ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGCE フリーダムガンダム まとめ

HGCE フリーダムガンダム @ 2015年9月13日

「フリーダムガンダム」といえば、テレビアニメ「ガンダムSEED」で番組後半から登場した主役機である。パイロットはキラ・ヤマトさん。フリーダムガンダムは、背中の翼が最大の特徴であるが、この「HGCE フリーダムガンダム」はいくつかの翼が繋がって成形されているものの、ハイマットモードなどがきちんと再現できるように工夫されている。

ファースト系以外では初Reviveとなる、「HGCE フリーダムガンダム」はキットとしては

・最新の技術を使い、HGながらMGレベルの可動を実現!
・プロポーションはさらにスマートなフォルムに変化!
・背中の翼は、もちろんハイマットモードにも変形!
・色分けは設定通りとはいかないが、生成色とシールで主要な部分はカバー
・カメラアイのクリアパーツはガンダム同様に扱いが難しい...
・ただし背中が重いので自立が困難。ディスプレイベース使用を推奨!
と、なっている。

今後、ReviveシリーズとしてSEEDシリーズの人気の機体もリリースされると思われるが、まずはこのフリーダムガンダムを手にとってみることをオススメする。(個人的には、ジャスティスさんとかも出して欲しいところです。)

・塗装必要個所
 主要な部分は成型色とシールで色分けされている。ただし、細かな部分まで設定通りにするなら、それなりに部分塗装が必要となる。部分塗装が必要な主な箇所は以下の通り。
・脛やバックパックなどのスラスター内部の赤
・脹脛やヒザ関節の窪みの黒
・サイドアーマーの凸部、ビームサーベルラインの黒
・肩アーマーのバーニア基部の白
・頭部バルカン砲のグレー
など。

・合わせ目はほとんどがモールドとして処理されているため、あまり目立たない。ただし、頭部側面の合わせ目は結構目立つのがちょっと残念。

・武器、付属品
ビームライフル(腰にマウント可)
シールド(腕にマウント可)
ビームサーベルx2(刀身はクリアピンク成型)
バラエーナ プラズマ収束ビーム砲x2
クスィフィアス レール砲x2
握り手(左右)

・可動
Reviveということで可動は非常に優秀。ヒジやヒザなどは180度近くまで可動する。
 ・ヒジ、ヒザは180度近くまで可動する。
 ・肩アーマーはReviveガンダム同様に、真上に可動する。
 ・特殊な接続方式で胴体部分が可動
 ・背中の翼は収納時やハイマットモードなど、各形態に変形可能。

■おまけ

○RG&HGCE フリーダムガンダム

HGCE フリーダムガンダム
2011年にリリースされた、同スケールのRGと並べてみました。
左がHG,右がRGですが全体的なプロポーションは割と似ているように思えます。

HGCE フリーダムガンダム
上半身のアップです。
こうして見ると、レールガンの色分けやディテールなどは、やはりRGのほうが細かいですね。

HGCE フリーダムガンダム
写真はHGとRGを横から見たところです。
うーむ、こうして見るとHG長いは翼が下まで2色で分割されていますが、RGのほうは色の分割が違います。このあたり、RGでは小羽が展開するなどのギミックが付加されているので、こうなっているのでしょうね。

ということで最後は...

HGCE フリーダムガンダム
HGCE フリーダムガンダム
ダブルフルバーストモード?です。
フリーダムが2機いたら、かなり最強ですね!

B00YGEKDBWHGCE 192 1/144 フリーダムガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
バンダイ 2015-08-08

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4509
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム