ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG ジャスティスガンダム その11

@ 2017年7月15日

今日は「MG ジャスティスガンダム」のバックパックの中央ブロックの組み立てを行いました。

MG ジャスティスガンダム
ということで写真は「MG ジャスティスガンダム」のバックパックとなるファトゥムの中央ブロックです。ファトゥムは最終的にはここに、翼とビームキャノンが付く仕様となっています。

MG ジャスティスガンダム
写真はファトゥムを斜め前から見たところです。
見ての通りディテールがかなり凝った作りになっていますが、このファトゥムだけで、小さめのHGが1体組めるほどの数のパーツが使われている印象です。

MG ジャスティスガンダム
写真は前方部分のアップです。
これを見ると吸気口のスキマから内部に、黒いタービンのようなものが見えますが、こういったところまで作り込まれているのが良くできています。

MG ジャスティスガンダム
写真はファトゥムを後方から見たところです。
後方にはバーニアなどが付いていますが、ここもかなり複雑な形状をしています。

MG ジャスティスガンダム
こちらはファトゥムを裏側から見たところです。
本体への取り付けパーツは、1点マウントとなっているのが意外ですが、凸部がかなり長いので不安なく取り付け可能だと思います。

MG ジャスティスガンダム
さて、このファトゥムの可動箇所としては、左右のユニットが写真のように大きく展開します。これで飛行形態のときに面積が広がるので、随分と上に乗りやすくなりそうですね。

MG ジャスティスガンダム
そして写真の機関砲は...

MG ジャスティスガンダム
左右に回転し、さらに銃口が上下するようになっています。
こんな細かなところまで再現されているのは、なかなか芸が細かいですね。

MG ジャスティスガンダム
そしてなかなか良くできているのが、後方のバーニア部分です。
ここは写真の状態から...

MG ジャスティスガンダム
バーニアを後ろに引き出すと、これと連動して上下の赤いパーツが開くようになっています。

MG ジャスティスガンダム
さて、このファトゥム(ただし中央部分のみ)を、写真のジャスティスガンダムの背中に取り付けると...

MG ジャスティスガンダム
こんなカンジになりました!
と、これは...。やはりかなりデカいですね。
(上半身が完全に隠れるサイズです。)

MG ジャスティスガンダム
写真はジャスティスガンダムを横から見たところです。
先程の説明の通り、1点マウントでファトゥムがかなり離れた位置に装着されていることがわかります。
また、背中が重いためある程度前傾しないと、自立できないようになりました。

MG ジャスティスガンダム
さて、次回はこれに羽が生えます。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/5037
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム