ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC グスタフ・カール まとめ

HGUC グスタフ・カール @ 2019年3月21日

FD-03 グスタフ・カールは、機動戦士ガンダムUCのアニメ版などに登場するMSである。本機はRGMシリーズの直系にあたるMSとして開発された機体で、ジェスタとは別ラインで開発が進められた。そして、このグスタフ・カールはジェガンを超える高スペック機としてリリースされている。

さて、「HGUC グスタフ・カール」のキットのデキはというと
 ・ゴツい体型を、キットとしてしっかり再現。
 ・主要な部分は成型色で色分けされているが、バーニアなどは部分塗装が必要。
 ・ゴツいキットにも関わらず、可動は意外と優秀。
 ・武器はビーム・ライフル、ビームサーベル&シールドが付属。

となっている。
このグスタフ・カールはかなりマイナーな機体であるが、MSの中でもその重量感はかなりのものがある。ぜひ、直系と言われているRGM(ジム)シリーズと一緒に並べてみることをオススメする。


・塗装必要個所
成型色と付属のシールで主要な部分は色分けされているのでそのままでも大丈夫。。
ただし設定どおりにするなら、バーニア内部の白や肩の黒などの部分塗装が必要。

・合わせ目は、多くがモールドとして処理されていて、目立つ部分にはほとんどない。
気になる部分は
 ・大腿部側面
ぐらい

・武器、付属品
ビームライフル
シールド
ビームサーベルx2(刀身はクリアピンク成形、サイドアーマーに収納可)
握り手左右、ライフル用右手

・可動
 体型がマッシブな体型な割に可動は広い。
 ・ヒジ関節は120度近くまで可動する。
 ・ヒザ関節は、脚部を引き出すことで可動域がアップする。
 ・肩関節はある程度引き出すことができる。
 ・股関節は上下方向に可動する。
となっている。

■おまけ

○一番ゴツいのはやはり...

HGUC グスタフ・カール
まずは前回作製した「HGUC ジム・キャノンII」とグスタフ・カールを並べてみました。

HGUC グスタフ・カール
うーむ、製作中はジム・キャノンIIもかなりゴツいと思っていましたが、グスタフ・カールはレベルが違いますね。

HGUC グスタフ・カール
次は「HGUC ジェガン」と並べてみました。
ジェガンもそれほど小さな機体ではないはずですが、グスタフ・カールと比べると一回りは小さいです。

HGUC グスタフ・カール
そして最後は、ジム系で細身のジム・インターセプトカスタムと並べてみました。
こうなると、もはや同スケールの機体とは思えませんね。
(殴り合ったら、絶対勝てそうにありません...)


HGUC グスタフ・カール (ユニコーンVer.)

この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5451
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム