ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

1/100 ガンダムグシオン/グシオンリベイク その5

1/100 ガンダムグシオン/グシオンリベイク @ 2016年2月27日

今日は「1/100 ガンダムグシオン/グシオンリベイク」の胸フレームの組み立てを行いました。

1/100 ガンダムグシオン
写真は「1/100 ガンダムグシオン/グシオンリベイク」の胸フレームです。
さて、ここもよく似ているバルバトスのフレームとの違いは...

1/100 ガンダムグシオン
正面からはゴールドのシールの部分の形状が違っています。

1/100 ガンダムグシオン
1/100 ガンダムグシオン
上がグシオンで下がバルバトスですが、グシオンは肩の上のピンの中央に穴が開いていて、肩のアームの長さも随分と違います。また、胴体中央の背骨のようなパーツも、結構付いている位置が違います。

1/100 ガンダムグシオン
1/100 ガンダムグシオン
こちらも上がグシオンで下がバルバトスです。
これを見ると細部に違いがありますが、やはり一番大きな違いは腰へのジョイント部が、バルバトスが球体関節なのに比べ、グシオンは円筒形になっているところでしょうかね。(保持力としては円筒形のほうが、しっかりとしてヘタりにくいですが。)
あと、グシオンの肩関節のブロックは胴体に密着しているので、ここも保持力は高そうです。

1/100 ガンダムグシオン
写真はグシオンの胸フレームの背骨?を可動したところです。
この部分はグシオンのほうが可動が広いです。

1/100 ガンダムグシオン
さて、胸フレームを下半身に取り付けると、こんなカンジになりました!

1/100 ガンダムグシオン
バルバトスでも存在し、特に用途の無かった肩の上のピンですが、このグシオンでは穴まで開いているところを見ると、いよいよここに何かを取り付けることになるのでしょうか?

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4650
コメント

>やっぱりというか、デートアライブ劇場版はずれ臭いな、
前評判はよかったんだ、
TV放映版一機一話から五話までは神クォリティなんですが、
序盤からのこの露骨なコストカットが透けて見える作画崩壊は
許せませんね、ですが、KODOKAWAだから仕方ないんじゃ
ありませんか?すでに完成している蒼の彼方のフォーリズム
がザクザクシナリオ演出構成作画がガタガタ落ちてきているは
ともかく問題はわがままハイスペックの公開された原画の
時点で先行放映アニメが作画崩壊で露骨にダメアニメなのが
不安材料なんだよ!!なっ、なんだってぇー!!

ガンダムの魅力の一つがロボット戦艦住宅環境食料なんでも
工業製品に見える作画構成演出シナリオが感情移入しやすい
上で正義のために少年が悪と戦うという嘘をそんなばからしいものは
現実には存在しないと知っているえらい大人がまじめに作っている
ことがすごく作品の完成度を高くして面白いのが問題で
御大がガンダムが嫌いという話は些細な完全に趣味領域でしかない、
まあHGを許すかどうかは個人的な問題ですが、
共通フレームはなかなか丁寧な出来でいいと思いますよ、
まさに、来たかソレスタルビーイング、だがスメラギ今更
お前たちに何ができる、でも希望はあるわ、デスナ!!

狂男爵、偽 @2016年2月28日 04:15
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム