ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGCE デスティニーガンダム その6

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月 1日

今日は「HGCE デスティニーガンダム」の頭部の組み立てを行いました。

HGCE デスティニーガンダム
写真は「HGCE デスティニーガンダム」の頭部です。
頭部は目が奥まった位置にありますが、それにしてもアンテナが大きいですね。
(HGなので先端に旗も付いています。)

HGCE デスティニーガンダム
写真は顔のアップです。
うーむ、目の下の赤い線まで成型色で色分けされているのは、なかなか良くできてますね。

HGCE デスティニーガンダム
写真は頭部を横から見たところです。
さすがにバルカン砲までは、色分けされていないようです。

HGCE デスティニーガンダム
写真はデスティニーガンダムの後頭部です。
後頭部は後ろにセンサー部が突き出たような形状になっています。

さて、この頭部をデスティニーガンダム本体に取り付けると...

HGCE デスティニーガンダム
こんなカンジになりました!

HGCE デスティニーガンダム
写真は頭部付近のアップです。
目の下に赤いラインが入っていると、どことなく怖い感じがしますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム その7

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月 3日

今日は「HGCE デスティニーガンダム」の腕部の組み立てを行いました。

HGCE デスティニーガンダム
写真は「HGCE デスティニーガンダム」の腕部です。
腕部は白い基部に、青いパーツが付くような作りとなっています。
写真で肩アーマーから飛び出た白い部分は...

HGCE デスティニーガンダム
写真のように分離可能で、「フラッシュエッジ2ビームブーメラン」として使用できます。

HGCE デスティニーガンダム
写真は腕部を横から見たところです。
さて、気になるヒジの可動はというと...

HGCE デスティニーガンダム
ヒジが2重関節になっているため、写真の位置まで曲がります。

HGCE デスティニーガンダム
こちらは腕部を外側からみたところです。
この角度から見ると、手の甲から前腕にかけて、アーマーで完全にガードされていることがわかります。

ということで、この腕部をデスティニーガンダム本体に取り付けると...

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
こんなカンジになりました!
うーむ、こうして見ると肩アーマーはかなり大きく存在感がありますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(8) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム その8

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月 5日

今日は「HGCE デスティニーガンダム」のバックパックの組み立てを行いました。

HGCE デスティニーガンダム
写真は「HGCE デスティニーガンダム」のバックパックです。
デスティニーガンダムのバックパックは、中央部と左右の翼、そして左右のウェポンラックから構成されています。

HGCE デスティニーガンダム
写真はバックパックの中央部です。
バックパック中央部には、バーニアノズルが見えますが、ここは...

HGCE デスティニーガンダム
写真のように角度を変えることができます。

HGCE デスティニーガンダム
写真は翼のアップです。
翼は写真の状態から...

HGCE デスティニーガンダム
展開して広げることができます。

HGCE デスティニーガンダム
写真は翼の中央部のアップです。
3連の小羽根は一体成型ですが、少ないパーツで羽が広がる感じを再現しているのが、なかなか良くできてますね。、

HGCE デスティニーガンダム
さて、このバックパックを写真のデスティニーガンダムの背中に取り付けると...

HGCE デスティニーガンダム
こんなカンジになりました!

HGCE デスティニーガンダム
写真は、デスティニーガンダムの正面です。
ここから翼を広げると...

HGCE デスティニーガンダム
写真の状態となります。
と、背中の翼は広げるとかなりの大きさがありますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

ガンプラ 2019年10月の出荷予定

ガンプラ出荷予定 @ 2019年10月 6日

バンダイのサイトで2019年10月のガンプラの出荷予定が発表されています。
ということで、HGUCとMGのリストを更新しました。> ガンプラリスト HGUC MG

今月は新製品でいくと

○HGUC
HGUC ペーネロペー 10/24

○HGBD:R
HGBD:R アースリィガンダム 10/10
HGBD:R マーズフォーウェポンズ 10/10
HGBD:R ヴィートルーウェポンズ 10/10
HGBD:R ガンダムジャスティスナイト 10/17


注:日付は出荷日で、店頭に並ぶ日付は地域により変わります。

となります。

今月の10日から「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」の放送開始に合わせて、「HGBD:R」のキットが続々と投入されます。

前作の「ビルドダイバーズ」までは地上波による放送でしたが、今回からガンダム公式YouTubeチャンネル「ガンダムチャンネル」にて配信されるようです。これまでアニメといえばTV放送がメインでしたが、若い人がTVを見なくなってきている昨今、今後はインターネットによる放送が増えていくのでしょうかね...。(うちの子供もTVよりYouTubeやAmazonのprime videoなどを見ていることが多いです。)

さて、ビルドダイバーズ以外では「HGUC ペーネロペー」がリリースされます。
このキットは今冬公開予定の映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」に登場する大型モビルスーツですが、大型ということでHGながらお値段7,480円(税込)と、かなりボリュームのあるキットとなっています。

ただ、アニメで未登場の新型を出すのもいいですが、バンダイさんにはぜひ、まだキット化されていないMSも忘れずにリリースしてもらいたいものです...。

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(10) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム その9

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月 7日

今日は「HGCE デスティニーガンダム」のビームライフルなどの組み立てを行いました。

HGCE デスティニーガンダム
写真は「HGCE デスティニーガンダム」に付属のビームライフルです。
ビームライフルは全体がグレーの成型色となっています。

HGCE デスティニーガンダム
写真はビームライフルを斜め前から見たところです。
ビームライフルの可動部はと言うと...

HGCE デスティニーガンダム
写真のようにグリップとスコープが可動します。

HGCE デスティニーガンダム
写真は左腕に装備するシールドです。

HGCE デスティニーガンダム
そしてこちらはシールドの裏側です。
裏側には何やら赤いパーツが見えますが、これは...

HGCE デスティニーガンダム
シールドを展開すると、中から赤い部分が露出します。
シールドは三角のオレンジがシールで再現ですが、それ以外は成型色で色分けされているのは、なかなか良くできてますね。

ということで、このビームライフルとシールドをデスティニーガンダムに装備すると...

HGCE デスティニーガンダム
こんなカンジになりました!

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
写真はビームライフルを構えたところです。
このビームライフルは小型ながら威力もあり速射性にも優れるとのことです。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
写真はシールドを構えたところです。
シールドに差し替え無しでの伸縮機構が採用されているのはいいですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム その9

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月 9日

今日は「HGCE デスティニーガンダム」の武器類の組み立てを行いました。

HGCE デスティニーガンダム
写真は「HGCE デスティニーガンダム」のバックパックに取り付ける、長射程ビーム砲とアロンダイトビームソードです。
色違いのこの2つは...

HGCE デスティニーガンダム
中央から回転して写真のように展開することができます。

HGCE デスティニーガンダム
写真はビームソードの先端部分です。
これを見ると、先端の白い部分もちゃんと色分けされています。
(さらに展開時にはここにビーム刃をとりつけます。)

HGCE デスティニーガンダム
写真はビーム砲の中央部です。
ビーム砲は写真のグリップが付いていて、ここが可動するようになっています。

HGCE デスティニーガンダム
写真はビーム砲のジョイントパーツです。
このパーツはちょっと変わった形状になっていて...

HGCE デスティニーガンダム
回転してジョイントを押し込むと、写真のように回転がロックされるようになっています。
ビームソードもこれと同じ機構になっていますが、これで展開状態がしっかり維持できるわけですね。

HGCE デスティニーガンダム
さて、このビーム砲とビームソードを、背中のバックパックに取り付けると...

HGCE デスティニーガンダム
こんなカンジになりました!

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
写真はビーム砲を展開したところです。
ビーム砲は背中に取り付けたまま、写真のようにグリップを握って発射します。

HGCE デスティニーガンダム
そしてこちらはビームソードを装備したところです。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
アロンダイトは写真のように両手持ちも可能です。
翼を広げてこの武器を持たせると、かなりの迫力がありますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(6) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム その10

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月10日

今日は「HGCE デスティニーガンダム」の残りの装備の組み立てを行いました。

HGCE デスティニーガンダム
写真は「HGCE デスティニーガンダム」に付属している、パルマフィオキーナ用のマニピュレータとエフェクトパーツです。
このエフェクトパーツは...

HGCE デスティニーガンダム
写真のように、マニピュレータにエフェクトパーツを取り付けることで、発射シーンを再現することができます。

HGCE デスティニーガンダム
お次は、ビームシールドとビームブーメランです。
ビームシールドはブルー、ビームブーメランはピンクでの成形となっています。

HGCE デスティニーガンダム
そして、写真は光の翼のエフェクトパーツです。
光の翼はかなり複雑な形状ですが、これが左右対称で2枚付いています。

HGCE デスティニーガンダム
写真はビームシールドとビームブーメランを装備したところです。

HGCE デスティニーガンダム
シールドは透明感が高く、かなりクリアです。

HGCE デスティニーガンダム
そして、写真の翼を広げたデスティニーガンダムに、光の翼を取り付けると...

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
写真の状態となります。

HGCE デスティニーガンダム
エフェクトパーツは、翼の形状にピッタリフィットしているのが、なかなか良くできています。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
そして、最後はパルマフィオキーナの発射シーンです。
こういう小物が充実しているのは、やはりいいですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム その11

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月12日

今日は「HGCE デスティニーガンダム」に部分塗装を行いました。

HGCE デスティニーガンダム
ということで現在「HGCE デスティニーガンダム」は、写真の状態になっています。

HGCE デスティニーガンダム
このデスティニーガンダムは、本体についてはほとんど部分塗装が必要と思われる箇所はなく、写真のバルカン砲をグレーで部分塗装した程度です。その代わり装備品には、けっこう部分塗装する箇所があって...

HGCE デスティニーガンダム
まずは、写真のビームライフルのスコープを白と、側面の丸と四角を赤で部分塗装しました。うーむ、この形状のスコープはさすがにシールでの再現は無理ですかね。

HGCE デスティニーガンダム
そして背中に装備したビーム砲の後端を赤で、アロンダイトビームソードはグリップを黒と、先端の突起を白で部分塗装です。
(本体は、色分けはほとんど完璧ですが武器までは手が回らなかった模様です。)

HGCE デスティニーガンダム
そして、少し気になっていたのは翼を展開したときに、露出する小羽根です。

HGCE デスティニーガンダム
写真は小羽根部分のアップです。
ここは赤いパーツの一体成型ですが、羽の中間部分をグレーで部分塗装しました。
デスティニーガンダムは、キットによって翼のディテールが結構違っていたりしますが、羽根の間を別の色で塗ると各羽が細く見えるのでオススメです。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム その12

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月14日

今日は「HGCE デスティニーガンダム」にスミ入れを行いました。

HGCE デスティニーガンダム
今日は翼と装備品を除く本体にスミ入れを行ったので現在「HGCE デスティニーガンダム」は、写真の状態になっています。

HGCE デスティニーガンダム
このデスティニーガンダムは、スミ入れ箇所は割と多く、写真の脚部ではあちこちにモールドが存在します。

HGCE デスティニーガンダム
写真は胴体部分のアップです。
腰部の各アーマーには小さな点のようなモールドが、点在しています。

HGCE デスティニーガンダム
こちらは脚部の後ろ側です。
前方に比べると、後方はモールドが少ない感じです。

HGCE デスティニーガンダム
写真は腕部のアップです。腕部では肩のビームブーメランが、一番スミ入れ箇所が多かったりします。

HGCE デスティニーガンダム
写真はデスティニーガンダムの頭部です。
1/144スケールの頭部は、小さいためスミ入れしにくいですが、このデスティニーガンダムは頬の部分が結構入り組んでいるので、ちょっと面倒です。

さて、これであとは翼と装備品にスミ入れすればいよいよデスティニーガンダムも完成です!

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(5) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム その13

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月15日

さて、今日でスミ入れも終わり、ついに「HGCE デスティニーガンダム」が完成しました。ではその雄姿をご覧下さい!

HGCE デスティニーガンダム
まずは、「HGCE デスティニーガンダム」基本の立ちポーズ正面です。
デスティニーガンダムはスリムな体に、大きな翼が特徴的です。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
写真はデスティニーガンダムのサイドビューです。
右手にはビームライフル、左手にはシールドが標準装備となっています。

HGCE デスティニーガンダム
写真は「HGCE デスティニーガンダム」のリアビューです。
背中には
 M2000GX 高エネルギー長射程ビーム砲
 MMI-714 アロンダイトビームソード
がマウントされています。

HGCE デスティニーガンダム
写真は上半身のアップです。
黒い翼にちょっと怖い顔と、なかなかにダークな印象ですね。

HGCE デスティニーガンダム
写真は背中の装備のアップです。
武器はこれだけでも十分な気がします。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
写真はビームライフルを構えたところです。
背中のビーム砲と比べると、小型ですがこれでも結構な威力があります。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
写真はビームシールドを装備したところです。
ビームシールドは、透明感の高いクリアパーツで再現されています。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
そして写真は、フラッシュエッジ2ビームブーメランです。
この武器は左右の肩の白い部分が持ち手になっています。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
写真は長射程ビーム砲を展開したところです。
ビーム砲は、背中にマウントしたまま、手前に銃口を回転させて発射します。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
そして、写真は光の翼を取り付けて、アロンダイトを装備したところです。
うーむ、場所は取りますがこのポーズが一番絵になりますね。

HGCE デスティニーガンダム
HGCE デスティニーガンダム
最後は、パルマフィオキーナ掌部ビーム砲の発射ポーズです。
取説によるとこの武器は「展開範囲は狭いが、極めて高い攻撃力を有する」とありますが、ビームが出る場所からして、まさに「不意打ち用」ですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

HGCE デスティニーガンダム まとめ

HGCE デスティニーガンダム @ 2019年10月17日

「デスティニーガンダム」といえば、テレビアニメ「ガンダムSEED DESTINY」で登場したMSである。パイロットはシン・アスカさん。本機体は、主人公シン・アスカがアニメ後半でインパルスガンダムから乗り換えた最新の機体でアニメ終盤に登場する。
このデスティニーガンダムは、MGやRGではすでにリリースされているが、今回HGUCシリーズでの登場となった。さて、このHGCEデスティニーの特徴としては

 ・HGとしては最高レベルの色分けを成型色で再現。
 ・象徴の「光の翼」や「パルマフィオキーナ」 はクリアパーツで再現。
 ・アロンダイト、長射程ビーム砲、ビームブーメラン他、豊富な武装が付属。
 ・シールドは普通のものに加えてビームシールドもあるので防御も万全!
 ・胴体に内蔵された二重関節により前屈するアクションも再現可能。

となっている。アニメ放映当時に、同スケールでHGとしてリリースされているデスティニーガンダムであるが、現在の最新技術てこれがどう進化したのかをぜひ確認してみることをオススメする!

・塗装必要個所
 本体については、部分塗装が必要と思われる場所はほとんど見当たらない。武器については色が足りていない所もあり、以下に部分塗装が必要。
 ・ビームライフルのスコープの白及び、側面の丸と四角の赤
 ・長射程ビーム砲後端の赤
 ・アロンダイトのグリップの黒、及び後端の白
 ・翼の間のグレー
など

・武器類を含めても各部に合わせ目はほとんど無い。

・武器、付属品
ビームライフル(腰にマウント可)
シールド(腕にマウント可)
ビームシールド(腕にマウント可)
ビームブーメラン(肩アーマーにマウント、クリアピンクのビーム刃)
高エネルギー長射程ビーム砲
アロンダイトビームソード(ビーム刃はクリアピンク)
握り手(左右)、パルマフィオキーナ掌部ビーム砲付(左右)
光の翼、パルマフィオキーナエフェクトパーツ

・可動
各部に可動箇所がありHGUCシリーズとしては、かなりよく動く。特徴としては
 ・ヒザやヒジなどは180度近くまで可動する。
 ・胴体には二重関節が内蔵されており、前屈するアクションも再現可能。
 ・サイドアーマーは後方にスライドすることで脚部との干渉を避ける機構あり。
 ・アロンダイトやビーム砲はロック機構付きの可動部がある。
 ・翼は大きく左右に展開することが可能
となっている。


■おまけ

○デスティニーガンダム全員集合!

HGCE デスティニーガンダム
まずは、ノーマルHGとHGCEのデスティニーガンダムを並べてみました。
うーむ、こうして見ると同スケールにもかかわらず、身長が随分と違いますね。

HGCE デスティニーガンダム
またプロポーション今見ると、ノーマルHGは随分と手足が短いような気がします。

HGCE デスティニーガンダム
そして、何といっても違いが歴然なのが翼のボリューム感です。
並べると、ノーマルHGの翼は随分と貧相に見えてしまいますね。

HGCE デスティニーガンダム
さて、お次はRGのデスティニーガンダムと並べてみました。
と、RGも少しだけHGCEより小さく見えます。

HGCE デスティニーガンダム
写真は胴体部分のアップです。
近くによると、やはりRGのほうがディテールが細かいところまで再現されています。
しかし、胸など各部の形状には結構違いがあるように思います。

HGCE デスティニーガンダム
そして翼はRGのほうがシャープで尖った形状になっています。
ただし、翼の黒い部分の大きさは、やはりHGCEが特大ですね。

HGCE デスティニーガンダム
最後はスケール違いですがMGと並べてみました。

HGCE デスティニーガンダム
写真はMGを上から見たところですが、翼の可動部にシリンダーが再現されていたり、やはりこのあたりはさずがMGというカンジです。

HGCE デスティニーガンダム
写真はHGCEとMGを背中側から見たところです。
うーむ、こうして見るとHGCEのプロポーションはMGに一番近いようですね。


HGCE 機動戦士ガンダムSEED DESTINY デスティニーガンダム 1/144スケール

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(11) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その1

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月19日

さて、今回は今月から放映開始となった「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」の主役機である「HGBD:R アースリィガンダム」を作製したいと思います。

HGBD:R アースリィガンダム
ということで、写真は「HGBD:R アースリィガンダム」のパケ絵です。
中央はアースリィガンダムですが、左上には2つに分離した状態の、コアガンダムとアースアーマーが描かれています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は「HGBD:R アースリィガンダム」の全てのランナーです。
ランナーはポリキャップも含めて6枚と、少なめになっています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は多色成形のAランナーです。
このランナーはクリアパーツも含めると、全4色とカラフルな仕様になっています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はタグをアップしたところです。
このランナーには「プラネッツシステム」と刻まれています。
プラネッツシステムはコアガンダムが各種のサポートメカと合体することで、機体特性を変化させるシステムということです。


HGBD:R アースリィガンダム
写真は白いB1ランナーです。
このランナーのタグを見ると...

HGBD:R アースリィガンダム
「コアガンダム」と書かれています。
このキットは、ガンダム+支援メカの2種で構成されているので、2つの名前のランナーが含まれているようですね。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はグレーのCランナーです。
ここはいつも通り関節のパーツが収められています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は支援メカがセットされているDランナーです。
左にはいかにもという形のパーツがありますが、これだけの大きさを1パーツにしているのは、なかなかスゴいですね。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はサーベルのランナーです。
サーベルは「SB-9」の型番が使われています。

HGBD:R アースリィガンダム
最後はシールとポリキャップ(PC-002)です。

このキットは「HGBD:R」でNo.001ですが、新シリーズの1号機ということで、何か新しいギミックがありそうなのが楽しみです。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(13) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その2

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月21日

さて、今日から「HGBD:R アースリィガンダム」の作製開始です。まずはいつものように足先から...

HGBD:R アースリィガンダム
と、思いましたが足先だけではパーツが少ないため、今回は脚部全体の組み立てを行いました。
ということで、写真は「HGBD:R アースリィガンダム」の脚部です。
うーむ、脚部は膝から下がかなり細く、フレームだけで外装が付いていないようですね。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は脚部を横から見たところです。
気になるヒザの可動はというと...

HGBD:R アースリィガンダム
ヒザは90度とちょっと曲がります。
そして特徴的なのが、足首の関節です。足首は写真のようにアンクルアーマー付近から、かなり曲げることができます。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は脚の内部構造です。
この状態から...

HGBD:R アースリィガンダム
ヒザを曲げると写真のように曲がります。

HGBD:R アースリィガンダム
で、反対側から見ると写真のようになります。
これを見ると、アンクルアーマーに可動部があって、ここが回転するようになっています。

HGBD:R アースリィガンダム
こちらは足の裏側です。
足の裏は凹凸はあるものの、シンプルな作りとなっています。

HGBD:R アースリィガンダム
さて、写真は脚部を立たせたところです。
合体前提の機体ということもあってか、大腿部とヒザから下のバランスが結構微妙ですね...。

HGBD:R アースリィガンダム
コアガンダムは、第一話で「小っさ、こんなミニサイズだったのかよ」と、言われていたように、まるで子供体型のようなフォルムなので、これが合体後にどうなるのかが見ものですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(12) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その3

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月22日

今日は「HGBD:R アースリィガンダム」の腰部の組み立てを行いました。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は「HGBD:R アースリィガンダム」の腰部です。
腰部はフロントアーマーがエクシアよりも小型でかなりシンプル構造になっています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は腰部を後ろから見たところです。
コアガンダムの状態では、サイドやリアアーマーは存在しないようですが、これはかなり割り切った仕様ですね。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は股関節部分のアップです。
股関節は四角い部分が別パーツになっているものの、特に可動部はありません。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は腰部を上から見たところです。
フロントアーマーは、写真のように回転しますが、このサイズではほとんと意味はないですね。(合体すると、ここに青いアーマーが付きます。)

ということで、この腰部に脚部をドッキングすると...

HGBD:R アースリィガンダム
HGBD:R アースリィガンダム
こんなカンジになりました!
うーむ、これは...。やはり足がかなり短いですね。

HGBD:R アースリィガンダム
しかし足が短くても、写真のように立ちヒザのポーズとかは可能です。
このあたり合体機構のある機体なので、各部に色々とギミックがありそうですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(4) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その4

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月23日

今日は「HGBD:R アースリィガンダム」の胸部の組み立てを行いました。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は「HGBD:R アースリィガンダム」の胸部です。
胸の中央のクリアグリーンのパーツが目を引きますが、胴体から肩までほぼ長方形のフォルムなのが、なかなかスゴイです。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は胸部を斜め前から見たところです。
これを見ると、赤い部分に2つのパーツが使われていますが、ここはピンでガッチリ固定する仕様になっているので、胴体に可動機構はありません。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は胸部を背中側から見たところです。
背中にはバックパックのマウント用に割と大きな穴が空いています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は胸部を上から見たところです。
胸部での可動箇所はと言うと...

HGBD:R アースリィガンダム
写真のように肩が大きく左右に開き、首関節も角度を変えることができます。
コアガンダムは胸部が細身ですが、合体時にはここが左右に開いて、肩幅を大きくするわけですね。

ということで、胸部をコアガンダムの下半身にドッキングすると...

HGBD:R アースリィガンダム
HGBD:R アースリィガンダム
こんなカンジになりました!

HGBD:R アースリィガンダム
写真は上半身のアップです。
こうして見ると、コアガンダムは意外と派手なカラーリングになってますね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(5) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その5

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月24日

今日は「HGBD:R アースリィガンダム」の頭部の組み立てを行いました。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は「HGBD:R アースリィガンダム」の頭部です。
アンテナが少し太いのが気になりますが、割と普通のガンダム顔をしてますね。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は頭部を横から見たところです。
合わせ目は頭部側面中央になっていますが、ここはモールドとして処理されています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は頭部を後ろから見たところです。
前後には緑のセンサーが見えますが、ここはメタリックシールで再現となっています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は顔をアップしたところです。
顔はカメラアイはシールで再現ですが、目の下や顎の赤い部分は成型色で再現されています。
ただ、両サイドのバルカン砲周辺はさすがに色分けされていないようです。

ということで、この頭部をコアガンダム本体に取り付けると...

HGBD:R アースリィガンダム
こんなカンジになりました!
うーむ、アニメで見ているので分かってはいましたが、かなり頭が大きいですね...。

HGBD:R アースリィガンダム
頭の高さが胸と同じぐらいのサイズなのが、ある意味インパクト大ですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(5) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その6

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月26日

今日は「HGBD:R アースリィガンダム」の腕部の組み立てを行いました。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は「HGBD:R アースリィガンダム」の腕部です。
腕部は白い箱型で、初代ガンダムと結構似ています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は腕部を横から見たところです。
さて、気になるヒジの可動はというと...

HGBD:R アースリィガンダム
写真のようにヒジは180度近くまで曲がります。

HGBD:R アースリィガンダム
こちらは、腕の内部構造です。
この状態から...

HGBD:R アースリィガンダム
ヒジを曲げると写真のようになります。
これを見ると、ヒジは定番の2重関節でここまで曲がるわけですね。

ということで、この腕部をコアガンダム本体に取り付けると...

HGBD:R アースリィガンダム
HGBD:R アースリィガンダム
こんなカンジになりました!
うーむ、腕が付いてもやはり子供のような体型ですね。

HGBD:R アースリィガンダム
さて、これであとはバックパックを取り付ければ、コアガンダム本体の組み立ては完了です。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(7) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その7

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月27日

今日は「HGBD:R アースリィガンダム」のバックパックの組み立てを行いました。

HGBD:R アースリィガンダム
写真は「HGBD:R アースリィガンダム」のバックパックです。
バックパックは中央にバーニアが1つだけのシンプル構成で、左右にはビームサーベルの持ち手がマウントされています。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はバックパックを横から見たところです。
バックパック中央の四角い穴は、シールドなどのマウント用です。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はビームサーベルにビーム刃を取り付けたところです。
ビーム刃は、まるでダガーのようなかなり短いサイズとなっています。

HGBD:R アースリィガンダム
ということで、写真のコアガンダムの背中にバックパックを取り付けると...

HGBD:R アースリィガンダム
こんなカンジになりました!
うーむ、機体のサイズが小さいからか、ビームサーベルのグリップがかなり大きく見えますね。

HGBD:R アースリィガンダム
HGBD:R アースリィガンダム
バックパックが付いて、コアガンダム本体の組み立てはこれで完了です!

HGBD:R アースリィガンダム
コアガンダムにビームサーベルを装備してみました。
短いと思っていた、サーベルもコアガンダムが待つと、ちょうどいいサイズですね。

HGBD:R アースリィガンダム
ちなみにですが、アースリィガンダム用のビーム刃を取り付けると写真の状態となります。
これは、機体サイズに比べるとちょっと長すぎですかね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(3) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その8

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月28日

今日は「HGBD:R アースリィガンダム」の武器類の組み立てを行いました。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はコアガンダムに付属のコアスプレーガンです。
スプレーガンといえばジムの標準装備ですが、ここにアースアーマのパーツが合体するとビームライフルにバージョンアップするとのことです。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はコアスプレーガンを斜め前から見たところです。
写真のセンサー部はメタリックグリーンのシールで再現されています。

HGBD:R アースリィガンダム
そして写真は、コアシールドです。
コアシールドも、スプレーガン同様にバージョンアップしてシールドに変化します。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はコアシールドを裏側から見たところです。
写真中央の3つ穴のパーツは、背中へのマウント用パーツとなっています。

ということで、これらをコアガンダムに装備すると...

HGBD:R アースリィガンダム
こんなカンジになりました!
うーむ、スプレーガンはともかく、シールドは半分だけというカンジですね。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はコアスプレーガンを構えたところです。
コアガンダムのサイズからすると、このスプレーガンはほどよいサイズですね。

HGBD:R アースリィガンダム
シールドは写真のようにバックパックにマウント可能です。
ここにシールドがマウントできるのは、やはり初代ガンダムを意識してのことでしょうかね?

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(9) | トラックバック (0)

HGBD:R アースリィガンダム その9

HGBD:R アースリィガンダム @ 2019年10月30日

今日は「HGBD:R アースリィガンダム」のアースアーマーの組み立てを行いました。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はアースアーマーのフレームとなる部分です。
アースアーマーは各パーツが分離してコアガンダムとドッキングするので、ここにドッキングに使用するパーツを取り付けていきます。

HGBD:R アースリィガンダム
写真はフレームを下から見たところです。
うーむ、裏側は見事に穴が空いてますね...。まあ、アースアーマーを下から見ることはないので、これはしょうがないですね。

HGBD:R アースリィガンダム
さて、写真はアースアーマーに取り付ける、青いパーツです。
これをアースアーマーに取り付けると...

HGBD:R アースリィガンダム
写真の状態となります。
フレームだけのときと比べると、これだけでも随分と航空機っぽくなりました。

HGBD:R アースリィガンダム
そして、写真はさらなる追加パーツです。
左上はビームライフル用のパーツ、左下はシールド、右側はバックパックになるパーツです。
これをアースアーマーに合体すると...

HGBD:R アースリィガンダム
写真のようになります。
この角度ではビームライフルのパーツが見えませんが...

HGBD:R アースリィガンダム
機体を横から見ると、下部にライフル用のパーツが付いていることが確認できます。

アースアーマーの組み立ては次回に続きます。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
コメント(6) | トラックバック (0)
copyright ガンプラブログドットコム