ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

PG ユニコーンガンダム その9

PG ユニコーンガンダム @ 2014年12月22日

今日は「PG ユニコーンガンダム」の腕フレームの組み立てを行いました。

PG ユニコーンガンダム
写真は「PG ユニコーンガンダム」の腕フレームのパーツです。
肩アーマーとマニピュレータが含まれていないのもあってか、片腕で32個とこのキットとしてはパーツが少な目です。

PG ユニコーンガンダム
写真は腕フレームを組み立てたところです。
前腕部がほとんどサイコフレームで覆われていますが、実際に前腕部の前半分はグレーのパーツがなく全てピンクのパーツとなっています。

PG ユニコーンガンダム
写真は腕フレームを横から見たところです。
気になるヒジの可動範囲はというと...

PG ユニコーンガンダム
さすがPGだけあって、ほぼ180度近くまで曲がります。

PG ユニコーンガンダム
こちらは腕フレームの内部構造です。
この状態からヒジを曲げると...

PG ユニコーンガンダム
写真のように2重関節になっているため、写真の所まで曲がります。
ヒジ関節と連動して可動するパーツも1個は付いていますが、脚部などに比べるとかなりあっさりとした作りですな。

PG ユニコーンガンダム
写真は前腕部のアップです。
ヒジにはサーベルラックが付いていて、ここは根元から可動します。

PG ユニコーンガンダム
腕フレームを本体に取り付けると、こんなカンジになりました!

PG ユニコーンガンダム
上半身のアップです。
脚部のパーツ数がスゴかっただけに、腕部が半分程度のパーツだったのはちょっと意外でした。

PG ユニコーンガンダム
さて、話は変わりますが、この「PG ユニコーンガンダム」では、2個のポリキャップで軸を支えるようなケースでは、片側が通常のポリキャップ、もう片方がPOM(ポリアセタール)が使われていることが多いです。(写真では、左の黒っぽいのがポリキャップ、右のグレーっぽいのがPOMのパーツです。)
パーツとしてはPOMのほうが堅いので、2つのパーツを組み合わせることにより、可動の柔軟性と硬さを両立させているのではないかと思われますが、これは経年変化によってどうなるのでしょうね?(ポリキャップは時間でヘタりやすいですが、POMはもしかして大丈夫?)


【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4281
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム