルディム、目標を狙い撃つ!」

HG ケルディムガンダム
でも、この状態だと横や後方は無防備になってしまうのが、ちょっと難点です。
GNドライブが裸状態なのはケッコウ危険!^^;


【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)

HG ケルディムガンダム まとめ

HG ケルディムガンダム @ 2008年12月24日

「GN-006 ケルディムガンダム」といえば、現在放映中のアニメ「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)」に登場するMSである。パイロットはロックオン・ストラトス(ファーストシーズンのロックオンの双子の弟)さん。このケルディムガンダムは取説によると、

・機体コンセプトは、デュナメスの発展機であり、遠方からの狙撃を得意としている。
・操作系もデュナメス同様、狙撃用の銃のようなシステムを持つ。
・防御では全身にGNビットシールドが使用され全方位に対する防御が可能になった!
と、初代のデュナメスさんに比べると、攻撃力及び防御力も強化された機体となっている。

さて、このケルディムガンダムはキットとしては
 ・全身が角ばったフォルムで、いかにもロボットという機体^^;
 ・前腕部や脛に追加で可動部があったり、股関節部が工夫されていたりして可動はかなり良好!
 ・GNスナイパーライフルⅡは三連バルカンモードに変形可能
 ・全身に装備されたビットシールドは、付属のスタンドで壁にできる
 ・色分けはダブルオーに比べるといま一つ。(クリアパーツとビームピストルは塗装を推奨)
と、基本的な装備は押さえつつ可動もなかなか高度な作りとなっている。つい先日アリオスガンダムが発売されたこの昨今であるが、ソレスタルビーイングのガンダム4機を揃えるためにもぜひ手に入れて組み立ててみることをオススメする!(と、思ったら今度はHGでオーライザーが出るのね...^^;)


・塗装必要個所
 HGとしては高度な色分けで、いくつかの個所を除けばそのままでもかなりいける。
部分塗装が必要なのは主に以下の部分
・脚部やビットシールドなどの窪み部分などのグレー各部
・GNスナイパーライフルⅡのスコープ部のクリアブルー
・フォロスクリーンのクリアブルー
・首周りのイエロー(自分は塗装を忘れていました^^;)
・ビームピストルⅡの白以外の部分
など...。頭部のクリアパーツ及び、内部のカメラはシールで再現となっているが、ここはケルディムの命といっても過言ではない個所なので部分塗装するのを推奨。

・武器、付属品
GNスナイパーライフルⅡ(三連バルカンモードに変形。肩にマウント可)
GNビームピストルⅡ X 2(バックパックにマウント可)
握り手左右、左平手
フォロスクリーン
GNビットシールド用のスタンド

・可動
 前腕部に可動部分が追加されていたり、脛の部分にも可動部分が余分にあったりとかなり良好。股関節についても軸が前後に加えて左右に回転するところなどもなかなか良くできている。またヒザアーマーはヒザの可動に連動して外にせり出すようにもなっている。GNスナイパーライフルが三連バルカンモードになったり、バックパックからフォロスクリーンを展開するギミックもちゃんと再現。


■おまけ

○ガンダム3機が集合!
HG ケルディムガンダム
HG ケルディムガンダム
これで、ソレスタルビーイングのガンダムが3機まで揃いました!あとはアリオスガンダムさえあれば4機になります。

○シッポの使い方
HG ケルディムガンダム
GNドライブ内蔵のシッポは実は上方の敵を狙い撃つのに活躍します!(←ウソ^^;)

HG ケルディムガンダム
足も含めて3点で地面に接地して安定するのでまるでカメラの三脚みたいですね。

○今年最後の...
HG ケルディムガンダム
コマネチ!
今日はクリスマスイブと、すでに年の瀬なので、今年のコマネチはケルディムさんが最後になりそうです。(平手は他のキットのものを流用しています。)


HG 1/144 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
おすすめ平均
stars遅まきながら
stars手がユルイような?
stars買ってよかった
starsGNシールドビットに台座があるのは良かった
starsお買い得

Amazonで詳しく見る

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
| トラックバック (0)
copyright gunplablog.com