ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG サイコザク Ver.Ka その7

MG サイコザク Ver.Ka @ 2016年12月31日

今日は「MG サイコザク サンダーボルト版Ver.Ka」の腕フレームの組み立てを行いました。

MG サイコザク
写真は「MG サイコザク Ver.Ka」の腕フレームの内部構造です。
(例によって関節のシーリングがあるので、先に中を紹介です。)

MG サイコザク
写真はヒジ関節を曲げたところです。
ヒジ関節は二重関節となっていて、写真のようにほぼ180度曲がります。
ちなみにマニピュレータは、ベースとなるザクVer.2.0では指が可動式でしたが、このキットでは指が固定式のものが採用されています。(可動式のパーツは余剰パーツになっています)

MG サイコザク
ということで、写真は「MG サイコザク Ver.Ka」の腕フレームです。
ヒジ関節はヒザと同じ仕組みで、シーリング用のパイプ状のパーツを被せてあります。

MG サイコザク
写真は腕フレームを横から見たところです。
この状態から...

MG サイコザク
ヒジを曲げるとシーリング用のカバーも写真のように伸びます。
ただ、シーリングのアイディアはいいのですが、何となく関節が膨らみ過ぎなように見えます。でも、外装が付くと露出する部分が減るので、このあたりの印象は大分変わるのでしょうか...。

MG サイコザク
MG サイコザク
さて、胴体に腕フレームを取り付けるとこんなカンジになりました!


さて、本日は大晦日ということで、当ブログの更新もこの記事が今年最後となりました。
今年も読者の皆さんには、いろいろとお世話になりました。
(特に、部品の付け間違いの指摘は大変役に立っています^^;)

これから我が家では、紅白+夕食+年越しそば、という定番の年末モードに入ります。
ということで、今年もありがとうございました。

MG サイコザク
では皆さん、よいお年を!


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4895
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム