ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC ザクIIF2 その1

HGUC ザクIIF2 @ 2010年2月28日

 さて今回は久々に、懐かしいMSがリリースされました!

HGUC ザクIIF2
ということで、写真は今回作製する「HGUC ザクIIF2」です。
この機体は、ファーストガンダムに登場した、いわゆる量産型ザク(その後、ザクIIと呼ばれるようになりましたね^^;)の後継機のようですが、見た目はもうファーストガンダムのザクそのものです。

では、さっそくパーツをチェックしてみましょう。

HGUC ザクIIF2
写真は「HGUC ザクIIF2」の全てのランナーです。
ランナー数はポリキャップを含めて全部で6枚となっています。

HGUC ザクIIF2
写真は多色成形のAランナーです。
このランナー、多色成形といっても色の違いが分かりにくいですが、左上の2つのパーツが緑、そして上部の足先などのパーツが暗いグレー、それ以外のパーツが明るいグレーの三色となっています。

HGUC ザクIIF2
写真は、マニピュレータですが、最近のHGUCに準拠したハイディテールなものとなっています。

HGUC ザクIIF2
写真は緑のBランナーです。
やはり、ザクといえばこの薄い緑色ですね。

HGUC ザクIIF2
で、こちらはやはりザクの胴体でお馴染みの、濃い緑色のCランナーです。

HGUC ザクIIF2
写真はグレーのDランナーで、2枚付いています。
右下には脚部に取り付けるミサイルポッドのパーツがセットされています。

HGUC ザクIIF2
最後はポリキャップと、シールですが、いつものようにモノアイはシールで再現となっているようです。

さて、2003年に発売されたHGUCの量産型ザクから既に7年が経過しましたが、この「HGUC ザクIIF2」は後期量産型の名の通り?ちゃんと最新の技術が取り入れられているようです。この7年でHGUCのガンプラがどの程度進化したのか?きっと、このキットを組み立てていく過程で明らかになってくるのでしょうね。

【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/2775
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム