ガンプラ好き管理人による、ガンプラ作成日記、ガンプラ情報など

ガンプラ BLOG (ブログ)
ガンプラ BLOG (ブログ)

素組でガンプラを作り続けるガンダムのブログ.20年ぶりにガンダムのプラモデル、ガンプラに目覚めた「かずちゃん」がモビルスーツを量産中!ガンプラ作成の過程を写真で解説。お父さんのためのガンプラ講座もあります!だいたい週6日ペースで更新中!

HGUC MSM-10 ゾック その1

HGUC MSM-10 ゾック @ 2007年8月25日

さて、MG No100のターンエーの作製も終わり、やはり次に作るのはコレしかない!

HGUC ゾック
ということで、今回はファーストガンダムでおなじみの、大型水陸両用モビルスーツのHGUCゾックさんです。
このゾック、確かジャブローで1回だけしか登場しなかってので、パッケージはおそらく、ジャブローの洞窟の中だと思われます。

次は、裏の広告エリアを...と思ったら、裏側には何も印刷されていませんでした。なぜなんでしょうね?

HGUC ゾック
このゾックのパッケージは大きさこそ通常のHGUCサイズですが、その厚みはかなりのものです。
箱の前にHGUC陸戦型ガンダムを立たせてみましたが、陸戦型ガンダムの背よりも箱の方が背が高い!

さて、ではさっそくパーツをチェックしてみましょう~♪

HGUC ゾック
ということで写真は、「HGUC ゾック」の全てのランナーです。
と、この写真を見るとあることに気が付きます。というのも、ポリキャップを除く全てのランナーが同じものが2枚づつ付いているのです。うーむ、これはかなり珍しい構成ですね。でもこうなっているということはこのゾックは、左右と前後がほとんど対称ということになりますね。知らんかった...

HGUC ゾック
写真は多色成型のAランナーです。ここは結構細かいパーツが多数付いています。またモノアイはクリアパーツになっているようです。

HGUC ゾック
次は緑色のランナーです。って、パーツがデカッ!
このランナーは2枚あるのでこのゾックは背中側にもちゃんと目があるのがなんとも不思議です。
ちなみに取説によるとこのゾックは
「陸上における運動性は劣悪で、180度回転の速度が実用レベルに達しておらず、前後がほぼ同一の構造をしているのは、後方の敵機に対応するための苦肉の策と言われる程...」
ということで、なんと運動性能の悪さを補うために、前後どっちにでも動けるようにしたのだとか...。なるほど!
でも、パイロットは操縦するのがさぞかし難しいでしょうねコレは...。後ろ向きで操縦するのはかなり違和感がありそうです(-_-;)。

HGUC ゾック
写真は、内部構造っぽいランナーです。

HGUC ゾック
このゾックはパーツがでかいだけでなく、ちゃんと細かなモールドも入っています。

HGUC ゾック
写真はポリキャップとモノアイシールドです。

HGUC ゾック
モノアイシールドは袋から取り出すとこんなふうになっています。(まるで定規みたい^^;)
そういえばこのゾックには、シール類がまったく付いていません。まあ、ジオン定番のモノアイがイエローのクリアパーツになっているので必要ないのかもしれませんね。

なお、このゾックは大きさが23.9mなので、1/144スケールだと約16.6cmのサイズになります。MGのガンダムよりは少し小さいですが、この樽のような形状なのでかなりの、ボリューム感があると思われます。ぜひ完成したらHGUCガンダムと並べてみたいものですネ。



【 このガンプラをネットで探す Amazon rakuten

ブログランキング
↑ランキング参加中!現在のランキングはここで確認
この記事のトラックバックURL
※TBは当方へのリンクを記事に含む場合のみ有効です。(スパム対策のため)
http://www.gunplablog.com/mt/mt-tb.cgi/1936
コメント
コメントする





Cookie登録?" 



copyright ガンプラブログドットコム