ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC ジムカスタム まとめ

HGUC ジムカスタム @ 2011年2月 8日

ジムカスタムは、OVA「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」および、劇場版「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」などに登場する量産型モビルスーツである。このジムカスタムはジムの流れをくむジム系のMSであり、性能のトータルバランスの改善を図り、ジェネレーター出力の向上や各部推進装置の強化などが施されている。ジムカスタムにはNT1(アレックス)用に開発されたパーツがふんだんに盛り込まれており、オーガスタ系MSとしても屈指の高性能機となっている。そのためか、本機は主にエース級のパイロットが搭乗する機体となっている。

さて、キットのデキはというと
 ・ジム系の流用パーツは意外に少なく、多くは新規に設計!
 ・最新のHGUCだけあって、可動範囲も広くポーズが決まる。
 ・マニピュレータはなんと7個も付属。ウレシイ両平手付き!
 ・ジムなのにジムとは思えないカッコ良さ^^;
 ・HGUCなのにマーキングシールも付いている。

となっている。
ジムといえば、多くのバリエーションを持つ機体であるが、HGUCにまた新たなジムの歴史が加わった。この機会に、ぜひいろいろなジムを並べて比べてみることをオススメする!


・塗装必要個所
ほぼ設定通りの色分けで、付属のシールを貼ればそのままでも大丈夫。
ただし、設定どおりにしようとするとスラスターやバックパックなど以下の部分塗装が必要
 ・バーニア、スラスター内部(レッド)
 ・バックパック上部(グレー)
 ・シールドの裏側(グレー)
あたりの塗装が必要。
なお、腰のV字マークは、シールで再現となっているが、うまく貼れない場合は、部分塗装するのもいいかもしれない。


・スネ等パーツ分割が工夫されているため、合わせ目が目立たない部分がある反面結構合わせ目が目立ってしまう部分がある。
合わせ目があるのは
 ・前腕
 ・足首の後ろ側
 ・肩アーマー
 ・ジムライフル
 ・頭部
など。

・武器、付属品
ジムライフル
ビームサーベル×2(刀身はクリアピンク成形、1本は余剰パーツ)
シールド
握り手左右、手首が可動式の握り手右、銃持ち手(右)、左右平手、ビームサーベル用右手
HGUCにしては珍しくマーキングシールが付属。

・可動
可動に関してはかなり優秀。
特徴をあげると
 ・ヒジはABSによる二重関節。ほぼ180度曲げることができる。
 ・ヒザも同様に2重関節だが、こちらは90度とちょっとの可動。
 ・肩は引き出し式でアーマーを含めて前後に可動。
 ・つま先部分に前方への可動部分がある。

■おまけ

○フルバーニアンとジムカスタム

HGUC ジムカスタム
アニメで友軍機であったフルバーニアンと並べてみました。
ジムカスタムはジムとしては派手なほうですが、やはりガンダムと並べると地味に見えるから不思議です。(まあ、ガンダムが赤、青、黄と信号機のように目立つカラーリングだからでしょうが...)

○ジムの系譜

HGUC ジムカスタム
ジムカスタムの後継機である、ジムクゥエルと並べてみました。
こうしてみると、腰アーマーの形など(V字マークとかも)全体的にそっくりですね。
(肌の色は違うけど、ほとんど双子の兄弟といったところでしょうか...。)

HGUC ジムカスタム
そして、ジムカスタムの遙か遠い?ご先祖さまの初代ジムと並べてみました。
うーむ、これは...。これが同じシリーズというのはやはり信じられませんね。

といいつつ、私は初代ジムはとても好きですよ^^;。
弱ければ、大群で行けばいいんだ。今ならボールも2機付けてア・バオア・クーへGo!

B004ANBDG8HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)
バンダイ 2011-01-22

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/3073
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム