ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGCE ストライクフリーダムガンダム まとめ

HGCE ストライクフリーダムガンダム @ 2016年12月 8日

「ストライクフリーダムガンダム」といえば、テレビアニメ「ガンダムSEED DESTINY」で登場した(実質的に?)主役機と思われるMSである。パイロットはキラ・ヤマトさん。本機体は、キラ・ヤマトが途中でフリーダムガンダムから乗り換えた最新の機体でアニメ終盤に登場する。劇中では多数のMSを一瞬で戦闘不能にしたりなど、かなりの無双ぶりを発揮しており、最強の呼び声も高い機体となっている。

このストライクフリーダムガンダムはHGで2005年に発売されているが、今回HGUCシリーズとして新たにリリースされることになった。

さて、この「HGCE ストライクフリーダムガンダム」はキットとしては

 ・HGながらゴールドを成型色で再現!
 ・ヒジやヒザは180度近い可動を確保。
 ・ビームライフル、レールガン、ビームシールドなどの強力な武器が標準装備!
 ・ウイングユニットは全体が可動するだけでなく、羽部分が展開可動する。
 ・お約束のフルバーストモードも再現可能

となっている。HGの発売から10年以上経過した現在...。同じ機体がガンプラとしてどの程度の進化を遂げているかを確認するためにも、ぜひこのストライクフリーダムガンダムを作ってみることをオススメする!

・塗装必要個所
 成型色とシールでほぼ設定どおりとなる。細かく見れば部分塗装が必要な箇所もあるが、そのままでもほとんど大丈夫。
細かな部分としては
 ・ヒザ凸部のグレー
 ・脚部や足の甲の窪みの黒
 ・バックパック内部の赤
など

・合わせ目はパーツ分割が工夫されているため、ほとんど目立たない。
 気になるのは翼の中央部分ぐらい

・武器、付属品
ビームライフルx2(腰にマウント可、連結可)
ビームシールド(腕にマウント可)
ビームサーベルx2(サイドアーマーにマウント、ビーム刃はクリアピンク成形)
クスィフィアス3レール砲x2
握り手、平手(各左右)

・可動
最近のHGUCシーリズということで可動はかなり優秀。
 ・ヒザやヒジは2重関節になっていて180度近くまで可動する。
 ・足先も可動する
 ・腰は左右前後に可動する機構付き
 ・翼は小羽が開き、さらに全体が可動する。


■おまけ

○同じMSとは思えない...

HGCE ストライクフリーダム
今まで作った1/144スケールのストライクフリーダムを並べてみました。
左からHG, HGCE, そして一番右はRGのストライクフリーダムです。

HGCE ストライクフリーダム
さて、見て驚きなのは写真のHGと今回のHGCEのプロポーションの違いです。
HG作製当時は、アニメの影響による脳内補完?が働いてか、それなりにカッコよく見えたHGのストライクフリーダームも、こうしてHGCEと並べてみると、随分と手足が短くズングリした体型だということが分かります。

HGCE ストライクフリーダム
写真はHGとHGCEを横から見たところです。
と、この角度から見ると今回のキットのほうが、二回りほど背が高いことがわかります。
同じスケールで、この身長差というのは、もはや同じMSとは思えないような気がします。

HGCE ストライクフリーダム
さらに翼のサイズもこの違い...。
ちなみにですが、初代HGは小羽部分は固定式で展開することはできませんでした。
このあたりはやはりガンプラの進化を感じてしまいますね。

HGCE ストライクフリーダム
さてお次はRGとの比較です。
写真右がRGですが、先ほどのHGほどではありませんがやはりHGCEのほうが、若干背が高くスマートになっています。

HGCE ストライクフリーダム
2機を横から見たところです。
この角度から見ると、HGCEはRGより一回りほど大きいことがわかります。

HGCE ストライクフリーダム
こちらは2機のリアビューです。
翼もやはりHGCEのほうがかなり大き目サイズとなっています。

HGCE ストライクフリーダム
ただし、RGは翼の内部にゴールドの箇所があるなど、かなり細密な作りになっています。
このあたりは、キットのコンセプトの違いによるのでしょうね。

さて、せっかく3機が揃ったので...

HGCE ストライクフリーダム
HGCE ストライクフリーダム
3機揃って、トリプルフルバーストモードです。
うーむ、ストライクフリーダムが3機いれば、もはや無敵状態ですね^^;。

B01LEQL8J0HGCE 201 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ストライクフリーダムガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
バンダイ 2016-11-12

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4877
コメント

>なあキ○ヤシ、花田あ○○○○は九割がたのライトユーザーで嫌われる毛虫
 なのになんでまだ現場にいるんだ?
最初から花田あ○○○○は手抜き仕事をして信頼と期待を
土足で踏みにじりライトユーザーにいやがられるという
固定観念を打破したいんだよ、どこかに花田あ○○○○の
脳内妖精さんがあなたを応援している人がきっといるわって
いうから探しているんですよ、ですが、シリーズ構成は
バカ高いギャラの代わりに手間暇をかけてきちんとお話を
書かなきゃいけないのにライトユーザーの需要を調べ原作を
隅から隅まで何度も読んでほぼすべてのユーザー様に納得していただける
よう健全な演出で反映させるという一番手間がかかる作業を端折るんだから
嫌がられるのは仕方ないのではありませんか?
だが、花田あ○○○○は自分が何かの間違いでバブルで受けたから
全員そうなんだ、だから俺が自分流を通しても何かの間違いで
受けるんだという熱い信念をもって雑なやっつけ仕事をしているんだよ、
なっ、なんだってぇぇー!!

若干最後の審判的に巨神兵に見えいえなんでもありません、
三体並ぶとスパロボの合体攻撃みたいでめちゃめちゃかっこいい!
まさに、それでも僕は守りたい世界があるんだ!デスナ!!

狂男爵、偽 @2016年12月 9日 04:56
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム