ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ) まとめ

HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ) @ 2015年12月26日

「ガンダムMK-II」といえば、テレビアニメ「機動戦士Ζガンダム」の番組前半の主役機である。このエゥーゴ仕様は、元々ティターンズ仕様であった黒いガンダムをエゥーゴが白く塗り替えたものとなっている。パイロットはカミーユさん他。
このガンダムMk-IIはHGUCとして2002年(このときはティターンズ仕様)でリリースされているが、それから13年後の現在、Revive版として再度リリースされることとなった。
さて、この「HGUC ガンダムMK-II エゥーゴ仕様」はキットとしては

 ・最新の技術を使い、初代HGUCに比べ可動を大幅に改善!
 ・プロポーションは、スマートな今風のフォルムに変化!
 ・本体の色分けは成型色で主要な部分はほぼカバー
 ・ただし、バズーカなど武器類の色分けは今ひとつ。
 ・カメラアイはクリアパーツを採用しているが扱いが難しい...

と、なっている。
Zガンダムで2代目のガンダムとして登場した本機であるが、色は白と黒の2バリエーションあるので、お好きな方を作ってみることをオススメする。

・塗装必要個所
 本体は成型色とシールでほぼ色分けされている。ただしハイパーバズーカはグレーの成型色になっているなど、設定通りの白にする場合はかなり塗装する箇所がある。部分塗装が必要なのは
・脚部、肩等バーニア中央のグレー
・脛部バーニアの黄色
・足先窪みのグレー
・バルカンポッドの丸い部分の赤
・バックパックバーニア内部の赤
・ハイパーバズーカの砲身の白
・ビームライフルの塗り分け等...


・Revive版だけあって合わせ目はかなり少ない。気になる箇所としては
 ・頭部側面
 ・武器の中央部分
など

・武器、付属品
ビームライフル(腰にマウント可。)
シールド(腕にマウント可。伸縮可能)
ビームサーベル(刀身はクリアピンク成型)
ハイパーバズーカ(お尻にマウント可。)
頭部バルカンポッド
握り手左右

・可動
Reviveということで可動は非常に優秀。
 ・ヒジは180度近くまで可動する。
 ・肩アーマーは基部を含めてほぼ真上に可動する斬新な作り。
 ・特殊な接続方式で胴体部分が可動
 ・股関節は上下方向への回転機構付き。

■おまけ

○ガンダムMk-II Revive Before After

MG ガンダム ORIGIN版
初代のガンダムMk-IIと今回のRevive版を並べてみました。
(ちなみに初代はスーパーガンダムなので、手にはロングライフルを持っています^^;)
うーむ、同じ1/144スケールのはずなのに、Revive版のほうが明らかに背が高いです。
あと、ガンダムもそうでしたが、やはりRevive版のほうがスマートなフォルムになっているように思います。

MG ガンダム ORIGIN版
意外なことに色分けは初代HGUCもRevive版とそれほど遜色はありません。

MG ガンダム ORIGIN版
こちらは上半身のアップです。
と、同スケールなのに肩アーマの位置が随分と違いますね...。
あと、Revive版のほうが頭部が小さいのでさらにスマートに見えます。

そして、新旧で最も違いを感じるのは...

MG ガンダム ORIGIN版
写真の関節の可動範囲です。
特にヒジ関節は見るからに可動範囲が違いますが、Revive版では胴体に可動箇所が増えていたりと、こと可動に関しては時の流れを感じてしまいますね。

さて、このRevive版Mk-IIのバックパックは、中央のパーツを外すと何かを取り付ける穴が開いています。
これはもしかして...

MG ガンダム ORIGIN版
やはり、スーパーガンダムのGディフェンサーを背中に付けることができました!
本体が2015年で、Gディフェンサーが2002年製なので、まさに10年越しの合体ですね。

MG ガンダム ORIGIN版
ちなみにロングライフルは、Revive版Mk-IIのマニピュレータには取り付けできなかったのがちょっと残念です。


B014SCW5LWHGUC 193 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
バンダイ 2015-11-28


ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4596
コメント

>なあキ○ヤシ、状態変化でバットエンドVOL1と書籍版が大ヒット
 したにもかかわらずなんで最近ほとんど石化がないんだ?
息が止まるとか精気ちゅーちゅーされてミイラ化と変わらないよねとか
普通に考えて二百キロあるよね頭おかしいのとか石になったヒロインが
はっきょうしないなんてわけがわからないよとかコアなひとでもついていけない
明らかにリョナ汚染が深刻な意見をガ行さんたちがほざいているからな、
めんどくさいんですよ、DLSITE.COMを見る限り
ちゃんとかかないと売れませんがちゃんと作って売れてもガ行さんたちは
チミたち下等生物はわかってないねってほざきやがりますね、
ですが、ガ行さんたちがおっしゃるように石化が手間がかかりますが
引く人がいるからないし合っても削られるのは仕方ないのではありませんか?
いないんだよ、ヒロインがああっ!!?って絶望の姿で石化で引く人間なんか、
はっ!!?どういうことですかキバヤシさん、我々の陰謀論や山本先生の
エロヒム的存在ガイコクノショウネンと同じ話で石化で引く人間は語る
ひとの頭の中だけの存在なんだよ、なっ、なんだってぇー‼

進化がすごいですね、まさに、この機体はあなたなんかよりアムロのほうが
似合うと思わない、その考えはアムロさんを殺しますよ、デスナ!!

狂男爵、偽 @2015年12月27日 04:52
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム