ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG ジェガン その6

MG ジェガン @ 2018年7月22日

今日は「MG ジェガン」の頭部の組み立てを行いました。

MG ジェガン
写真は「MG ジェガン」の頭部です。
ジェガンの頭部はカメラがバイザータイプになっていますが、ここは...

MG ジェガン
内部に青いシールで再現されたモノアイが内蔵されていて、そこにクリアパーツのバイザーを重ねる仕様になっています。

MG ジェガン
写真は「MG ジェガン」の頭部を横から見たところです。
頭部左にはバルカンポッドが装着されていますが、後ろに伸びているアンテナがかなり長いですね。

MG ジェガン
こちらはジェガンの後頭部です。
頭部の前後にはセンサーがありますが、ここはブルーのクリアパーツにより再現されています。

ということで、この頭部を「MG ジェガン」の胴体に取り付けると...

MG ジェガン
こんなカンジになりました!

MG ジェガン
写真は頭部付近のアップです。
こうして見ると、ジェガンのバイザーはかなり面積が大きいですね。

MG ジェガン
このジェガンの首関節は、前回紹介したように2箇所可動となっているので、写真のようにかなり上を見上げることができます。こういう細かな部分が工夫されているのは、やはり新型のMGですね!


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5298
コメント

アデレードに集結した連邦軍、並びに閣僚の方々に申し上げたい。自分がマフティー・ナビーユ・エリンであります。今日まで自分を中心とした組織が連邦政府の閣僚たちを粛清して参りました。それについては、かなりの世論の支持を得ていることは連邦政府の関係者もご存知の筈です。にもかかわらず連邦政府は反省の色も見せずに、ここアデレードではさらに地球汚染をする再開するような法案の成立を目論んでいます。今回のアデレード会議が連邦政府の差別意識を合法化するための会議であることはどれだけの方がご存知でしょうか?考えてみてください特権階級の数万の人々が地球に戻りたいための法案が可決されれば、地球に戻る人々が数十倍になるのは簡単なことなのです。旧世紀の最後の1世紀だけで急増した人類が地球そのものにも瀕死の重症を追わせたのです。人類が宇宙出て1世紀たった今日にいたっても地球は癒されていません。それは何を意味するか?そうです。地球にはまだ人類は戻ってはならないということです。なのに連邦政府は人類が地球に戻れる準備をはじめて、その前に自分達の寄特権をてに入れようとしているのです。それが、このアデレードで行われようとしている会議の真相なのです。閣僚会議がこれらの法案を廃棄しない限り閣僚たちの粛清をここで実行することを宣言します。この放送を聞けば関係者は逃げるかも知れませんが、これ以後アデレード周辺から逃亡する物は無差別に粛清の対象にします。しかし我々は一般人を巻き沿いにするつもりはありません。 関係者以外はこれより一時の猶予を与えますので、アデレードから退避してください。その後にアデレードから出る乗り物と人は全て我々のターゲットになるものと思って頂きます。

・・・・・ @2018年7月23日 00:03
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム