ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC R・ジャジャ まとめ

HGUC R・ジャジャ @ 2019年2月10日

「AMX-104 R・ジャジャ」は、TVシリーズ「機動戦士ガンダムZZ」などに登場するMSである。パイロットはキャラ・スーンさん。本機はジオンのMS「YMS-15ギャン」、の設計思想を受け継いだ試作機を、改修したMSとされている。
ということで原型機のギャン同様に、格闘戦を重視した設計から「銃剣付きビームライフル」や、特殊な形のビームサーベルなどが装備されている。

さて、「HGUC R・ジャジャ」のキットのデキはというと
 ・複雑なカラーリングも主要な部分はかなり成型色で色分けされている。
 ・腕や脚の可動はかなり広く、色々なポージングが可能!
 ・肩アーマーは回転することで、バリアブルシールドを前面に展開可能。
 ・腰には鞘付きのビームサーベルを装備。

となっている。
このR・ジャジャはMGでもリリースされておらず、HGUCとして初のキット化となったわけだが、ぜひ他のダブルゼータシリーズの機体と一緒に並べてみることをオススメする。


・塗装必要個所
フロントアーマーや、肩アーマーなど主要な部分は成型色で色分けされているが、部分塗装が必要な箇所も残っている。部分塗装としては以下が必要。
 ・脚部スラスターの黄色と黒。
 ・フロント、サイドアーマー底部の黒いライン。
 ・バリアブルシールドの黒い3本線。
 ・銃剣のシルバー。

・合わせ目はモールドとして処理されているため目立たない。

・武器、付属品
銃剣付きビームライフル
ビームサーベル(刀身はクリアイエロー成形、鞘が付属)
バリアブルシールド(肩アーマーに取り付け、前面に展開可能)
握り手左右、左平手

・可動
 ヒザやヒジ関節の可動はかなり優秀。肩関節は、肩アーマーに回転機構がありかなりユニーク。
 ・股関節は軸が上下に回転する機構あり。
 ・肩関節は前方にある程度引き出せる。
 ・肩アーマーは肩の上のポリキャップで接続されているため、回転する。
 ・バリアブルシールドは、中間部分に可動部があり折れ曲がる。

■おまけ

○ギャンとR・ジャジャ
HGUC R・ジャジャ
R・ジャジャの先祖と言われているギャンと並べてみました。
かなり風貌は異なっていますが、右手に装備したビームサーベルは騎士のような印象です。

HGUC R・ジャジャ
写真はギャンとR・ジャジャを背中側から見たところです。
この角度から見ると、リアスカートや肩アーマーが丸いことなど、ある程度共通点もあるように思えます。

HGUC R・ジャジャ
2機が門番としてお城を守ると、こんな感じになるのでしょうか?
うーむ、赤と青の騎士というのも面白いですね。

○ZZ時代のMS
HGUC R・ジャジャ
次は主役機のダブルゼータガンダムと並べてみました。
ダブルゼータはかなり大型の機体ですが、こうして並べるとR・ジャジャも結構大きいことがわかります。

HGUC R・ジャジャ
ダブルゼータ時代のMSは大型化していますが、それと合わせて派手さもパワーアップしてますね。


HGUC 機動戦士ガンダムZZ R・ジャジャ 1/144スケール

この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5426
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム