ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

MG Hi-νガンダム Ver.Ka その9

MG Hi-νガンダム Ver.Ka @ 2014年9月10日

さて、今日から「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」に外装を取り付けていきます。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真は「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」の脚部の外装パーツ(片脚分)です。
脚部はMSの大きさの半分を占めるだけあって、かなりのパーツが使われています。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
ということで、写真の脚フレームにこれらの外装パーツを取り付けると...

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
こんなカンジになりました!
うーむ、大腿部に比べてヒザから下のボリュームがかなりありますね。
まあ、脹脛部にはバーニアなどが内蔵されているので、大きくなってしまうのでしょうが。

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
こちらは脚フレームを後ろから見たところです。
ここに外装が付くと...

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
複雑だったフレームのディテールも外装に隠れてシンプルな感じになります。
ただし、脹脛部には何やらパズルのような分割パターンがあります。
ここはもちろん...

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真のように分割ラインで外装が開いて、バーニア展開状態になるギミックとなっています。
(バーニアが上がるだけでなく、左右の外装も横に開きます。)

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
さてこちらは「MG Hi-νガンダム Ver.Ka」の脚部を横から見たところです。
この状態からヒザを曲げると...

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
写真のように外装を付けても可動範囲はほとんど変わりません。
あと、よくある大腿部のスライド装甲や、ハデに変形するヒザアーマーなどはこのHi-νガンダムには採用されていないようですが、自分的には今回のようにヒザのシリンダーが伸びるぐらいのエフェクト?で、十分な気もします。(バンダイさんも、いろいろなギミックを試してみて、結局一巡して元に戻ったというところでしょうかね?^^;。)

MG Hi-νガンダム Ver.Ka
これで脚部に外装が付きました!

【 このガンプラを管理人と一緒に作る Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/4190
コメント

>じんるいきゅうわりをしゅくせいしろといわれれば
 こうするしかあるまい、
学生はまうすとぅまうすをおもしろがって
みくもせんせいはじんこうこきゅうは
いがくてきにただしくないというが、
らぶこめじゅようにこたえないと
たかやまかつひこせんせいとくろぶちせんせいは
すうじをもってないとじゃぶろーの
もぐらさんたちにかんちがいされますからっ!?
(こじんてきにみょうにおおいしょうもないつっこみと
 みょうにこうるさいきょうようがはなについて
 たかやませんせいはこのみではありませんが…、
 さかきせんせいといっしょでまじめなきんむたいどだけは
 こうかんがもてなくもないのですが…、)

鮮やかに咲き誇ったギミックが見ごたえがあって
ギュネイをヤったのっ!?デスナ!!
膝は素人考えデスガ強度と組みやすさを
念頭に入れると断念せずにはいられなかったのでは…。
管理人様がこれだけきにかけてらっしゃるので、
次は折れると言われようが、子供には大変と
現場から抗議が殺到しようが、
そういえばミライくんガンプラブログでは
このような意見があるそうだね、
そうだサイド6は罰金でボロ儲けしているそうだから
悪いことは現場の人間とカムラン君に
押し付けるから君からうまくごまかして
尚克連中の自己責任ということに書類で
処理しておいてくれないかね、トカニナル???

狂男爵、偽 @2014年9月11日 05:14

私のディープ・トーホグ話から炎上したようで…
出火お詫び申し上げます(笑)

私も「よそでやれ」って意見は御立場を勘違いされていると思います。波平が穴子さん家の酔っ払い客に「バカもん帰れ」とは言わんでしょう?

まあ、ガンプラに関係の無い方向に振りすぎましたね。その点は反省し改めます。
私も長年名無しで住んでましたが、内輪のやりとりが楽しそうだったので最近コテハンで新規参入したものです。みんなに受け入れてもらい楽しく技術の話もできてためになってます。コテハンで内輪云々という御批判もありましたが、コテハンでっていうのはオピニオンを持つ一個人として皆に認識される反面、自分の発言にある程度の責任が伴います。だからネガティブな意見であっても皆さんに伝わるし議論できて改善出来るんです。名無しでああでもないこうでもない、ああしろこうしろっていうのは伝わらないし「荒らし行為」になりますよ(名無しコメ全てを否定するわけではありません)。ましてや男爵をdisる、コマネチを否定するなど荒らし以下の最低の行為ですよ。
長々とすみません。出火元として言わせていただきました。

さて、本題(笑)。
この脹脛の配色はシールドの縞模様があってこそだと思います。通常が白でHWSがブチ模様…カトキさんの真意って何なんでしょうね?

黒い三連トイプードル @2014年9月11日 05:38

カトキの真意もなにも、元々の1番最初のHi-νのデザインでは、本体のこのカラーリングと、以前のMGでのシールドのカラーリングがセットではなかったんだから

その1番最初のデザインに忠実なHi-νを作ろうとしたらこうなるっしょ

本当はこのキットにブチ柄のデカール入れたかったらしいけど、一般販売する方にそんなに大きなデカールは入れたくなかったから、こちらのキットは、こうなったらしいよ。
真っ白なら自由に塗装もしやすいだろうと
(ソースはプレバンのHWSのページのカトキのインタビュー)


それに私も本体の肩や、この脹脛などのカラーリングを見て、このキットでも、シールドのスプリッター迷彩似合うんじゃね?って思ったんだけど
前のMG版、いわゆる公式版のデザイン見てみたら、
このキット(オリジナル版)のデザインでは、白と紫の境界がまっすぐな所が、公式版はほとんどジグザグしていて、
本体とシールドのカラーリングがすごく合わせられてるのに気付いた。

だから、このキットでもシールドのスプリッター迷彩は似合うかもしれないけど、以前のMG版と同じのを持ってこなかったのは、個人的には良かったと思うな。


とにかくカトキの真意はオリジナル版への強いリスペクトでしょ

ただVer.Ka出すんだから独自のギミックを入れるのも当然だから、そういうのも入ってるけどね

Anonymous @2014年9月11日 06:24
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム