ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC ブルーディスティニー1号機EXAM その7

HGUC ブルーディスティニー1号機EXAM @ 2017年11月11日

今日は「HGUC ブルーディスティニー1号機EXAM」の腕部の組み立てを行いました。

ブルーディスティニー1号機EXAM
写真は「HGUC ブルーディスティニー1号機EXAM」の腕部です。
腕部は他の部分同様に、箱型で角ばった形状をしています。

ブルーディスティニー1号機EXAM
写真は「HGUC ブルーディスティニー1号機EXAM」の腕部を横から見たところです。
気になるヒジの可動範囲はというと...

ブルーディスティニー1号機EXAM
写真のようにほぼ180度曲がります。
このブルーディスティニーは、ヒザもヒジもかなり可動は優秀ですね。

ブルーディスティニー1号機EXAM
写真は腕の内部構造です。
この状態から...

ブルーディスティニー1号機EXAM
ヒジを曲げると写真の状態になります。
これを見るとヒジは、オーソドックスな2重関節になっています。

ブルーディスティニー1号機EXAM
写真は肩アーマーのアップです。
腕部の可動ギミックとしては、写真のように肩アーマーの一部が外側にせり出す機構が内蔵されています。
(ここが伸びるのは、やはりEXAM用です。)

ブルーディスティニー1号機EXAM
ブルーディスティニー1号機EXAM
さて、腕部を胴体に取り付けると、こんなカンジになりました!

ブルーディスティニー1号機EXAM
写真はブルーディスティニー1号機の上半身のアップです。
うーむ、肩アーマー上部にパイプのようなものが付いているのは、陸ジムか陸ガンのようですね。

そういえば、このキットは肩のジョイントが上に可動するので...

ブルーディスティニー1号機EXAM
肩アーマーを逆さにしなくても、「我が生涯に一片の悔い無し!」のポーズをとることができます^^;。
これまでも肩が上がるキットは結構ありましたが、このキットは肩のジョイントパーツが変わっているので、今後はこっちが主流になっていくのでしょうかね?

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5124
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム