ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC デルタガンダム その8

HGUC デルタガンダム @ 2016年9月28日

今日は「HGUC デルタガンダム」の腕部の組み立てを行いました。

HGUC デルタガンダム
写真は「HGUC デルタガンダム」の腕部です。
腕部はヒジ関節と動力パイプを除いて、全体がゴールドとなっています。

HGUC デルタガンダム
写真は前腕部分のアップです。
赤い動力パイプは百式と同様ですが、パイプが随分と太くなっているように思えます。

HGUC デルタガンダム
こちらは前腕をヒジ側から見たところです。
うーむ、ここも中央の合せ目がかなり目立ちますね...。
(あと、ヒジ付近の赤い部分はシールで再現となっています。)

HGUC デルタガンダム
写真はデルタガンダムの前腕を横から見たところです。
ということで、気になるヒジの可動はと言うと...

HGUC デルタガンダム
写真のところまで曲がります。
こうして見ると、最近のHGUCよりは可動範囲が狭いように見えますが、可変機ということを考えるとこれぐらい曲がれば充分な気もします。
そして、肩関節は写真のように軸がほぼ90度上方に可動しますが、これはやはりウェーブライダーへの変形用なのでしょうか?

HGUC デルタガンダム
こちらは腕部の内部構造です。
この状態から...

HGUC デルタガンダム
ヒジを曲げると、写真の状態になります。
ヒジ関節は最近主流となっている2重関節ではないので、可動範囲がここまでというわけですね。

HGUC デルタガンダム
腕部を胴体にドッキングすると、こんなカンジになりました!

HGUC デルタガンダム
HGUC デルタガンダム
上半身のアップです。
こうして見ると後方は、平らで鏡のような面が多いですが、これなら後ろから撃たれてもビームを反射できそうですね。

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4822
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム