ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC ジム改 まとめ

HGUC ジム改 @ 2012年10月23日

「ジム改」といえば、OVA作品「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に登場した量産型MSである。このジム改は一年戦争末期より量産された機体で、当時の連邦軍MS用のリファレンス機となっていた。ただし、相当数が生産されたにも関わらず、トリントン基地に配備されたジム改の多くが、ろくに交戦もしないまま撃破されるなど、大きな戦果を上げることはなかったとされている。

さて、このジム改はキットとしては
 ・初代ジムからは随分と洗練されたそのフォルム。
 ・成型色でほぼ完璧な色分けを実現!
 ・特徴的な頭部バイザーはクリアパーツで再現!
 ・武器はバズーカとマシンガンの2つをセット!
 ・ハイクオリティな、マニピュレータが多数付属
となっている。これまで多数のジムがリリースされているHGUCシリーズであるが、ジムコレクターのあなたには、ぜひこのジム改も仲間に加えてみることをおススメする。

・塗装必要個所
付属のシールを貼れば、ほぼ設定通りの色分けとなるので、そのままでも大丈夫。
細かな部分では
 ・バーニア内部の赤
 ・肩アーマーのスラスタのグレーと赤
 ・バックパック中央部や、サーベルラック下部などのグレー
 ・ハイディテールマニピュレータの手の甲の白
なお、腰のV字マークはシールで再現だが、シールだといまいちシャープさに欠けるので、ここは部分塗装をオススメする。

・合わせ目はパーツ分けが工夫されているためかなり少ない。合わせ目があるのは
 ・前腕中央
 ・頭部側面
 ・武器の中央部
などだが、この中で目立つのは前腕くらい。。

・武器、付属品
360mmハイパーバズーカ
90mmマシンガン
シールド
ビームサーベル×1(持ち手のみ付属)
握り手左右、武器用握り手右、サーベル用握り手右、平手左右、手首可動式左平手


・可動
可動はヒジ関節がほぼ180度曲がるなどかなり良好。このジム改の武器は主にマシンガンとバズーカだが、これを構えるには十分な可動がある。また、マニピュレータは手首が可動式の平手があったりと、HGUCとしては意外な部分が可動する。
 ・ヒジは180度、ヒザは120度程度可動する。
 ・肩は結構前方まで接続基部が可動する。
 ・股関節にはイマドキやはりの回転機構は付いていない。

■おまけ

○ジム部隊勢揃い!

HGUC ジム改
今まで作製したHGUCシリーズのジムを全て集合させてみました。
数えてみるとなんと全部で11体!あとこれに寒ジム、ジム・キャノンもあるので、HGUCとしては全部で「ジム」と名前のつく機体は現在13体あることになりますね。

HGUC ジム改
HGUC ジム改
今のところメンバーは、
 ジム
 ジム改
 ジムII
 ジムIII
 ジムカスタム
 ジムコマンド
 ジムコマンド宇宙用
 ジムストライカー
 パワードジム
 ジムクゥエル
 ジムスナイパーII
の11体でこの状態で既にサッカーチームが組めます。
(FWはストライカーで、GKはもちろんパワードジムですな^^;)

HGUC ジム改
最後にスーパー戦隊ではないですが、V字型に隊列を組んでみました。
しかし、HGUCではまだ陸ジムやジムスナイパーなど、割と有名なジムでまだ登場していない機体も結構あるので、いつかは20体を越えて行きそうな勢いですね。

HGUC 1/144 RGM-79C ジム改 (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
B003OTINSU

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/3609
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム