ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ) その3

HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ) @ 2015年12月15日

 今日は「HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ)」の脚部の組み立てを行いました。

MG ガンダム ORIGIN版
写真は「HGUC ガンダムMk-II」の脚部です。
やはりガンダムMk-IIだけあって、脚部はかなりマッシブな感じですね...。

MG ガンダム ORIGIN版
写真は「HGUC ガンダムMk-II」の脚部を横から見たところです。
これを見ると、スラスターもちゃんと黄色で色分けされているのがいいですね。
さて、気になるヒザの可動はというと...

MG ガンダム ORIGIN版
ヒザ関節は写真のように120度程度曲がります。
まあ、脹脛が大きめなのでこれだけ曲がれば充分ですね。

MG ガンダム ORIGIN版
さて、写真は脚の内部構造です。
この状態からヒザを曲げると...

MG ガンダム ORIGIN版
写真のようにヒザ関節は2箇所が可動する仕組みとなっています。
ヒザ上の丸いパーツにより、可動時に中が見えるのを防いでいるのと、ヒザ裏の動力パイプがギリギリで隙間に収まっているのはなかなか良く考えてありますね。

さて、写真の構造だと白い外装パーツを付けなくても、自立できそうなので...

MG ガンダム ORIGIN版
MG ガンダム ORIGIN版
足先を取り付けてみると、やはり写真のフレームのような状態になりました!
うーむ、HGUCも内部にフレームのようなものが標準になっていくのでしょうかね?
(内部構造が分離されているとRGのフレームのように、いろいろ再利用もききそうですし。)

MG ガンダム ORIGIN版
ということで、写真は外装パーツを取り付けたところです。
MK-IIの脚部は全体的にゴツい感じがしますね。

MG ガンダム ORIGIN版
脚部だけですがポーズを付けてみました。
と、つま先は動かないものの足首がボールジョイントになっているため、脚部をかなり前傾することができます。これだけ動けば、いろいろなポーズができそうですね。


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4587
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム